或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > 春高バレーと体罰と
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春高バレーと体罰と

ついついついつい。
春高バレーをみている腐人。

…すんませんね、影響、受けやすくって…(;一_一)

いやだって、新聞みたら、今日決勝だっちゅーてあるし、
そのエースの子が174センチだかのちびっ子エースなのに、
最高到達点が330センチとかってあって、
「どんだけ飛んどんじゃー!!」
ってのを見たくなっちゃったんだもん。

で、見て、一番ほっほーと思ったのが。

リベロって一人ユニフォーム違うんだ…
    ↑
   そこかい



にしても、なんかなーこの写し方、
全体はわかるんだけど、迫力に欠けるよなー…。

でも、かなりのスピードでボールがバンバンやられっから、
決まった後の寄りのスローがないと、
正直、いまいちよくわからんし、つまらん。

難しいな、スポーツをおもしろくみせるって。
そーゆー意味ではマンガのが自由だな。



んで、腐人がみてて、
一番すっきりするのはなんだったら、
ブロックが決まったとき。

1枚で、相手の渾身のスパイクを、
バシッとブロックしたときの
相手方ダメージがとてつもなく気持ちいー
ケケケケケ…←鬼だ…


にしても、日本の高校生って、
大体がタテの成長はすすんでても、
ヨコが追いついてなかったりするが、
スポーツやってっとそれが顕著で、
この兄ちゃんどもも、ひょろひょろ長いのが多い。

腐人の腹肉、やろうか?


まーこの心身ともにまだまだグラグラで、
成長過程にあるがゆえに、急に伸びたり、伸び悩んだりする、
それがおもろいんだろなー。

それも3年っちゅー期間限定だし。

ま、今、スポーツの体罰が問題になってますが、
腐人はこの伸びシロが、いったいどこまでいくんだか、
そーゆーところを指導者は楽しんだほーがいいと思うんだがねぇ。

っても、結局、やってる子供のほうも結果が欲しいし、
指導者も周囲から結果とか言われちまって、
ゆっくり時間かけて、
自分で考えて動ける子と育てんじゃなく、
指導者の思うように動くコマを作ることになっちゃうのかな。


でもよー。
それ、その3年はそれでいいかもだが、
その子がもし将来プロになること考えたら、
あかんのんちゃうん。

言われなきゃ動けねぇってのは、
プロじゃ、一番どーしよーもねー選手だと思うけど?

自分で考えて、プレイを創造し、かつ、体を動かせないと、
世界にゃ絶対通用しない。


桑田真澄さんがインタビューで、
「体罰を受けた子供は、
「殴られないためにはどうしたらよいか」と
その場しのぎのことを考えるだけ」
っちゅーてたが、
これ、そのとーりで、
このことはまさにノルマを課せられた営業も同じ。

すごい狭い思考しかできなくなり、
下手すると、殴られないために、他人になすりつけたり、
他人の足をひっぱることしか考えなくなる。

とは、体罰をする人は思わないのかな?

でも、現実、あなたたちが作り上げる人間は、
そうなるのが、ほとんどだ。



話は変わるが、
腐人がガキの頃ってのは、体罰って日常的でねー。

忘れ難いのは、小学校んときの担任が、クラスで何か問題が起こると、
その問題を起こした子らと、
それを止められなかったってことで、
学級委員長を毎回殴ってたのね。

っても、男子は頬を平手で、女子はケツだったけど。

問題起こす子は毎回変わるけど、
学級委員は、その学期の間、不変だから、
結局、学級委員は、毎回殴られることになる。

で、あるとき、いつものよーに殴る子を並ばせて、
先生がバシバシやろうとしたら、
毎回殴られる羽目になる学級委員の男の子が、
もう自分の席を立ったところから、
おんおん泣き出しちゃってねー。

そんでも責任感がある子だったから、
泣きながら、叩かれる列に並ぼうとするわけ。
まさにドナドナ。

さすがに先生も、なんで泣くんや…とか言いよったけど、
なんでもクソも、あんたのその理不尽さが原因でしょーに。



腐人自身は、暴力はあかんと思う。
あの六本木襲撃の人らみたいのとか、
今回の30発とかが本当ならば。

オスは生きてる無駄!!
直ちに去勢し、脳みそいじっちまえ!!!
っつか殺してもいいんじゃね?とか思うよ、
腐人が法なら、ね。

ま、このあたりは、ちゃんと法的処分を受けていただきましょ。
刑事でも民事でも。
そのために法ってもんがあるんだから。




ただ、だ。
アムロのよーに
「オヤジにだって叩かれたことないのに!」
っちゅーまま、大人になるのもどーなんだとも思う。

だって、上に書いたように、理不尽は、世の中にあふれてる。

その事実を家庭で教わらずに社会にでたら、
困るのは、その子だよ?

昨今いわれる、打たれ弱い若者って、
あまりに過保護に理不尽から遠ざけられたまま育ちすぎ、
理不尽を、心からガードすることを覚えないまま社会にでて、
はじめて社会にあふれかえる理不尽とぶつかり、
ガードがないから即ボロボロになってダメになる…。

これって、腐人はそこに一因がないか?と思うんだけど。


それに、犬猫と対して変わらんレベルの知能しかないガキんちょが、
ホンモノの包丁ふりまわして友達と遊んでたら、
手を叩いてでも、やめさすだろ?

ま、これは極端な例ですが、
本当にダメなことを教えるためには、
お尻ぺんぺんはいると思う。


が、問題は、この中間のグレーゾーンだよなー。

腐人は、本当にダメなこと以外は、
殴りたくなったら、その子を殴るんじゃなくて、
自分を殴っておけ、と思うけどな。

そう…例えば。

おまえらができひん子なんは、俺が悪いんやー
だから、俺は俺を罰するぞー
おまえらが1つミスするたびに10叩きやー

っちゅーて、
自らを緊縛し、
自動鞭打ち機械(腕振り式ピッチングマシーンの改造版)で、
あうあう生徒の前でやったらどーだ?
生徒はそれを最後まで見なければならないとしたら?

「こんなん見たない…。
 もしミスして、また見せられるんやったら、
 ミスせんように頑張ろう」
って、真面目にやるかもしれんやん。

ど?これ?

ああ、ミス一つするたび、
監督が脱いでいくってのも、
選手の奮起に繋がるかもしれんなー。

「最後の一枚だけど!
 おまえらができひん子なんは、俺が悪いんやから、
 脱ぐぞ!ほらっ見ろ!俺のゾウさんだ!!」
って。

もちろん、監督はマッチョでデバラなクマですよ。ええ。

ちなみに、腐人は汚いものはみたくないので、遠慮します。

試合で、相手チームの監督が、
ボンテージ姿に、女王様型自動鞭打ち機械を持参できたり、
一枚づつ脱いでったりしたら、
そっち見てまうよなー。

ま、男子の試合で、キョニューな女教師ってのが、
相手方のミス1つで脱ぎ、
自分方のミス1つで着るってのをやってったら、
どーなんのかなー。

って、試合そっちのけやろ、それ。
ケケケケケ…


いかん、話がいってはいけない方向にいってしまった。
軌道修正、軌道修正。


腐人の××年の人生を振り返って思うんだが、
叱る側、指導する側が、
ただの自分の感情だけでやってないか、
ってことも重要な気がすんのよ。

怒る、叱る、指導する、
そーゆーときほど、
理性によるコントロールが必要だと思うの。

これを、ただガミガミ、ヒステリックにやったら、
やられたほうは、
「うっわ、やつあたりかよ。
 うんざりー」
って思うばっかりで、
何に対して、どうすべきだったか、っちゅーとこに
思い至らんと思うのね。

もうとりあえず、ギャーギャーゆってる相手が
はやく気が済めばええなーって思うばっかりで。

って、男女の修羅場だってそーじゃね?



ま、この春高バレーの決勝にでてきた2校は、
2校とも、生徒たち自身でどういう練習をするか、
試合でどう闘っていくかってことを
考えさせる訓練を常日頃からやる
自主性を重んじる指導をされてたそうで、
やっぱり、本当に勝てるのはそういう学校なんかなーとか思ってしまった。

にしても、おもろいわ、バレー。


以下、読書録。

●12日
(41)一般本 『大きく、しぶとく、考え抜く。』 原田泳幸
  サブタイトルが、「原田泳幸の実践経営論」。
  昨日のネタのあとになんですが(^_^;)。

  いっぺん未来工業の山田さんと対談してくれんかなー。
  ぜひ、読みたい。

  腐人はどっちかっちゅーと管理されるんが嫌いなんで、
  山田さんのよーな人のが好きですが、
  このどちらにおいても、
  「常に考える人間でないと、いらない」だ。

  そう、会社から、上から言われることをするだけの人は、
  恐らくこの先、職につけなくなるだろう。

  だって、それならば、誰でもいいってことで。

  そしたら、このグローバル化が進んだ今、
  外国の人件費が安いとこに頼んだほうがいいもん。

  ただまー従業員800人の山田さんのところでも、
  未来イズムを浸透させ、
  その理念を高水準で保ち続けるのが難しいように
  マクドナルドのような大規模になれば、
  なおさら、トップの考えを末端までいきわたらせるのは難しい。

  これは最後の対談相手である
  ファーストリテイリングの柳井さんもゆーてますな。

  以下、個人的アーカイブ。

  マーケティングでこだわることは、
  「ベストを尽くす」
  「一流を目指す」
  「妥協しない」

(42)マンガ 『進撃の巨人 9』 諫山創
  正直言って…話がもうわからんくなってます…。
  もう新刊追うのやめよっかな…(-_-;)。
  
  誰か腐人に、今どーなってんだか教えてください。

(43)BL/リンクス 『掠奪のメソッド』 きたざわ尋子
  ん?
  あ、前とんでる…。

  けど、読めるから、ま、いっかー。

  ってのも王道っちゅーてもええぐらいの
  お約束な少女マンガ的展開だよな。

  30近いキレイな男って現実にみたことないもん!!
  
[ 2013/01/13 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。