或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康&読書録 > ダブルパーンチ!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダブルパーンチ!

ようやく、期限付きのねば本とマンガを
完読できそうな目処がつき、
よっしゃ、今日からBL復帰じゃー!!!
ホモは心のデトックス~
とか思っていたのだ。

その快調な読書状況を邪魔するかのよーに、
周辺で不具合がダブルで襲ってきた・・・。


その1)テレビがつかねぇ!!!

先日来、不穏な動きをしているK国製の安物テレビ。

電器屋行くのも面倒くせーしー、
ポイントたまるしーと、
ネットで買ったのが悪かったのか!?

・・・そいやネットで買った家電って、
3つに2つがおかしくなってるな。

ネット家電ってそーゆーもんなんか(~_~)??

まぁ、それは置いといて。

症状としては、前と同じで、
電源をポチッといれても、画面が映らない。

電源ランプは青なのに!

ちなみにこの状態になると、
本体電源も、本体チャンネルボタンも、本体音量ボタンも、
リモコン電源も、リモコンチャンネルボタンも、一切無効。
コンセントの抜き差しでしか反応を起こさなくなる。

おかしな現象が発生してから、
5回に4回は、なんとか点くようになったので
まーいっかーとしてたんだが、
どうも寿命が尽きたらしい。

なんで!
なんでこのタイミングで、うんともすんとも言わなくなる!!

『あまちゃん』
が!
『CSI』が!
見られへんやないかー!!!

どーせ逝くなら、
土曜の『あまちゃん』終わってからにせぇ!!


生来、気が短い腐人としては、
週に1度のお楽しみ『CSI』がポシャッた時点で、
廃棄を決意。

覚えとれよ、このクソタコK!
『CSI』1回分の恨み、忘れへんからなー!!!

ああ、どーせならリモコンが壊れたときに、
本体ごと見放せばよかった・・・(-_-;)

本体代は、安物買いの銭失いの勉強代と思えるが、
リモコン代がもったいないよぉ(T_T)
※この経緯は、前身ブログ『腐人日記』の「安物買いの銭失い」をどうぞ。


買い替え商品は何かって?
どれにするかは決めてませんが、
日本製品にすることだけは決めている。

いくら安くても、K国製とか、C国製はもう買わねぇ!!
モノも悪けりゃ、アフターサービスも悪いんだもん!


この際、声を大にして言わせてもらうぞ!

K国製、C国製を買おうとしている皆さん!

目先の安さに釣られるんでねぇ!
製品寿命や、その都度かかる修理費なんかを考えたら、
絶対に国産製品がいい!
国産を買うべし!!!
国産にしろー!!!


って、不買運動か?

いえいえ、政治とか、経済制裁とか、
そーゆー意味合いは全くございません。

ただただ、三流商品に対する恨みつらみです。


だってさー、
たとえ製造先が台湾や中国であっても、
日本製品ならば、不具合があってもちゃんと対応をしてくれる。
厳しい検品を通ったまともなもんを売ってくれる。

その保証を「買う」んです。
その信頼に「お金を払う」んです。

まー腐人なんかは、ただの欲の皮がつっぱらかったアホボケ間抜けで、
いい勉強代を払ったと思え、というとこですが、
最近、よくアフリカのBOPビジネス(※)がとりあげられてるが、
そこで、こういう安かろう悪かろうな、粗悪商品の売りっぱなしをやるのは、
人としてどうなんだと言いたいな。

※BOPビジネスってのは、
世界に約40億人いるといわれる
貧困層(BOP:Base of the Pyramid)をターゲットにした商売。

調味料を小袋にして価格5円で売るとか、
ボールペンを1本30円で売るとか、
低所得者層でも買いやすいようにしている。

んだが、ここにC国がかなり出張っていて、
ボールペンなんかもインクがあるのに書けなくなったり、
壊れたりするよーなのを売っているという。



テレビ、ほかすのも一苦労なんよな・・・(-_-;)

くっそぉぉぉぉぉぉ~もぉ絶対に!
K国製は買わんぞぉぉぉぉぉ!!



その2)これはまさかの五十肩?

何をしたって覚えはないんです・・・。
重たいもんったら本ぐらいで・・・(何冊だ?)。
何もしてません!
運動すらも。

ってのが祟ったのかなんなのかわからんのですが、
あれ?っと思ったら、左肩が痛く、腕があがらない。

腐人は普段、左手でマグカップの上げ下げしたり、
電話をとったりしてるので、
いつものようにやろうと手を伸ばしたら、ピッキーン!となる。

力が入らんし、のばせないし、何より痛い・・・(>_<)
なんもしてなくても痛い。

シップ貼ったり、あっためたり、強めの鎮痛剤を飲んでも効果薄。

うげー・・・マジかー?
これってもしかして五十肩ってやつ!?

うわーん!
たすけてー!ド●えもーん!!

っても、腐人の周囲にはドラちゃんがおらんので、
オステの予約をとって、なるはやで診てもらおう。

こんなの続いたら、
読書に集中できんじゃないか!
 ↑
 そこかい



ただ、ネットでみてると五十肩って、

「治療法はない。
 老化の過程で起こる一過性のものなので、
 1年だか2年だか、痛みが治まるまで待つのみ」

とかある・・・。

いやーっ(ToT)!!!!

腐人、自称は3歳なのー!!!
    ↑
   サバ読みすぎやろ

以下、読書録。

●18日
(589)一般本 『どうやって社員が会社を変えたのか』 柴田昌治、金井壽宏
  サブタイトルが、「企業変革ドキュメンタリー」。

  ゆってしまうと、いすゞ自動車の改革の話。

  かつて御三家とまで言われたのに、
  大赤字をたたき出すようになり、
  乗用車部門を廃止し、会社の風土そのものを作り変えた
  ってことがあり、
  そのときに中心人物だった方々がリタイアされ、
  当時をふりかえっての書となっている。

  時間が経っている分、そのときの苦悩を伝えるというより、
  当時行き届かなかったところの反省や、
  時間と距離をおいたがゆえに見えた点などが
  淡々と書いてあり、読みやすい。

  が、じゃぁこれを今、そっくりそのまま使えるかというと、
  どうだろな。

  結局は人対人ではあるんだが、
  その手法が当時と今では違ってきてると思うので。

  詳しくは本書をどうぞだが、
  腐人の興味をひいたところを
  自分用アーカイブにする。  

  ●100人委員会の議論

  1)自分たちは、もうからないような仕事のやり方をしてないか。
  2)そのような仕事のやり方の前提となっている部門の常識、
    会社の常識は何か。
  3)今後はどのような常識や価値観に基づいて仕事をすべきか
  4)そうした常識や価値観を実現するための具体的行動は何か
  5)その行動を行動基準として表せるか

  ★実際に議論する際のルール
  1)本音でやること
  2)発表を目的としないこと
  3)個人を攻撃しないこと
  4)実行に結びつくまで、自主的に議論を続けること
  5)上下関係を気にしすぎないこと
  6)議論の内容を書き留めておくこと
  7)経営幹部はメンバーと同じ目線で話すこと


  個人的にそうそう!と思ったのが、
  会社が社員を変えるのではなく、
  社員が会社を変える場合、
  上にいる人間は、
  口をはさみたくても我慢しろ!静観しろ!
  ってところ。

  親子も学校もそうなんだが、
  子どもや従業員の自主性を育てたければ、
  親とか、教師とか、経営者とか、
  上が手出し口出しをしちゃいかんのよ。

  もたもた、トロトロ、
  思わず口出ししたくなるような手際の悪さで
  やっとるように見えてイラッとしてもだ、
  そこで口を出し手を出すと、
  いつまで経っても、そいつは自分で動く人間にならん。
  指示待ち人間にしかならんのだ。
  
  失敗だって経験で、
  痛い目をみりゃ次から注意しようという気になる。

  そこで失敗しないようにって手をだすから、
  打たれ弱く、自分で考えないモヤシができる。

  っても、仕事でミスられて損失だされるのは、きついけどな。

  でも、だからこそ監督してる上役がおるんやろ?
  そのままいったら失敗するぞと、経験からわかるんなら、
  その前に話しをきいたったらええ。
  そんで、そこで気づかせたらええ。

  まー今のビジネスの最大の問題は、
  いつも追い立てられ、
  そういう余裕がなくなってきてる、ってとこかなぁ。  


  あと、こういう改革をした場合、
  どうしても評論家をきどる社員がでてくる。

  そこについて。

  ●評論家と当事者を区別する

  ★評論家
   理想像から現状を引き算して
   それを「問題だ」と指摘する

  ★当事者
   目指す者に近づくため、
   強みを見つけ、それをよりどころとする


  当事者になろうとしない幹部社員の特性
   ◆視野が狭い
    ・自分の仕事、自分の事業部のことしか関心がない
    ・「なんのために」「なぜ」という思考が働かなくなり、
     すぐに「どうやるか」を考える
    ・全体像をつかめない
    ・失敗を必要以上に恐れる
    ・現状を否定できない
   ◆試行錯誤をしない
    ・いつも検討ばかりをしている
   ◆「足りないもの」ばかりが視野にはいってる
    ・手がかりをみつけてなんとかしようとする姿勢がない
   ◆若い人の飛躍した思考(非連続的思考)についていこうとしない
   ◆現地現物を実行しようとせず、ただ正論を唱え「げき」を飛ばす


  とはいえ、一番難しいのはさ、
  改革しても、月日が経つと、まただれてくる。

  人は易きに流れる動物。
  そこを、常に先頭目指して走りつづける人と組織をつくるってのが、
  一番難しいとこなんじゃないのかね。

  でも、しないよりは、100倍いい。

(590、591)マンガ 『GGG 1』『ハルジャン』 小山宙哉
  へ?
  あのー・・・これどっちもオチてないよなぁ?

  まぁ、『GGG』は、1とあるから、
  『宇宙兄弟』が落ち着いたら続き書くのかもしれないが、
  『ハルジャン』これで終わりは抗議したいなぁ。

  板の謎もそのままやし、
  そもそもまともに飛べてへんやん!
  スポ根マンガでいえば、話はじまったばっかやろ、これ!

  ブーブーブーブー

  どっちも、わるないやんと思える分、
  これでブッチ状態が~ひどすぎるー!!!

  いつか続いてくれる日を待ちたいと思う。
  が、絵が激変しとるやろなー・・・腐人はいっけどね。


  そーいえば、上の本ともかぶってくるが、
  『GGG』でいいことゆってたな。

  「遅いと言って何もやらない奴は
   若返ったって同じこと言うだろうよ」


  うーむ、ええことゆーなぁ。

  児童書とか少年少女マンガを、もう遅いと読むの自重してたが
  これからはもっと読むようにしよう!
      ↑
    じゃなくて!  
    読書以外のことをせぇ!
[ 2013/06/19 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。