或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ニュース&読書録 > ニュースいろいろ
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ

ここのところ、気になるニュースが連発してたが、
それをとりあげてる暇がなかったので、総括。

●訃報

サッチャーさんと三國連太郎さんの訃報は、ショック・・・。

ニュースで拝見する程度しかサッチャーさんの成したことは存じませんし、
やられたことの是非は、賛否両論いろいろあろうが、
腐人はその信念を貫く強さに、憧憬の念を禁じえない。

今の日本のどこに、これができる政治家がいるだろう。

ちなみに腐人自身は、かなりめにリバタリアンなので、
サッチャリズムは大歓迎。
ニンゲンという動物も、適者生存社会でいいと思ってます。
自分も含めてね。


話を戻しますが、ちょい前に、腐人は、
「トップの仕事は、決めること」
と書いたが、サッチャーさんのニュースをきいて、
もう一言足すことにする。

「トップの仕事は、決めて、その通りに実行させること」

日本の場合なんかだとさ、
いくら政治家が決めても、法の形になるまでに
官僚の都合のいいように骨抜きにされる。

でもって、注目度の低い通達だの条例だので、
役人の都合のいいように変えられて、
全くその通りの実行となってない。

まーそこには、日本語が、高コンテクスト言語である、ってことが
少なからず関わってるんだとは思うけど、
それだって、
「言わなくてもわかってるよね?」
「空気よんでよね?」
なんて匂わしをせず、明確に
「3.11の直接被害のあった事項以外に金を使うな!
 関係のないもんに使ったやつは、懲戒免職!」
って言えばいい。

第二次世界大戦んときに、
この「空気」で散々痛い目みたくせに、
いったいいつになったら学ぶのか。

輪廻があるなら、サッチャーさん、
今度は日本に生まれて、日本で政治家やってください。
切に乞う。

さて、もう一方の三國連太郎さん。
ああ、また名優が逝ってしまいましたね・・・(T_T)

人は必ず死ぬものとはいえ、
こういう偉大なる才能が消えるのは、本当に惜しい。
腐人の寿命をわけてあげられるもんなら、
わけてあげたかった。

そのんが人類としても絶対価値があると思うもん。

過去の映像が残ってるとはいえ、
もう新作が見られないことが、とても悲しい・・・。


偉大なる先達のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



●移植

子宮の移植手術については、前に書いた。

そのうちの、トルコで行われたほうで、
体外受精した受精卵が無事着床し、妊娠が確認されたそうで。

へー。

健康状態は良好とあるが、
胎児に拒絶反応とかないのかなぁ?

にしても、これ、先天的に子宮が欠損してる人に、
移植して、受精卵は体外受精で作ったもん・・・となりゃ、
理論的には、男も妊娠できるってこっちゃねぇの?

腐人としてはそっちが気になる・・・。


なんかもっとあった気がするが、
思い出せない。

この劣化の一途をたどってる脳を移植してもらったら、
ちったぁマシになるんだろうか?

以下、読書録。

●15日
(336-338)マンガ 『雨柳堂夢咄 11-13』 波津彬子
  1話1話の完成度の高さとかからしても、
  丁寧に、それなりに金かけて作ってくれるならば、
  腐人はこれ、映像化したらいけそうな気がするんだが。

  ただ、この独特の世界観は絶対に壊して欲しくない。

  『蟲師』と同じで、1話1話のドラマというより
  この全体がかもしだす世界に浸る、が、
  正しい読み方だと思うもんで。

  アニメとかにすっと、絶対この美麗な絵が崩れるので、
  その辺は割り切って、実写やってみたらおもろそうなんだがなー。

(339)BL/セシル 『悪魔との赤ちゃん』 樹生かなめ
  ロクデナシの血をひく海都くん以来、
  腐人は樹生さんの書くチビっこギャングが大好きだ。

  なので、チビタには大いに期待したい。

  しかし、一人ではまだ不足のようなので、
  レミエルくんよ、
  とっとと産んで俊ちゃんのママ友になっちまえ。

  にしても、周囲の説得、へたくそやのぅ。

  こーゆー場合はやな、

  「その子は、確かに悪魔の子ではありますが、
   天使の血ももっている。
   いうなれば、両方の素質をもった子。

   子供がどういう大人になるかは、
   もって生まれたものだけでは決まりません。

   なので、あなたが生まれてきた子を天使として教育し、
   悪魔としての潜在的に持っている能力を
   魔界を正すことに用いさせればいいではないですか。

   そうすることで、その子が魔界を正しく統率する存在となり、
   天界と融和する架け橋となるかもしれませんよ?」

  ・・・って風にな、ママ心をくすぐるんだよ!
 
  実際うんでみたら、
  パパ似のロクデナシなチンピラかもしれんけど、
  こればっかりは、うんでみなけりゃわからない~♪

  もう次の巻も出てたと思うんで、
  どうなったんだか、楽しみにしておこう。

  にしても、チビタって、
  恐らく日本で一番といっていいほど有名な小学生と
  一文字違いなのね。

  なんか遠からず俊ちゃんがメガネかけて、
  「チビターッ!宿題やんなさーい!」
  って怒鳴るよーな気がするわ。


  ところで。
  この見返しの樹生さんのコメントに
  ぼっち飯の度胸がないってありましたが、
  樹生さん、エイプリルフールは終わりましたよ?

  ま、腐人も、一人でまわるテーブルでの中華、は、
  やりませんけどね。
  コスパがあわねぇもん。←そこかい

(340)一般本 『実年齢を信じてもらえないほどきれいな人のねこ背を治す5つのポーズ』 長田一美
  オステの先生に次までに身体動かすよう重々いわれたので、
  読んでみた。

  でも、これ・・・5つじゃないじゃん・・・(~_~)←この段階でやる気、喪失

  でもまーこれならできるかなぁと、
  ごろごろしながら読んでたら、
  タイトルをみた血族が鼻でせせら笑いながら言った。

  「あんたさー、
   それ、本読んだら、治るとかおもってね?」


  腐人(以下、腐):「・・・ち、ちやうもん、あしたからするもん」
  血族(以下、血):「ほら、その「明日」。いつくる「明日」だよ」

  腐:「・・・・・・あ、明日は明日だもん。明日やるもん」
  
  血:「そーゆーやつってさー、やったらやったでこーゆーんだよねー
     「昨日やったもん」。
     で、「こないだやったもん」。
     いつまでたっても「今日」がないんだよねー
     今日やる!にしないと続くもんか」


  うわーん
  姫ー!
  けつぞくがいじめるよー(>0<)


  ただでさえ、読書以外はすべて1日坊主な腐人。

  身体を動かすなんちゅー大嫌いなこと、
  その1日目だってなかなか始まらないってのに、
  こんな本読んでどーすんでしょうねぇ。

  ただまぁ、書いてあることは、ごもっとも。
  その猫背による不調は、言われずとも体感中なので、
  治したほうがいいことは重々承知しとんですが・・・(-_-;)。

  それはともかく、本としては、すごくわかりやすいです。
  ただ、もうちっと全体構成考えてほしいかな。
  文章とポーズ説明をもっと連動させたつくりにしたほうが
  いいと思う。

  じゃないと、
  どういう症状にどのポーズが効くのかがわかりづらいっす。

  ああ・・・本そのもののことについてなら、
  いくらでも言えるんだがな・・・(;一_一)
[ 2013/04/16 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。