或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 腐人の週末
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腐人の週末

土曜、鉄板と化していた背中を治してもらいに
オステにいったらば、
「歪んで、ガチガチに固まってますよ?」
と言われる。

どーりでここ最近、
椅子に座ってんのもきついぐらいの
不具合が続いてるはずだわ。

ってことで、治してもらったんだが、
かなりひどかったらしく、
「うーん、これ、とりきれない・・・」
と最後に言われてしまった。

そんでもかなり楽になったんですが、
元々がひどかったせいか、
ひさびさに反動がすごくて、ダウン。

日曜の昼までうんうん唸っておりました。


昼頃よーやく起き上がれるようになったんで、
一番気になっていた小学館のラクガキをネットでググる。

そしたら、8/22に90人近いマンガ家さんが参加して
さらに書き増され、3倍にもなったとあるではないか!

え?マジ!?
だったら行こかな・・・とかなり心が揺れましたが、
諸事情あって断念。

そんでも未練たらたらで、
ネットで画像を探してみとったところに、
姫が「あそぼー!」とやってきた。

腐人がPCの前で、
カッチカッチカッチカッチやってたんで、

姫:「なにしてんのー?」
腐人:「ラクガキみてんのー」
姫:「姫もみるー!」

と、腐人のひざにヨジヨジ登ってきたので、
一緒に画像をカッチカッチみておりましたらば。

姫:「あ!ポケモーン!(注・ピカチューのこと)」
姫:「あ!ドラエもーん!」

と、自分の知ってるキャラをみつけては
指を指して喜んでいる。

すごいなぁ、
3歳児だってこんなにわかるんだ、日本のマンガ。

思わず腐人が、
「見に行きてぇ・・・」
とゆーと、
「姫もいきたーい!!」

そうだよねぇ・・・。

保存はかなり難しいだろうから、
新社屋で、原寸大パネル展とかしてくれないかなぁ。

したら、姫と見に行くのに。


そういえば、カッチカッチカッチカッチやってたとき、
ある方が書いた絵を見て、姫が言った。

「これ、『リボンの騎士』?」

そう、先日、NHKが
「手塚治虫×石ノ森章太郎 特集」ってな番組やってて
腐人家で、姫がそれを見、
3歳児の脳内に『リボンの騎士』コーナーが
できあがってたんですね。

なので、
短髪の二人組=リボンの騎士
っちゅー図式になったらしい。

でも、残念ながら、それはサファイアじゃないなぁ・・・。

ってなことを姫に言いながら、
ふと、気付く。

UPされてる画像にないだけかもしれませんが、
いろんなオマージュがあるわりに、
手塚作品をみかけない気がするのは、気のせいでしょうか??

実際に見に行かれた方、どうでした?


血族の意見としては、
「オマージュとはいえ、
 さすがに神様の作品は
 畏れ多くて描けなかったんでは?」
なんですが、
実際んとこ、どうだったんでしょう??


ま、それはともかく、あのラクガキ、
ホントすごいことになってましたねぇ。

そーいや、朝のNHKで、
池上遼一さんがお描きになられたゲゲゲを
水木しげるさんと放送したらしく
(そこらは半分寝ててよくみてません)、
お詫びアナウンスをしていた。

いや、でもあれは、
間違えそうなぐらい似てた!

まー、そんなのがいろいろあるから、
真贋鑑定するのも楽しそうだが、
腐人のお気に入りは、
男子トイレ横にあったという相合傘ですねー(*^。^*)♪

やっぱラクガキったらコレでしょう!
場所も内容もサイコー(^_^メ)!!

書いた人も書かれた人も
半端ない大御所ってのがいいよねぇ。

おかげで、誰も突っ込めない・・・。

あ、でも、下のほうにどなたかが、
「ヒューヒュー!」
って突っ込んでたな。

あれはどなたなんでしょう・・・。

気になる方は探してみてください。



藤田和日郎さんのビルへのお別れメッセージなんか、
思わずじーんときます。

でも、ホント、そういうマンガ家さんたちの歴史を
ずっとずっと見守ってきたビルなんだなぁと思うと、
感慨深いもんがありますね。


腐人がネットでみつけたものなんか
ごくごく一部だと思うので、
小学館様、お引越しで大変かと思いますが、
画像UP、心待ちにしております。

・・・そして、非常に個人的な興味としては、
今回のこのすばらしいイベントを主導なさったスピリッツ。

イベントから直近の号の売れ行きはどうだったんでしょう。

恐らくこのイベント帰りに、
テンションあげあげのまま、すぐ近くの神保町本屋街に
ついつい立ち寄ってしまい、
ガガガガガーッと大人買いされた方、
少なからずいらっしゃるんではなかろうか・・・
と、踏んでるので、
下世話な話で恐縮ですが、数字がすごぉぉぉぉっく気になります。

ってか、それで数字が伸びるとしたら、
ビジネス的にいろいろ考えたくなるなぁ・・・。
   ↑
  銭ゲバめ!


以下、読書録。

●23,24,25日のいずれかで
(781)マンガ 『俺物語!! 4』 河原和音、アルコ
  猛ちゃんって、ホントいい男だよなぁ・・・。

  腐人が男なら、
  絶対掘れる!じゃなくて惚れるわ!!

  っつーか、世の男性はコレ読んで、
  猛ちゃんの素直さと可愛げと男気を
  見習って欲しいなぁ・・・。

  いやね、腐人が男性諸氏をみてて、
  一番理解不能なのが、本音を言わないこと。

  なんで、バレバレのウソをついたり、
  みえみえの虚勢をはるんだ?君らは。

  表裏とかゆー以前のとこで、
  やせ我慢っちゅーたらええんかねぇ?
  それをやる意味がわからん。

  男のメンツってやつ??
  
  でも、そこでやせ我慢して意地張ったとして、
  返ってくるもんが、
  重たい荷物(過剰な仕事)とかだったらどーすんの。

  なんでそんなことすんだか、
  腐人にゃーさっぱ意味がわからん。
  
  それに本音をはっきり言わないがゆえに、
  すっげーまわりくどくなって、
  結局んとこ、わかって君やら察してちゃんになるってのは、
  腐人、大嫌いなんですよ。

  猛ちゃんはさ、そこを取り繕わないじゃん。

  知らないことは知らないし、
  うれしいことはうれしいで、
  ものすごく素直に認められるがゆえに、
  他人に対しても、そうあれるんだろなー。

  ってのを一番わかってんのが砂か。

  ・・・・・・あかん・・・やっぱ「砂物語」が読みてぇ!!

  どーでもいいが、
  小学生がそこまで周到な用意で捜索するって、
  あんたどんだけしっかりしとんねん!

  まーこれ、猛ちゃんやあの姉ちゃんと一緒にいて
  後天的に身についた習い性だろなー・・・。
  
(782)マンガ 『鬼灯の冷徹 10』 江口夏実
  お土産選びって難しいよねぇ。

  腐人はこないだ、仕事関係の人が海外にいく、
  そんでもって、腐人もお世話になってる人に現地で会う
  ってな話をきいたので、
  じゃぁ、荷物になってすまんが、土産を渡してもらえないか?
  と頼み、
  その土産を物色にいったのだが、
  そこで初めて、
  「牛肉は佃煮でも海外に持っていってはいけない」
  っちゅー事実を知る。

  そーだったのか!!!

  でも、牛肉の佃煮はダメで、ホタテの佃煮ならOKっちゅー
  その違いがわからねぇ・・・(~_~)。

  ってか、地獄とEU地獄では
  そういう規制ないんすかね。TPP問題とか(^_^メ)

  
  EU地獄といえば、血族は今巻の名台詞は、リリスの
  「これってお経?」
  っちゅーてましたが、
  腐人は、その同じ話のオチ、
  大王様の「まことに遺憾」と、鬼灯様のその意ですね。

  巧い!座布団3枚!!

  こーゆーのがあるから、これはやめられん。 
  
(783-790)マンガ 『メンズ校 1-8』 和泉かねよし 
  和泉さんは、『女王の花』を読んで、
  なかなかマンガ力が高いなぁと思っており、
  他のもめぐり合ったら読んでみようとは思っていた。

  でも、今回これ読んだのは、理由はそれだけじゃなくって、
  先日読んだ『男子校ルール』で、
  男子校の実態がよくわかるマンガとして紹介されてたのが
  きっかけだ。

  どーでもいいが、少女マンガ読みの腐人としては、
  男子校マンガといえば、
  古くは、木原敏江さんの『摩利と新吾』
  中興の祖としては、那州雪絵さんの『ここはグリーン・ウッド』
  なんだけど、どっちも外れてたな。

  ここらがはずされちゃったのは
  少女のドリームであって、
  実態が表現されてないってことなんだろか??


  で、本作ですが。

  臭い臭い臭いって・・・
  男子校ってそんなにクサイんですか?

  腐人は女姉妹しかおらんのでよくわからんのですが、
  弟がいる人にきくと、
  「思春期を迎えるとね、
   私よりずっと几帳面で、きれい好きで、掃除大好きなのに、
   部屋に入ると匂うの。
   なんともいえない男臭が充満してんの」
  ってゆーてたなぁ。

  そら、神木と源田の部屋は確実にクサイと思うが、
  男子部屋ってあれがデフォルトなの?

  ・・・・・・あの部屋は、黒い彗星どころじゃなく、
  地球上で腐人が最もキライな生物、
  ジェリー(仮の名前)が生息してそうな気がする・・・。

  腐人的にはどんだけオトコマエで、
  ハイスペックとしても、
  あの部屋でエッチできるかったら無理!

  あそこで平気で脱げる女は、
  嫁にするのはどーかと思う・・・。

  それを片付けてくれる女を嫁に求めるのは
  すなわち、お母んを求めるのと同じなんで、
  離婚率がUPすると思います・・・。

  あーでも、尽くしたいタイプならいいんかねぇ?
  腐人は無理ですが。

  
  でもさー。
  アルカトラズとかゆってっけど、
  こんだけ女子が見られる環境ならマシじゃないの?

  『男子校ルール』に、
  田舎の男子校の人の話があったが
  文化祭に女子なんてのもなく。
  
  下手すると、その日会った女の人は、
  農作業中のおばあちゃんのみ・・・
  なんてこともあるらしい。

  恵まれてんじゃんねぇ?

  
  なんだかんだ言いながらも
  女子率の高い男子校マンガだなー。

  個人的には、柱にあったネタが非常におもろかったです。

  でもちゃんと寝てくださいなー。
  睡眠時間の短さは、短命に繋がりまっせ。
     ↑
    マジな話です

(791)BL/ルチル 『あなたの花になりたい』 高岡ミズミ
  なつかしの花シリーズ。

  腐人はリーフで読んだんだけど、
  これは好きだったなぁ。

  腐人の好みは、もちろん葛西と伊月。

  いいっすねぇこーゆーの。

  思春期を迎えた駿君とのご対面なんか
  読んでみたいなぁ・・・。
[ 2013/08/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。