或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年10月 ]
09 | 2015/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たん、たん、たたたん、多事たたたん♪

働くということは、
永遠に終わらないモグラ叩きをすることと
似とるかもしれん・・・。

ふっ・・・土中深くにまで浸透する毒薬か
枯葉剤でも撒いて、死滅させれば、
もうモグラを叩く必要はなくなるわよね・・・
という過激思想を抱きそうだ。

でもま実際にそんなことしたら土が死んで、
いずれ自分も死ななきゃならなくなる。

が、そんでもいいから劇薬つかいたいぐらい
今、心がすさんでるのーっ!!!

だれか、腐人に美味しい萌えを頂戴・・・(ToT)

と壊れかかってるので、
今日は、だらだらどーでもいい事を書く。

木原音瀬さんのツイッターをみてたら
『フラジャイル』のことが書いてあった。

あ、それ、腐人も読みてぇなぁと思ってたんだが
近所のレンタルマンガ屋でみつかんなかったんだよ。

ドラマ化するならいずれはいるだろうけど、
早く入れてくれー!ツ●ヤー!!

そんときついでに『ダンジョン飯』も!

今この2つが読んでみたいんだよなー。
よろしくー!


マンガといえば、
最近、マンガや小説原作のアニメ化、実写化が
やったら目につく気がするのは、気のせいじゃないよね?

まぁ、それぞれの思惑があってそうなるってのはわかってんだけど
ホントにちゃんと吟味してんのかな?

制作側に、時間も金も厳しい条件をつきつけ
なのに、結果の保証だけは強調しまくる・・・
そのために、外さなさそうな人気漫画や人気小説を使うと、
そんな状況になってんだろなってのは、なんとなくわかるが、
これって、双方の作家と作品の
消耗品化をより押し進めるだけなんだがなぁ・・・。


ノルウェーでは、「スローテレビ」という試みがあり
それが高視聴率をおさめた。

どういう内容かというと、
7時間のベルゲン線という
ノルウェーの山間部を横断する鉄道から見える景色を
延々と流すだけ。

このシーズンならこんな絵になるよ、とかの
編集を加えたりもしたみたいだが
基本は、世界の車窓から7時間版。

鉄っちゃんが観ればいいかなぐらいでやってたらしいんだが
思った以上に視聴率がとれた。

まぁ、他に見る価値があるもんがなきゃ
こういうの見るよなぁ、1日中テレビつけてる
テレビが友達の人ならば。

その次にやったのが、
ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン。
これは腐人も一部だけ乗ったことがあるが
1週間ぐらいかけて、
細長いノルウェーの半ばあたりから北極圏ちかくまで運行する
クルーズ船だ。

生活物資の運搬を主眼としてるので、
クルーズ船といっても
日本の飛鳥のような豪華さはない。
伊豆七島とか沖縄の離島にいく船の
もうちょっと大きい版ぐらいかな。

至ってシンプルだし、
揺れ対策もそんなにとってないと思う・・・。
いっぺんベッドから落ちるぐらい揺れたし。

欧米のリタイアしたミドルクラスのご夫婦などが
よく乗ってると聞いたな。
そんくらいお手軽価格です。

腐人はそのうちの一部だけ乗ったんだが、
風光明媚なとこじゃなく、北極圏にむかってたとこだったんで
みえたのは、木が生えることをゆるされないほどの厳しい土地と
油田かなんかの採掘現場、それに暗い海。

右見ても左見てもそれしかなく、
不毛な土地、暗い海、採掘現場、不毛な土地、暗い海、採掘現場・・・
と延々それだけが続くので、
ぼーっとする以外なんもすることねぇ
という感じだった。

ちなみに腐人はデッキで読書しようとしたが、
揺れがすごくて吐きそうになり断念した。

でも心地よかったですね、その時間。
今思うと、超贅沢なことしたのかも。
忙しない現代社会から隔絶されて
なんか独特の時間が流れます。

このテレビでは、オンタイムで流していたから、
次はあそこに寄るぞ!ってのがわかるので、
わざわざテレビカメラにむかって手を振るために
(そうすると、備え付けられたカメラに写る)
先まわりしてやってきていた。

小さな船で追いかけてくる人もいた。

最終的にノルウェーの人口の半分の人が
このドキュメンタリーを観、
その放映時間は134時間にも及んだという。

まぁ、134時間ずっと観る気にはなれないが、
でもなんつーのかなぁ・・・
バタバタでつくってるドラマとかより、
こういうドキュメンタリーのほうをみてみたい。

ああ、なんか『モモ』を思い出したわ。


そうそう。
『コウノドリ』がドラマ化して、
ここに検索でやってくる人が増えた。

たぶん、つぼみちゃんについて
どういう展開になるのか読みにきたんだろうが
そんな普通なことがここに書いてあるわけないやん。

あかんよー、毒入り団子を食べる覚悟もなく
ここのブログを読んだらー。

コメント欄は、開かずの扉なので
読まれた方がどう思われたかはわかりませんが
ドラマの先が知りたければ、コミックスを買うて読みなはれ。

それこそがマンガのドラマ化の主目的なんだから。ね!
スポンサーサイト
[ 2015/10/20 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。