或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康&読書録 > やはり、はじまっていたか・・・(-_-;)
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やはり、はじまっていたか・・・(-_-;)

実は、しばらく前から、夕方ぐらいになると、
目がかすんで、よく見えなくなってたりした。

字が滲んだり、読みづらくなったりするのだ。

腐人は超のつくド近眼で、
飛蚊症とかもあったりするし、
そういう人は、網膜はく離のリスクも高いときくし、
緑内障の検査も半年に1度はやりましょうと言われつつ
ずーるずーるなってたので、
重い腰をあげて眼科に行った。

前にも書いた気がするが、
腐人が行ってる眼科の先生は、非常にさっぱりした気性の方で、
かつ、すごく率直にわかりやすい説明をしてくださるので、
結構、気に入っている。

で、その先生に症状を説明したところ。

「前にも言ったかも知れないけど、
 今、使ってるメガネって、結構、強い矯正してるのね。
 (※それかけると1.0までみえる程度)

 近眼の人って、近いところをみるのは得意でね、 
 近いところは、むしろメガネがないほうがいいぐらいなの。

 でも、いちいち外さないでしょ?
 それは、目が調整してるってことなんだけど、
 若い頃は、それが巧く機能するのが、
 年とともにその能力が落ちてくわけ。

 すると、見えすぎの目で近いところをずっとみるから、
 目がかすんでくるの。

 だから、パソコンとか書類とか、
 机の上の近い辺りだけがみえる用の
 度数を落としたメガネを作ったほうがいいよ」


先生・・・
それはもしかして・・・

「うん。はっきり言わないけど、はじまっちゃったね」

うそー!!!
ううううう・・・近眼は老眼にならんとかきいてたのにー(ToT)!!


あと、セルフレームを使ってるのだが、
これは鼻あてがない分、ずれやすく、
黒目がレンズの中央に重ならない、
これもあまり目によろしくない話らしい。

なるほどー。


それに、若干乱視が入っており、
運転用メガネは、その矯正をしないほうがいいが、
手元用メガネは、逆にそれをしたほうがいいとのこと。

あー、今、してないレンズだから、
余計にしんどいわけか。


乱視かー・・・。
昔はなかったんですけど、
これってやっぱ、歩き読みとかが悪いんですかね?
ときいてみたら。

「歩き読み?…論外!」

・・・はい、すみません、
自重します・・・(-_-;)←止めるとは言わんのか


とりあえず、メガネ屋での度数決めより、
ここで出してもらったほうが丁寧だなと思ったので、
眼鏡処方箋を書いてもらった。

出費は痛いが、背に腹は変えられんからなぁ・・・。

ここでめがねまでは作れないので、
次は眼鏡屋だが、今度こそ安物買いはやめよう。

となると、店探しからかー…。
ああ、面倒くさい…(ーー;)


以下、読書録。

あーちょっと今日はもう書くがないので、
昨日保留分はまた今度。

ってか来週、死相がでそうなスケジュールなので、
またいつか、かも…。

●26日
(698)一般本 『記憶をコントロールする 分子脳科学の挑戦』 井ノ口馨
  うーん…(~_~)

  読みやすいのはいいのだが、
  「で?」って感じなんだよなぁ。

  まぁ、これはタイトルからの
  勝手な腐人の期待値が悪いんだが
  てっきり、ドラちゃんグッズの暗記パンみたいな話かよ
  と思ってたら、もっと地に足がついた話。

  当たり前だがね。


  PTSDの予防、ではなく緩和については、
  CBSドキュメントで、昔、
  アドレナリンだったかが効果あり
  ってリポートをみた気がする。

  これもまた一種の記憶の置換みたいな話だったと
  記憶してるが、
  腐人自身はPTSDの克服は、
  隠したり逃げたりするんじゃなく、
  自分でその傷を何度も何度も、
  血が出なくなって痛みを感じなくなるまでえぐって、
  逆に他人や不意打ちで再び同じ事態が起こっても
  またかよ、でも、今度は負けねぇぞ、かかってきやがれ!
  と思えるぐらい強くなること、そうだと思ってやってきたので、
  ああ、そういう逃げ方もあるのか、
  まぁ、がんばってください、という感じかなぁ。

  ただ、克服せず逃げたり薄める方向だと
  また同じことに遭遇したとき、
  いつまでたっても立ち向かえない気がするけどね。
  
(699-704)マンガ 『図書館戦争 LOVE&WAR 3-8』 有川浩、弓きいろ
  一言でいうと、
  思っていた以上におもしろい。

  でも、言いたいことは山とある。

  しかし、この辺は終わってからやろう。

  それにしても全く存じ上げない腐人が悪いのだが、
  ここまでのエピソードを読む限り
  有川さんって女性だと思うんだが、違うかなぁ?
  ※腐人は有川浩さんの著作を1作品も読んだことございません。
   すみません。

  でも、あの母娘の関係とか、
  柴崎の女子群れとのひそやかな戦いとか
  あれは女性じゃなきゃ書けない視点。

  男はあれ、同じ場所にいても
  見えない、気づかない、わからないからなぁ。

(705)BL/キャラ 『落花流水の如く 諸行無常というけれど2』 谷崎泉
  お久しぶりで。
  なんだけど、うーん…。
  
  結果が出たら、次もって話なのか、
  なんか風呂敷を恐る恐る広げてる感じがする。

  やっぱ、なかなか『きみ好き』とか
  『しあわせ』のようにはならんのなぁ…。

  何がどう違うんだろ?
[ 2013/07/27 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。