或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 続×2・高校部活論(主に野球とバスケ)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続×2・高校部活論(主に野球とバスケ)

の前に。

どーもルンバちゃんが、
またゴミを撒き散らす悪い子になってる感がある(~_~;)。

なんでだ!?

腐人家の場合、じゅうたん部分とフローリング部分の混在なのだが、
その段差を乗り越えるときに、
ガラスの靴ならぬ、集めたホコリを落としていくのだ。

うーん…どうしたもんか。

ただでさえ腐人家の節電大臣はルンバちゃんの稼動を嫌っているのに、
掃除もまともにできないなんつったら、
お払い箱へお行きなさい!!ってやられちゃうぜよ。

フィルターを換えたのに、
ダストボックスにゴミが溜まらなくなったのも気になる。

そーいやゴミ撒き散らし癖が復活したのも、
溜まらなくなった時期とかぶるか?

ちょっと対策調べてみっか…。


さて。
ダラダラ続いてる部活論。

そのコミュニケーションの話なんだが、
『弱くても』の著者の髙橋秀実さんは
開成の生徒たちのコミュニケーションは妙だとおっしゃる。

まぁ、その前に、走塁の練習で、
コーチャーの指示のタイミングがズレ、
監督が怒るってエピソードがあるんだが、
これなぁ、腐人に言わせりゃ、単なる経験不足だと思うんだが。

こんなもん、
コーチャー役の子が実際走ってみりゃいいだけじゃね?

相手の立場になって「考えろ」じゃなくて、
「立ってみろ」だ。

それが一番てっとりばやかろうて。

走ってみたら、
どのタイミングで、ストップと言われるのがいいか、
どのタイミングでゴーと言われるのがいいかがわかる。

まぁ、あと個々人の走力の差ってもんがあるから、
それは個別対応で、走る本人にきいて、微調整すればいい。

言葉でぎゃーすか言われるよか、
そのんがよほどすんなり腑に落ちるだろうに。


というかですね、
今、『怒りのおさめ方』って本を読んでんですが、
スリランカ上座仏教長老が、
少子化はダメ、子供は多いほうがいい、
なぜなら、兄弟が多ければ、そこで人間関係の基礎が学べる
ってゆーてはるんですわ。

腐人もそのとおりだと思うし、
なんつーか、この経験値のなさによる想像力の欠如って、
もしかして、いじめもそうなんじゃないかと思うんですわ。

いじめが発覚した段階でさ、
いじめてたやつに、いじめられた子がやられたこと、
全部やってやったら、
自分がやったことがどういうもんか、わかるんじゃない?

パンツ脱がして写真とってばら撒いて。
抵抗封じて、ボコ殴りしてやって。

ほんで、「からかっただけー」ってゆってやったら、
ようやくいじめられた子の気持ちがわかんじゃね?
違う?

ホントはここまでせんでも
相手のことを想像できる子供を育ててこないかんねんけど、
結局、今の子って
子供時代にいろいろもまれて
人間関係形成の経験をつめてないんちゃうのかなぁ。

大家族から核家族化し、子供の数自体が減り、
学歴社会となって子ども自身が多忙化し、
家庭や遊びなどでの経験を通して、
人間関係の基礎をつくる場と時間がなくなっている、
ってのが一番の元凶なんかなぁ。


いかん、話がずれてきた。
コミュニケーションだ、コミュニケーション。

コミュニケーション自身も、人との会話の経験値を増やすことで、
こういった場合はこう返せばいいのかってものを学ぶから、
まぁ、これも経験のなさが、
「妙」となって現れてるってのは1つあるだろう。

開成の子らの会話をきいてると、
問題と答えがセットになってるような感じがするそうなのだが、
それだって、結局、その子らが一番よく耳にしている会話が、
先生や親からの質問に、回答する、ってやつだからじゃねぇの?


ただ、このエピソードの続きにある、
髙橋さんご自身が遭遇した件と、
高校から入学してきた「新高生」が感じた独特の言い回し、
これは腐人は別の要因だと思ってる。

ざっとその話をすると、まず遭遇した件。

野球部がグラウンドが使えず自主練習な日に
髙橋さんが取材にむかったところ、
もう帰路についてる部員に出会い、
「今日、練習は?」ときくと、
自主練習日なのだ、練習日は木曜と土日で…という返事がきた、
って話なのね。

髙橋さんにしてみれば、
自分は何度も取材にいっているから、
開成高校の練習プログラムはわかっている、と相手もわかってる、
と思ってる。

だから、その部員個人のことをきいたつもりで、問いをなげる。

でも、部員にとってみたら、
この人は練習日がいつかをしらずに今日きてしまったのかもしれない、
教えてあげないと、という思いで答えるわけだ。


でもって、もう一つの、独特の言い回し。

その子によれば、自分はもう染まっちゃって、
なんか違うとは思うが、具体的にはいえないのだが、
ある言葉が流行ると、みんながそれを使うようになる、
そういう感じがある、と言う。


この2つのエピソードね、
腐人は全然「妙」だと思わない。

ってのもだ、これは日本語という言語がもってる問題だから。

高コンテクスト言語である日本語は、
言わなくても通じる部分を多く含む。

でもそれは、言わなくてもわかる、共有できる部分が狭ければ、
それを補うために言葉を要する。

逆に共有できる部分が多ければ、言葉はさらに省略できるのだ。

長年つれそった夫婦とかがさ、
「おい、あれ、どーなった?」
「ああ、あれはちゃんとやっときましたよ」
「おお、そうか」

って会話やるでしょ?
これ、第三者がきいてわかるか?
わからんだろ。

腐人なんかもそうですが、
ネットスラングとか、2ちゃん用語なんて、
解説されなきゃわからない。

趣味の世界だって、
「私、アレ受けだと思うんすよねー」
「そかな。リバありだと思うけど」
「や、攻めはありえない。
 だって、コレとだったら、受けっしょ」
「うーん、でもこっちなら攻めじゃね?」

って会話わかります?
わかる人は腐印を1つ差し上げますよん(^_^メ)。


ま、そゆことで、共有する部分がでかければ
第三者がきいたら、宇宙人の会話だって成立しちゃう
不思議な言語なんですね、日本語は。

だから開成の子等の独特の言い回しってのは、
開成の生徒だからわかる共有部分があるから、発生してるんであって、
逆に開成の子ではない、髙橋さんに対しては、
会話レベルをものすごくひき下げてたんだってのがわかる。

この答えた部員にしてみたら、練習日の説明をし、
その上で、だから自分は今日はもう帰ってるんです、
といいたかったのかもしれないよ?

だから腐人はこれ、ちっとも変だとは思わないんだよな。


まー髙橋さんにしてみれば、
こんだけ来てるんだからわかるだろ!
と言いたいとこがあるのかもしれんが、
そこんとこは、腐人の周囲にいる東大卒をみてるとね、
こーゆーことかな、と思う部分がある。

彼らは、ずーっと、
頭がいい、勉強ができる、いろんなことを知っている、
という人生を歩んできてんですわ。

そうすっとだ、
自分にとって「普通だ」「知ってて当然だ」と思うことを省略して話すと、
相手にわかってもらえないって場面に何度も遭遇してくるんですね。

なので、最初から会話レベルを下げて話す癖がついてる感がある。


っても、東大卒のご年配の方が、京大出の若い子に、
「君は、がっきゅうてきだなぁ」
ったら、
「がっきゅうてきってなんすか?」
と言われて、すげーショックうけてたけどね。

ちなみにがっきゅうてき、は「学究的」と書きます。
意味を知りたい方はご自分で調べてね


と、思い切り開成高校の話ばっかになってるが、
腐人がこの『弱くても』を読んで思ったのは、
ただ「勝つ」というだけであれば、

●ゲーム全体の分析
常連校は異常、
でもしょせん高校生、
守備のエラーはどんなにうまくてもある
よって練習時間に限りがあるなら、バッティングについやすべし
10点とられても15点とりゃ、勝ちは勝ち

●部員(手札)の分析
投打のレベル
守備位置、打順の決定

こーゆー要素を積み上げて、ギャンブルの勝率をあげてけば、
まぁ、総合的に弱くても勝てる可能性はある。

ただ、こうなってくると次なる問題は、
それだけの分析ができるか、指導者にかかってくる。

えー、これはどっちかっちゅーと
『BOYS』主体でやりたいんで、また続く。

いつ終わんねん!!

以下、読書録。

そろそろいいだろう
(402)BL/リンクス 『奪還の代償 ~約束の絆~』 六青みつみ
  うっきーっ!!!
  聖獣の雛をぞんざいに扱うたぁ、
  ゆるせーん!!!

  っつか、なによりあんたのせーで、
  あのかわいいかわいい「みゅ?」な時期が読めんかったじゃん!!
  
  あんなくりんくりんな巻き毛ちゃん、
  生まれたときどんだけキュートだったか!

  そのあとだって、
  すぐに巻き毛もつれさせて毛玉つくっちゃったりなんかして、
  しょうがないなぁとかって、そのたびにリグが梳いてもらって
  したら、うっとりしながらくーくー寝ちゃったりしてたろうに!

  うわーん!
  その子育て日記が一番楽しみなのにー!!
  なんで読めへんのじゃー!!

  いっぺん殺したぐらいじゃあきたらーん!!
  腐人にもやらせろー!!

  死体ほっくりかえして、鞭うっていい?
     ↑
    やめなさい

  
  ま、受がかわいそうな境遇においやられるのは、
  六青さんのお約束。  

  最終的には、ちゃんとラブラブーンにはなるものの、
  ショッター腐人にはものたりーん!
  チビを愛でたいのよ!!

  ってことで、どっか短編で読ませてください。
  ぜひ!

  そんな腐人の今回一番のお気に入り挿絵は、
  73ページの「リグ、いた!」かなぁ。
  ああ、もうなんてカワイイの(>_<)!!!

  
  にしても、リグってば、頭かたいよなー。
  六青さんの攻は、腐人が頭をハタきたくなるよーなニブチンが多いんだが、
  リグは、鈍いんじゃなくて、頭が固い!
  もっとやわらか頭になれよ!
  もー。

  でも、いざ鎌倉!で、獣型になられて、
  「そこ触るときは前もって言ってっていったじゃん!」
  とかカワイイ抗議されちゃったら、手をだせんわなー。

  保護者から番になるのは、大変だな。

  そーゆー意味では、ヴァルのが図太かったな。
  っつか、あれは「深い笑み」じゃなくて、
  「エロい笑み」っちゅーんですよ。

  あーやだやだ、自分はキリハとラブラブだからってさ。

  キーッ!!
  腐人も雛ほしいー!!
  でも、闘う気ゼロだけど。


  で、次は、立場逆転とゆーお話だそうで、
  えええええ?
  だって聖獣にはそーゆーのねぇってゆってたじゃん!?
  どーやってどーなるのか。

  ああ、すげー楽しみ。

  でもって、チビ短編もすげー楽しみなんで、
  夏コミよろしく!!!六青さん!!

●28日
(423)BL/花丸 『恋襲ね』 小林典雅
  うわー頑張ったな、小林さん。
  すごく文章が普通になってたんで驚き(笑)。

  挿絵と表紙から推測できる状況に、
  なかなかならないもんで、えええ?と思っていたが、
  なるほど、そうなるわけですか。

  個人的には、復活後の殿の寝所を覗きたいなぁ。

(424,425)マンガ 『アマイタマシイ 1、2』 杉本亜未
  みてるだけでヨダレがたれてくる。

  が、これが300円台で買えるってのは、
  ちょっとあかんでしょ。

  っつか全部が原価割れしてるなら、
  お客が増えても黒字になるどころか、
  さらに赤字が増えるだけだべ?

  原価割れってのはさ、
  それを補う利益率の高い商品があってこそ、
  やっていいことであって、
  そうじゃなきゃ別の方法考えないと。

  同一系統の素材で作れるものに絞るとか、
  1個の大きさデザインを再考するとかさ。

  もうけがでないと商売ってのは続けらんないんだよ?

  続けられないってことは、
  自分にとっては仕事がなくなることを意味するし、
  客にとっては、それが欲しくても手に入れられなくなるってことだ。

  まーまさにコンテンツ業界がそんなんだけどさ。

  それを思えば、価格にこだわることは
  腐人はどーなのかなぁと思うんだが。

  1つを10円あげるだけでも違うだろうて。

  どーでもいいが、
  沢木さんのつくったトマトとレモンのやつ
  食べたいなぁ…。

(426)マンガ 『いつでもお天気気分 6』 羅川真里茂
  これ、単発で書いてるせーか、
  「きみたち、いつまで高校生?」
  っちゅー気がするね。

  でもいいなぁ、お兄ちゃん。
  腐人は兄がおらんので、憧れでした。

  が、実際、兄がいる子に言わせたら、
  「あんなん、いつでもやるで」ってゆーてたが。
  なにがあったんだ…。

  そーいや、久しく抹茶のんでないわー。
  点てるのは好きなんだが、高カテキンが最近、つらい…。

(427)BL/セシル 『ロクデナシよりロクデナシ』 樹生かなめ
  これ、里和さんのことなんだろうが、
  どっちかっちゅーと、ロクデナシより性質悪い、じゃね?

  確かに里和さんさえいなければ、この状況は生じてないったらそうだが、
  うーん、魔性の男、宣章さん。
  行く先々でロクデナシを集めてしまうなんかがあるんすかね?

  にしても、思ったんだが、あんだけの噂されたらさー
  腐人ならこーゆーぞ?

  「実は、とんでもないストーカー女に狙われてるんです、僕…」

  あの容貌なら信じてもらえるし、
  DVの相手から逃げるために住民票を移せないってよくある話じゃん。

  まぁ、実際は女じゃなくて男だが、
  その辺、注意しながら、涙涙の物語を語れば、
  十分同情がひけるだろうに。

  生きる悪知恵がたらんぞ、里和さん。

  甲斐がおとなしく設楽のものになれば、
  平和なんだが、ならんだろーなぁ…。

  ま、ガンバレー。
[ 2013/04/29 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。