或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年06月 ]
05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言葉の話

すげーどーでもいいのだが、
神社の横をあるいていたら、
団体客がぞろぞろ降りてきた。

旗振ってたガイドさんがお客さんに言った。

「まずは、おてみずつかってくださーい」

おてみず??
ありゃ「おちょうず」じゃないの??

調べてみると、「おちょうず」が一般的だが
どっちでもいいらしい。
ふーん・・・。


そういえば、昔は
「刃物を持った二人組の男たちが」
っちゅーニュースがあったとき、
「ふたりぐみのおとこたちが」
と読まれてた気がするんだが、
最近では、「ににんぐみのおとこたちが」
をよく耳にするようになった気がする。

だが!
調べてみたら、伝統的な読みは「ににんぐみ」だとある。

え?そうなの!?

ちなみに、アサウンサーが読む場合、
原則は「ににんぐみ」
ただし、「ふたりぐみ」でもいい、とのこと。

ふーん・・・。
「ふたりぐみ」のが後発なのか。
でも、腐人の感覚では、「ふたりぐみ」のが先なんだけど、
腐人が昔住んでた関西では、そっちが主流だっただけ?
で、今住んでる関東では、
「ににんぐみ」が主流ちゅーだけなのかなぁ・・・?


この関西と関東というところでは、
発言小町を読んでいて、
「おられる」という言葉が、
関西・関東でずいぶん違うということを知る。

腐人は関西人なので、「おられる」は尊敬語だ。

使い方としては、
例えば日ごろつきあいのあるお宅に
訪問したときに、ご家族がでてこられたりしたら
「●●さん、おられますでしょうか?」
とかかねぇ。

先生とかにも使うかな。
職員室の入り口で、
「●●先生、おられますでしょうか?」
って。

もっとフランクなら、
「●●ちゃん、いてはりますか?」とかになるし、
もっと疎遠な人(面識のないお客様とか)なら、
「●●さま、いらっしゃいますでしょうか」だ。


だから関東の人が、
この「おられる」に対して
違和感や嫌悪感を抱くってのが
「は?」という感じなんだよなー。

理由としては、関東の人にとっては
「おられる」は尊敬語じゃないから、だとか。

へー・・・そうなのか。

ってか、腐人はもう関西弁が染み付いてるから
そういわれても、
関西の言語感覚しかないのでわからん!

どーゆー感じなんやろ??
この逆パターン(関東では尊敬語なのに、関西ではそうでない)の
言葉があれば、
ああ、こういうことかとわかるんだろうが、
思いつかない・・・。

そこがわかって、腑に落ちれば
使わないようにしようとか思えるかもだが
現時点では、つるっと「おられる」を使っちゃうだろうなぁ・・・。

ってかそんなんゆーて、
この言葉は他のとこでどない思われるんやろか・・・
とか気になってきたら、
しゃべられんくなるやんけ!

それになぁ、西(京)の言葉にあわすんが、
日本古来の伝統やないか!

っちゅーことで、腐人は直さへんぞ!
うん。

それがどーした?で、通したる!!

ホンマ、日本語って面倒くせー(-_-)。
スポンサーサイト
[ 2015/06/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。