或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年05月 ]
04 | 2015/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『禁忌』を読みました

まず、カウントからいきましょうかね。

(435)一般本 『禁忌』 フェルディナント・フォン・シーラッハ

シーラッハさんは、腐人が新刊を楽しみにしている
外国人作家の一人。

新刊だー、わーい♪
と、読んでみたんですが。

うーん・・・(~_~;)
これ、どうなんだろな。

以下、ネタバレ気にせず書きますんで、
いやんな方はここで回れ右してお帰りください。

ゆったかんねー。

はっきし言っちゃえば、テーマは2つ。

1つは、
被害者を救助するための拷問も許されないことのなのか?

これ、見た瞬間、ああ、あれか、と思ったんだが
どこでそれを見たんだかが思いだせなくて。

で、自分のブログをググってみたところ、ありました。

ヴィンフリート・ハッセマーさんの
『刑罰はなぜ必要か  最終弁論』
という本に、この事件が載っている。

この方、ドイツの憲法裁判所元副長官さんで
過去のブログから、その事件の要約を抜粋すると以下。

「幼い男の子が誘拐され、警察は捜査の末、犯人を捕まえたのだが、
 肝心の男の子の居場所がわからない。

 そのため犯人を拷問し、ききだしたのだが、
 そこにいってみると、残念ながら男の子の亡骸があった。

 実は、犯人が監禁場所を離れる前に既に殺していたという。

 で、この拷問をした警察さんなんですが、
 そこそこお偉いさんだったと思うが、
 男の子が殺されてたことがわかった後、
 自分は犯人を拷問したと自首し、
 同じくその場にいたもう一人も自ら名乗り出た。

 犯人およびこの二人の警官は、法廷で裁かれることとなり、
 犯人には終身刑、二人の警官には罰金刑がくだった。」

これについて、シーラッハさんの見解が
今回のカタチででたんでしょう。

あともう1つは、
ネットや技術の進化による愉快犯罪の拡大。

腐人としては、こっちの掘り下げ足らなくね?
と思わなくも無いが、
問題提起としては、これでいいのかねぇ・・・というところか。

それよりもだね、
腐人的に、うーん?だったのは、構成だ。

あの、これいっちゃぁなんだけど、
前半、ここまでいるか?

このはた迷惑な犯罪(と、腐人はいいます)をやらかした
ゼバスティアンっちゅーニンゲンの
人となりをわかってもらうために
必要だったんだ、と仰る人もおるやもしれぬ。

えー・・・そうかなぁ・・・(~_~;)

なにより、腐人がむかついた(とまで言ってやる)のは、
共感覚という設定の使いようだ!

腐人自身が共感覚という脳の変異に興味があって
一時期調べたことがあるんだ。
っても、途中になったまま放置されとるが。

なんかさー共感覚の持ち主は、こんな変人である
みたいになっとるのが、こらー!なの。

でもって、そう書いておきながら、
全然、共感覚が生きてない。
これまた、こらー!なの。

腐人の浅薄な知識によるが、
共感覚というのは、ニンゲンの五感、
これが1対1ではなく、
1対2とか3に繋がっていることをさす。

普通の人は、文字をみても字がみえるだけだが
共感覚の持ち主は、
それに色とか味とか匂いを感じるのね。

その他にも、音をきくと匂いを感じるとか
味にカタチを感じるとか、
脳の回路の問題なので、
現れ方は人それぞれだが、
その方々の全てがこのゼバスティアンのような変人か
っちゅーと、そんなことはないのだ!

違いが複数の感覚でわかるため、
恐らくそうじゃない人より感覚が鋭敏で、
違いがわかるところはあると思う。

例えば、見た目は同じ透明度のミネラルウォーターでも
六甲の水は、とがった三角錐にみえ、
南アルプスの水は、楕円にみえる、とか。

それと、この共感覚がある人は
2つ以上の感覚で覚えるため、
そうじゃない人よりも記憶力がいい傾向がある。

ただ、この辺になってくると、
腐人としてはASDとの境界が気になりだす。

ってのもASDの特徴に
・感覚が鋭敏
・フォトグラフィックメモリー
というのがあるからだ。

いかん、本書とずれてきたんで
こんくらいでやめますが、
共感覚ってのは、それはそれですごく興味深いものなのに
この扱いはなんじゃー!!!と腐人は思ったの。

で、それが大して生きてないまま、
ぐだぐだと、これがその後の主題に
どう関係するんだ?といいたくなるような記述が
本書の半分ぐらいを占める。

これ、ホントに必要なの??

まぁ、誘拐をするかもしれないぐらい危ない人って
言いたかったのかもしれんが
「ゼバスティアンの家系は、変人を輩出することで有名で
 ゼバスティアンも例にもれず、
 頭がイッているとの評判だった。
 彼がかろうじて現実世界で生き延びられているのは
 聡明なる恋人ソフィアが
 彼と現実を結び付けてくれてるからだった」
でいいじゃん。

正直、腐人はこの前半
「いつになったら、これおわるの?」
「いつまでこれ我慢して読まなきゃならんの?」
と思いながら読んでたぞ。

で、本書のテーマにまいりますが。

これねぇ・・・
はっきしいっていい?

すげー簡単に問題を解決できることがある。

それは生きてる人間全員にチップ埋め込んで
「管理」すりゃいい。

人類番号*******、
×年×月×日×時×分×秒 店舗番号@@@@に入店
×年×月×日×時●分×秒 店をでる
×年×月×日×時△分×秒 信号番号##を渡る

って、ありとあらゆる出入り口や信号、
道路などにセンサーつけて
それこそ人類管理のビッグデータをつくりゃいい。

したら、人類番号*******が突然失踪した
ってもログ追えばいいだけジャン。

ついでに生体反応の認識もできたらいいよね。
あ、赤ランプになった。
ここで死んでる、そのまま移動してるから運ばれたね、とか。

こーゆーこというと、「監視か!」とかゆー人いるが
違うの、「監視」じゃなくて「管理」。

犯罪を未然に防ぐもんじゃなく、
起こった犯罪の冤罪をなくすことと
本当にその犯罪が起こったかを調べること。

そのために存在させるの。

したら警察の捜査員減らせるでしょ?
尋問だってそんなに労力いらなくなる。
司法だって、事実認定に無駄な時間や労力使わずに済む。

ま、ゆーなら経済動物を管理してるのと同じように
ニンゲンも管理すりゃいいじゃん。
行動は自由、でもトレースはする、ってことだ。

したら拷問なんて必要ないし、
こんな愉快犯の犯罪を法廷までもってく必要もなくなる。

デショ?

ニンゲン社会の悪いところは、
ニンゲンを特別視しすぎだというとこだと
腐人は思うけどねぇ。

ところで。
腐人はこの2つめのテーマ
ネットや技術の進化による愉快犯罪の拡大の
小説での処理がすごくひっかかった。

ってのもさ、
これ、偽計業務妨害罪だっけ?
あれに相当せんのかね?
ドイツにはそういう罪がないの??

だってさ、はっきりいうが、これ確信的な狂言じゃん。

まず電話。
あれは誰かが意図的にかけないとダメでしょう。
ありゃダレがやらかしたの?
それこそ、警察へのイタ電って、業務妨害じゃねぇのか?

でもって、「血だらけ」という服に
手錠と鞭にあった皮膚の角質。
これ異母妹のDNAなわけじゃん?

「血だらけ」というほどの血は、
提供されなきゃできんでしょ。
皮膚の角質だってそう。
実際に使うか、
角質もらってくっつけるかしないと無理。

ってことはある程度、異母妹の協力がないと
この演出はできんと思うんだが。

なんでその辺、スルーなの??

こういうアホな狂言を起こさないよう抑止する
これも警察の重要な役割じゃん。
一罰百戒だろうに。

腐人が警察なら
その捜査に使われた税金とか労力思うと
激怒もんだがねぇ。

なぜ、その辺が放置なのかはよくわからんが
このインスタレーション手法の思いつきを
書きたいってこだわりがあったんだろうね。

本書の表紙の写真を使うことが
翻訳版刊行の絶対条件だったらしいから。

このドアップ1枚表紙といえば、
腐人がとっさに思いつくのは
『愛人/ラマン』のジェーン・マーチ。
あれは綺麗だったな。

一方、この表紙画像をみた最初の感想は
「なんか気持ち悪い」だ。

どうしてそう思ったかは
解説にあるんだが、なるほどな。
腐人の直感は間違ってなかったか。


と、そんな感じにですな、
腐人としては本書は「うーん・・・(~_~;)?」

唯一読む価値があったのは、
裁判での弁護士と刑事のやりとりぐらいか。

そこだけでいい、と思った。

そいや、ウクライナの人身売買の伏線は
しり切れトンボのままな気がするが
あれは回収されんのかな??
スポンサーサイト
[ 2015/05/30 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

突然、「あなたの子供です」と言われたら?

ってもなぁ・・・
腐人は女なので

「産んだ覚えも、卵子提供した覚えもねぇ
 つくなら、もっと巧いウソつけよ、アホやのぅ」


で終了ーなんだけども。
男はそーゆーわけにゃーいかんよねぇ。

実際んとこ、どーなんだろね?

絶句、目が泳ぐ、うろたえて焦って否定する・・・
といった、どーみても心当たりがあるだろうチームと
「や、ありえんし(俺、DT)」と言い切るチーム、
はて、どちらが多いのだか。

ってもなぁ、「ありえんし」チームも、
本当に~?というと、女より分が悪い。

ってのも、卵子の採取は高度な技術がいるが
精子の採取は・・・ま、いわんでもわかるわな。

場合によっちゃぁ、
腹黒肉食女子が完全確信でやらかそうと思ったら
計画妊娠、できなかないよねぇ・・・。

無精子症でも、確率が低いだけの人もいるし、
それこそもっと根源から採取して培養したら
最近の技術では不可能領域は狭くなっている。

生まれてこの方、一度も精子を放出したことありません
という証明ができなきゃ、
「絶対にありえない」は言い切れないよねぇ。

まぁ、男の人って大変ねぇ。
って、顔に、悪い笑みがうかんどるぞ、腐人・・・。

それはさておき。

方法はどうあれ、どうなんですかね、
急にちびっ子つれた女が現れて、そういわれたら。

今ならDNA鑑定ができるから、真偽のほどはすぐにわかる。

その証拠をもって目の前につきつけられたら?

うーん・・・腐人は、もし男に生まれたら、
確実にろくでなしだったと思うんだけど
たぶん、こういう。

「は?んなのお前が勝手に産んだんだろ?
 しらねぇよ」

うわー・・・最低だわー。


って、なんの話かというと、だ、
ここのところ、ちょっといろいろありまして、
現実逃避がしたかったんですな。

ただちょっとBLという雰囲気ではなかったので、
ハーレクインに手をだしてみたんですな、ひさびさに。

腐人は男女恋愛モノって、正直マンガはいいけど
小説としては読みたくない。

だってなんだかんだゆったって、結局、生殖なんだもん。

タネとカネさえあればいい~べべん♪
だよなぁ結局んとこ、と思うと、
いまいちおもろいと思えないんだわ。


だからハーレクインでも読むのはもっぱら
「タネ泥棒」と決めている。

※タネ泥棒とは、
 女が勝手に子供を産んであとで男にバレる・・・
 というパターンを勝手にそう呼んでます。

で、今回こんなのを読んでみた。

(433)ハーレクイン 『一夜のあやまち』  ケイ・ソープ、泉由梨子

ざっとあらすじを言うと、
タイトルどーり、パーティでしりあった男と
行きずりでヤっちゃったら妊娠した。
名前も住所もわからんまま、シンマで育ててたら
そいつが金持ち独身男だと雑誌で紹介されてたので
養育費の援助が欲しくて、そいつん家に乗り込んだ。

まーあとの流れはご想像どおりなんだけど、
小説としての出来は・・・・・・
もしこれがBL作家さんなら、
たぶんグッバイアデューフォーエバー印だ。

※BL作家さんとは違い、
 ハーレクインの作家名は覚えられないんで、
 また遭遇する確率はゼロではない。

や、だって。
なんじゃこのご都合主義な筋運びは・・・
とか、
アホか、この女・・・
とか、
あの・・・この男の心理変化が全く理解不能なんですが・・・
とかの連発で
正直、小説以前の問題なんだもん。

腐人は過去にいくつかハーレクイン読んでます(100冊ぐらい?)が、
もっと出来のいいのもあるので、
これは純粋に作家の力量だと思う。

よって、本の話はコレで終わるが、
この状況がね、腐人の興味をひいたんですわ。

腐人は育てられないなら、親になる責任と覚悟がないなら、
産むな、堕ろせ、
そんなんで、この世に産みだされるほうが不幸だ
という考えの人なので
やっぱ相手の了承をえず、勝手に生む、ってのは
女側に過失があると思うんだよなぁ。

でも、それ以前に、
子供が欲しくない男はパイプカットしとくべきじゃね?
と思っているが。

腐人が男だったら、速攻でやるね。
その上で、ゴム使用でしょう。

パイプカットもへたくそな医者にあたれば
100%って言えないし、
何より、問題は妊娠だけじゃない・・・・・・。

でも、男の生理がわからんので、
実際に男になってみないとわかんねぇけどね。


そーだなぁ・・・やっぱり腐人は、
この話の男の立場だったら、
中絶相当費用だけ渡して、母子ともどもたたき出す、かなぁ。

子供?
いらない。

腐人は、チビ好きなんですけど、
そういうと、十中八九言われるのが
「自分の子供はもっとかわいいわよ」なんですが
正直、これ絶対違うと否定ができる。

なぜなら、チビをかわいいと思うのは
そこに責任がないからだ。

無責任だからこそ、愛でられる。

もし責任が伴うならば、
腐人はその存在は重荷としか思わない。

断言しちゃっていいのか?と聞かれるかもしれないが
いいのだ。

だって、腐人は
自分の人生は自分のためにだけあればいいと思ってるし
ニンゲンなんて害獣、自分も含めて、とっとと一匹残らず駆除されちまえと
思ってるからねぇ。

この根本的なスタンスが違うから、
産めよ増やせよ地を満たせ、に
何の疑問も疑念も抱かない人とは、
どこまでいっても平行線になるんだよなぁ。

腐人はわかる気もないし、
わかって欲しいとも思わんので
そんでいいんだけど。


それにしても実際んとこはどうなんだろうね。

そっちの方向は全く興味がないから
判例を調べたこともないんだが、
もし女が法的手段に訴えでたらどうなるか。

その場合、同意なく、独断で勝手に産んだ
ということに対してのマイナス査定はないのかね?

仮に強制認知となって、養育費請求されても
バックれりゃ終了だからねぇ。

うーん・・・・・・やばい・・・
そこまでしてまで、
なんで産みたがるのかがわからん・・・
というところに気づいてしまっただよ。

腐人は自分が興味をひかれたことに対し、
なぜなのか、がわかるまでは、とことん突き詰めるのだが
それがわかった途端、興味をなくすんだ。
   ↑
  これ落とすまでが楽しい、落ちたらどうでよくなった
  とかゆー、よくいるサイテー男と同じ発言じゃん・・・


・・・今後、ハーレクインは、
タネ泥棒すら読めなくなった気がする・・・
しまったぁぁぁぁっ!気づくんじゃなかったぁぁぁっ!
[ 2015/05/28 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

あたまが お・か・ら♪

読書録がおいついたので、
なんかくだらねー日常話を書こうと思ったんだけど、
今日も今日とて面倒事が・・・(-_-;)

や、わかってんですよ、
ここのところ振り回されてる元凶がどこにあるかって。
あのクソタコバカ野郎のせーだって。

ああ、愚痴になるけど、書いてしまおう。

クソボケタコカスアホマヌケなバカ野郎がですね、
思いつきでやりだしたことがあるんですけど
当たり前ですが、破綻しはじめてましてね。

そりゃーちゃんと下調べせず、
自分勝手な思い込み(ご都合主義な妄想ともいう)だけで
スタートしたら、頓挫して当然だろう。うん。

でも、当の本人は、うまくいくと思ってたらしく
(どうしてそう思えるのかがわからん・・・(~_~;))
それがうまくいかない腹いせを周囲にまきちらし、
たてなおしの対応策をとるにも、
焦ってるせいか、
これまた場当たり的な思いつきを次々やらかし
さらにひっかきまわしよるんですよ。

まぁ本人にとっては、
状況打破のために動いてるってことなんだろうけど

腐人  「え?***ってきいたけど?
     だから***の対応してたんだけど」
関係者 「いや、それは昨日の話で、今は###です」
腐人  「

と、こんな感じで、
後始末とまた新たな妄言の対応に追われ、
腐人の仕事ができねぇじゃねぇかよ!!!
という事態に。


なんというか・・・
いっぺん止まって考えろ!
急がば回れってことわざ、知らんのか!!!


って腐人が言いたくなっても、
しかたねぇと思いませんか~るるる~♪

あそことのおつきあいは、
どうにも逃げられない義理さえなきゃ
スパーンッと縁切りしたいんだがなぁ・・・はぁ・・・。

絶縁したいけど、
子供が友達だから切るに切れないママ友づきあいとかって
こんな感じなのかしら~。

腐人の心がこれ以上荒む前に、
事態が落ち着きますように。

[ 2015/05/27 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

どこまでできるか読書録

さ、お片付けするぞ!
おー!!
  ↑
 威勢だけはいいんだな・・・

サクサクいこう。

(412)BL/キャラ 『哀しい獣』 火崎勇
  これ、モデルは岡山ですか?

  小さい経済について書かれたパン屋さんの本が
  こんな集落だったなぁ。

  鬼・・・というと、つい地獄の獄卒どーでっか?
  とか思っちゃうもんで、
  まぁ、本人がいいならいいんでね?

(413-423)マンガ 『キス&ネバークライ 1-11』 小川彌生
  あくまでも少女マンガなので、
  アイスダンスのスポ根マンガにはならんのだなぁ・・・。
  つまらん。

  個人的にアイスダンスの知識を増やしたいとこなので
  ガッツリ、アイスダンススポ根やって欲しかったんだがな・・・。

  ただ、わかったことがある。

  日本はペアやアイスダンスが弱いけど、
  練習環境とコーチ、これが揃って不足しとるんですな。
  まぁ場所食うんだろうけど、もったいない!
  
  予算の使い方をもうちっとなんとかでけへんねやろか?
  
  それこそさ、パリ・オペラ座のバレエ学校のように
  ロシアのフィギュアスケーター育成の施設のように
  バラバラばらまくんじゃなくて、
  一点に集中して、通年で使えるリンクやトレーニング施設
  併設して学校と寮、そーゆーの作ってさ、人材集めて、
  エリート養成すりゃいいのに。

  これ、フィギュアのみならず、
  他のスポーツでもいえることだが
  なんかさ・・・ある程度注目されるまでは
  個人だのみな感じがする。

  そーすっと、絶対に埋もれた才能はでてこない。
  だって、そもそもスタートの段階で、
  恵まれた環境、理解ある周囲にかこまれてなきゃ
  ダメなんだもん。

  どんだけラッキーをもちあわせてなきゃいかんのか。

  そのくせして結果だけは、要求するって
  なんか間違ってね?という気がするなぁ。
  
  財力も能力も労力も時間も、限りある資源なんだから
  もっと計画的に有効利用しようよ。

  なんでこんなに分散させんのかな?
  無駄の嵐にみえるのは腐人だけ??

  で、本編ですが。

  「カルミナ・ブラーナ」や  
  「春の祭典」をマジでやってくれるなら
  本気でみたい!

  腐人はアイスダンスのこと、
  よくわかっておらんのですが
  一観客としていわせてもらえば、
  リフトをみてすげーとは思うけど、
  それ以上に、デイビス・ホワイト組がみせてくれる
  ツイズルの恐ろしいシンクロ度とか
  スケート靴はいてんのか!?といいたくなる
  軽やかなステップなんかをみてるほうが好き。

  シングルでも最近は、ジャンプよりも
  そうじゃないとこに興味がある。

  ホント、もっとアイスダンスの放映してよ!!
  とつくづく思うわ。

  話がなかなか本編にいかないが、
  や、だって・・・マンガのストーリーとしては
  あーそうなのかーふーん・・・なんだよな・・・。  
    
(424、425)マンガ 『ふたがしら 5』、『子連れ同心』 オノ・ナツメ
  先日、血族がWOWOWのプログラムをみてたら
  『ふたがしら』のCMがのっていた。

  うーん・・・
  最近はなんでもメディアミックスなんだな。

  これは実写化しやすい題材だし、
  アニメよりそっちのがいいとは思うが
  なんでもやりすぎてないか?という気が若干せんでもない。

  ま、双方の思惑があるんだろうけどさ。

  この話、個人的には枯れてからの宗次が好みだが
  今なら絶対、叶屋だわぁ。

  で、もう1つの『子連れ同心』

  ご隠居になるほうの八木様と巳太郎が
  いいーっ!!!
  たまらん、この取り合わせ・・・
     ↑
   なんかいろいろ間違ってます
    
(426)マンガ 『機械仕掛けの愛 3』 業田良家
  腐人はコレ読んで、
  「ニンゲンの醜悪さが見事に浮き出てるなぁ」
  と思った。

  のだが、血族は
  その変容に、ニンゲンの複雑さがみえる、
  という。

  なるほど~。
  
  なんつーのか、腐人の目には
  機械の愛と、ニンゲンの愛が、
  性善説vs性悪説にみえるんだよね。

  機械の愛は、
  「人間の本性は基本的に善である
   (だからそれを機械に植え込んでる)、
   機械は不変だから、なにがあろうと
   その最初の「善なるもの」を忘れずにいられる」
  っちゅーようにみえ。

  一方のニンゲンの愛は、
  「人間の本性は欲や易きに
   簡単に流されて簡単に変化してしまうものなので
   後天的努力をしつづけなきゃこんな醜悪になるんだよ」
  っちゅーようにみえる。

  今回、個人的に一番「う・・・」と思ったのは
  ロボット同士が、3Dプリンタで我が子をつくった話の
  我が子の姿。

  といっても、造形じゃなくて、大きさ。
 
  ロボットは成長しない、という概念がない
  というとこが、ちょっと衝撃だった。

  このサイズで作っちゃって、
  どうするつもりだったんだろう?
  永久に愛玩されるだけの存在が欲しかったの??

  それとも永久不変のロボットの擬人化がすすみすぎ
  ニンゲン同様に成長すると思ったんだろうか・・・。

  腐人としてはその心理がしりたかった。


  どーでもいいけど、
  発言小町で介護問題を読むたびに、
  はやく介護工場か、
  一部だけじゃなく、100%介護を頼める介護ロボットを
  つくってくれろと思うわ。

  これマジですから!

(427)マンガ 『よしとおさま! 11』 四位晴果
  うーん・・・久しぶりすぎて、
  中身忘れてた。

  まぁ、相続争いで変な戦いやってて
  ドジっ子なんだか優秀なんだかわからんサビ丸と
  それに超なつかれてるよしとお様、
  こんだけわかってりゃいいわ。うん。

  それにしても、こないだ王子が
  「トランスフォーマー」をみてるときも思ったんだが
  あーゆー破壊をやりまくる人たちって
  後片付けのこと、考えてないんだろうなぁ・・・。

(428)マンガ 『鬼灯の冷徹 18』 江口夏実

  いっっっっやぁぁぁぁぁっっっ

  なんちゅー気持ち悪いもん描きよんねん!
  江口さん!!
  もうもうもう、途中で読むのやめようかと思ったわよー!!

  黒色鼠狼処地獄、ここにだけは無理!嫌!

  絵を目にいれないように読んだせいで
  この話はいまいちよく理解できてない。
  でも無理!読めない!!

  ああ、でもちゃんと読んで、
  この地獄にだけは落ちないようにせねば。
  他の地獄はかまわんのだけどね。

  知ってる?
  アメリカでは鼠が、
  ニンゲンの赤ちゃん食べちゃったんだよ?

  まぁこれは環境が劣悪ではあったんだが、
  キャンピングカーで生活してる人がいてね、
  そこが見事なゴミ屋敷ならぬゴミカーだったんですわ。

  で、そこにいる人もまぁそういう感じで、
  子供ができて、生んで、そのへん置いてたら
  そのゴミで丸々ふとった30センチ以上もの大きさの
  チューが、餌だとばかりに食べちゃった
  という事件が過去にあったのよ。

  ちなみに、あまりにひどいということで
  チューとゴミごと一掃処分になったんだけど
  そこで、その主が言った言葉が確か
  「ネズミの赤ちゃんまで殺しちゃうの?
   かわいそう」だったかと。

  このニュースをきいたとき、
  腐人は、この人とは永遠にわかりあえないと思った。

  あとさ!
  実は都会は、黒色鼠狼処地獄に近いんだよね・・・。

  先日、夜道をあるいていたら、
  暗闇から、てててててっと走り出して
  腐人の目の前を横切ってったのよー!!!
  ひーっっ!

  ただ、走ってった先が車道で、
  気づかなかった車にブチンと潰されてたけど。

  グッジョブ!車!
  すばらしい走りだわ!
  腐人がほめてつかわそう。

  なんか今回、この話の印象が強すぎて
  他の話がどっかいっちゃった。

  江口さん、頼みますから、この黒色鼠狼処地獄
  もう二度とださないでください。
  お願いします!

  もしどーしてもというならば、
  クモとかムカデとか、ヘビやらワニ、
  いっそゴッキーでもいいから、
  なんか別のもんでお願いします。
  
●25日
(429)BL/ビーボーイ 『深呼吸』+15周年小冊子 木原音瀬
  これ、一言でいえば
  「おっさんの恋」
  もしくは
  「恋するオッサン」。

  あら、これ音がいいわね。
  どなたか、これらをタイトルに
  かわいい純情おっさんを書いてくれませんかね。

  ま、それはともかく。

  こういっちゃうと身も蓋もないけど
  かわいいんだよね、このおっさんたち。

  なんだろなぁ、初恋にふりまわされる乙女か!
  といいたくなるような一途さ、純粋さ。

  あ、もちろん、身体は別よ?
  「はーと」の問題。
  そりゃだって、読んでる読者が
  純愛をもとめる永遠の乙女ですもの。おほほほほ~。
  
  
  いや、でもわからんでもないんだよね。

  年とってくるとさー
  鈍くなるというか、若い頃ほど刺激を求めなくなってくる。

  ってか、刺激なんてもん、
  日々、仕事のトラブルに追われてると
  もういらん!ってとこよ、ホントに・・・(-_-;)

  で、そんな大きく代わり映えのしない日常に慣れ切っちゃうと
  今から大きく変化することが怖くなる。
  それを「メンドクサイ」というんだけどね。

  そんでもって、
  恋愛の最前線から退いて年数がたってるとさ
  ジェットコースターのような感情の起伏は
  他人事だと思ってしまってるんだよね。
  
  そーすっと、そんなのをつきつけられたら
  つい逃げたくなる。

  自分の中身や容姿にだって、
  今ならアホかと思う幻想を昔は抱けてたけど
  さすがに自分が「こんなもんだ」という価値というか
  限界がわかってくる。

  腐人なんぞこないだ風呂で鏡に映った己をみて
  「おーこの腹回り、
   ルノワールの裸婦モデルになれるわね」  
  とか思ったもん。
  
  ってなレベルをだ、他人様の前にさらせるのか?
  それに欲望を感じてもらえるのか?
  興奮どころか、失望されるんじゃないか・・・?

  とか思うと、
  臆病な仔羊ちゃんになっちゃうよねぇ。
  
  え?世の中には肉食のおっさんもいるって?

  そうね、そーゆーのは、若い肉食獣に
  食べられてしまえばいいのよ
  
  ま、この話の二人は、
  どっちもかわいいおっさんなんで
  君ら、中坊か!と何度つっこみそうになったか。

  幸せになんなね。
  ニャンコとともに。

  そういえば、腐人はコレ読むたびに
  榛野って、ちょっとASDあるよなぁ・・・と思うんですが
  どうなんだろう?

  でもま、男でこの程度はわりかしいるか。
  谷地の懐が深くてよかったね。
[ 2015/05/26 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

あああああ・・・また溜めている・・・

ちょいと今、精神的に読書録をやる余裕がない。

なのに現実逃避がしたくって、
手当たり次第に読みまくってるから
読書カウントはガーガーあがりまくり・・・あああああ・・・(>_<)

ざくっとしたのでも書いとくべきなんだろうが
ちょっといろいろありまして・・・はは・・・はははは・・・
すんません、今日はちょっとそれすら無理 orz

やばいわー・・・。

以下、22,23,24日のどっかで読んだ本。

(412)BL/キャラ 『哀しい獣』 火崎勇
(413-423)マンガ 『キス&ネバークライ 1-11』 小川彌生
(424、425)マンガ 『ふたがしら 5』、『子連れ同心』 オノ・ナツメ
(426)マンガ 『機械仕掛けの愛 3』 業田良家
(427)マンガ 『よしとおさま! 11』 四位晴果
(428)マンガ 『鬼灯の冷徹 18』 江口夏実

 
明日という日にでけたらええなぁ・・・。
[ 2015/05/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『月神の愛でる花』について

とりあえず既刊全部を読みました。
が、これ、まだまだ続くんですな。

なんとなくBLはラブが成就したら終了、なところがあるのだが
そういう意味ではこれはもう完成している。

どういう方向にもってくつもりなんだろう??
立派な皇妃になるまでか??
それともレギの毒が抜けたりするんだろうか??

がんばる健気っ子は大好物なんで、
ま、それはいいや。うん。


そんでですね、
腐人はこのシリーズ、読み始めた当初から
ぐじゃぐじゃ言っていた。
その辺は過去ブログ読んでくだされ。

で、何がひっかかってるのかが、
5冊目の番外編でよーやくわかる。

やっぱ視点の混乱だ。
いつもやらかすわけじゃなく、
たまになので、なんかすんなり読めないな・・・(~_~;)
という程度のひっかかりだったんだな。

この「視点」ってわかります?
ネットググると、皆様がいろいろ解説してくれてますし、
今じゃ入手困難かもしれないが
栗本薫さんが『小説道場』という本で、
それこそ今のBL界では重鎮クラスの方々が
まだJUNEに投稿してた頃の原稿を添削してるものがある。

そこに確か秋月こおさんだったかなぁ?
尾鮭あさみさん?いや、江森備さんだっけ?
まぁ、それらいずれかの方の作品評とともに、
視点とは、って解説をしてくれてるところがある。

ぜひご一読いただきたいな。


それから構成。
この筋を書くのに、どのエピソードが必要かというとこで
腐人が書くべきと思うことと、
これは削ってもええんちゃうか?ということが
いまいち一致してへんかったんよね・・・。

で、すげーブツ切れ感と冗長感を感じてた、と。

ただ、魂はあってるの!
(by 天川太陽『大東京トイボックス』)

それがあったから、腐人はひっかかるものを感じつつも
惹かれるものも感じてたんだなぁ。


上で書いた視点の問題とか、構成の問題ってのは
ゆーなりゃ小説を書く技術の問題。

これは学んで、習得し、研鑽を続けていけば
上達していく領域だ。

でも、核ともいえる魂はさ、
違うんだよ、もってるか、もってないかだ。
これはわかりやすくいえば、「共感してもらえる萌え」かな?

キャラに感情移入しちゃって、
思わず、ギャー!とかキャー!って
いいたくなるものがあるかってこと。

正直、本筋の4冊目までは、
ひっかかるものはあるけど、いいとは言い難かった。

でも番外編の『~絢織の章~』
それの「紡ぐ心」、これでさー
もうやられちゃったわけですよ。
だってこんなにがんばってるんだもん。

ダメなのよー
健気っ子がつらい目にあっても負けずにがんばるのって、
おばちゃん、魂をゆさぶられるのよー!!!


ただ、繰り返すようだが、
技術面や言葉のセンスといったところで
もうちょっとがんばって欲しい。

『~絢織の章~』の「紡ぐ心」でもさ、
誰が声かけしてくれたかが書けなかったとあるけど、
いれようと思えばいれられるんですよ。

立ち話を耳にしてしまうだとか、
張られたビラをみてしまうだとか、
いくらでもやりようはある。

むしろ、その他のエピソードと、これを書くのと
どっちが筋的にすっきりするかというとこで、
腐人はこっちを書いたほうが
よかったんじゃないかと思うんだがな。

逆に、詫びいれにきたあたりをもうちょいスリムにするとか
ミオの裁縫下手あたりも、必要かな?
それより誰が影でフォローしてくれたかのが重要じゃね?とか
思わなくもない。

今はまだ、ご本人が書きたいと思ったエピソードを
書いちゃってるかなぁという気がする。

本当は、今回のテーマを書くために
絶対必要な筋と展開があって、
その筋をつなげるためにエピソードがある。

この構築順序が違うんじゃない?

だから贅肉なエピソードや、
必要なのに欠けてるなと感じてしまうところがでてくる。

違いますかね?


言葉のセンスはなぁ・・・
努力でどうこうできるもんじゃないかもしれないが
ここを巧く使えるようになると、
本当に一皮むける。

どういうことかといえば、
説明台詞がなくなり、
地の文においても、無駄というか冗長な解説が
自然に不要となってくるんだよね。

この辺は、腐人に例文をかける能力がないので、
腐人的にオススメする作家さんをあげておこう。

花郎藤子さんと、ひちわゆかさんだ。

何度か言ってますが、
このお二人の言葉のキレは感心する。

言い回しを変えるだけで、
ここまで言葉を削れるんだと、
読んでてうっとりしちゃうんだ。

『禽獣の系譜』の話をするときに、
覚えてたら触れることにします。

っつっても、この辺は好みの問題もあるので
腐人がいいと思うものを皆がいいと思うとは限らない。

ただ、こっちの予測値どおりの言葉が続くと
読んでておもろくなくなってくる。
それは事実だ。

個人的には、この辺も精進していただけるとうれしいです。

いいもの持ってるんで、期待してまーす!

ってなんか全然本編の話になっとらんが、
がんばる健気っ子が好きな方、
ぜひとも『月神の愛でる花~絢織の章~』
「紡ぐ心」まで読んでみて!

佐保ちゃんファンクラブ作りたくなるから!!

(358、359)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~六つ花の咲く都~』、『〃~天壌に舞う花~』 朝霞月子
(360)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~絢織の章~』 朝霞月子

[ 2015/05/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

いろいろ覚書と、大阪都構想の感想

ちょいと落ち着いたので、ネットの海を泳いでいたら
興味深い記事をみつけた。

「人間の頭部移植 2年以内にも実施? イタリアの医師が計画」
http://www.cnn.co.jp/world/35062759.html?tag=rcol;editorSelect

CNNの記事なんだけど、いつまで読めるかわからんので
ざっと概要を書いておく。

「首から下がまひした患者の頭部を切り離し、
 脳死と判定された他人の体に移植する」
っちゅー計画をイタリアの医師が考えてるらしいのだが
かなりおおがかりな手術になるので、
予算と協力医師、協力先病院を探してるって話。

一例目の候補者はもう決まってるそうで
筋萎縮症の方を対象にするそうだが
他にもかなりの希望者がいる模様。

うーん、クライオニクスを思い出すな。

ホントに成功すんのかぁ?ってとこでは
1970年にサルでの実験前例があるが
あまり芳しい結果じゃない。

接合したはいいが、動かすことも自発呼吸もできず
8日後に死亡。
翌年に行ったものでも
24時間以上生き延びたサルはいなかったとのこと。

問題はどうも脊髄らしい。
そうすっと、腐人なんかは
「どうして頭部移植なのか、脳移植じゃだめなのか?」
とか思っちゃうね。

自分の顔が変わるということが受け入れられないから?
でも、世の中には美容整形ってあるよな??

脳移植は、弓月光さんが
昔、マンガで描いてらしたが
そっちなら可能性ありそうな気がするんだけどなぁ・・・。


さて。
今日はちょっと余裕があるので、宿題片付けようかねぇ。

っても、何を宿題にしてたっけ??

●貧困の話
→これは、あの本を読み終えてから一緒にやりたいんだよな。
 ってことで、また先送り。

●ボードゲームの話
→そうそう、あともう1つ、
 ワード・バスケットをやりたいんだが
 姫がガメてって、そのまま返さないもんだから
 ちょっと遊び方を忘れたところがある。
 これも今、書けない。

●PTAの話
→こ、これは・・・何度かチャレンジしてんだが
 うまくまとめられないのー!
 なので、これもちょっと時間要。

●国別対抗戦
→もっかい録画をみなおして書こうと思いつつ
 見直せてません・・・(-_-;)
 よって、これも後日。
 
本では、
●『禽獣の系譜』
●『月神の愛でる花』

がとまっとるな。

これは今ちょっとエネルギーが向かう方向が違うので
こ、これも・・・未決箱いきで・・・ええ、すみません・・・。

したら、つらつら書けるのは、
大阪都構想の結果の話かね。

投票率、高かったですねぇ。
ほぼ2/3という結果で、
他の選挙は近年低迷しまくってるから
それだけでもすごいなぁと感心。

ってか、賛成・反対が僅差だったから、
それからすると、賛成・反対・態度保留が
ほぼほぼ1/3づつだよな、これ。

ちなみに具体的な数字はこちら。

賛成:694,844(33.02%)
反対:705,585(33.53%)
態度保留:703,647(33.44%)


ネットをみるといろんな分析があがっている。

いやー新聞、テレビなんぞの大メディアより
個人分析のがおもろいですな。

南北格差といって、
賛成反対の数量の単純比較をしたものに対しても、
得票差を投票数でわって、ポイント比較をされてる方もいるし、
(その結果は、
 明らかに賛成派が多かったのは、淀川・北・福島・西
 明らかに反対派が多かったのは、大正・平野
 それ以外の区は、ほぼ拮抗)
年代別についても、人口における占有率を反映させて
この図はおかしいのではないか、とおっしゃる方もいらっしゃった。

なるほど、おもろいわ。
(すんません、所詮、よそごとなんで)


『イノベーションのジレンマ』だったっけかなぁ・・・
大きな組織が、既存の路線を破壊するような
革新的なことをしようとするとき
必ず、内部に、それらを阻止しようとする妨害勢力が出現する
ってのがあった気がする。

まぁこれ、イノベーターの側からみるから「妨害」なんだけど
既存の路線で、それなりに不満や売上減があっても
ある一定の成果や売上が確保されてる場合、
それらをひっくりかえすような破壊的イノベーションは
既存の売上を減らすんじゃないかと忌避警戒されるんだよね。

そのご意見はごもっとも。
腐人は別にイノベーターではないので、
状況によっては、この「妨害」側につくこともあるから
その心情はよくわかる。

ただ、もし今の時点で売上が右肩下がりになってるならば
いつまでもそれにしがみついてると、いずれ沈む。

余力があるうちに、新しい船をつくって乗り換えないと
皆、死んじゃうんだよね。

じゃぁ、その「革新」を「妨害」しようとすることに対して
どうすりゃいいかといえば。

切り分けりゃいいとあった。

要するに全部を革新に従事させようとするから
意見がまとまらず、物事が進まなくなるので
豪腕振るう人と、それに賛同してくれる人とで
小さい改革を推し進めてしまえと。

そうすれば、既存路線が行き詰まる頃には
最初は小さかった改革が代わって主流になってるから、
とゆーよーな話だったかと思う。

それで言うとだ。

腐人はこういうかなり拮抗した結果をみるたびに思うんだ。

例えば、10000票vs10001票だった場合、
たった1票でもうわまっているからと、
10000票をとった意見を無視していいのか?

それがミンシュシュギなんだと言われたら
じゃぁミンシュシュギおかしくね?と思う。

なら、10001票投じた人たちが住むエリアと
10000票を投じた人が住むエリアにわけちゃって、
それぞれがやりたい政策すりゃいいじゃん、
それこそが民意を反映してんじゃねぇの?と思うんだよ。

10000票を無視するってのは、
人の意思じゃなくて、地面を一番に考えてるってことじゃん?

人の意思を一番に考えるならば、
住むとこわけりゃいいのになぁ。

土地やら家屋やらに執着がない
スナフキンな腐人だからそう思うのかもしれないが
なんか順番が逆じゃね?と思ってしまう。

で、今回だが。

賛成過多のエリアがくっきり浮かび上がった。

ここだけ独立して、大阪市から分離したらええんちゃうの?
ほんで大阪市は、残りのエリアだけで継続してったらええやん。

それって、あかんの??

物語では、
井上ひさしさんの『吉里吉里人』ってのがあったな。

現実では、まさにソマリア。
北はソマリランド、南は南部ソマリアとして、
それぞれ別の活動を行っている。

大阪市もソマリア化しちゃって、
キタエリアは独立して
独自でイノベーションを推し進めればいいのに。

これこそ、破壊的イノベーションをすすめるのに
最適やないのかと思うんやけどねぇ。

ただまぁ、この破壊的イノベーションをすすめるには
どんだけ反発くらおうと
やるゆーたらやるんや!っちゅーて
ぐいぐい推し進める豪腕のリーダーがいる。

橋下さんがこれでお辞めになるのであれば、
もうイノベーションは起こらないかな。


余談になりますが、ここのところ
人から頼まれて大阪のホテルをとることが続いた。

すごく安易に考えてたんだが、
大阪駅周辺のデラックス~ラグジュアリークラスのホテルが
本当にとれないのだ。
平日なのに。

先日、師匠にあったときその話をしたら、
外国人が激増して、今は、京都・大阪はホテルがとれなくなってるよ
と教えてくれた。

まぁ大阪といっても、「京都に行きやすい大阪」、
つまりキタエリア限定なんだろうけども。

南北格差を否定されるご意見も散見したが、
温度差みたいなもんはあるんじゃないのかなと思う。


大阪がこの先、どないな道を歩むのか。

今回、大きな力で一気に変革することは拒否された。
実は、ただ流されてりゃいい、この方が楽なんだけどねぇ。

他人の意思でやられるんじゃなく、
自分たちの手でやりたいということなのかな。

まー、そういう気質あるよね。
お上のいいなりなんぞいやじゃ!という。

大変な道を選んだなと思うけど、
自分で選んだ道なんやから、
まぁがんばっておきばりやす~、
という言葉を贈っておこう。

[ 2015/05/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

またですか、またですよ、溜めてますよの読書録

なんかおかしい。
どーしてこんなに頻繁に読書録が溜まるんだ!

腐人が読みすぎなのか!?
それとも発言小町を読みふけりすぎなのか!?

まー仕事もなぁ・・・
想定外にふりまわされてるとこがないわけじゃないんだが・・・
もういい、開き直ろう。

だって、ここは読書録ブログだもん(一応)。
それにブログ主が腐人だもん。

やりたいときに、やりたいことを、やりたいように、やる。
それが腐人の人生だ!
    ↑
  おー開き直ったな、パチパチ

ってことで、これまでもそうだったけど、
これからは言い訳をやめて(ホントか?)、
やりたいように、やりたい放題することにする。


ってことなら、まず真央ちゃんだ、真央ちゃん。

いやもう、今からシーズンが始まるのが楽しみで楽しみで。

エフゲニー・プルシェンコくんのみならず、
パトリック・チャンくんも復帰決定だし、
宇野昌磨くんも今度からシニアっしょ?
金博洋くんも、個人的にはこの先をみてみたい選手。

男子は今年のようなトップ3と、その他という感じではなく、
激戦になるんじゃないかなぁ。
ウヒヒヒヒ。

女子は、浅田真央ちゃんの復帰により
これまた勢力図が変化しそうで、むふふふふ~♪
いっそのこと、キム・ヨナちゃんも参戦してくれんかのぅ・・・。

真央ちゃんの復帰会見では、
「平昌オリンピックは?」
ってな質問がでてたけど、
鬼の代わりに腐人が笑ってやろう、わはははは。

いいじゃん、それはそんときで。

明日何があるかなんて、
ニンゲンは知ることが許されてないんだから。

腐人としてはさー、
真央ちゃん自身が、オリンピックに出ること、
そこで勝つことを目標にしてんじゃないならさ、
競技会で滑ることを、
心から楽しんで欲しいなぁと思う。

ものごっつい主観的な話ですんませんが(っていつものことやん)
腐人はどうやら、競技会を観るのは好きみたいなんだが
アイスショーは興味がないらしい。

どうもね、観てておもろいと思わないの。

そりゃ美しいものがみたいってのは、
一番根源的な欲求としてあるんだけど、
なんつーかそんだけじゃないんだよな。

試合だからこそ生まれる緊張感だとか
勝つためには、挑まなければならない高いハードルだとか
得意なエレメンツだけではなく、
苦手なエレメンツも課題として課せられた状態で
どういう構成、戦略で挑んでくるか、
どんなパフォーマンスをみせてくれるのか、
そして、いかにジャッジから点を引き出すか、
そーゆー駆け引きまで含めた、
あの「フィギュアというスポーツ競技」こそを
「おもしろい」と感じてるからじゃないかと思う。

あれは中野友加里さんだったかな、
引退する頃には、そういったことがしんどいと感じていた
ってなことを読んだ記憶がある。

恐らくだけど、真央ちゃんはこの1年休養して、
その「刺激」から遠ざかり、いわゆる「普通」な日々を送ったところ
徐々に飢えというか、物足りなさを感じたんではなかろうか。

しょせん、ただの凡才な腐人にはわからん領域だけど、
「もう懲り懲り・・・
ではなく、
「またあの場に立ってスケートで競い合いたい」
と思えたんじゃないのかなぁ?

ってもさ、
あの場所って、立ちたいと思った人が
誰でもいつでも立てる場所じゃないじゃん。
選ばれたほんの一握りの人しか立つことができない。

今年、10代の新鋭たちがしのぎを削りあう姿をみて、
どうして私はあそこにいないんだろう、
私もあそこで競ってみたい、
今なら、まだできるかも?
・・・そう思えたんじゃないかなぁ?

アスリートの中にはさ、
怪我や病気で、まだまだやりたいのに
断念しないとならない人もいる。

腐人としては、明日は明日の風が吹く、としてさ
真央ちゃん自身が、何かしらの区切りがつくとこまで
周りの事情を気にすることなく、やりたいようにやって欲しいな。

真央ちゃんは、周りを気遣えるいい子だから、
気になるかもしれないけど、
なんつーのか、腐人としては、
もうこれまでで十分返したと思うんだよな。

作家の開高健さんは、
ベトナム戦争に記者として従軍し、
200名のうち17名しか助からなかった戦闘に遭遇された。

そのため、それ以降の人生は
「おまけの人生だ」とよく言っておられたんだけど
腐人はそういう心持ちではいかんのかな、
と思うんだ。

ま、引き合いに出した例が強烈なんで
ちょっと違うかもしれないが。

でも、たぶん、だけど、
今、すごくスケートをすることが、
プログラムを考えることが、
技術を磨いていくことが、
やってて楽しくないですか?

腐人は、そうあって欲しい、
その気持ちこそを大事にして欲しいなぁと思う。

ってかさ、何かを好きだと思う気持ちって、
ものすごい力を生むんだよね。

真央ちゃんといえば3Aだから、
それを期待されてるのかもしれないが、
腐人は、
今の真央ちゃんだからこそ、できるものを観たい。

真央ちゃんの演技が観られる日を
心から楽しみに待ってます。

でもでも、くれぐれも、怪我だけはしないようにしてね。
これは真央ちゃんに限らないけども。

ああ、早く秋がこないかなぁ~。


ありゃ、ちびっとのつもりが、長々語ってしもた。
・・・ま、いっかー。

好きなもんには力がはいるのよ~ってことで。

では、本題をサクサクっと片付けるか。
まず、カウントから。

●18日
(391-395)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 7-11』  河合克敏
(396)BL/ラヴァーズ 『アカサギ-詐欺師と甘い鉄伽』 沙野風結子

●19日
(397,398)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 12』『〃 13』  河合克敏
(399)BL/クロス 『デキ狐!!』 石原ひな子

以下、順不同で。

(391-395)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 7-11』  河合克敏
(397,398)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 12』『〃 13』  河合克敏
  うひー・・・変体かな文字!!!
  うううう・・・古傷がうずくわ・・・(;一_一)

  もうかなり記憶の彼方にいっちゃってるが
  そんでも昔うけた授業より、
  こっちのマンガのがわかりやすい気がする。

  って、ただ単に、当時は嫌々勉強させられたが
  今は興味をもって読んでいる、
  っちゅー違いなだけかもしれないが。
  
  どうも次巻で終了らしく、どーせならオチたところで
  一気読みすりゃよかったと、少々後悔。

  ・・・でもま、スポーツもんほど波があるわけじゃないから
  いっか。
  問題は14巻を忘れずに入手できるかってのと、
  14巻読むまで、
  この内容を覚えといておけるかってとこだな、うん。

  ちょっと話かわって。
  すげーどーでもいいんですけども、
  個人的に、書道やってると、普段の字が綺麗かどうかっての
  そんなに関係しますかね?という気がする。

  まぁその「綺麗」の基準もあるんだけどさ、
  日常の字に求められてるのって、
  楷書を綺麗に書けるか、だと思うんだよな。
  それも筆ではなく、ペンで。

  そういう「日常における実用度がどうか」ってとこでいうと、
  書道やるより、ペン字のが実用だろう、という気がせんでもない。

  ってのも、腐人は昔、百貨店で販売員をしてたことがある。

  そこでのしを頼まれたのだが、腐人は字が汚い。
  それこそさらに昔に習字をやったが、
  そんなもんはどっかいった。

  よって、周囲の先輩にヘルプ!を出して代わってもらったのだが
  普段書かれてる伝票の字が綺麗な方に頼んだら
  「あたし、筆はダメなんだってー」とおっしゃった。

  でも、そこをなんとか!と頼み込み、書いてもらったところ
  腐人よりは巧いが、筆耕さんほどではないものに仕上がった。

  また別のときに、伝票の字はクセ字な方にお願いしたら
  それは見事な行書で、筆耕さんですか!というほど
  美しいものに仕上がった。
  
  きくと、販売員をするにあたって、
  たぶん必要になるだろうと思ったから
  のしでよく書く文字についてだけ、
  毛筆で綺麗に書くための教室に通ったんだとおっしゃる。
  
  謙遜なのか事実なのかはわからないんだが
  「だから御祝とか、ご霊前とか、
   そういう文字しか巧くないのー」
  とのこと。

  機会としては、圧倒的に伝票を書くことの方が多いから
  腐人としては、普段の字が綺麗なほうがいいよなぁと思う。
  のしは、なんなら筆耕さんに頼めばいい話だし。

  わー身も蓋もない、
  使えるかどうかのことしか考えてねぇ意見だな。

  まぁ、私は両方綺麗よ!って方も中にはいらっしゃるだろうから
  これは必ずしも言えるこっちゃないのはわかっているが
  腐人の周囲に限定していえば、
  書道がとてもできる方の普段のメモ書きやノートは、よめない!

  過去にいたんですよ、二人ほど。
  二人とも、かなやってて、
  「ごめん、さっきの授業の最後んとこ、ノートみせて」
  でみせてもらったら、
  まさに連綿で書いてあって、「よめねぇ!!」
  これ、伝言とメモをもらっても、「よめねぇ!!」

  そりゃあなたがたにとっては、連綿で書くのは普通でも
  一般人にはわからんのじゃー!!

  当たり前だが、その方々は、
  変体かなの授業をなんなくクリアしとったな。
  腐人?
  きかんでくれ・・・(-_-;)

  ま、そんなことはともかく。
  長い間、廃れることなくしぶとく生き残ってるものってのは、
  奥が深いんだよな。

  中身が薄く浅いものは、すぐ廃れる。

  この違いってのは、深さがあれば、
  どんだけ時代が、人が、環境が変化しようとも
  柔軟に変容することができるからじゃないかと思う。

  浅いと変化のしようもないからな。

  ただそれは、それだけで食えるかどうかってのとは
  別の話で。
 
  人はパンのみにて生くる者に非ず。

  むかーしむかし、この言葉の解釈を問われ、
  「ただ『生きてる』だけなら、
   パン、つまり衣食住だけありゃ生きられるでしょうよ」
  と言い放ったことがある腐人だが、
  パンもいるけど、
  そうじゃないもんの存在を必要とする、ということが
  人が人として生きている、ということなんでないのかと、
  ようやく思うようになった。

  でもこれ逆をいうと、
  ただパン(生命維持)だけで生かされてる状態は
  人として生きてるのか?どうなんだろう・・・
  っちゅー問いかけにもなるけどな。

  いかん、景山くん並に脱線しちゃったな。

  普段、何気なく使っている字について、
  へーふーほーという教養をわかりやすく習得するのに
  いいマンガだと思います。

(396)BL/ラヴァーズ 『アカサギ-詐欺師と甘い鉄伽』 沙野風結子
  はぁ、鉄伽って、そっちかい。
  そいや師匠が日本の某所でみたっちゅーてたなぁ。
  
  沙野さんてエロの印象が強すぎて見過ごしそうになるけど
  筆力あるんだよなぁ。

  なので、ちゃんと筋は通って、きっちり話になっている。

  ただ、キャラが、いろいろと・・・、
  なぁ!そんでええんかい!なぁ!と
  突っ込みいれたくなるとこある・・・。

  もうちょっとさ、自分も人生も大事にしようよ!

(399)BL/クロス 『デキ狐!!』 石原ひな子
  ちょっと今、仕事の方で、
  結構、脳みそが疲弊している。

  なので、
  なんかなーんも考えずに読めるもんが読みたくなった。

  こーゆーときの一番の特効薬は、
  お布団たたいて、わっはっはと言えるようなトンデモBL
  (状況としては寝転がって読書)。
  
  タイトルからして、その類?と思って読んでみた。 

  うーん・・・・・・
  妊娠にチビ、というネタはいいんだがな。
  調理方法が、うーん・・・(~_~;)

  それこそチビラブリーを炸裂してくれるとか
  妊娠過程をリアルにやるか。
  そんくらいはじけて欲しかったなぁ・・・。

  ああ、妊娠本といえば、
  やっぱりあの同人誌『母子手帳』が最高だった。
  未だ、あれを超えるもんには出会えてないなぁ・・・。

  よって、いまいち消化不良。
  
  なんか腸よじれるぐらい大爆笑ができる
  トンデモBLが読みたいよぅ!(>_<)!

  どなたか、腐人にください!
[ 2015/05/20 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

いろいろアウト・・・(-_-;)

大阪都構想の結果がでましたなぁ・・・
ってな話もしたいのだが。

先送りしてる『禽獣の系譜』
『月神の愛でる花』の話もしたいのだが。

ちょーっと、無理ー!(>_<)!

ううううう・・・なんで?
なんで最近、こんなバタついてんだろう・・・。
だからといって、仕事が片付いてる感じもねぇし
部屋が片付いてる感じもねぇし、
読書が進んでる感じ・・・はあるか、
うーん・・・読むのが精一杯になっとるな。

ちょっとどっかでリセットのタイミングをはかりたいんですが
その目処が全くたたん。
まいったなぁ・・・

ま、こーゆーときは深く考えない。
考えたところで、宿題が減るわけじゃなし。
目の前にあることを一個づつ片付けてくだけですな。

ってことで。

都構想の話は、するかどうかも不明。
先送り読書録は、落ち着くまで先送り。
これはじっくりやりたいからさ。

それ以外のサクサクできるやつを片付けてしまえ!
ってことで、れっつらごー。

●15日だか16日だか
(382)マンガ 『ただいまのうた 7』 ふじもとゆうき
  ワガママがいえない、ねぇ。
 
  まぁ、腐人はこのマンガ、
  きれいごとが読みたくて読んでるので
  これ以上は何も言わない。

  梅太がかわいければそれでいいのだ。  

(383)マンガ 『どうせもう逃げられない 9』 一井かずみ
  なんつーか、
  なんでここまで追い詰められないと本音が言えないのか
  思ってることと発言が、ほぼ一致してる腐人には
  いまひとつよくわからない。

  ぐるぐるうだうだしてる時間と労力が
  もったいねぇと思わないのかねぇ?
  
  とっとと素直になっときゃ、
  やれる回数も増えるだろうに・・・←おい!

(384)マンガ 『逃げるは恥だが役に立つ 5』 海野つなみ
  血族が言った。
  「なんか最近おもろくない」

  そりゃ、普通の恋愛マンガになりつつあるもん。

  腐人はゆりちゃんと風見のやりとりが好きなんで
  そっちばっかみてんだけど、
  今回あった、
  「あなたみたいな人は嫌いだけど、あなたは嫌いじゃない」とか
  「深い喜び」などは、
  思わずふーんというつぶやきがでるね。

  腐人は、環境があんまし普通じゃないかもなんで
  「あなたみたいな人」云々はよくわからんのぅ。
  自分がつきあいたいと思う人でない人とは
  表面的なつきあい以上のことやる気なくて、
  人間関係広げる気ゼロだからなぁ。

  相手が踏み込んでこようと、
  「あ、そーすか」で断ち切って終了。
  広がらねぇ広がらねぇ。

  でも、それが楽でいいの。
  そういう生き方がしたいの。

  今から深い付き合いなんて真っ平ごめん。
  現時点で深い付き合いをしてる人だけ
  この先ずっとキープできたらそれでいい。
  
  だからゆりちゃんが言ってた「深い喜び」なんてもんも
  いらない。
  だって、その「深い喜び」って、同時に
  「面倒くせぇ責任」や
  「切りたくても切れない、うざいわずらわしさ」も
  ついてくんじゃん。

  +100には-100がついて、それ両方を受け取るか、
  ±0の状態しかもらえないかの二択なら
  腐人は後者でいい。

  面倒事は、仕事だけで腹いっぱいじゃ。

  ってなのが増えてるから、
  チャイルドフリーを希望する人が増えるんだろうねぇ。

  ま、本能と欲望にうちかてれば、
  とっても気楽な人生があるってこった。

  どーでもいいが、腐人は、
  「無言で期待をする人」って、
  まぁゆっちゃえば、察してちゃんだが
  その思考が理解できない。

  他人はすべてエスパーだと思ってるんだろうか??

  他人に期待しない人生って、
  してくれなくて当然なわけじゃん?
  ろくでもないことしでかしても、ああやっぱりな、だし。
  ソレを見越して、他人と距離をおいてつきあってれば
  こっちへのとばっちりも最低限におさえられる。

  反面、ゆーなりゃ常にゼロ状態だから
  なんかしてくれたら、
  おーすげー・・・えらい人もおんねんねぇとなるから
  逆に日々が喜びの連続になると思うんだがなぁ。

(385、386)BL/ビーボーイ 『発情』『欲情』 岩本薫
  このシリーズの後ろの方で
  ちびっちゃいのが表紙にでとるのが
  すげー気になって、読み返し。

  うーん・・・こいつらが孕むんだろうか・・・?

  すげーどーでもいいですが、
  もし腐人の目の前にいる人物が急に狼になったとしたら。

  たぶん、今なら、こういうと思う。

  「それ、暑くね?」

  バリカンで五分刈りとかにしたらどーなんのかなぁ?
  
  んでもって、もっとも気になるのは、
  ブツのサイズ変化と尻尾だろうなぁ。

  尻尾は、腐人にとって神秘・・・。
  思いっきりいろいろやらかしたい・・・

(387-390)マンガ 『とめはねっ! 鈴里高校書道部 3-6』  河合克敏
  えー13巻まで借りたので、
  総括はまとめて。
  っても、特にないかもしれない・・・(^_^;)

  書いてあるうんちくは、それなりにおもろいんだがな。
[ 2015/05/18 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

禽獣・・・の話をしたかったんだが

脳みそがショートしてる状態なので、先送り。

うーん・・・なんか、なんか、
いつもなら今時分は、暇ぶっこいてるはずなのにー!!
うえーん

とりあえず簡単なものは片付けとこう。

●14日
(374-380)マンガ 『ラフ 6-12』 あだち充
  あだち作品は、全部網羅はしてないが
  有名どころは読んでいる。

  で、これ、競泳マンガだときいたので読んだんだが
  違うよなぁ・・・。
  まぁ『タッチ』だって、
  あれ野球マンガじゃないよなぁ・・・。

  要するにスポーツという要素があれば
  いまどきの学生生活と乖離してても
  「部活で忙しいから!」という説明がつく。
 
  ただ、それだけの要素だよなぁ。

  そう、あだち作品は、
  青春恋愛マンガなんだよ、スポーツマンガじゃなくて。

  って、今頃なにをゆーてんですかね。

  感想デスカ?

  「ふーん・・・」以上。

(381)BL/花丸ノベルズ 『禽獣の系譜 下』 花郎藤子
  これはーごじつー。
  でもーそれがーいつになるかはー
  だれもしらない。
  腐人もわからん。
[ 2015/05/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

今日こそ!遅延分、返済するぞ!

と、一応、決意表明をしてみました。

が、腐人の周囲は地雷がいっぱい。
昨日のよーに、突然爆発したら
もうお手上げだ。

そういや、すげーどーでもいいんですけどね、
皆さん、『妖怪ウォッチ』のEDが新しくなり、
「ようかい体操第二」になったの、ご存知です?

ま、ほとんどの方が知らないか。

これがですねぇ・・・
最後、凶悪にかわいいの!!!

腐人の住んでるエリアでは、このアニメ、
金曜の夕方に放映される。

そうすっとだ、土日の週末、
チビらが自分の都合にあわせて
「妖怪ウォッチみるー!!」
とやってくるんですわ。

んで、しょうがなく、しょうがなく!
腐人も妖怪ウォッチをみることになる。

その内容のほとんどが、ホントにどーでもいいのだが、
唯一そうじゃないのが、
コマさんと、コマじろうのカップ・・・もといコンビだ。

天然おとぼけ、おっとり兄と、
しっかりものの弟!!

もうこれだけで丼3杯いけるわよ!
もっとメシもってこーい!!!

ってなわけで、ただひたすら、
このカップる・・・もといコンビがでてくるのを
待っているんだが。

この新しくなったED「ようかい体操第二」に
二人がでてくるんですけどね、
これが!ちょーーーーーかわいいのよぉぅっ!!!

コマさんはお約束どおり、
ふりつけ間違えるし遅れるし。

よたよた体操してるのが、ああ癒される~
コマさんってなんてラブリーなの!!
これじゃ、コマじろうも、心配でそばを離れられないわよね・・・
なんだけど、
そーゆー腐った大きなお友達を狙ってんのか、おい!
といいたくなるのが、このラスト!

その前の歌詞が、
「フラフラメンタイ フラフラメンコ
 ようかいフラフラ なんかちょうだい」
っちゅーんですが、
そこらぐらいからこのカップルが!あ、違うコンビが!

よたよたと二人だけ前にやってきて、
両手を前につきだして、
ちょっと小首をかしげながら、上目づかいで
ラストの歌詞
「なんかちょうだい」
ってゆーのよぉうぅぅぅぅ!!

え?いやーん
そんなかわいいオネダリされちゃぁ
おばちゃん、なんでもあげるわよぉ~
ソフトクリーム?
どーせなら、最後にムがつく別のものをあげるわ~
二人でお使いなさいな~

とテレビの前にふらふらとびだし、
デレまくってしまうぐらいかわいいの!
    ↑
  デレ?
  いや、その発言内容は腐ってると思う・・・

いかん・・・
腐人の「ちっちゃくてかわいいもの」好きのボタンが
押されてしまった・・・。

ああ、はやくあのちょうだいポーズがみたくてたまらん・・・。


さ、今日もいつ邪魔がはいるかわからんので、
くだらんことをダラダラ書いてないで
さくさく進めよう。

まず、昨日のから。

●13日
(370,371)マンガ 『ラフ 4』『〃 5』 あだち充
  これは昨日書いたとおり、最後にまとめます。

(372)BL/ビーボーイ 『Love me 10$』 ひちわゆか
  『TOKYOジャンク』シリーズの
  スピンオフなんですけど、
  そいやこれはルチルにいってないんじゃね?

  一応、樋口と朔夜さんのその後があるんだけど。

  なんで急にこんな古いのを再読したかというと、
  いやさ、小冊子がこないなぁ~ってのが言いたくて(--〆)

  発送済んでるのかな??
  腐人はオフィシャルサイトは、ほぼみない人なので
  覚えていたら、今度調べてみよう。

  それにしても、久々に読み返しても思うけど、
  巧いよなぁ。

  腐人はこの台詞の切り替えしの巧さと、
  思わずクスリと笑ってしまう比喩表現が大好きなんだ。
  わかる人はわかってね、という姿勢があるから
  不親切と思う人もいるかもだが、
  腐人なんかは、読むたびに新しい発見があるようで
  宝箱をあけるような楽しみを感じる。

  そういや、この巻末にある「マスカレード」。
  これ、もう何回読んだろう(^_^;)

  初出はルビー文庫のさらに前じゃなかったっけ?
  うーん・・・違う版で3回ぐらいはみた気がする。
  
  個人的には、初期作品では「隣の男」だっけかな、
  あれが好きなんだけど。
  あれももう読めない領域(絶版)だろうなぁ。

(373)BL/花丸ノベルズ 『禽獣の系譜 上』 花郎藤子
  これはちょっと改めまーす!
  って、いつだ!?

続いて、遅延コメントにまいります。
すんませんが、順不同。

(361)一般本 『マル暴甘糟』 今野敏
  や、なんかさ、コレ読んだせーで
  『禽獣』を読みたくなったんですわ。

  っつっても共通項目は、ヤクザというだけだが。

  これ、任侠シリーズといっていいのか、それのスピンオフらしいが
  いまいち、甘糟くんの記憶がない・・・。
  いたっけ、君?

  でも、こうやって読むと、
  なんだろ、なんか誰かを彷彿とさせる・・・。

  位置的には、ジェイムズくんか?(by『エロイカより愛をこめて』
  でもジェイムズくんはもっと勤勉か。

  この全体に漂うやる気のなさが、
  なんかひっかかるんだけど、思い出せない。
 
  うーん・・・またいつかぽろっとでてくっか。
  
  個人的には、マル暴なのに、なんか平和で
  この肩の力の抜け具合が、気に入りました。

  第二弾でないかな~。

(355)BL/シャレード『八木沼酒店にロマンスは売っているか?』 鳩村衣杏
  腐人もアルコールがまったくダメな下戸なので
  ふーん・・・となっちゃうのだが。

  やっぱり、鳩村さんは
  お仕事がんばるブロマンスだなぁと思う。

  正直、ラブ部分より、商店街話のがおもろかったわ。

(356)BL/ショコラ 『人魚王子と泡沫の恋』 桐嶋リッカ
  OH!ニンギョー!!
  って書くと、金魚みてー。

  個人的に桐嶋さんは、異界設定話が好きなので、
  これもほっほぅと思いつつ読んでたが、
  うーん、もうちょっと意外性が欲しかったかなぁ。

  だって、すぐこいつだなってわかっちゃうんだもん・・・。

  せっかくならこの設定で、もっとやらかして欲しいなぁ。
  
(357)BL/ディアプラス 『シェイク・ミー・テンダー』 いつき朔夜
  な、なんでーっ!!!

  なんでこの設定で、パパと辰巳の話がないんだ!!
  ツボは、パパでしょ!息子じゃないでしょ!!!
  
  ぜったいパパのがいい男ーっ!!!
  
  パパが好きすぎて暴走しちゃった辰巳と
  その後、どんな話し合いがあったか、
  盗み聞きしたいぐらいなのに・・・。

  って他所に暴走してますが、
  大事に思うがゆえに連絡できないっちゅー、
  こーゆー壊れそうなガラスのようなとこ、
  いつきさんらしいなぁと思う。

(358、359)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~六つ花の咲く都~』、『〃~天壌に舞う花~』 朝霞月子
(360)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~絢織の章~』 朝霞月子

  すんません!
  ちょっとやられたので、これも改めさせてください。

  あーもーっ!
  がんばる健気っ子って、ダメなんだってーっ!
[ 2015/05/14 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

どっくしょっろく~ぅ、どっくしょっろく~♪

の前に。

浅田真央ちゃんが現役続行(では?)っちゅー
ニュースをみた。

わーい!
まぁ、アシュリー・ワグナーちゃんも
周りが10代ばっかのなか、気炎を吐いているし
なんつっても、エフゲニー・プルシェンコくんも復帰だもんね。

ぜひともキャリアの違いを見せて~っ!

ってか、個人的に真央ちゃんの滑りは
いくつになっても思わず微笑みたくなる可愛らしさがあって、
そこに年々美しさが加わり、観ていてすごくうっとりする。

バレリーナの
ニーナ・アナニアシヴィリさんを思い出すんだよなぁ。
腐人の勝手な印象ですが。

うっふっふ、いやもう、
今からスケートシーズンの幕開けが
待ち遠しくてたまらない!!


さて、溜めまくりの読書録を片付けましょうか。

えーっとどっから溜めてたっけ・・・(^_^;)

まず書き出してみよう。

(355)BL/シャレード『八木沼酒店にロマンスは売っているか?』 鳩村衣杏
(356)BL/ショコラ 『人魚王子と泡沫の恋』 桐嶋リッカ
(357)BL/ディアプラス 『シェイク・ミー・テンダー』 いつき朔夜
(358、359)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~六つ花の咲く都~』、『〃~天壌に舞う花~』 朝霞月子
(360)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~絢織の章~』 朝霞月子
(361)一般本 『マル暴甘糟』 今野敏


それと、昨日の読書録カウント。

●12日
(362-364)マンガ 『ちくたくぼんぼん 1-3』 勝田文
(365、366)マンガ 『GOKUSAI 1』『〃 2』 猿渡哲也
(367-369)マンガ 『ラフ 1-3』 あだち充


わはははは、自分でゆーのもなんやが、
こいつ、アホほど読んどるな。
病んどるで。

そう・・・
そして読む端から忘れていくという病にも陥っている。

病名、過読症?

ま、こんな話はどうでもいい。
今日、片付けられるとこまで片付けます。

順不同ですが、ご容赦ください。

(367-369)マンガ 『ラフ 1-3』 あだち充
  オチまで入手しとるんで、
  オチてから総括します。

(365、366)マンガ 『GOKUSAI 1』『〃 2』 猿渡哲也
  ある意味、斬新な切り口だなぁ。

  どやって生きてんのかとか、風呂は?とかが
  気にならなくもないが。

  ただ、それよりも見入ってしまったのが絵。
  というか、印刷?

  これ、印刷屋さん泣いてんじゃないのかねぇ。
  よくこの濃淡だしたなぁ。

  絵としても、どうやって、何で描いてるのか、
  ものすごく興味深い。

  ただ、『イノサン』とか
  ものごっつい絵にこだわりのあるお話ってのが
  最近、ちょこちょこみかけるので、
  技術的なところの進化、進歩ってのは
  皆さん努力なさってるんだろうなと思う。

  ここまで絵で語れてしまうと、
  お話がうーん(~_~;)?となりがちなんだが
  まぁ、生活費だとか風呂だとかはおいといて
  物語としてみたら、これがそんなに悪くない。
  
  むしろ、この学園だかにはいったら、
  今度はどんなバトルがあるんだ?
  とか思っちゃうね。

  ・・・そう、これ基本設計はバトルもんだよなぁ・・・。

  ただ絵が抜群にいいので、
  新しい面白みが生じてる。

  なかなかおもっしょいもんみつけたわ。

(362-364)マンガ 『ちくたくぼんぼん 1-3』 勝田文
  上記の『GOKUSAI』と、
  ものごっつい対照的かもしんないなぁ。

  勝田さんは、その世界の空気が描けるんだ。

  正直、これ、お話としてどう?といわれると、
  何がある、わけでもない。
  恋愛だって、あるともないとも言えないような
  まさに「空気」で終わってる。

  逆に、それで、コレだけのものが描けるってのが
  すごいんだけど。

  うーん、マンガって奥深い。


い、いかん・・・緊急事態が発生した。

すんません、本日これで終了。

あああああーっ!!!
  
[ 2015/05/13 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ちょっと無理!

なので、カウントのみ。

やばい・・・そろそろ読書録を片付けんと
脳みそが忘却しはじめよるーっ

●11日
(360)BL/リンクス 『月神の愛でる花 ~絢織の章~』 朝霞月子
(361)一般本 『マル暴甘糟』 今野敏


狼少年になるかもしれんが、
自分のケツをひっぱたくつもりで書いておこう。

明日こそ!!!
[ 2015/05/12 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ん?んんんんん?なんか腑に落ちない・・・

●ウォールストリートジャーナルにおいて、
「米国では、
 高学歴で複数の子供がいて大家族の女性の割合が
 高くなっている。」
って記事があった。


が、なんか中身が腑に落ちない。

ってのも、先日、町山智浩さんの
『知ってても偉くないUSA語録』
「チャイルドフリー」っちゅー言葉があったからだ。

実態として、腐人はこちらの説のがうなづける。

ただまーどゆことをゆーとるのか、じっくり読んでみた。

・・・これ、統計の欺瞞ってやつではないのかえ?

この記事をまとめてみた。

●40歳から44歳で修士号以上の学歴を持つ女性
(調査対象総数の中で、
 対象者が占める割合1994:10%→2014:14%)

子供0
1994:30%→2014:22%・・・▲8%

●40歳から44歳で博士号以上の学歴を持つ女性


子供0
1994:35%→2014:20%・・・▲15%

●40歳から44歳で院卒の学歴を持つ女性

子供1
1994:28%→2014:23%・・・▲5%

子供3以上
1994:22%→2014:27%・・・+5%

●40歳から44歳で高卒の学歴を持つ女性

子供1
増加(数字の表記なし)

子供2
1994:43%→2014:38%・・・▲5%


で、これをもって

既婚者で高学歴、高所得の人は、
 他の誰よりも多くの子供を持つ可能性があるということだ


っちゅー結論に達してんですけどね、
これはちょっと暴論というか、
そっちのストーリーにしたかったの?という気がする。

アメリカの学費のかかり具合は、日本以上だろう。
大卒にさせるなら3000万かかると町山さんの本にあった。

だから今、アメリカでは、
アンジェリーナ・ジョリィとブラピ夫妻のような超金持ちか、
福祉依存の低学歴低収入層しか、
子供が複数もてないという。

それを踏まえてこれをみれば、
まずさ、母数を%でみてるのがひっかかる。

これは、その対象層の資産状況が同時になきゃいかんだろう。

「修士号以上の学歴のある女性」の実家資産がどうなのか、
「高校卒業の学歴の女性」の実家資産がどうなのか、
そこの数字はどうなのよ。

実家が裕福だから、
修士号や博士号をとるまで奨学金に苦しめられることなく
学生生活ができ、
結婚した後も、高い収入、実家の資産分配などがあって
教育費にヒーヒー言うこともなく、
シッターなどを雇える状況にありゃー、そりゃ生むでしょうよ。

一方、実家もミドルクラス、
大学以上は返済が必要な奨学金という典型的ミドルクラスならば
子供を躊躇せざるをえない。

ミドルクラスが減り、高所得層とそうでない層の
二極化が進んだだけという背景があるかもしれないのに
それ無視していいわけ?

それに、なんで比較が、「高校卒業の学歴」なのか。
どうして、それよりも低学歴層は無視なのか?

それはもっと都合の悪い数字がでたからじゃないの??

低学歴・低収入の福祉依存層のほうが、
子沢山である、という・・・


違うかな(^_^メ)?


●大阪都構想

関東在住の腐人にとっては、しょせんよそ事。

あ、よそ事って、方言なんだっけ?
よそん家のこと、無関係なこと、って意味です。

ただ、住民投票がそのまま結果に反映されるという話、
それもっといろんなことに適用したらどやねん・・・(~_~;)
という思いがあり、ニュースをぼへーっとみていた。

ちなみにこの「いろんなこと」ってのは、
沖縄の基地問題だの、原発の問題だのね。

あれ、どーも腐人には、そこの利権にまつわる外野な人たちが
ギャーギャーいってるだけのようにみえるんだよな。
本当に生活利害が絡む人たちを無視して・・・。

だから「運動家」とか名乗る方のことが
どうにも好きになれないんだが。

ま、それは別の話。

この大阪都構想なるもの、
腐人はいまいちよくわかっていない。

ただ、腐人は大阪市にも東京都にも住んだことがあるので
ぼへーんとそれぞれの印象を比較してみると、
確かに無駄が多い・・・のかもしれない。
議会とかね。


東京の場合、東京都と区は、
ゆーなりゃCIAとFBI、
警察の本部と所轄みたいな感じ。

って、一部の人にしかわからんような例えはいかんか。

だったら、外務省と総務省か、
大企業の本社と、地方支社か。

要するに、東京都ってのは、
マクロ視点で物事に関わり、対外的な機能を持っている(感じ)。

一方の区ってのは、ミクロ視点で物事に関わり
基本、内むきな機能をもっている(感じ)。

CIAとFIBが、本部と所轄がテリトリー争いするように、
そういうのがないわけじゃないだろうが
大きな事案でもなきゃ、所轄内で片付くように
結構すみわけができていると思う。

ただ、それは東京都ってもんがもってる人口数と予算が
他と格段に違うからだ。

東京都の予算は、小国の国家予算並だし、
わかりやすく人口でいえば、
23区の総数は、919万人(東京都は1343万人)
最少が千代田区で、5万人
最多が世田谷区で、90万人

ちなみに都道府県でもっとも人口が少ないのは
ちょっと古いけど平成22年時点で鳥取県。

この総人口が59万人。
23区の中で、この59万人より多い人口をかかえているのが
江戸川区、足立区、大田区、練馬区、世田谷区の5区。

うーん県より多いのか・・・。

ちなみに最多の世田谷より人口が少ない県は
佐賀県、高知県、徳島県、島根県、鳥取県、山梨県、福井県。

・・・ま、東京に集中しすぎてんだよな。

そゆことで、東京が、東京都と区となるのは
わからんでもない。

1区が、ほぼ県に匹敵するほどなのだから、
区として独自運営する権限がいるだろうからなぁ。

ちなみに千代田区は人口はすくないが
企業の本社機能が固まってるので
法人税の税収がかなりあるといわれている。

※すんません、時間切れで
 区別税収まで調べてません
 半端だな、腐人・・・


そういう点で、人口だけみててもいかんし
金だけみててもいかんのだよな・・・。

で、肝心の大阪だ。

腐人はこのニュースをきいたとき、
素朴に疑問をいだいた。

「なぜ、大阪だけ?
 横浜だって、市と区がある。
 どうしてあそこは神奈川都にしよう!といわないの?」

なんでも知ってる血族にきいてみた。

「神奈川の場合は、川崎市とかもあるからなぁ・・・」
と言われたが、
一番は橋下市長がおらんからだろう、きっと。

ただ人口をみると
(平成22年統計)

横浜市:369万人
大阪市:267万人
名古屋市:226万人

うーん・・・・・・
大阪市って、23区の1/3かぁ・・・。

東京も大阪も、区別の税収まで調べきれてないが
この規模で、本当にやってけんのかな??

ちなみにこの後は、札幌、神戸、京都、福岡と続きます。

大阪市によれば、一番多い区は平野区で20万人。
東京だと下から4番目の荒川区と同じぐらいか。

※東京は、千代田、中央、台東が人口数下位3区。
 どこもビジネスエリア。
 住民税が小さくても、法人からの税収がみこめる。


小さな政府(行政)を「良し」とするならば、
人口5万の千代田区でも東京都で運営できてんねから
大阪市でもアリかねぇ?

でもたぶん、いや、きっと税収の桁が違うだろう・・・。


しかし、この辺は、やり方次第だよね。

予算がこんだけしかないんだから、
身の丈にあった生活をしなさい、ってなだけだ。

ただそうなると、既得権益を得ていた人たちが
その取り分を減らされることになる。


たぶん、だけど、この大阪都構想って、

 既得権益者層(反対) vs 被搾取者層(賛成)

なんだろうなぁ。

被搾取者層ってのは、恐らくミドルクラスで、
「自分が行政からうけてる恩恵<<納税」の人々。

既得権益者の上層は、恐らく権力にちかい人。
既得権益者の下層は、
「自分が行政からうけてる恩恵>>納税」の人々。

違うかなぁ?

個人的には、大阪市を全部まとめて、
東西南北の四分割にして

大阪都 キタ区
大阪都 ミナミ区
大阪都 ヒガシ区
大阪都 ニシ区

ぐらいにしてもたら、どなんやろ?
って感じがあるけどね。
今の区割りのまま、自分とこでなんとかせぇは
しんどい区がありそうな気がするけど、どやろ?

っても、この4つやと、
税収バランスが不均衡になりそうな気もする。
ただ、それは東京もだし、どこでもありえる話。

ただなぁ・・・大阪やからなぁ・・・
腐人は、これ、橋下さんがでけへんかったら
たぶん、もう誰もでけへん話やと思う。

この辺は微妙な話なんで、
このぐらいにさせてもらいますんで
わかる方だけわかってください。


ま、なにはともあれ、
腐人はこの住民投票、
いいことしかない案なんてないんだから
結果については、どっちかな?ぐらいの興味しかない。

しかし、投票率がむっちゃ気になっている。

どんなもんがでるんやろ・・・?


[ 2015/05/11 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

腐人火山が大噴火。なんじゃこりゃー!!!

久々に、読んでイライラ、ムカムカするマンガにあった。

(353,354)マンガ 『健康で文化的な最低限度の生活 1』『〃 2』 柏木ハルコ


ま、そもそもネタ的に腐人向きじゃないんだ。

何度もゆーてますが、腐人は、
ヒトなんて、地球史上、最低最悪最凶の
とっとと一匹残らず駆除されちまえなクソ害獣だと思ってる。
自分も含めてね。

ただ、まーこのタイトルからして
ネタが生活保護だから、
それこそ、
なぜその努力をまっとうな方向へいかさないんだ・・・
っちゅー確信的に悪用してるヒトと、
法をいう武器をもって戦う
公務員の頭脳合戦がみられるかなぁ?
とゆー期待でもって読んでみた。

ら・・・なんじゃこりゃー!

こんな何の役にもたたないよーな
素人に毛の生えた程度の知恵と知識しかないくせに
努力もしようとしねぇ
あまちゃんなボンクラ馬鹿野郎を主役にそえるな!!

これを読んでも、何の知識のゲインもなきゃ
役にも立たないじゃないか!

そう。
腐人がむかついているのは、この点だ。

そりゃね、腐人はマンガ読みのマンガ好きだから
このマンガが、
社会人としての知恵も知識も覚悟もねぇ
クソあまちゃんな主人公の成長を描きたいんだ
ってのはわかる。

それにどんな現場でも、最初からプロはいなくて
最初は皆、どんな人でもペーペー。
それがいろんな経験をつみ、
勉強をして、それで一人前になるってのもわかる。

でーもーだ。

一個人としてきいてみたいのだが、
自分の手術を、
執刀がはじめての研修医にされたいかい?

ちゃんと指導医が立ち会いますから、ダイジョウブですよ
といわれてしぶしぶ了解する感じじゃね?

その気持ちは誰にだってあるよね?

それは、この生活保護の場合も同じだ。
自分の担当こそは、プロフェッショナルであってほしい、
そう思うでしょうよ。
あ、確信的に悪用してるヒトは、あまちゃん希望かもしれんが。

生活保護を申請しようとする人は、
(1)いろんな条件で追い詰められてる人
(2)確信的に悪用しようとする人
だと思うんだよな。

この(1)の中には、その状況ゆえに
まともな思考が立てられない人もいるだろうし
はっきりいって、知恵と知識がないから
そうなってる人もいるだろう。

そういう人をなんとかするためには、
対応する人が、広い知恵と知識を視野をもった
プロじゃないと困るのよ!

介護で、ボンクラなケアマネに出会ったがゆえに
かえって状況が悪くなった人だっている。
逆にすごく優秀なケアマネだったから、
感謝してもしきれない状況になった人もいる。

そんでもって、(2)なんて
そもそもが法の穴をつこうとしてるんだから
プロをあてなきゃ止められるわけがない。

こんなクソ甘いド素人に担当されちゃぁ
申請人も、その財源だしてる納税者も
困るんだよ!!!


ふざけんじゃねぇ!!!

と、腐人は思う。

例えば、2巻にあった生活保護家庭で
荒れてた子供が内緒でバイトして
それを申告してなかったがゆえに、
バイト代全額返納となる話。

もー、アホですか?と
どんだけ言いたくなったことか。

バイトやっとるかどうかなんて、
バイト先に、
家のものですが、ちょっと急用があって・・・
××いますか?
っちゅーて
電話の1本かけりゃいいだけじゃん。

バイトやってりゃいるだろうし
やってなきゃいませんだろう。

なんでいちいち生活保護の調査をしちょりまして
うんたらりなんて説明電話をすることしか
考えられないわけ?

先にこっそり裏とって、
本人尋問すりゃ話はえぇだろうに
なんでこの臨機応変さがねぇの?
バカじゃね?

でもって、ちゃんと順序だてて、
本人の署名書や
該当の条文がかいてある法律の本もって
子供本人の腹におちるまでしっかり説明する。

これだってそれをわかって、ちゃんと申告してたら
手元に残ったわけでしょ?
まさに知恵と知識をちゃんともってなかったから
引き起こされた事態じゃん。

本人もゆってんだから、はっきりバカだって言ってやれ。
バカだから踏み付けにされ、搾取されるんだと。
それがイヤなら、知恵と知識という力をつけて
バカを卒業しろと。
それしかその場所から逃げられる方法がないんだと。

あのさ、
ゆっちゃぁなんだけど、
この状況を引き起こした親ってのは
一見まともそうにみえても、あてにしたらあかん。

生活保護を申請しなきゃならない
「何か」の要因をもってるのは
親本人なんやて。

環境がととのっとったら、まともになんかもしれんが
せやないから、何かが欠けてもたから
今、そないなっとんやろ?

まともそうにみえても
全面的に信用したらあかんねん。
まずは疑え、だ。

もし疑ってたら、
親に子供への説明をまかせたか?
担当がやったんちゃう?

そうやって、子供の世代に
生きる知恵と知識をうえつけたらんと
あかんと思う。

そんでもって、最悪、
このどーしよーもなくなってる親は
不良債権として切り捨てて、
子供だけでも救ったれよ。

一番の犠牲者は子供やねんで?

それこそが生活保護世帯を減らす一番の方法なのに
手ぶらでいくってバカですか?

それに返納だってさ、
なにぼへーっと
ギターやCD壊させてんの。
それ換金させりゃいいのに。

そういう機転も利かずぼへーっとみてるだけって
はっきりいって、いらないよ、こんなの。
事態を悪化させてるだけじゃん。

いやもうホント、申し訳ないがこれ以上読むの無理。
せめて主人公を、プロに設定してほしかった。


マンガについてはこの辺にして、
ちょっとね、このテーマについて。

腐人は自殺を否定したくない人なんで、
こんな人生、生きててもしんどいだけ、と思うなら
自殺、自終死という選択の何が悪い?と思う。

その人のつらさは誰もわからないし、
そのつらさを肩代わりすることができないんだもん。

なのに、生きろってどんだけ傲慢なセリフはいてんだと
腐人は思っている。

腐人は、貧困はある程度までは
生きる知恵と知識を授ける教育で
回避が出来ると思う。

今よくないのは、
この生きる知恵と知識を授ける教育が
あるとこにはあるが、
ないとこにはなくて、
そのないところに生まれてしまった子が
知恵も知識も与えられないまま
次の世代に繋がるという
知恵と知識の隔絶と、スパイラルが起こってしまってること。

貧困については、
ちょっと改めてやろうとおもってるが
先日読んだ本で紹介されてた事例だが
4代続いて生活保護世帯という家があるんだそう。

そのうちの子供が、働こうとすると親が言う

「働くぅ?なに馬鹿なこといってんの?
 生活保護うけりゃいいじゃん。
 働くなんて馬鹿だよ」

社会においては多様性ってのが
必要なのかもしれないが
腐人は本当に、根っこから貧困をなんとかしたいなら
一人が複数の役を担う家族という単位を瓦解させる
真社会性生物に、人間がなればいいと思っている。

ま、この話は、またいつか。
[ 2015/05/09 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

バカの最上級はバカエスト?

昨日、おととい読んだ本のカウントを忘れていた。

腐人が本のことを忘れるなんて、
認知症の始まりかしら?

って、どこまで読んだか忘れたって
しょっちゅーゆーとるがな。

●6日
(350)小冊子 『犬迷鑑』 宮緒葵
  腐人は、犬か猫かといわれれば
  猫派なんですが、
  犬好きの方におききしたい。

  犬ってこんなにお馬鹿なの?
    ↑
   ここの「犬」と一緒にされたら
   4本足で歩いているワンちゃんたちから
   「一緒にするな!」と抗議がくるぞ。
  
  思わず、バカの最上級ってなんというのか
  ググってしまったではないか。

  ちなみに、英語だとfoolestってのが一応ある模様。
  個人的には「バカエスト」のが好みだな。

  で、この称号は、ぜひとも安綱にもらっていただきたい。
  やっぱり彼が一番ですよ、ええ。

  BL読んでるとさ、
  「おいおい、こんなのでいいの?
   もっといいのが他におるんちゃう?」
  とは、よく思うこと。

  しかし、大変申し訳ないが、この安綱だけは
  「ごめん、旭!
   世界と人類の平和のために、
   人身御供として犠牲になってくれ!!」
  と思う。
  
  だって他のおバカ犬たちは、
  なんとか制御できそうな気がするが、
  安綱だけは絶対!無理!!
  
  旭、たのんだよ!たのんだからね!!

  でも個人的に、一般的な愛玩犬って、
  どっちかっちゅーと、
  ワガママで自己中な腹黒にみえるのは
  腐人の気のせいでしょうか・・・。

  ま、甘やかして育てた飼い主が悪いんであって
  犬は悪くないのかな。

  腐人は生きてるもの、全部拒否の人なので
  よくわかりません。

●7日
(351)BL/ルチル 『ウサギの国のキュウリ』 松雪奈々
  ぶわっはっはっはっは。
 
  桃太郎の吉備団子を、
  「団子ひとつで
   一生ただ働きさせる詐欺契約に警戒しろ」
  とゆーくだりに爆笑してしまった。

  確かにそう読める。うん。
  
  「鬼の征伐までってゆったじゃん!」
  「おいおい、間違えるなよ。
   俺がそういったのに、 
   あなたについてどこまでもって言ったの
   お前らだろ?
   家来になるってゆったのもお前らだし?
   俺は、なんの強要もしてないもんねー」

  っちゅーとこすかね。
  労働基準法なんてない時代だしなぁ。

  それにしてもかねてより不思議だったんですが
  カミソリをみて、妄想爆裂し
  鼻血噴水をふきあげるウサギ人さんたち。

  いったい、脳内でどんな妄想が爆裂してんだろう・・・?

  QPばっかの世界に、モジャモジャが出現し、
  あの人、ヘアをむきだしにしてるわ、なんて恥ずかしい・・・
  とかならわからんでもないんだが
  なぜ、「剃る」を考えると、鼻血ブーなんだろう??

  うーん・・・
  剃った後の状態も、お髭ボーボーの状態も
  別に隠してるわけではなくオープンだよなぁ・・・(~_~)?

  最初はてっきり某所をテイモウしているシーンを
  想像するのと同じか?
  と思ったんだけど、
  でもあれはモジャモジャ状態も
  QPになっても「隠してる」。

  そこが萌えポイントなわけで、
  どっちもオープンなら、
  いったい何が鼻血ブーになってるのか・・・。

  スネ毛そるのと一緒じゃねぇの?
  ねぇ!ウサギ人!教えて!!

  でも、ホント、理解不能だよね、
  このウサギ人の常識。
  どこがどーなったらそーなるんだ!みたいな。

  腐人がゆーのもなんですが、変だよ、変!!
  
  っちゅーかですね、
  腐人的には、この突拍子もない発想ができるってことが
  このお話のおもしろさだと思ってるんだよな。

  松雪さんは、もともと腐人のなかでも
  トンデモ枠で番付されていたが、
  なんかどんどん昇進してるなぁ。
  
  どーでもいいが、この話、腐人は好きなんですが
  もうナスもキュウリもでちゃったからおしまい?

  えーもっとよみたーい!(~o~)!!

(352)BL/Holly 『彩雲の城』 尾上与一
  あっぱらぱー子の腐人は、
  飛行機の違いがわからん。

  わかる人が読めば
  もっとおもろいんだろうなぁ。

  それはともかく、BL的な感想をいえば、
  最後まで、え?え?え?どうなるの!
  と読めた。
  3冊目にして初の戦死!?とか思って。

  でも、これを戦争ものとしてみると、
  戦争の全体図はみえなくても、
  局地的なところで、ここまで明らかな彼我の物量差があると
  自分たちがやっていることに対して
  疑問というか、疑念というか、不信、腹立ちなど
  起こらなかったのかなぁ?という素朴な疑問がわく。

  どうだったんでしょうね。

  腐人は、自分が納得できないことを
  他人から強制されることが
  本当に大嫌いなので、
  まぁ、まず「靖国であおう」なんて考えられない。

  上が無能なせいで、こんな無駄をやらされてんだと思うと
  敵より、無能な上層部に憎しみがむかうが。
  
  当時、腐人みたいな偏屈、いなかったのかなぁ?

  せっかく武器弾薬があって、心の中じゃなく
  現実に銃乱射ができるのに。←おい!
  

  なんとなくだが、
  せっかくここまでシリーズを続けてきたのだし、
  Hollyさんなんだから、
  BLの枠を考えずに、あの時代に生きた人たちのことを
  書いてみて欲しいなぁとか思ってしまった。
 
  まー最後の前の話を読んでて、
  腐人とは、生きたいという思いの強さが
  違うんだろうなと思うけど。
  
[ 2015/05/08 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

腐女子の好奇心

今日は、超ゲレツで、お馬鹿な話です。

そーゆー話が、いやんな方は
回れ右してお帰りください。

先に断ったかんねー!!


すげー素朴な疑問がある。

吸血鬼と、狼男と、
フランケンシュタインと、ゾンビ
このいずれかとヤるとしたら、
どれがいいのだろうか?

ってなことを考えてみたんだが
(考えてみるな!んなこと!!)、
そもそものところで、つまづいた。

そもそも、できるの??

だって、吸血鬼にしたって、
フランケンシュタインにしたって、
ゾンビにしたって、元は死体。

血液の循環がないと、ナニは起立しない。

まぁ、アメリカでEDに悩む男性が元で、
その方が、生前、物理的にナントカする装置を取り付けていて
それがまだ使用可能なら可能・・・なのか!?

ってか、それはずさないで埋めちゃうもんなの??

でも、その前に。
死体って確か、内臓や骨のないところ(軟骨のみのところ)から
腐敗してくはずだから
年数によっては、起立するもの自体が
ピーナッツすらない可能性がある。

っちゅーことはだ、
理論上は、狼男しかできない、ということにならんか?

で、終わるのが一般人だろう。
    ↑
  いや、一般人なら
  そもそもこんなことに疑問を抱かんと思う・・・

でも、もしこれを腐女子に投げかけたとすると、
たぶん、話はコレで終わらない。

いやいや、腐人ちゃん、甘いわよ。
ヤるって、別に受け身ばっかじゃないじゃない。
こっちが、攻めればいいのよ!!

と言われるだろう。(誰に?)

そうなった場合、
死後直後ぐらいでストップしてるだろう吸血鬼はいいよ。
うん。

狼男も問題なし。

フランケンシュタインも恐らく加工途中で
防腐剤につけるなりなんなりしとるだろうし、
製造過程で調整しとるかもしれん。

しかし、だ!
ゾンビはどうなんだ!
あれは、現在進行で腐敗が進んでるんだろう!?

すると、いざ鎌倉!って突入したはいいが、
その衝撃で、
ぼろぼろぼろっと崩れく可能性があるわけじゃん?

うーん・・・そうなっても頑張れるもんだろうか?

残念ながら
腐人には肝心なものがついてないので
そこは未知なる世界だわ・・・。

でも、そう考えると、ネクロフィリアさんって、
男性限定?
女性はないの??
まぁ、加工すりゃいいのか・・・。←やめなさい!


すっげーどーでもいいんですが
吸血鬼は色っぽい話が多いモンスターだが、
あれは死後硬直の継続なんだろうか・・・。

疑問は尽きぬ。

[ 2015/05/07 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

有言実行!やっとやるで世界選手権&今シーズン 男子総括!!

女子にならって、
今季一番好きなプログラムからいきましょうか。

男子ではデニス・テンくんのFS
『New Impossibilties』だなぁ。

SPは、とっさにでてくるもんがない。

FSだと次点で、
町田樹くんのFS、『交響曲第9番』。
あの恐ろしく複雑で一音の隙もない振り付けは
楽譜をスケートにしたらこうなるだろうなぁ
という感じで、よくぞやってくれたなと思う。
いいもの見せてくれてありがとう!

それから、小塚崇彦くんのFS、『Io Ci Saro』かなぁ。
あの伸びやかでビブラートの効いた歌声と
滑らかなターンと伸びのあるスケーティングが
むっちゃマッチして、
正直、ジャンプ以外のとこの美しさに夢中になった。

惜しむらくは、二人とも腐人的にパーフェクト!
と思うものを見せてもらえなかったとこ。
町田くんのはGPシリーズのスケートアメリカ、
小塚くんのは全日本がベストかなぁ。


今季すげー伸びたなと思うのは
ミーシャ・ジーくんとナム・グエンくん。

特にミーシャ・ジーくんはちょっと驚いた。
ソチでみたときは、
フィギュアという競技をやっている、というより
どっちかというと自分の表現に酔ってるという
独りよがりさのが勝って見えて、
腐人的には、なぜフィギュアという競技をやるのか、
表現がしたいならプロスケーターになればいいじゃん
と思っていた。

したらば。
いやいやいやいや、今年は変わりましたな。
フィギュアという競技の枠で伸びてきた。

こーゆーてはなんですが、
フィギュアという戦場で戦うことを選んだのならば
やるべきことをやってからでないと
自己主張って、いくらやっても響かないんだと思う。

さて、来季はどうなるんだかな?


一方のナム・グエンくん
いやー伸び盛りの子の成長速度の恐ろしさを
目の当たりにさせてもらったよ。

そりゃまだまだ足らないとかあるし、
個人的にはジャンプの前後が気になるが、
あの物怖じしない度胸のよさは、ちょっとすごい。
緊張って言葉がないのか?君には。

この先どこまで化けてくるんだろう。
末恐ろしい・・・。
シーズン中に身長が伸びた気がするけど
それすらなんの障害にもならんのね・・・。


それにしても、
今季は引退のニュースが多くて悲しいわ…(ToT)
ジェレミー・テンくんもこの世選で引退なのか。
腐人には彼の滑りはとても品よく見えていて
上位に入る選手ではなかったけれど、
観てるの好きだったんだがな。
第二の人生、頑張ってください。


正直、腐人的には今季の男子のトップ3は
その順位はどうあれ、
今回の世選の表彰台の3人だと思ってたので
まぁ、妥当な結果になったなぁと。

デニス・テンくんは、
GPシリーズでみたときはどうした!?
って感じだったのに、
四大陸では見惚れるほどのものを
みせてくれて、
なるほど、ピーキングって
こーゆーことかと思ったね。

この世選も、SPのアクシデントがなきゃ
順位はどうなってたろうなぁ・・・。

来季は、パトリック・チャンくんが
どうなるんだかわからんし、
プルシェンコさまも
ご復帰なさるとかゆーんで
さらに混戦度合いが増しそうだが
テンくんは上位に食い込んでくるんだろうなぁ。


ハビエル・フェルナンデスくん
SPの後、もっと点数が伸びると思ってた
ってなことをコメントしていたが、
腐人はそれきいて、
「フィギュアとは誰と戦う競技なのか」
ってことについて
思いを新たにしたね。

皆さんはこれ、どう思います?

腐人の答えは、「自分とジャッジ」だ。
「自分」だけじゃないんだよね。

あまり聞こえのよくない言い方をすりゃ、
勝つためには、いかにジャッジ受けする演技をするか、
な気がするんだわ。

まぁ選手の目的が「勝ち」ではなく
いかに自分の演技をするかとか、
史上初の4回転を決めるとか、
違うとこにあるなら、
そこまでジャッジを重視しなくてもいいのかもしれんが
結局のところ
すべての要素の出来を決めるのはジャッジだ。

それは、今回のアダム・リッポンくんの4Lzなんか
象徴的だよなぁ。
リッポンくんは来季もチャレンジしてくるんだろうな。
やったれ!

ただ、その姿勢は素晴らしいと思うんだが、
ジャッジも人の子、機械じゃないから
最後の微妙なところは感覚だろう。

となれば、やっぱ傾向と対策って
いるんじゃないのかねぇ。

そーゆー意味で、
今回の羽生結弦くんとハビエルくんのSPは
腐人は羽生くんのクレバーさを感じたなぁ。


そいや、最近、ホント、
スポーツにおけるメンタルの影響ってのを
ものすごく感じるんだけど、
そーゆー意味で、今季うーん?と思ったのが
無良崇人くんと、マキシム・コフトゥンくん

二人とも、
もし練習どおりのことが試合でだせれば
表彰台に乗ってくる実力があるのに
へ?ど、どないしたん!?
という演技をすることがある。

腐人はテレビ放映の、それも演技しかみないから
怪我とかの事情があったりするのかもしれないが
もったいないねぇ。

そーゆーメンタルではなく
怪我じゃないかと思う不安さで幕を閉じたのが
セルゲイ・ボロノフくん

うわーん!ベテラン期待の星なのに!
この年齢で怪我は怖すぎる!
頼むから、たいしたことありませんように

腐人は来季もボロノフくんの
ベテランの余裕を感じさせる、飄々とした演技を
楽しみにしてるからねー!!


トリは、やっぱり羽生結弦くんですな。

まぁ、今季は
本当にいろんなことがありましたねぇ。

ただそのどれもこれもが
自身の努力や何かを怠っていたから起こったのか?
と言われると、腐人はNOだと思う。

羽生くんは自分ができる最善をやってきた。
でも、いろんなことが起こった。

それが人生なんだよな。

いくら備えをしていても、
どんだけ慎重にしていても、
何かが起こるときは起こる。

でも、これさ、見方を変えてみれば、
これはいつ起こってもおかしくないことで、
むしろそれが
オリンピックシーズンに起こらなかったことを
よかったね、と捉えることもできるやん?

腐人はポジティブシンキングというより
面倒くさがりなので、
いつまでも死んだ子の歳を数えることをしない。

起こったことから学ぶもんがあれば、それを得て
あとは脳みその「過去の記憶」ボックスに
しまってしまえばいいと思ってる。

だって起こってしまったことは
なかったことにはできひんねんし。

したら、そこからどんだけプラスにリカバーできるか
それだけ考えたほうが得ちゃう?

そーゆー意味でいうと、
腐人は今季の羽生君をみていて、
後半のジャンプで10点台を稼げることの強みってのを
ものすごーく感じた。

体力的にきついんだろうけど、
後半に4回転いれられたら、でかいよねぇ・・・。
それこそ4Lo-3Aかましたら、すげぇよなぁ・・・。

それから選曲。
なんとなくなんだが、
ジャッジに対するわかりやすさの有無ってのが
演技構成点に影響があるのかなぁという気が。

この辺は感覚の領域だけど、
だからこそ、万国共通の普遍的価値観、
そんなのがポイントなのかもしれない。

腐人の勘違いかもしれませんが。

国別のエキシでやってた4Lo-3A
試合でマジでやってみて欲しいです!
そのリザルトを、腐人はみてみたい。


来季は、注目の宇野昌磨くんも
シニア参戦ってことなので
腐人としては、また楽しみが増えて嬉しいなぁ。

ただ、正直この観戦コメント、
結構エネルギーを使うので、
来季も書くかはわかりません。

腐人が「書きてぇ!!」と思えば書くし。

その辺は、このブログ、成り行き任せなので
ぜひ、腐人がコメントしてぇ!!と思うもんを
みせてくださいませ。
したら、たぶんガシガシ書きまくると思うわ。

ホント、皆さんお疲れ様でございました。
腐人を楽しませてくれて、ありがとう。
いいものを見せてくれて、ありがとう。

来季も怪我なく、皆さんのベストを尽くせることを
心よりお祈りいたします。
[ 2015/05/06 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

何度目ですか!の片付けましょう、読書録

昨日は王子が、今日は姫がやってきた。

半分以上身内感覚になっとるので、
遊びにこようが、こっちはこっちの用事優先で動く。

ってなことをしてたらだ、
もっと遊んでよ!とすねるんだよね。

ただ、そのすね方をみていて
なんつーのか、これは個体差なのか、性差なのか
と思ってしまったことがある。

例えば、チビが遊びに夢中になって、エスカレートしてしまい、
やってはいかん!っちゅーてんのにやめないことって
あるよね。

そうなった場合、
「それは、やったらあかんとゆーてるでしょ」
と大人は叱るよね。

姫の場合は、
その「あ、ヤバ、やりすぎた」って自覚が早く
引き際を心得てるんだよな。

しかし王子の場合は、そこが引けない。
「そんなことゆーんだったら、もう遊びにこないからね!」
とか
「そんなことゆーんだったら、ぼくもうかえる!」
となるんだわ。

こっちとしてはあかんことはあかんから、
そのあかんを受け入れられへんのやったら、もうおしまい、
なので、
「かめへんよ」
となる。

姫は、ここまでめったにひっぱらんが、
ひっぱっても、ここまできたら
「ごめんなさい」がでて、
ぱっと次に切り替えられる。

しかし王子はこの一度やってもたツッパリを
取り下げられんので、内心「しもた」と思っていても
そのままツッパリつづけることになる。

これって、大人の男でも、
ちらほら見られる気がするんですよねぇ。

ひっこみがつかない感じとでも言えばいいのか。
相手に対する読みが浅いと言えばいいのか。

王子と姫なら、
姫のが圧倒的にうちに慣れてるというのもあるから
個体差なのかもしれないが、
男脳、女脳じゃないが、こんくらいの年齢から
もう性差みたいのがでてくんのかなぁ?
と、チビに全力でケリをかまされながら思った。

いくらぶ厚い脂肪でガードされとるゆーても、
全力やりよったら痛いんじゃ!
おまえら、手加減せぇ!!

・・・ほんとに・・・(~_~)


さて、ためまくってる読書録を片付けましょう。

えーっと、まず昨日のカウントをして
以下、順不同で。

●3日
(330-343)マンガ 『スキップ・ビート! 22-35』 仲村佳樹


(316-321)マンガ 『スキップ・ビート! 11-16』 仲村佳樹
(323-327)マンガ 『スキップ・ビート! 17-21』 仲村佳樹
(330-343)マンガ 『スキップ・ビート! 22-35』 仲村佳樹

  最新刊の1冊を残して、
  ほぼほぼ読み終わりました。

  10巻までんとこで、
  「間が悪い!」とゆってましたが、
  この10だか11ぐらいから、
  話が細かいエピソードの集合体である
  ユキヤナギ形式から
  本筋1本に集約し、そこに枝葉がつく
  大木形式になったので、
  展開に余裕ができたのか、間がつくれるようになった。

  おかげで読みやすくなって助かるわ。

  ユキヤナギ形式だと、
  どうしてもページ数内に
  エピソードを押し込まないといかんので
  どうにもぎゅうぎゅうになりがちなんだよな。

  なるほど、だからテンポがあわなかったのか。

  お話としては、血族が
  「はなゆめだよな」
  とゆってましたが、まぁ、ね。

  でも、あの「はなゆめ」的大河ドラマが好きなら
  ハマるんじゃないのかな。

  腐人もおもろいなと思います。
  っても、2度読みはせんかな。
  もうそこまで若くないんで。

  むっちゃどーでもええんやが
  個人的に、ローリィの嫁がみたい。


うーん・・・BLから片付けよかね。

(314)BL/Holly 『木の下闇の恋』 遠野春日
  「木の下闇」ってなんやったっけ?
  ああ、夏の季語か。
  
  そっちというより
  秘めたる思いというニュアンスかな。

  若気の至りで、消し去りたい過去ってもんは
  どなた様にもあるやろし、
  まぁ時間もったいなかった気もするけど、
  終わりよければすべてよし?

(328)BL/Holly 『天球儀の海』 尾上与一
  前から気になっとった1冊ですが。

  い!?
  そこまでやるか!!

  希ちゃん・・・ホンマにコレでええの?
  ゆーたぁなんやが、
  コレ、かなりヤバい物件やと思う・・・。

  なんかどこからどな突っ込んだらええんか
  わからんくなっとるが
  下手したら死んでるで?
  
  身代わりにさせまいというより、
  その右手は誰にもやらーん!!
  という執着にみえるわぁ・・・。

  希ちゃん、ちょっと考えなおしたほうがええんちゃう?

  二人にとっては愛の証かもしれんが、
  もし不幸な泥棒さんがそれをみつけたら
  悲鳴をあげてしまうんやなかろうか・・・。  

  というラブ部分は、まーこの二人は
  どっちもどっちな気がせんでもないからおいといて。

  個人的に、超萌えたのは、
  ボーイミーツボーイのあのシーン。

  た、たまらん!!
  チビ万歳!!
  Hollyさん、挿絵指定、グッジョブです!


  こないだちょうど須賀しのぶさんの
  『紺碧の果てを見よ』を読んだところなんですが
  BLで戦いとか扱うと、どうしてもラブが主体なためか
  「なんちゃってにもほどがあろう・・・(~_~;)」
  ってのが散見するんですけど、
  これは、そういう違和感もなかったなぁ。
  
  すっごくどーでもええんですけど、
  この尾上さんの戦争シリーズ(勝手に命名)、
  腐人的には、この表紙の色使いに魅入られる。

  腐人はあんまし絵に反応する人じゃないんですが
  この3作は、表紙ならべておいてると、
  ずーっとみちゃう感じがあるなぁ。

  なんつーのか、ガキの頃、
  プリズムレンズと呼んでたような気がするんだが
  理科のなんかでもらったんだよな、
  プラッチックかなんかのレンズ。

  で、それを通してみると、
  虹色のキラキラしたした色がくっついてみえるんだ。
  なんか、そんな色彩をみせてくれるカラーだなぁ。  
  
  にしても、こうなってくると、
  あの戦争の主体でもあった、陸軍の人たちは
  いったいなにを考えてたのか、知りたくなる。

  彼らは心底、引き際がわからなかったのか、
  引くに引けなくなってたのか。
  どっちだったんだろな。
  
  っちゅーても、なにを読んでも、どこを探しても
  真実はないんだろうけども。   

(315)マンガ 『ハイキュー!! 16』 古舘春一
  なんというか、因縁の対決ってあるよな。

  C翼でいう、翼vs日向、
  スラムでいう、 湘北vs陵南。

  烏野にとって、青葉城西がそうなんだろなぁ。

  腐人がハイキュー好きだなぁと思うのが、
  この2校のとこで、
  チームは続くが、このメンバーで戦うのはこれが最後
  ってとこあったじゃん。
  あーゆー、大きな時間の流れを絶対に忘れていないところ。

  スポーツマンガって、その性質上、
  どうしても目先ばっかり、今この瞬間だけを
  追いかけちゃうんだよな。

  でも、一歩ひいてみたら、そういう見方もある。

  そゆとこがあることが、
  腐人がハイキュー好きだなぁと思う点だ。

  でもさ、
  もう今回、おばちゃんも叫んじゃったわよ!
  よっしゃぁ!って!!

  やったねぇ、忠、がんばってたもんねぇ・・・(/_;)
  
  できる!できた!ってのは、
  次はもっと!ってやる気にすごく結びつくんだよなぁ。

  それに、特に男の子は、伸びるときって、
  一気にぐぐぐぐっと伸びるんだよな。

  そーゆー感覚があったときは、田中じゃないが
  そのよかった感覚を磨いてったら、
  技術レベルが加速化するんじゃないのかなぁ。

  にしても。
  腐人はこの田中のメンタルの強さってのが
  実はものすごく気になっている。

  まぁ、本能かもしれんが・・・。

  ホント、最近、つくづく思うんだよなぁ。

  一流のスポーツ選手になるにあたって、
    素質(潜在能力、身体能力)、
    目のよさ(視力だけじゃなく、深視力とか動体視力とか)
    メンタルの強さ
  これがまずないと、いかん気がするんだ。

  まぁ、その上に、努力を惜しまない勤勉さ、がいるが。

  例えばいくら素質があって、目もよくて、努力もしてきた。
  
  だから練習どおりにやれば、表彰台の一番上は確実にとれる、
  となっても、その「練習どおり」にできるかどうかは
  メンタルにかかってくる。

  それが、実は、かなり難しいんじゃないかと
  ここのところじっくりフィギュアをみていて思うんだよな。

  烏野では、メンタル弱いのは旭ぐらいな気もするが
  今、日向は、ずっとずっと伸びるばっかだよな。
  でもいつかは、思ってるほど伸びなくなるときがくる。

  そんな壁にぶつかったとき、
  「怖い」と思うんだろうか?

  まー・・・日向の場合は、
  それすらも乗り越えてやるぜ!楽しい!!に変換しそうな
  バカ、もとい天真爛漫さがあるような気もするが。

  さーて、どっちが勝つのかなぁ・・・。

  腐人の予想は、やっぱここは烏野、かな?

  そいや今回、ほほーと思ったのが、
  やっぱり岩泉。

  相手の決め球を、
  レシーブで阻止する楽しさって
  ・・・岩ちゃん、もしかせんでも性格悪い?

  ま、しょうがないよね、
  及川のそばにいる限り
  そうなるよね・・・←おい!

(322)マンガ 『コウノドリ 8』 鈴ノ木ユウ
  マタネティマークかぁ。
  小町でも話題になってたな。

  個人的には、何度もゆーてますが、
  妊娠・出産・子育てって、のは、新しいプロジェクト。

  それまで、仕事というプロジェクトだけしか
  やってこなかったなら100%の力をそこに注ぐことができた。

  でも、新しいプロジェクトがはじまれば、
  必然的に、力を分散せざるをえない。

  人の能力にも時間にも労力にも上限があるんだから
  そんなの当たり前で。

  だから、そうなったとき、その妊娠・出産・子育てをやってる間
  キャリアが停滞するのは当たり前だろうと思うんだよな。

  だって、仕事が100できないんだもん。

  保育園とか、保育ママとか、シッターとか、近親者とか、
  ありとあらゆる手段を使って、
  仕事100の環境をつくるのも1手だし、
  仕事が100できないときは、できる範囲でやって
  その代わり、その「できる範囲」に応じた待遇や配置を受け入れ、
  仕事が100できる状態になったら
  またがんばったらいいんじゃないの?
  と思うんだけど、
  なんか世間の風潮をきいてると、
  どうも違う感じがするんだよなぁ。

  自助努力はしない、
  法律がそうなってるんだから、やってくれて当たり前。
  自分の状態が悪いのは、
  ちゃんとしてくれない周囲が悪い。

  で、それに対して意見すると
  「マタハラだー」の大合唱。

  なんか違うくね?と思って、
  友人にきくと、名言をいただいた。

  「そういう状況でも権利ばかり主張する人って、
   別に子供がいようがいまいが、権利を主張するの。
   今はただ、その中の子供がいる人が
   クローズアップされているだけ。
   
   普通の人がこんなふうに権利を主張したら、
   何言ってんだ、バカか?で済むと思うんだけれど、
   子供のいる人が権利を主張したら、
   今の時代はちょっと、「バカだよねぇ」って
   言いにくい風潮になってる。

   でも、一緒に働いてる人は、
   産休の申し出があった段階で
   こいつはダメ、この人は産休後もがんばるって、
   ちゃんとわかってるよ」

  な、なるほどぅ!!
  腐人は一人でやっとるので、
  世間一般話にふりまわされとるんだな。

  誰がやってもいい仕事なら、
  くるか来ないかわからない状況とか
  体調悪いのに無理に続けられるより、
  こっからここまで休みます、として、
  その間、派遣なりで補給しちゃったほうが
  周囲は楽な気がするんだがどうなんだろう?

  ただ、仕事に対する思いも、体調も一人ひとり違うもんだから、
  結局、法がこうだからこうする、というより、
  関係する人が、皆で話し合って
  この人はこうしよう、あの人はああしようと
  ケースバイケースで対応するほうがいい気はするが、
  それだと公平じゃないとか、前例があるのに・・・とかあるんだろうなぁ。

  君子危うきに近寄らず。
  腐人は関わらないようにしよう。うん。←あ、逃げた

(329)マンガ 『日々蝶々 10』 森下suu
  へー・・・後平くん、そうだったのか。
  
  ・・・ってか、君は壱じゃなかったのか(←おい!)。

  っちゅーかですねぇ、
  後平にしても、川澄(弟)にしても、
  結局、壱に似た、すいれんに惹かれてるわけよね!

  ってことわぁ!
  (以下、自主規制)

  少女マンガなんだから、
  少女マンガ視点で読みなさい!

  すげーどーでもいいんだが、
  壱には彼女がおらんのか?
  彼氏でもいいんだが、彼はどーゆーのを選ぶんだろう・・・。

  腐人的にはそっちのがすげー気になるの!!
[ 2015/05/04 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

とりあえず!忘れそうなんで!!

本日もちょっとカウントのみー。

●1日
(322)マンガ 『コウノドリ 8』 鈴ノ木ユウ
(323-327)マンガ 『スキップ・ビート! 17-21』 仲村佳樹

●2日
(328)BL/Holly 『天球儀の海』 尾上与一
(329)マンガ 『日々蝶々 10』 森下suu

いかん、早めにコメントやらんと
なにゆーんやったか、忘れちまいそうだ・・・(-_-;)
[ 2015/05/03 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

特にこだわりない人が読めそうなBL小説と作家さん

ジャンルでいうと、ラノベになるのか、

●津守時生 『三千世界の鴉を殺し』

っちゅー本がある。

本筋は、辺境惑星で繰り広げられる軍の陰謀話なんだが
この作中で、その辺境左遷基地に飛ばされた女性たちが
日ごろのうっぷん晴らしに、
基地にいる見栄えのいい野郎どもをくっつけた
妄想小説本を出してんですよ。

ま、ゆーなりゃ、
基地限定・ナマモノBL同人誌。

体育会系の男って、
ホモ臭ぷんぷんさせて(独断だよ、腐人・・・)
ナチュラルにいちゃいちゃしてっから(偏見だよ、腐人・・・)
ネタには困るまい。

でまー、それを男どもはギャーと嫌がり、
女は大笑いしながら楽しんでると。

腐人にとってBLってのは、
あくまでも、
乙女による乙女のためのファンタジー。

だから、そのお約束をわかったうえで楽しめる、
この余裕というか、度量があること、
これがBLを読むうえで、もっとも重要なことだと思うんだよな。

ただ、そのお約束が前提の上でも
「ありえんだろ、これ・・・(失笑)」
というレベルから、
「うおおおおおっ!(号泣)」
ってもんまでいろいろある。


これまでは普段よんでる一般小説のジャンルと
近しい作風をしてるものをご紹介してきたが、
今回は、一般論として、
あまりこのBL独特のお約束を知らなくても
読みやすいんじゃないかなぁ?と思しき作品とか作家さんを
紹介することにする。

あ、ゆっときますけど、
これ腐人の独断と偏見ですからねー。

小説としてのレベルというか、読み応え
および、女性の描き方、という点で、

●一穂ミチさん
●榎田尤利さん
●木原音瀬さん
●崎谷はるひさん
●花郎藤子さん
●松岡なつきさん


このあたりは、腐人的にはいけんじゃね?
と思ってんだが、ダメだろうか??

もう自分が芯から腐ってるもんで、
どこまでセーフで、どこからアウトか
よくわからなくなっている・・・(~_~;)

でも、その作家さんならなんでもOKかと言われると
それもちょっと・・・問題あるもんもあるな・・・。


一穂ミチさんで、
一般本しか読んだことがない方が最初に読むなら
腐人的には
『ふったらどしゃぶり_When it rains it pours』
オススメしたい。

まぁここでなぜ友情でとまらず、恋愛になるのか、
と言われたら・・・それがBLなんだって!


榎田尤利さんや、木原音瀬さんは
BL作品が一般本で売られてるし、
確かに今でてる、そこらのチョイスなら、
一般本読者でもうけいれやすかろうという気がする。

榎田さんは、
作品によって、ずいぶんと印象が違うので
今、一般本ででてるのを読んで、じゃぁと安易に手を出すと
どうだろう・・・?

BL作品はBLとして、ラノベはラノベとして
書かれてる感じがあるので、
新しい面がみたいなら異ジャンルを試すのもありだろうが
例えば、魚住くんで榎田さんを初めて知ったなら、
無難に『カブキブ』だとか
『宮廷神官物語』だとかから進まれたほうがいいかも。


木原さんは、
なにを読んでも、まず、「木原さんだなぁ」と思っちゃうんですが
今、一般本に一番近いのは
『吸血鬼と愉快な仲間たち』ではないのかなぁ?

Hollyさんから出てるのが、無難といえば無難かもしれないので
そこから手をつけてみてください。
っても、あれもかなりバラエティに富んでるんで
一応、裏みて、お好みにあいそうなものをどうぞ。
木原さんのは、たまに猛毒というか、
取り扱い注意の劇薬のようなのがあるのでご注意ください。
ファンになると、その刺激がたまらないんですが。


崎谷はるひさんは、男女の作品も書いてはるから
なんならそこから入ってみるのもよろしかろう。
個人的には「ブルーサウンドシリーズ」
好きですけどね。
ただ、あれも最終的には
石を投げたらゲイにあたる、ぐらい密集地になっちゃって
そこらが受け入れがたい人もいるかもしれない。


花郎藤子さん、松岡なつきさんは、
これまでこのオススメカテゴリーで
何度も叫んでるように
花郎さんなら、『禽獣の系譜』、『黒羽と鵙目』
松岡さんなら、『Flesh & Blood』

花郎さんといえば、
今はもう『恐怖の男たち』とかは
読めなくなっちゃってんのかな?

あれとか、『ビビアン』なんかは、
腐人は一般小説だろうと思っておるのだが。


ある程度、BLのお約束が飲み込めたなら、
腐人的には
●ひちわゆかさん
なんかもオススメしたいなぁ。

そいや、小冊子はどうなったんだ?
まだ来てない気がする・・・。


さらにさらにBLを読みすぎて、
もう普通のやつではあきたらん!という方には
またちょっと別のもんがあるんですが、
ま、その辺になってくると、各々の好みってのもみえてくるんで
いろいろ手当たりしだいに食べてみて、
美味なる果実をみつけてみてくださいませ。

古いのにもいいのあるよ!
入手が大変かもしんないが。

とりあえず思いつくのはこんなとこ~。

そんでもって以上で、
ひとまずオススメ紹介を終わりたいと思います。

やった!
宿題1個片付けたぞ!!

[ 2015/05/01 ] オススメ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。