FC2ブログ
或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年08月 ]
07 | 2015/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




気持ちはキールアーチ

先日、オステにいったとき、
腐人はひじが痛かった。

痛い・・・ってのもちょっと違うかな。
ふとした拍子に、力が抜けるような感じがあったのだ。

一人で200球投げるとか、
時速200キロのサーブを受けたとか、
そんな無茶な行為は一切しとらんのに。

なので、それを先生に言うと
「ひじですか・・・首か、肩か・・・
 首だとやっかいですよ」
といわれる。

診察が始まり、しばらくすると、先生が言った。

「わかりました・・・。
 背中と肩がガッチガチなんですよ。
 普通、ものを取ろうとしたとき、
 一般的には、肩や背中の筋肉を動かして
 腕を伸ばして取るんですけどね、
 腐人さんの場合は、
 その動くべき肩と背中の筋肉が固まり
 仕方がないから、その分を肘が頑張っちゃって、
 本来の稼動域を超えて動いちゃってるんです。
 そのダメージです」

はーそうなのかー。
だから稼動域を超えたところで
突然、力が入らなくなるのか。
なるほどー。

じゃない!!
ホントに、背骨を動かすことをやってください!

と注意される・・・(;一_一)


その話を、巣に戻った後、血族にしたら
「そのうち見放されるぞ」
と言われた。

だめー!それは困るー!

そして、
「背骨を動かすってなら、ブリッジやんなよ。
 あれ腰痛にもいいぞ」
と。

ぶりっじ・・・トランプの?←ちゃうわ!

わかってますよ、
あの四つんばいの逆のエビ反りだろ?

ふっ・・・運動神経が切れてる腐人にそんなもん
できるわけがあらへんやろーっ!!!

そう・・・××年前、まだいたいけな小学生だった頃、
体育の時間に、ブリッジをするようにいわれ、
腐人!なんだそれは!体が全然もちあがってなーい!
と怒られた暗い思い出がよみがえる・・・

ブリッジ・・・腐人用語では、これは「できない」と読む。

ちなみに同類にこんなのもある。

逆上がり・・・読みは「むり」
二重跳び・・・読みは「ふかのう」


ただまーそんなこともゆーとられん状態なので、
齢××歳にしてやってみた。

ちなみに腐人にブリッジをやれ、といった血族は
腐人より年上だが、見事なアーチを描く。

そしてそれを見てきた姫(5歳)が最近、
「姫もできるようになった!」と
これまた見事なアーチを描き出した。

・・・いいの、腐人はまだ3歳だからできなくてもいいのよ!
              ↑
           ウソをつけ


何回チャレンジしてもケツしかあがらなかったので
できる血族にみてもらうことにした。

すると。

「ちょっと待った、あんたその手はなに?」
と言われる。

手?手って、手だよね?
え?首の横にこーしてこーじゃないの?

「・・・その手首、おかしい」

おかしいって何が?
こうでこうでしょ?

「いや、そうじゃなくて。
 普通にさ、手首をこう、手の甲側に曲げてみ?」

こうか?
と、曲げてみたらば。

血族が大爆笑。

「なんじゃその手ー!
 指がまがっとるし、手首90度じゃないし、
 硬すぎやろ、その手首!」

みると、確かに手首ががっちがちに硬い。

指をまっすぐに伸ばそうものなら、
ピッキーンと痛みが走る。

『神様のバレー』
福井がセッターのトスあげのコツに
手首が柔らかいことをゆって、
指を手の甲側から腕にくっつけてたけど、
あんな真似をしようものなら
「痛い痛い痛い痛い、いったーい!!!」

ブリッジをするには、筋力と柔軟性がいるというが
腐人の場合、それ以前に、支点となるべき手の部分が
手首が硬すぎて、支点にすらなってないってことがわかった。

さらに!

「なんかさ、肩も変だよね。
 普通に座って、腕を前につきだして
 肘を90度に曲げて、
 肘と肘、手首と手首をくっつけてみ?」

と言われ、やろうとした。

ら、
「痛い痛い痛い痛い、いったーい!!!」

肘と肘、手首と手首をくっつけるというポーズを取るのに
肩と腕をつないでる筋肉に激痛が。

血族いわくは、

1)顔の前で、肘を90度に曲げて
 肘と肘、手首と手首をくっつける

2)そのポーズのままゆっくりと腕をもちあげて
 頭のほうにまわしていく

3)あがりきったところで肘を開いて
 ゆっくり背中のほうにまわす

ってことで、
肩と肩甲骨周りの筋肉をのばしてく
らしーが、
スタートのポーズとるのが精一杯だって!!

肘を持ち上げるだとぅ!?
無理!痛くてでけん!

でも、腕を背中のほうにまわす、は
問題なくできるんですけどね。


現時点でケツしかもちあがってない
「ブリッジのつもり」。

自分がどんな格好してるかは見えない。
でも、気持ちはキールアーチなの!
傍目には、一の字点(ゝ)を寝かしたよーなポーズでも・・・。

それに、ブリッジのつもりでも、
それやるだけで腰痛は楽になることを発見。

交感神経が興奮して寝つきが悪いとき、
これからこれやったらいいかもな。
   ↑
  やろうといわないあたりが姑息・・・


それにしても、
今はべったりと床にくっつき、
そこから1ミリもあがってない腐人の肩と頭がもちあがり
美しいアーチを描く日は、いつかくるんだろうか?

今度、姫に教えを乞おうかなぁ・・・
スポンサーサイト



[ 2015/08/06 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)