或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年06月 ]
05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女は終わった話を蒸し返して、思い出し怒りをするか

ま、男女でよく聞く話ですよねー。

ケンカすると、昔の話を持ち出してきて
ネチネチ終わったことを繰り返す、って。

いやね、腐人は自他共に認める、
おばちゃんの皮を被った中身はおっさん、だ。

で、先日、友人と話をしていて、

「腐人って、男性脳だってよく言うけどさ、
 男連中がよくいう
 『なんで、女って一度和解したら、
  そこでリセットにならないの?』
 とか
 『終わった話を蒸し返してさ、
  思い出し怒りして。
  これって、一生言われ続けるわけ?』
 ってのどう思う?」

と聞かれた。

腐人の見解は以下のとおり。

これ、男女は関係ないと思う。

え~?と思われるかもしれないが、
想定が男女のケンカだからそんな気がしてるだけで
仕事で考えたら、周囲におりませんか?

ネチネチと、ことあるごとに昔のミスひっぱりだして、
それを蒸し返すヤツ。

イヤミジジイ(orババア)の繰言がはじまったぜ・・・
みたいなの、いません?
腐人のそばにはいる。

で、こーゆーのに限って、よくゆーのが
「オレ(私)は、そんなのきーてない!」

この蒸し返しのネタだって、
ちゃんとそのときに謝ったっちゅーのに
「オレ(私)は、そんなのきーてない!」

いるでしょ?
性別関係なかでしょ?

これね、要するに
「やった側」と「やられた側」の話なのよ。

日×、日●問題と一緒。

「やった側」がなんぼ謝ってもやね、
「やられた側」が納得せん限り、
いつまでたってもネチネチネチネチ
『終わった話を蒸し返してさ、
 思い出し怒りして。
 これって、一生言われ続ける』んですよ。

これは女の特性だとかゆーとる兄ちゃん、
わかったかー!
   ↑
  誰にゆーてんねん・・・

ま、結局はそーゆーことで、
「やられた側」が「やった側」に対して、
その「やられたこと」について、
溜飲が下がったと思わない限り、
本当に『和解』してないんだよね。

男(やった側)がほざく
『なんで、女って一度和解したら、
 そこでリセットにならないの?』
の、『和解』は、99.99%(といっちゃっていいだろう)、
本当の『和解』じゃなく、
くすぶりの火種を奥底に残したままの、
表面だけの『妥協和解』なんざんすよ?おわかり?

でも、ヒトって生き物は、
自分の信じたいことを信じる動物なので
やった側は、これで解決したとか思ってんだよね。

やらかした側が、自分のモノサシで、これでいいよね、
ってのは、大間違いの元なんだけど、
それに気づかないんだよねぇ。

やられた相手にとって、
その記憶が悪い方向に記録されるんじゃなく、
ま、こんだけ誠意をみせてくれたんやし、許したってもええか、
と思うほどまで、やらんといかんのだが、
大抵はそうじゃない。

本当に、心の底から悪かったと思って謝って、
もう二度とそんなことはしない、と
実際の行動で示せばいいだけなんだけど
大概の場合、行動が伴わない。

だから、なんかひっかかることがあれば、
その度に前の話を蒸し返されもするし、
それがあまりに繰り返されるようならば、
「もう言っても無駄だ・・・」
とあきらめられて、
やらかした側からしたら、ある日「突然」別れを切り出される。

熟年離婚とかで、
男性側が「突然言われて戸惑った」といい、
女性側が「何百回とサインをだしてた」という場合は
大抵これ。

もしケンカしてて、過去の話を蒸し返されたならば。

それは、すなわち、
その件は心の閻魔帳に
マイナス計上されていると心得るべし!

だ。

別れたくないなら、
早めのリカバーをオススメします(^_^メ)。


でまー、これがよく恋愛話ででてくんのは、
ものすごーく単純な話、
恋愛では「やらかす」のは男が多い、
ただそれだけだろうなぁ。

っても、「やらかす女」がいないわけじゃないけど
絶対数は男のが多いわな。

で、男の「やらかし」は、
たいてい男にとっては
「とるにたらないこと」の価値しかないんだけど、
女にとっては違うんだ。

歴史的に、
女は男のいる社会に属することが多く、
男が女のいる社会に属するケースがまれだから、
女の方が、人間関係に敏感。

人間関係を円滑にするためには、
その人とどういうことがあったかを忘れちゃいかん。
これ基本。

だって、御礼ひとつとっても、
その人の嗜好だなんだを把握してるとしてないとでは
全然違うもんになるでしょ?

だから瑣末なエピソードでも
忘れない人であればあるほど
「あら、昔、これ好きなのよって言った
 その一言を覚えててくれたなんて・・・」
とかなって、
人間関係が円滑になるの。
それを女は本能的にしっとるんだな。

だから、男にとっては
「とるにたらないこと」とされたことにも
女は気づいてしまう。


それと、優先順位だろうなぁ。
仕事のごたごた
と、
恋愛(もしくは家庭・子供)のごたごた
どっちが優先順位が高いですか?ってきいたら、
恐らく男の多くが「仕事」だろう。

でもって、女の多くが
「同じ」か、「恋愛(もしくは家庭・子供)」じゃないか?
最近は、「仕事」って人も増えてきてると思うけど。


腐人に言わせりゃ、
その優先順位にズレがある段階で
価値観が違うんだから、とっとと別れたほうがいいよー
なんだけど。


と、ここまで言っても
「いや、やっぱり女のほうがねちこいんだ」
といいたい男性がいらっしゃるかもしれない。

では、お伺いします。

過去にあなたが自分の趣味のもの
(車、バイク、スポーツ用品、フィギュアなどなど)に
お金を使おうとしたときに
「こんなくだらないものにお金つかって」
って、妻や彼女から言われたことありません?

最終的に購入したけど、
「くだらないもの」と言われたことが
心の中でもやもやしてません?

もしくは、最終的に買うのを阻止されたことを
根に持ってたりしません?

それと一緒だっつーの。

問題は男女ではない。
やったか、やられたか、である。

これが腐人の結論だ。

ちなみにこの結論、話をもちかけてきた友人は
「納得・・・」と言った。

スポンサーサイト
[ 2015/06/19 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。