或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > ヘビーユーザーとライトユーザー
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘビーユーザーとライトユーザー

『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』で、
ライトユーザーが増えてきたときの話があった。

他のスタッフは、ライトユーザーが増えたのなら、
店舗をライトユーザー向けのつくりにすべきでは?
と言ったそうだが、大塚さんがNOをだした。

大事にすべきは、ヘビーユーザーだと。

腐人はここ読んだとき、拍手喝采したね。


でもまーわからんでもないんだ。
ゆれる気持ちは。

ただ、もしそれをやったならば、ヘビーユーザーは離れる。


昔、腐人は超高級な靴を取り扱う店でバイトしていた。

まさにこの世に1点もの、ってなのに近いぐらいのやつで、
デザインもすごくとんがってたので、
それに惚れこんだ靴好きが、新商品入荷となれば、
金に糸目をつけず買いに来た。

その店は、扱う商品の格もあってか、
かなり坪単価が高いところにあり、
かつ、店の作りもこだわっていたため、
維持費が結構かかってたんだ。

だから、確実に買ってはくれるけど少数のヘビーユーザー相手では
赤字になってしまい、店長が代わったと同時に、
もっとカジュアルラインにして客を増やそう路線に変えた。

すると、どうなったかっちゅーと、
確かに客は増えた。

しかし客単価は下がり、
挽回しようと、商品アイテムを増やしたりしたのだが、
赤字は変わらず。

そして何より痛手だったのが、ヘビーユーザーが離れたことだ。

腐人はそのお客様の一人とお話する機会があったのだが、
その人ははっきり言った。

「●●さん(店を実質きりもりしていた売り子さん)と
 おしゃべりしたいからくるけど、もう買わない。
 こんなどこでもあるもの、買う気にならない」

なるほど、マニアってそーなんだなぁ…。

って、己の本のこと思えば、
他所までいかんでもわかるやろが!


そう。
腐人の場合は、本屋になるのだが、
ヘビーユーザー向けの品揃えをしてるオタク本屋以外で買うことは
ほとんどない。

そこでしか使えないような金券があるときぐらいだ、
一般本屋にいくのは。

だって、書店そのものから伝わってくるもんが違うんだもん。

なんかもー感覚っちゅーか、
勝手な思い込みな気もするんだけど、
本屋から挑戦されてるような気がするんだよね。

え?それ読むなら、こっちは読みました?
読んでないなんて…ふっ…まだまだですね、的な。

それがいいといいますか。
でもボクとしては、
それならばこちらのほうが深いと思うんですよ、的な。 

なんかその挑戦されてる感に対抗するのが楽しくて、
ヘビーユーザー向けの本屋にいき、
そして……見事に踊らされている。

でも、これはとても楽しい踊りで、
いわゆるWinWinだから、
これでビジネスが成立できてりゃいいと思うんだ。


ただ、ビジネスが成立しなくなると、
ライトユーザーを取り込もうとして、
店や産業全体のバランスが崩れてくる。

ヘビーユーザー向けの商品と、
ライトユーザー向けの商品は、
まったく性質が違うもんだが、
それを両方そろえると、店にちぐはぐ感がでて、中途半端になる。

そして結局、ヘビーユーザーが離れ、
ライトユーザーは別にここでなければならないことがないから、
他所にどんどん浮気をする。

その結果は、売上の落ち込みだ。
上記の靴屋も、結局、閉めた。


まーこのバランスが難しいんだと思うんだけど、
趣味に生きてる腐人や血族、
つまりヘビーユーザーにしてみると、
経営が苦しいからとライトユーザーをとりこもうとしている姿は
時折、とても痛々しい。

そしてそれを上回る感情としては、
何も知らないことをいいことに、
初心者を食い物にするような、
舐めた商売をしてる、売り手の存在への憤り。

残念ながら、そういう存在はないわけではない。

ライトユーザーという大きな枠で捉えちゃうと、
まー失敗も経験の一つ、とか思うけど、
ホントのピカピカちゃんはなー。

最初は、誰か先達に手を引いてもらって欲しいな。

そんでもって、売り手にお願いしたいのは、
末永くつきあってくれる客を、
一緒に育てていく感覚になってほしいってこと。

最初から売り逃げのつもりで、
売りっぱなしのつもりで、
商売をやらないで!!

そんなのお互いのために、業界全体のために、全くならない。
結局、いい印象を与えないまま、
短かい期間での客離れを起こすだけ。

そして下手するとヘビーユーザーにすらそっぽをむかれる。

ヘビーユーザーは見てるぞ
そしてちゃんと閻魔帳に記録している…。

●14日
(565)マンガ 『さよならソルシエ 1』 穂積
  芸術音痴な腐人は、ゴッホといわれて、
  「ああ、顔きった人」
  っちゅーたら、
  「顔じゃねぇ!耳だ!!」
  と怒られた。

  「えーっと、ゲイだから投獄されたんだっけ?」
  「それは、オスカー・ワイルド」
   
  「じゃぁ、年上の妻子もちと駆け落ちして、
   心中しそうになったんだっけ?」
  「それは、ヴェルレーヌとランボー」

  ふっ…クソの役にも立たない知識をいろいろ持ってる腐人だが、
  興味がねぇもんには、この程度の知識しかない。


  だから、逆に、真っ白な状態でコレを読むことになるから
  腐人は、結構、楽しみだったのだ。

  しかし、現実がどうであったかを知っていて、
  かつ自分の中でもう既にイメージができてる場合は、
  そことの折り合いをつけるのが、なかなか難しいらしい。

  なので、これは評価が分かれるかもしれない。

  腐人はおもろかったけどね。
  テオくんがいちいち格好つけてるとことかさ。

  にしても、こーゆー突出した才能と、
  同じ方向に興味がある状態で、
  生まれたときから一緒に居るって、
  まーその内面は複雑怪奇な愛憎まみれなんだろなー。

  誰よりも憎たらしく、
  誰よりもその才能を愛し、守りたい。

  これからその葛藤をどう描いてくのか。
  腐人は楽しみにしている。

(566)マンガ 『千年万年りんごの子 2』 田中相
  こーゆーのを読むと、ふと思う。

  いったいいつ頃から、
  こういうものが消えてしまったんだろうかと。

  そんなに古い話じゃないと思うんだ。
  着物が普段着だった頃には、まだ各地にあったと思うんだ。

  でも、平成になった今、形骸化して残ってることはあろうが、
  心からの畏怖として残ってるもんは、
  果たしてどんだけあるんだろうなぁ。

  自然に対する畏れの希薄化は、
  いったいどんな報復を生み出すんだろう。  

(567、568)マンガ 『おにぎり通信 ~ダメママ日記~ 1『87CLOCKERS 3』 二ノ宮知子
  こないだまさに
  「ママがいいー!ママ!ママ!ママ!パパいやー!!」と
  大泣きしてエビぞりし、
  パパから逃れようとする子をみた。

  子供は正直だよな。

  『おにぎり』ですが、これはひとえに、
  自分にあったいい旦那さんをつかまえたな、
  に尽きるでしょ。

  逃げられんよーになー。

  ところで、これを読んで、なるほどと思ったのが、
  二ノ宮さんがスポ根マンガを読んで育った、
  っちゅー点。

  だからストーリーマンガの作りがアレなのか。

  これを踏まえて『87』をみると、
  確かにスポ根。
  
  大会だのの試練があって、そこまで努力し、
  勝利を目指して戦い、勝ち負けがでて、
  また次なる勝利にむけて…の繰り返しなんだよな。

  なるほど。

  しかしこのOCをやっとる人、
  小学生男子のメンタリティだなぁ。  
  
  この3巻、OCについての解説がかなり入ってきたので、
  あーこーゆーことしてんのかーが、
  ようやくわかってきた。

  が。
 
  「で?それで?それがなんなん?」
  と言いたいのは、相変わらずなんだよな…(-_-;)。
[ 2013/06/15 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。