或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年07月 ]
06 | 2015/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白馬に乗った王子様

ここ数日のうちに急展開をみせた
腐人のトラブル。

この件、師匠などにはぶちまけて話をしとるんですが
したら
「それは・・・巨象に竹槍でたちむかってるってゆーんじゃない?」
と言われたよーな話で。

どこに話をもってっても
興味深くきいてはくれるものの、その先の対策がでてこない。

これはもうどうしようもないかと、
ダメ元であるところに持ってった所、
ひらりと白馬に乗った王子様が出現し、
あっちゅー間に、解決に至った。

すげぇ・・・。

ああトラブルのない日々って、すばらしいわ!!

っちゅーか、誰も好き好んでトラブルを抱えないとは思うんですが
トラブル抱えると、日常生活にもてきめんに影響がでるんですよね。

本の発売日を忘れるとか
本の発注を忘れるとか
予約本の引き取り期限を忘れるとか
図書館に貸し出しカードもってくの忘れるとか。

って本のことばっかやないかー!

うん。
だって、腐人は本のために生きてるんだもん。
それ以外のことなんてどーでもいいのだ。

で。
やっとこ日常にもどったかなーと思った矢先、
まーたなんか不穏な気配が・・・。
やーめーろー!
腐人に平穏な日々をよこせー!!!


トラブルくんたちよ、君らに言っておく。

腐人は決して君たちを歓迎しているわけではなーいっ!!!
覚えとけ!

ただ、トラブルは立ち向かって乗り越えると、
経験値がついて、成長するのは確かだね。
その方向はともかく。
腐人なんか、悪い知恵ばっかついてっぞ。


というわけで、はっきりいって本が読めてません。

こーゆーときは、
本当に出来のいいものしか頭がうけつけないし
そこそこ以下のものは、頭が拒否るんだよな。

っちゅーことで、読めたのは1冊だけ。

(556)BL/Shy 『アイズオンリー』 一穂ミチ
  再読なので、前に何かいたかもう忘れとりまして
  カブるかもしれんが、まあいいや。

  このお話、好きなんだよなー。

  腐人がこのお話を読むたび胸が痛くなるシーンは、
  かずくんとゆかりちゃんのとこばかり。
  ああ、あとさとちゃんとゆかりのとこもだな。
 
  かずくんが花火の話をするところとか、
  8/31の話とかは、何回読んでも胸が痛い。

  で、そーゆーとこを読むたびに思うのが
  目に見える障害と、目に見えない障害というテーマ。

  どっちがいいとか悪いとかの話じゃないんだけど、
  以前、発言小町に、聴覚障害者の方のトピがあった。

  「障害があることを知られるのが怖い」
  http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/0606/716347.htm?o=0&p=0

  感音性難聴という病気だそうで、
  補聴器をつけると少しは聞こえるらしい。
  
  だから普段は補聴器をつけているが
  それだと耳を隠すと、見た目にはわからない。

  でも完全に聞こえるわけじゃないから
  聞き直しをしたりして、
  相手に腹をたてさせてしまうことがある。
 
  また、アルバイトの電話対応になると、
  補聴器をはずさないとならないので
  ミスを多発してしまっている。

  でも、過去にいじめられた経験から、
  他人に言うのは怖くてイヤ。

  どうしたらいいか・・・

  ってな内容だった。
    
  腐人なんかだと、言ってしまったほうが、
  それで相手もまきこんでしまったほうが楽では?
  と思うんだけどね。


  世の中にはいろんな人がいて、
  さとちゃんのようにわかった上で適度な距離で寄り添い、
  でも厳しいことも言ってくれる人もいれば、
  そうじゃない人もいる。

  だからこそ、どこかで強くならないとやってけない。
  では、その強くするとこを、どこにするか。

  人が選べるのは、そんくらいなんじゃないのかな。


  この二人は、もうこの先鉄板な気がするんだけど、
  いつか、おそろいの浴衣きて、
  手を繋いで夏祭りにいって欲しいな。

  そう思う。
スポンサーサイト
[ 2015/07/15 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。