或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 「海の館のひらめ」から子育てを考える
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「海の館のひらめ」から子育てを考える

ってタイトルにしても、
「海の館のひらめ」ってなんじゃ?
っちゅー方のが多いと思うので、
ざっくり説明するとこから始めましょうか。

これは、
『安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村』
に収録されてる短編で、

実直で、勤勉さがとりえの少年が、
一流レストランで働いているのですが、
口も立ち回りもうまくないので、
ずーっと下働きをさせられている。

ある日、食材としてやってきた「海の館のひらめ」が
その少年の一途に働く姿をよしとして、
力になるといい、少年にアドバイスして、
自分の店をもたせ、料理を教え、お嫁さんまで手配してあげる、
っちゅー感じかのぅ。

なんか腐人があらすじ書いたら、
安房さんのもつ、不思議な感じが丸つぶれになっている・・・。

まぁ、今回問題にしたいのは筋だからいいや。

あの独特の世界観を読みたい方は、
下記にカウントした本書をお読みください。
あれは安房さんの本文読んでこそ伝わるものだ。


で、ですね。

このコレクションは、安房さん没後にまとめられたので、
巻末に、収録作品に対して
安房さんがエッセイとして書かれたものを
あとがき代わりに収録してあるんですわ。

ほんで、そのエッセイの中に、
この「海の館のひらめ」に対してのものがあり、
そこにこうあったんです。

ちょっと長いけど、そのまま引用します。
()は腐人補足。

『(子どもの世界は)弱肉強食
 「正直者が馬鹿をみる」というようなことが、
 いくらでもおきている世界です。
 
 そういうところで、
 傷ついて帰ってくることの多かったわが子に、
 私は、どうしても、
 「もっとしたたかになりなさい。
  やられたらやりかえして、
  取られたら取りかえしなさい」と、
 教えることができませんでした。

 どんなに損をしても、正直で、まじめなのが一番いいのだと、
 今、つらい思いをしていても、
 神様がちゃんと見ているよと、教えたかったのです。』


という思いから、この「海の館のひらめ」が生まれたそうですが、
それ自体はいいのだ。
フィクションだからね。

でも、こう教えることはどうなのだろうか・・・と、
腐人は思っちゃったんですわ。


確かにね、安房さんのおっしゃることが通る世界は理想だ。

ウソつきが、バカをみて、損をして。
正直者が報われれば、そりゃそれに越したこたぁないが、
ま、現実世界は逆だ。

強かじゃないと、食い物にされるだけ。
嫌だといえないと、利用されるだけ。
自分の権利を守れないと、踏みつけにされるだけ。

生きることは、戦いだ。

これが現実だわなぁ。


だから、安房さんご自身がおっしゃってるように、
安房さんの理想を教えた子どもさんは、
現実世界で、傷つくわけだ。


とはいえ、腐人は傷つくことって、
実はいいことだと思ってる。

これ以上ない勉強だと思ってる。

なぜなら、傷つくことで、傷つけられる痛みがわかるし、
自分に経験と耐性がつく。
傷つけられたくなければ、どうしたらいいかの知恵もつく。

ね、悪いことばっかでもないでしょ?

むしろ、これを経験して乗り越えて、
心が古傷だらけにならないと、
強いメンタルってできないと思ってる。

あ、でもこれ、ちゃんとその裏に、
「私は愛されてる」
ってことが自覚できなきゃダメだよ?


それと、これとは別に、
「親から教わったとおりに生きたら、
 石つぶてを投げられた」
とすると、
「親だからってその言うことの100%が正しいわけじゃない」
ということを学んじゃうわな。

まぁ、実際そーゆーもんだから、それもアリかと思うが、
姫とか王子みてっと、
親は100%絶対的な存在なんだよなぁ・・・。
それが世界、というか。

なので、それが崩壊するってのを、
果たしていくつぐらいで経験すべきなのか、うーん・・・(~_~)
とか思ってしまったのですわ。


腐人なんぞ、保育園の段階で、
この世界の崩壊、心の重傷、強かさを持たねば人は負ける、
ってな哲学を学んじゃったから、
こんだけヒネてるわけで。


腐人に子どもはおらんので、
はっきりいってどーでもいいのだが、
安房さんの理想は理想として、
それを否定する気はないけれど、
やっぱりある程度の段階で、
現実の厳しさを家庭で教えておいてもらわんと、
打たれ弱い、人としての根っこが貧弱な、
メンタルぼろぼろ人間が製造されちゃう気がするんだよなぁ・・・。


ヨハネス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークトさんによれば
「無能な働き者。これは処刑するしかない。」
らしいしね。

それにしても、いろいろ考えてしまう童話だなぁ。

(680)一般本 『安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村』 安房直子
[ 2013/07/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。