或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > ♪ぎゅっぎゅっぎゅーぎゅぎゅっぎゅぎゅー
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪ぎゅっぎゅっぎゅーぎゅぎゅっぎゅぎゅー

えー、今日のタイトルは、
じゃりん子チエにあわせてお歌いください。

もーやだー!
今日は今日せなあかんことだけしたら、
もーやめるー!!!!

ちょっと、キレかかってます、腐人ちゃん・・・。

いかん・・・このGWで立て直そう・・・。


そーいや、外出先で、遅いメシを喰おうと、
店の前にでてた看板をながめていたら、
頭上から、ビシャビシャビシャッと、糞が落ちてきた。

間一髪で避けたものの、
ビルの非常階段のてすりからケツをつきだしたカラスは、
まだしたりなかったのか、
再び、ベシャベシャベシャッ!!とやりおった・・・。

今、ここに猟銃があれば・・・
撃ち殺してやるのにー!!!!!
   ↑
  その前に免許をとりましょう。


ではとりあえず読書録。

●25日
(393)BL/ルチル 『暗くなるまで待って』 ひちわゆか
  前にジャンク再読したときに書いたかもしれんが、
  Iちゃんはジャンクの中では、
  この朔夜さんのやつが好きだとゆーてたな。

  腐人はどーだろ?
  『スイート・ホーム』かなぁ?
  ある意味、日々是れ平和で、安心して読めるんで(^_^;)

  これはたまに朔ちゃんが痛々しくってさ・・・。

  でも、この朔ちゃんと恭介の会話は絶妙だと思う。
  巧いよなぁ・・・。

  そーいや、これ、この後の発刊は、
  『エタニティ』『ラブミーテンダー』となってますが、
  『Love me 10$』は続かないの??

  この朔ちゃんと恭介のカプのファンなら、
  やっぱ『Love me 10$』もあってこその
  コンプリートだと思うがなぁ。

(394-399)マンガ 『DEAR BOYS ACT2 17-22』 八神ひろき
  これまでは、試合の半分ぐらいは描いても、
  残りの半分は、観戦者のモノローグで省略されてたんだ。

  でもこのIHになってから、試合全部を描くよーになったんで、
  下手に試合開始の1冊を手に取っちゃうと、
  やめるにやめれーん!!!

  カニ高が終わったとこでやめときゃよかった・・・(/_;)。
  ううううう・・・(T_T)

  っても、変なラブ話されるよか、
  試合やってるほーが100倍おもろいので、
  痛し痒し。
  
  努力がそのまま成長になる時期だから、
  よけいおもろいんだよねぇ。

  っても、やっぱ、
  「打倒!哀川!!」みたいのがあるのとないのとでは、
  伸びが違うんだけど。

  で、ホント思うけど、超一流になるために何が必要かって、
  そりゃ身体能力はもちろんなんだが、
  腐人は創造力だと思うんだよな。

  身体で覚えたこと(レイアップとか3Pとか)は、
  あくまでも基本であり、原則であり、脊髄反射でしかない。

  それを使って、どうプレイするかってのは、
  やっぱそれを創造する頭がいると思うんだわ。

  だからこそ、ガキの頃から
  超一流選手のプレイを見て育つってことがものすごく重要だし、
  ガチガチの管理指導より、そのスポーツ一筋より、
  いろんなものやことから影響をうけて、
  自分で考えて動けるようになるってのが、
  その選手のためだと思うんだ。

  チームのためでも、学校のためでも、成績のためでもなくね。  

  そーゆー意味で、それができる哀川とか哲太ちんは、
  個として、上のステージにいけるなーと思う。


  でも、まさに部活バスケ、高校バスケな湘南は湘南でおもろーて、
  結局、試合終わるまで突っ走る・・・。

  眠くて吐きそうなのに本がやめられんっちゅーその悪癖さ、
  いいかげん、どうにかしようや、腐人ちゃん。

  寝不足でも元気ハツラツなんちゅー歳じゃねくって、
  寝不足がてきめんお肌にでる歳なんだからよー。

  ああ、今日もボロボロです・・・。
[ 2013/04/26 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。