或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> チビネタ&読書録 > ああっ王子さまっ
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ああっ王子さまっ

●王子の辞書に「ジショー」はない

先日、王子と姫と腐人で遊んでいたときのこと。

いつものよーに姫が、
「姫は3歳!」
とやったので、
「腐人も3歳!」
とやったらば。

ふふんっとせせら笑うよーな表情で、

「ねぇ、そんなおおきなからだして、
 ほんきで3歳なんてゆってんの?」


っちゅーた。

腐人の精神年齢は3歳なので、
「そーよ。腐人は自称3歳なのよ」
と言い返すと(大人気ねぇ・・・)、
王子の辞書に「自称」っちゅー語彙がないらしく、
きょとん?とした顔をしていた。

・・・ふふふ・・・勝った!←なんにや


●捨て台詞 その1

ムシキング王子は、新たな虫を手に入れるたび
虫かごを持って、腐人家にみせに来る。

先日もそのパターンでやってきて、
バルコニーにいた蜂をみつけてワーワー騒いだ後、
どうも悪さをしたらしいのだ。

血族は、余所ん家の子であっても、
やってはいけないことをしたら、ガツンと叱る。

そんで王子にもガツンとやったところ、
ぶぅぅぅぅっと膨れた王子が言った。

「もう、きてあげない!
 ××ちゃん(血族の呼び名)なんて、
 ぜったいに、ぜったいにゆるさないんだから!」


とまー
その日はぷりぷりしながら帰ってったらしいんですが、
翌日の夜、電話がかかってきましてね。

誰だろ?と思って出ると、
なんと相手は王子。

「あ、××ちゃん?
 あのね、きのうバルコニーにいたハチね、
 あれ、ドクもってるから、あぶないの。
 ××ちゃんさされないようきをつけてね」
 

後でパパママに状況をきくと、
腐人家でみかけた蜂についてパパに調べてもらい、
毒をもってるときくと、

「たいへんだ!××ちゃんにしらせてあげなきゃ!
 パパ、でんわして!!」

となったらしい。

かわいいな、5歳児。


●捨て台詞 その2

で、その流れで、こんなことがあったんですよ、
ってな話をしたところ、
うちではこうですよってなのを、
ママが苦笑いしながら教えてくれた。

パパやママに叱られると、王子はこうゆーんだそうだ。

「もう、ぼくのことそだててくれなくていいよ!
 ぼく、ひとりでいきていくから!」

・・・王子、あんたどこでそんな言葉覚えてきたんや・・・。


ちなみにパパママはこういわれると、
こう答えるんだそうだ。

「パパもママも王子のことを愛していて、
 かわいくてたまらないの。
 一緒にその成長を見守りたいと思ってるのよ。
 だから、そんなことを言わないで」

したら、なんとか納得するらしい。

世の5歳児ってこんななんすかね?

腐人が5歳だったころって、
鼻たらして、野山を駆けずり、
生えてるビワとって食ってただけな気がする・・・。


●でも、残念道をまっしぐら

あれだけ大量の虫データを
パパに解説を読んでもらうだけで、
ばっちり記憶してる王子。

血族の中では最も王子と接点がないA(そんでも腐人より会ってる)が、
でかけようとしたら、
エントランスのところで、
一人ぽつんと、
パパの自転車が駐輪場からでてくるのを待つ王子と遭遇した。

このまま一人ってのもなと思って
「王子、おはよー!一人なの?」ってな感じに
話しかけたらしいんだが。

「だれ?」


王子にささげる教訓ー

「もてたかったらまず忘れてはいけない」
by 那須雪絵『ここはグリーン・ウッド』

以下、読書録。

●22日
(776-778)マンガ 『放浪息子 1 』『〃 3、4』 志村貴子
  なぜ、1、3、4巻なのか。

  ただ単に、図書館に2巻が見当たらなかったのだ。
  そんだけ。
  図書館だとこういうことがよくある。

  でもまーこのヌケ巻を前後から想像して読む
  ってことを、ずーっとやってきとるんで、無問題。

  これをやってきたおかげで、
  妄想力と洞察力が身についたとこもあるしなー。

  
  で、本編ですが。

  前からどーゆー話かな?ってのは
  ちと気になってた。

  読んでみての一番の感想は、
  なんか話が飛ぶなぁ・・・だ。

  志村さんの作品はこれが初めてなので、
  そういう作風なんだろか。

  なんつーか、記録映像で、
  パパパパパッと映像が切り替わっていく感じに
  似てる気がする。  
    
  どこか地に足がついてないふわふわした感じがあるのだが
  このどーしよーもない小学生男子の描写だけは
  妙にリアル。

  どーすりゃいいんすかね、この生き物。

  あーあと、千葉さんの「臭い」。
  わ、わかるけど、ゆーたらあかんでしょ、それ・・・。
  この潔癖さが、思春期だよなぁ・・・。

  とは思うものの、全体感想は、「ふーん」。
  この先読むかどうかは、わかりません。

(779,780)マンガ 『町でうわさの天狗の子 1、2』 岩本ナオ
  岩本さんは、『雨無村役場産業課兼観光係』が好きすぎて、
  こっちは今ひとつ手を出す気になれんかったのだ。

  ってか、1巻は読んだ。
  で、あ、これは違うわと思ってやめてたんだが、
  2巻もあったので借りてみた。

  うむ。
  すんません、
  やっぱ対象読者じゃない人が読んじゃいけませんね。

  なんも出ません。
  
[ 2013/08/23 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。