或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 健康&読書録 > すごいぞ、メガネ君!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すごいぞ、メガネ君!

カレイにより、医者から
手元用メガネを買うことを勧められていた腐人。

いつもは、全部込み込み5000円!とかってな
安物ばかりを買ってるデフレの申し子だが、
手元用メガネともなると、
かなり長時間使用すること間違いなし!なので、
この際、大奮発してみた。

っても、安物を買える店のことは、よく知ってるが、
いいものを売ってる店のことは、よく知らない。

よって、まず
オススメ眼鏡屋さんのリサーチから始めることにする。

っても、周辺の人々にきくだけだが。


今回、レンズの度数などは、
もう眼科で処方箋をもらってるので、
眼鏡屋に求めることは、
フレームへの要望と、レンズの種類、アフターケアのよさだけだ。

周囲に聞き込んだ結果、
巣から近いのと、
アフターケアがしっかりしてる、
今ならそこの割引券あるよ(←結局、金か!)
とゆー理由で、店を決める。


ふらふらと見に行くと、
なんだかいろいろフレームがある・・・。

センスが欠片もないので、
どれをみてもよくわからんのぅ・・・
と思いながら店内をうろついていると、
勧めてくれた人が使ってるというフレームメーカーのがあった。

しかし、なんかあんまりぴんとこない。
ってか、みるからに老眼鏡・・・(-_-;)

そこまでの覚悟はできてないのよ!


ところで。
腐人は眼鏡屋行く度に思うんですけどね、
腐人ぐらいの超ド近眼(裸眼だと0.03あるかどうか)だと、
試しでフレームをかけてみても、
ホントの目の前に鏡を用意してくんないと、己の顔すらボケるのだ!

なので、
ガラスケースの上に鏡を置かれても、実は遠い。

たまに、柱を鏡に仕立ててるとこあるが、
あれで、柱にちゅーしそーなぐらい近寄ってなんとか、なの。

だから、勝手に手にとってかけても、
いまいちよくわからない。

うーんうーん・・・と唸っていると、
店員さんが寄ってきた。

なので、これ幸いと、その人を捕まえて、
こちらの要望をまくしたてる。

・手元用眼鏡が欲しい

・長時間かけるので、軽いのがいい
(腐人は鼻が低いので、かけてると鼻メガネになりやすいのだ)

・ずれにくく、鼻あて(鼻パッド)がある

・長時間かけても、耳に負担がこない


ま、この辺はよくあるが、
過去のメガネ歴からして、ここも譲れない。

・落としても、多少踏んづけたり、
 ぐにょっとしてもゆがみにくい


・ビスが抜け落ちにくい


・フレームがバキッといきにくいこと

そう・・・腐人はメガネをよく落とすのだ。
どこ置いたっけ?と手をパンパンやってぐにょっとか。

読書始めて、邪魔になると、すぐその辺に放り出すため
血族に踏まれたこともあるし。

あと着脱回数が多いせいか、
ビスがゆるんで落っこちるってのは、結構経験した。
そんで、レンズ外れたときはびびったが。

最後のバキッは、
昔、むちゃくちゃ愛用してたメガネがあって、
レンズを入れ替え、入れ替え、
10年以上つかってたら、
ある日、突然、フレームがポッキリいっちゃったのだ。

これはどうしようもない、金属疲労の寿命です
といわれたな。


わーっとまくしたてられた内容を
ふむふむと吟味していた店員さんは、
じゃぁ、これどーですか?と、
シャルマンっちゅーとこのフレームを勧めてきた。

すごく人気なんです、ってなのは、
腐人にとって、どーでもいいんだが、
かけてみると、確かに圧倒的に軽い。
セルフレーム眼鏡より軽い。

チタン合金のエクセレンスチタンってのを使ってるそうで
すごく柔軟性が高く、戻りがいい。
形状記憶合金ってやつなのかな?

また、腐人が一番よし!と思ったのが、
このチタンが細く加工ができるとかで、
レンズ横から耳に向かって伸びるつる部分が、
1本加工じゃなく、
細いラインを数本組ませた複数本加工だってことだ。

OH!これならば、
1本2本ぶっ壊れても使えるじゃん?←やめろ

と、「丈夫さ」だけでフレームを決めてしまう。

色とかデザインとか似合う似合わないとか
そーゆーのは棚上げなんか、腐人!

だってぇ・・・
どっちみち、かけても見えないんだもん・・・(-_-;)。


と、思っていたら、
店員さんが、腐人のこだわりを見抜いた上で、
同じシャルマンの同系統で
ちょっとづつデザインや色が違うのをもってきて、
腐人にかけさせ、タブレットで撮影してくれた。

ほっほー。
これならば、かけた状態の己の姿が
まともな視力の状態でみられるわ。

未だガラケーを目覚まし以外にほとんど使ってない
(周囲から散々ケータイを携帯しろ!と怒られてはいる・・・)、
前時代人なもんで、
最近はいろいろ進化しとるんじゃのぉ・・・なんて思った。


しかし、老けた自分の顔なんて、
まともに客観視するもんじゃないね。
「誰や、このおばはん・・・」と思ったもん。


ま、それはさておき、
今度はレンズの選択だ。

この眼鏡をかけてるときは、
ほぼほぼPCと向かい合うことになるので
ブルーライト対応は欠かせない。

でも、それ以外が、正直、よくわからない。

そーいえば、腐人は扱いが粗いせーか、
レンズのコーティングを、よくダメにする。

周囲の眼鏡人にきくと、
「そんなことなったことない」
といわれるのだが、
なんかでひっかいたみたいにハゲてくるんですわ。

見るのに支障はないんだが、
外からみて、ハゲてるのがわかるし、
何より、腐人ほどのド近眼だと、
逆にそこに眼がいっちゃって気になり、疲れる。

これはレンズだけやりかえりゃ解消するんだが、
それが何回かつづいてさー。

やっぱ安物だからいかんのか?
でも、己の粗雑さはいまさらどうにもならんぞよ?

ってことで、今回のレンズについても、
コーティングがしっかりしてるもの!ってのが外せない。

あとは、非球面だとか、まぶしさ軽減だとか、
傷のつきにくさとか、花粉をシャットアウトだとか、
チャートを選ぶように店員さんの質問に答えていたら、

「じゃぁ、SEIKOの
スーパーレジスタンスコートBRにしましょう」
といわれる。

あとで対比表みたいのをみせてもらったが、
このくらいの高機能レンズになると、
NikonとHOYAとSEIKOの3択になるらしい。

各社それぞれ特徴のあるレンズを出してるので
あとは個々人の希望にあわせて選択する、となる。

ちなみに
もしNikonを選ぶと、
「シークリア ブルー・プレミアム コート(BLP)」
同じくHOYAを選ぶと、
「ヴィーナスガードコート ラピス(VG Lapis)」
この辺りが同クラスになるようである。


一応、謙遜を加味して、
「あーすみませんねぇ、
 いろいろうるさく注文つけて」
と言うと。

「いえいえ、
 はっきりご要望をおっしゃってくださるほうが
 ご提示しやすいです」
と言われる。

・・・・・・勘ぐらず、額面どおりに受け取っておこう・・・。


ま、そんなこんなで出来上がってきたメガネ君。

お値段は、普段、腐人が持ち歩いてる財布の中身より
ずっと多い・・・(-_-;)。

でもって、普段は、
頭のてっぺんから足の先まで
安物づくしで身を固めている腐人。

このメガネさまが、
身につけてる物の中では、最高値の品となりました。

うーん・・・もし強盗にあった場合、
「メガネだけは許してー」
って感じ?

あ、あと図書カードと、
図書館貸し出し券もやめて欲しい・・・。


で、使い勝手はどうかというと。

はっきりいって、快適です。

最初の1週間ぐらいは、
それまでずっとかけてたのが、
0.03を1.0とか1.2まで矯正してる
すごく強いメガネだったので、
手元以外のところをみたとき、
例えばちょっと離れたテレビ画面とかをみると、
ボケちゃって。

これまではそこも見えてたから、
それが気持ち悪かった。

これは、眼が悪くなり始めたとき、
それを認めたくなくて、
目を細めてなんとか見ようとしたりしてた
あんな感じに似てたなぁ。

今はもう脳がコレでは見えないんだって理解したので、
無理にみようとすることもなくなりました。


それと、腐人の場合、
普段の運転用は乱視矯正なしなんだが
(歩き読みのせーで、若干乱視傾向がでてる)、
この手元用は、乱視矯正もいれ、
かなりはっきりみえるようになっている。

だから視力としてはそんなにでてないのに、
これまでよりくっきり見えるってのに、
これまたしばらく慣れるまで時間を必要としたが、
慣れると、
「今まで、なんでガマンしてたんだか・・・」
ってな気になってくる。

特に夕方ごろに起こっていた
みえにくい、かすむ、
といった事象が解消し、
それだけでも眼の疲労がかなり違う。

で、またこのフレームの軽さとズレにくさが快適で。

ついついメガネをそのままに出かけてしまい、
外の景色の違和感に「・・・あ」となることしばし。


そう、この手元用で外出すると、
近い風景は、くっきり見えすぎ、
遠い風景は、ボケボケで気持ち悪くなるのだ。

いっそのこと運転用も、いいメガネにするかなーと、
一瞬思ったが、
腐人の場合、車ではなく野ざらしバイクの運転なので、
メガネの傷みが激しいため、即却下。

そんなのに、高級品を使えなーい!!

ってことで、とりあえず運転用は
全部込み込み5000円のままでございまする。

ま、逆に、こんだけ落差があるからこそ、
メガネのかけかえ忘れにすぐ気付けていいんだが。


っちゅーことで。

老眼を認めず、頑張っておられる同世代の皆さん。

とっとと認めてあったメガネに乗り換えるほうが
すごーく快適ですよー♪

ってか、率直なとこ、
ブルーライト対応メガネが
こんなに楽んなるとは思わなかった。

世の中、いろいろ進化してんのねぇ・・・。


以下、読書録。

●2日
(819)BL/ビーボーイ 『深呼吸』 木原音瀬
  久しぶりの再読。

  いやね、こないだの『10年後に食える仕事食えない仕事』でさ、
  無国籍ジャングルってあったやつから、
  そーいえば、と繋がっただけなんだが。

  ここの中で、日本の金融業から外資への転職組に対し、
  「来年も自分の席が当然あると思ってるのが多すぎ」
  ってあったなぁ。

  ただ、外資の世界って、
  『外資系はつらいよ』によれば、
  50代以上はほぼおらんらしいので、
  この先、榛野はどーすんですかね?

  まー谷地との歳の差考えたら、
  早めで引退、ラブラブ老後か?


  ところで、今、読み返してみると、
  きっちりスケジュールをたてたがるとことか、
  キノコの切り方へのこだわりとか、
  この率直すぎる物言いとか、
  榛野って、若干ASD傾向あり?とか思ったが、
  でも、分刻みでスケジュールたてないし、
  そのスケジュールどおりに行かなかったり、
  キノコがうまく切れなくて
  パニックになるわけでもなし、
  そうでもねぇかと思いなおす。

  とすると、この物言いは単なる性格?
  ・・・ま、谷地の懐が深くてよかったね。
  
  どーでもいいが、
  こんなメロメロ榛野をみて、
  坂口は、どう思うんだろなぁ・・・。
  
[ 2013/09/03 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。