或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年07月 ]
06 | 2015/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dreams on Ice 2015を観たぞ

今シーズンのプログラムを滑ってくれた選手の雑感。
そうじゃない方は飛ばしてます。

●島田高志郎くん
スケーティングにキレが欲しいなぁ。
特に転調したとこのステップで。

それがあればあるだけ、曲調がゆったりしたときの
スケーティングの伸びが映える。

●本田真凛ちゃん
スケーティングが軽やかだねぇ。

でもまだ体幹ができてないのか、
軸ブレしてんなぁ。

●三宅星南くん
身体が急激に変化してる年齢なのかな。

どっちかっちゅーと
いろんな箇所で不安定さのが目に付いた。

1個づつを丁寧にモノにしてこうや。

●青木祐奈ちゃん
雰囲気と曲調とがピッタリマッチしてますな。
それで今季どのくらいの数字がでるか。

それが安全圏でとれる数字ってことだろう。

世界の表彰台を狙うなら
いつかはその殻を破らないとならないだろなぁ。

●中村優くん
ごめん。
初見なので、今回この曲調にあわせてそうしてんのか
常日頃からそうなのかがわからんのだが
スピードがない。

うーん・・・これはどうなんだろう?

●坂本花織ちゃん
ずいぶん難しい曲に挑戦したなぁ。

正直、振り付けを追うのが、
今は精一杯って感じにみえる。

競技が始まる頃には
曲のもつバックグラウンドまで理解して
それを表現して欲しいなぁ。
がんばれ!

●永井優香ちゃん
こちらも自分のイメージや滑りを
わかった選曲してきたな。

個人的には綺麗に小さくまとまりすぎてないか?
という気が若干せんでもないが・・・
これでどんくらいがつくのかなぁ。

●山本草太くん
個人的には、すごく期待してるんだ。
潜在能力や資質の期待値が高いんで。

去年のプログラムでは、
まだ振り付けどおりに滑ってます感が強かったが
今年は表現力がつきそうなもん選んだね。
このプログラムでどこまで自分を伸ばせるか。

なかなかおもろいプログラムを選んだと思うんで
がんばってね。

●村上大介くん
しっとりしたプログラムだなぁ。

これは、1つ1つの正確さが問われるだろうし、
かつ情感を生み出せないと、
つまんない感じになるだろう。

これで高得点が出せるようになったら大きいだろうね。

●宇野昌磨くん
シニアでこのジャンプは
いったいどんだけの加点を稼ぎ出すんだろう。
腐人は早くそれが見たい。

●樋口新葉ちゃん
こちらも自分の得手がよくわかった選曲で。

個人的には、勢いで流れちゃってる感じがするので
1つ1つの技をもうすこし丁寧にやって欲しいなぁ。

でないといつか、厳しいジャッジにあたったとき
エッジエラーだのを細かくとられて、
自分のスケートが
わからなくなってしまうような気がせんでもない。

すげーどーでもいいけど、
一緒にみていた血族が、
「この衣装の色は、再考したほうがいいと思う・・・」
だそうです。

●本郷理華ちゃん
理華ちゃんの凄いとこは、ミスをしないとこだよなぁ。
それも勝ち方の一つ。

現時点でかなり出来上がってるほうだと思うんで
ここから先は数字の出方をみつつの
細かい調整なのかなぁと思う。

●無良崇人くん
ジャンプが復調してきた?

まぁもともと底力があるので、
あとは競技会で、どれだけ安定して力をだしきれるか
だろうなぁ。

怪我には気をつけてね。

●小塚崇彦くん
男の魅力で勝負してきたな。

正直、緩急も含めた変幻自在のスケーティングこそが
小塚くんの武器だと思うんで
それを目一杯みせてくれそうなこのプログラムは
どこまで数字がでてくるか、
非常に興味深い。


エリザベータ・トゥクタミシェワちゃんと
宮原知子ちゃんは、ショー用のプログラムなので
中身についての言及はなし。

トゥクタミシェワちゃんは
相変わらずパワフルかつお色気あって。

知子ちゃんは体形変化が始まったかな。
こうなるとジャンプへの影響がちょっと心配。


●エフゲニー・プルシェンコくん
うわーやられた。
「カルミナ・ブラーナ」カマしてくるとは
思わなかった。

にしても、プルシェンコくんのすげぇとこは
こんだけの曲に、全く負けてないってことなんだよね。

滑らされてるんでもないし、
滑らせてもらわせてるんでもなく、
曲にあわせながら、
「ここにプルシェンコあり」ってみせつけられる凄さ。

さすがです。脱帽。

かなうことなら、
これを競技会のフリープログラムでみてみたい。

●羽生結弦くん
これは・・・難しいもんを選んだなぁ。
果たしてジャッジにこの世界観が伝わるんだろうか。

単純によその国の10世紀ごろ活躍した人
しってるか?と言われても、ほとんどはわからんだろう。

10世紀といえば
中国は唐のあとの五代時代。
ヨーロッパはフランク王国や、ローマ帝国。
アメリカにいたっては、その存在すら歴史にない。

晴明だからと九字をきったところで、
外国人には「は?」かも。

まぁ、ポーズとしてカッコイイ、と思われたら
その意味とかはわかってもらえなくてもいいのかなぁ?

最終形がどうなるのかはわからないけど、
難しいテーマを選んだなぁ。


★おまけの4回転アクセル

無良くんのは、両足着氷にみえたが
羽生くんのは、回るのは回りきれたようにみえたな。

でもまだプログラムにいれるのは難しいんだろうなぁ。

どーでもいいですが、コケたあと、
会場を退場する前に
深くお辞儀をしながら両手をあわせていた羽生くん。

個人的には、この姿こそが日本人の象徴のように思う。
スポンサーサイト
[ 2015/07/19 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。