或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年06月 ]
05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっぱり気になってしまう事件

数日前にでたニュース。

知的障害を理由に
50年前、旧優生保護法に基づいて
強制的に、不妊手術をされたという女性の
人権救済申し立て事件。

報道によっては、
前提である知的障害はなかった、
と書いてあるものもある。

あまりに情報が少ないので、これに言及するのもどーかなぁ・・・
という気はしなくもないんだが、
腐人としてはいろんな側面で
どうなるのかな?と気になってしまうので
吐き出すことにする。


あ、最初にゆっときますが、
このブログを読まれてる方はご承知のことですが、
腐人は
「ニンゲンなんて、地球史上、最低最悪最凶の
 とっとと一匹残らず駆除されちまえ!なクソ害獣だ」
と思ってる人です。
自分も含め。

そんでもって本能が壊れてるんで、
チビは好きだが、子供なんて絶対いらん!と
誰はばかることなく主張する、自覚のあるエゴイストだ。

かつ、こんな
地球環境も、世界情勢も、国の状態も、食糧・エネルギー事情も
お先真っ暗なのが自明な中で
子供を産みたがる人も、かなりのエゴイストだなぁ・・・
と思ってる。
口にはださないけど、ブログには書く。

でもって、ジンケンガーたちが大嫌い。
シミンウンドウカとかも大嫌い。
なんで他人を巻き込んで集団でやりたがるのか。
やりたきゃ、「自分は」やりゃいい、そんだけじゃねぇの?
とか思ってる。

そして、障害問題を「明日はわが身」ととらえ、
だからこそ、とっとと自殺・安楽死センターを
つくってくんないかなと思ってる。

これも、要するに「やりたいのにできない」を解消するのが
一番優先されるべきことだと思ってて
別に制度ができようが、自分がやりたくないなら、
「できるけどやらない」と貫けばいいだけと思ってる
自己責任論者の個人主義者である。


うーん・・・われながら、こんだけ並べると、
腐人って、人でなし以外のなにもんでもないよね。うん。



で、そんな人でなしがこのニュースをきいて思うのは。

「された手術は、可逆性のある卵管結紮手術でしょ?
 障害がないなら、そもそもの法の適用前提が間違ってたわけだし、
 イヤだったんなら、再建手術うけたらいいだけだったんでは?」

そんで、その費用だとか、精神的慰謝料もとめて訴訟する、
とかなら、すごくすんなりわかるんだよな。


それにさ、この手の手術って、
病巣があるから摘出しましょうとかの手術と違って
基本、「誰か」が「手術をやって」と頼まない限り
行われない部類のものでしょ?

パイプカットや美容整形、中絶手術に豊胸手術、
性同一性障害と認定されずに行う性転換手術なんかも
この領域だろう。

ご本人が「やって」といわなかったのならば、
どこかに、「やって」といった誰かが存在する。

手術当時のご年齢からすれば、
その判断をしたのは、恐らく親権者だったのでは?と思えるのだが
そこまで踏み込んでかかれた記事がないからわからない。

しかし、その判断があったから、手術は行われたわけなので、
責めるべきは、その判断をした人では?
と思うんだ。

だから、その判断をした人を訴訟の対象にし、
上記の損害賠償を請求する、
つるし上げ訴訟なら、ああ、なるほど、と理解ができるんだ。


でも、この訴えを起こされた方も、
その支援をしてらっしゃる方も、
問題にしてるのはここじゃない。

腐人は、そこがわからない。


そもそも何が、どうあるのが正しいか、なんて、
時代背景や社会情勢によって、
いつでも180度簡単プーに転換されるもの。

日本人はそれ、第二次世界戦争で
思いっきり経験させられたよね?

今、正しいとされてることだって、
いつひっくり返るかわかったもんじゃないってのが
ニンゲンの社会だ。

なのに、そこを問題にする意味は??

これが未だ改正されてないなら、
まだわからんでもないんだが、
問題とされてる法は、もう改正されている。

となると、
アシュリーちゃんのように不可逆な手術をされたわけでもなく。
いつでも自分でその権利を取り返すことはできたのに
しないまま、ずーっと生きてきて。
問題の悪法自体はずいぶん前に改正された今になって、なんで??
って思ってしまうんだが。

それは腐人だけだろうか?


なーんかなぁ・・・
慰安婦問題の裏にも、
それまで別の運動をしていたが下火になってしまい
新しい食うネタを探していた・・・という話がある。

なんとなーく。
似たような作為を感じるのは気のせいか?
気のせいだといいんだけど・・・。

最終的には、どーゆー結論がでるのかねぇ。

スポンサーサイト
[ 2015/06/25 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。