或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > となりの芝生
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

となりの芝生

この週末、いろいろあって、ガタピシきまくってる老体ですが、
今日は今日で、用事があってでかけねばならなかった。

よろよろしながら歩いていると、
以前、血族が友人と食べに行き、
「おいしかったー!コスパもよかったし!」
っちゅー店の前を通りかかった。

ちょーどランチタイム営業をしとったので、
ちょうどよいやと寄ってみた。

昼時ってのもあったが、
もともとがランチの予約をしてまで客がくるっちゅー店なので、
ほぼ満席状態。

ただ、この辺がお一人様のよいところで、
しばし待つと入ることができた。

突然の客なので、予約客優先となるのはまぁ当然のことと、
せわしなく動きよる兄ちゃん姉ちゃんをぼへーっとみていたら、
隣の家族連れの会話がきこえてきた。


どうも、お姑さん?と、母親に、
小学校高学年と、中学年が低学年の姉妹というセット。

ま、パパは会社だわな。

おばあちゃんのおごりで、
孫と食事みたいだったんだけど、
母娘は、このあと用事があるらしい。

っつか、学校はどうした!学校は!

ようやく一息ついたギャルソンさんが
メニューをもって、腐人のところにやってきたのを捕まえて、
「もうこんな時間なんだけど!
 デザートとコーヒーってすぐでるの?」
とやっている。

ギャルソンさんとしては、
食うのが遅い姉妹の皿が終わるのを待ってただけのようで、
ご用意はすぐできますが、もうよろしいですか?
ってなことをたずねた。

確かに、母と姑の皿は空いてるが、
姉妹の皿にはメインがまだ残っている。

妹のほうはデザートときいて、メインを食べるのをやめたが、
姉は、皿をピカピカにするほどの執拗さで
延々とパンで皿に残ったソースをぬぐっている。


その姿にキーッとなったのかねぇ、
母ちゃんは、もういいからデザートメニューもってきて!
っちゅーて、持ってこさせたのだ。

で、さすがに姑には、
「どれにされます?」
ときいて、
「ぶらんまんじぇって何かしら?」
っちゅー質問にも、
「ミルクを固めたプリンみたいなものですわ」
ってな返事をしとるのだが。

娘たちに対しては、
「タルトですって。
 あなたこれ好きそうよ。
 これにする?」
と、意向をきくようなふりをしながら
「これにしとけ!」と言ってるのが伝わってくる口調でねぇ。

きいてて、押し売りかい!と言いたくなった。

うーん・・・この母娘関係は、大丈夫なのか?と思ってたら、
案の定、まだ子供で、かつ甘え上手な末っ子だろう妹は、

妹:「こっちもおいしそー」
母:「でも、それはあなたには、量が多いわよ。
   メインも残したじゃない」
妹:「じゃぁ、タルトでいい」

と要領よくやっとるんだが、
一方の姉のほうはだんまりで。

その態度に、再びキーッとなった母親が、
「いるの!?いらないの!?はっきりしなさい!」

母ちゃん。
店中に声が響いてます・・・。


どうも会話をきいてると、
その前のメニュー決めの段階から、
お姉ちゃんがなかなか決めなかったってのもあるようで、
ふてくされてるのか、母親の顔をみようとしない。

母:「じゃぁ、モンブランは?あなた好きでしょ」
姉:「いや」
母:「(イラッとしながら)だったら何にするの!」
姉:「・・・」

あの時、あの店内で、
あーあーあーあー・・・と思っていたのは
腐人だけだろうか。

たぶん、あれは根深いなぁ・・・。

最終的にはギャルソンが、
絶妙のタイミングでオーダーをとりにきて、
お姉ちゃんのデザートもタルトで決定。

しかし、その後、
「あなたって子は、
 どうしてもっとはっきり言わないの!
 わたしはあなたのそぶりをみてわかるけど!
 他の人が迷惑するでしょ!」
と、母が店内でやりだした。

するとお調子者の妹が、
「お姉ちゃんってそうだよ。いっつもそう」
とかの合いの手入れだして、

腐人の気分は、さらに「あーあーあーあー」。

っつか、母ちゃん
ホントに娘の気持ちわかってる?


ただ、このご家族、これだけでは終わらなかった。

いざ腐人の注文となって、メニューをみてみると、
正直、メインより前菜に
食ってみたいもんがぞろぞろ並んでましてねぇ。

うーん・・・これ、二人以上で来てたら、
前菜シェアするんだがなー、
かといって、前菜盛り合わせがあるBコース(メイン2種)を
ちんたら食ってる時間はない・・・
しかし、この前菜とこの前菜、どっちも旨そうだなぁ・・・

となったんですよ。


腐人の場合、
どういう肉を、どう料理して出してくるか
ってのがわからないお店では、
肉類はほとんど頼むことがない。

でてきてみないと、
食べられるかどうかがわからんのでね。

だから、メニューから肉類を全部排除して、
その上でメニュー名から材料考えてたんです。

でも、どーにも最後の二択が選べなくてですねー、
注文とりにきたギャルソンさんに
前菜1皿追加できるかきいてみた。

すると、追加料金かかるけどできますよってな話だったので、
じゃぁ、前菜2皿に主菜1皿でーとオーダーし、
運ばれてくるのを待ってたのだ。

前菜だし、ランチだし、手際がいい店なんだろう、
ほどなく前菜2皿がでてきたんですが。

それをチロッと横目でみたお姑さんが、母親に言った。

「前菜2皿ですって。
 追加は1皿630円かかるんですって」

・・・あの、丸ぎこえなんですけど・・・。

腐人に聞こえてることがわかってるんであろー母親は、

「でも、前菜のメニューがどれもおいしそうで
 1つに決められないときってありますよね」

と、フォローのような発言をするのだが、
姑は声を潜めもせず、言った。

「でも、そのあとに主菜も食べるのよ!」

なんやねん、なにがいいたいねん (~_~)

・・・・・・腐人は自分のサイフで食うとるんじゃ!
思った以上に前菜の皿がでかくてちょっとびびったけど、
ちゃんと完食するわい!
店かて、前菜2皿でもかめへんゆーとるだろうが!

ケンカ売りよるんか、おらぁ!

と腹の中では思いましたが、
それ以上に、ここの家族は大丈夫だろうか・・・という心配が。

この姑に育てられた息子が、この姉妹の父親で。
今、この母親に育てられている・・・。


こーゆー一部分の風景だけみて、
あーだこーだと思ってはいかんですが、
となりの芝生は青いばかりでもないな、
と思ったランチタイムだった。


余談ですが、迷って結局2皿頼んだ前菜は、
主菜よりも旨かった。

是非、前菜3皿コースをつくっていただきたい。
   
以下、読書録。

●25日
(494)一般本 『人質』 佐々木譲
  お久しぶりの道警シリーズ。
  このシリーズは、わりかし軽く読めるんだが、
  読み出すと止められないんだよなぁ…。
  
  なので、2時間か3時間、
  ぶっ通しで読める時間がつくれないと
  読みに着手できんのだ。

  で、今回のネタですが。

  腐人が気になったのは、
  もし本当に謝罪だけだったならどうなったのか、
  である。

  法という曖昧模糊としたもんと、
  マスコミや大衆心理ってもんを武器に、
  官僚制度っちゅー石頭をどう動かすか。

  腐人はそっちのシュミレーションのがおもろかったなぁ。

  「お願い」して「居合わせた方」に「協力」してもらっている。

  これがどこまで通るのか。

  
  最近、気づいたんだが、
  腐人はどうも人に対して「どう使うか」
  という思考になってるようである。

  羅川真里茂さんの『赤ちゃんと僕』のエピソードで、
  人との関係には、無意識のうちにメリットデメリットを考えてる
  ってなのがあった。

  そのメリットってのは、別に金銭とか便宜とかじゃなく、
  いっしょにいて楽しいとか、気が合うとかも含み、
  メリットを感じられない人とは一緒にいたいと思わない
  っちゅーお話だったんだよな。

  そういう情緒的なもんとはずれる気もするが、
  結局、人とのつきあいって、
  少なからず、なにかしらの相互扶助があると思うんだ。

  ただ、『赤ちゃんと僕』でもそうだったが、
  そうなると、ずうずうしく、無神経で、声のでかいのが
  傍若無人にふるまいだすってことで・・・。
  
  なんか最近、
  自分がホントその傾向が露骨になってきたなーと
  思う・・・。

  ただ、上で書いた家族のお姉ちゃんとかさ、
  「そんなもん、そいつに押し付けりゃいいじゃん」
  っちゅーと
  「いや、そんなこといえないですよ」
  といい、結果的に自分の身の丈以上の仕事を抱え込んで
  ボロボロとりこぼしたり、回り道してるのみると、
  腐人はもどかしくってたまらない。   

  なんつーか、この冤罪きせられた人も、
  もっと強かになれば、この謝らせたいってのに対し、
  違う方法あったんじゃないのかなぁ・・・とか思ってしまう。


  たださ、腐人自身は、
  「誠意をみせろ!」
  とか
  「謝れ!」
  とかゆー人の心理は全くわかんないです。

  さらに言えば、弁護士だ、裁判だってなレベルになる段階でも
  「相手に謝って欲しい」
  とかゆってるのは、全くもって理解不能・・・。

  腐人にはそれで得られるものの価値がわかりません。

  同じ目にあわせてやりたいっちゅーのはわかるんだがなー。

  
  なので、この話でいえば、
  むしろ瀬戸口の思考のがよくわかる。

  使えるもんを使ってカモフラージュし、
  実利をとろうとする、その思考のがね。

  が、つめが甘いし、やり口がヘタクソ。
  もっと綿密な計画たてなよ!

  っつか、そもそもこれカモフラージュいんの??
  
  腐人だったら、(以下、自主規制)。


  ま、謝罪だけにしろ、実利にしろ、
  どうやって出し抜くか、を書いてくれたほうが、
  腐人は楽しかったんだが、
  そうすると、メインが道警じゃなくなるんだよなー。

  というか、だったらノワール小説よみなはれ、ってとこだよな。

  そういえばノワール、久しく読んでないなぁ・・・。
  一時期、すごくハマったんだけど、
  アレ読み続けると、一緒に黒くなっちゃって、
  結構、しんどいんだよねー。

  軽く読めて、おもしろい、なんかいいもんないかしら?

(495)BL/ルチル 『羊とオオカミの理由』 杉原理生
  双子ちゃんばっかに目がいってたが、
  ようやく、三塚なる者の存在に気づく。

  うーん・・・君さー結局さーバイってこと?

  ふふふふふ・・・
  結婚何年目で気づくのかしら?  
  間違ったってことに・・・腐腐腐腐腐・・・

  にしても、ホントさー、
  この天使の章ちゃんみたいな人じゃなきゃ
  子育てしてはいけません!
  となりゃ、世界は平和になるんでね?

  ま、腐人にゃー1000%無理ですな。

●26日
(496-502)マンガ 『ニコイチ 1-7』 金田一蓮十郎
  えーっと、オチまでいってから
  感想書きます。

  どーでもいいが、腐人は昨日、本当につかれきっていて、
  ダーリンを運転していても、ぐらぐらするよーな状態だったのだが、
  返却期限がやばい!と思って、読めるとこまで読まなくちゃ!と
  読み出したら、目が爛々、脳がボーボー活火山

  基本形は、『ライアー×ライアー』と同じなんだが、
  いやいや、よくできてる。

  っつか、これ、ドラマにしたらいいのに。

  ちょっとチチをサービスしすぎですが、
  ストーリーとしては、これすごくドラマ向きなのになぁ。

  ほぼそのまま移植できるぞ?

  ま、29歳で、女装したら
  モデル風美人になる俳優を探すのが大変か。

  『美しいこと』の舞台で、
  松岡役やってた与那嶺さんならいけんじゃね?
  
[ 2013/05/27 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。