或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > ぐっばい、アシナガバチ!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぐっばい、アシナガバチ!

退治しました

ってことで、本日も別ネタ。

いろいろ調べてみたところ、
腐人家の鉢にできたのは、巣の形状からして、
アシナガバチ君のものらしい。

アシナガ君は、スズメ君と違って、専守防衛。

攻撃しない限り攻撃してこない、益虫らしく、
できれば共存を、と市区町村の蜂相談ページにもある。

が、うちのベランダはチビーズが出入りするので、
腐人家の面々が刺されるのはまだいいが、
チビーズが刺されるのは困る。

よって、ごめんね、アシナガ君…となった。

タイミング的には、巣の除去反対!な血族が
海外出張でいない今しかない!


ちなみに腐人家にできたやつは、
そもそもの鉢が小さいので
大きさとしては姫の手のひらぐらいの小さいサイズ。
たぶん直径5センチもない。

それにスズメ君じゃないので、
業者に頼むほどじゃないしなぁ…ってことで、
ハチ用の殺虫剤「ハチアブ マグナムジェット」を購入。
¥1300ぐらいだったかな。

ちなみに購入した後、別のドラッグストアにいったら
¥980のハチ用殺虫剤が売っていた…(-_-;)


・白い服を着ること
・時間帯は、早朝もしくは夕方以降
・光に反応するから懐中電灯で照らすは絶対×
・離れたところから殺虫剤を数十秒かけ続ける
(ハチ用のは大体6~10m離れても
 1点集中で噴射できるようになっている)
・殺虫剤をかけてる人にむかってはこない(らしい)

腐人がみつけたウェブサイトでは、
夕方にとりあえず殺虫剤をかけといて、
翌日、明るくなって巣を除去しましょう、
となっとったんで、とりあえずそれをやってみることにする。

が、別のところで、
「蚊取り線香もききますよ」とある。

ならば、3日がかりでやるかとなった。

1日目の夜。
鉢のそばに、蚊取り線香を置いて、炊きまくる。
(風向き考えて2箇所に設置)

翌日みたら、死んではいませんでした。
が、ちょっと数減った?(嫌がって逃げた?)

2日目の夕方、日が落ちて。
殺虫剤をぶっかける。

本当は翌日に巣の撤去…なのだが、
どうもハチが全然おらんみたいにみえたので、
ついでに割り箸でえいっと巣をとってしまった。

ってか、10mどころか超至近距離で殺虫剤ぶっかけたので、
巣からボタボタ液ダレするぐらいだったんだもん。

こりゃさすがに死んでるだろうと思ってさ。


実は、その2日目の朝、蚊取り線香効果をみるため観察したら、
今、巣ができた隣の鉢の根元に、
空っぽになった蜂の巣が転がってたんですわ。

ええええ!?
これにもいたの??

新たに発見されたのは、
今のの倍ぐらいのでかさで、
不要になったのが、経年劣化でポロリと落ちた、
って感じだったんだが、
腐人家の面々はだーれも気づいておりませんでした。

確かにかなり葉がしげってる鉢ではあるんだが…。

見つけた血族が、
「これまで手入れするのに、結構いろいろ触ってたのに
 全然気づかなかった」
とゆーてたんで、
共存って道もないわけじゃないのかもしれない。

こちらの古い巣は、王子にプレゼントしました。


ってなことがあったので、
割り箸で、現在稼働中の巣をとるときも、
ポロッと簡単に取れるだろうと思ったら大間違い。

しっかりがっつりくっついていて、
えいっと引き離す、って感じでしたねー。

この大きさでこれなら、
もっとでかいのは大変だろう。

で、巣をビニール袋に移し、
中にいる(かもしれない)のがでてくると困るので、
ビニール袋の口を小さくして殺虫剤を吹き込み封をする。

まーこれで一晩寝かせたら、さすがに死ぬでしょう、
と放置し、翌日みたら、ハチはおらず、
巣の中にいたハチの子が死んでました。


ちなみに植木のほうは、また作られたらかなわんので、
植木全体にむかって殺虫剤をぶっかけまくる。

翌日みたら、
植木の枝に死んだ蜂がぶらさがっておりました。

巣の撤去後、外にいた働き蜂が戻ってくることがある、
とありましたが、今んとこ、その気配なし。

ま、これは来ても巣がないからすぐいなくなる、
ってことなんで、そのまま放置でよかろうて。


っちゅー感じに、
思った以上にスムーズにいった蜂の巣退治ですが、
1つ、これは…と思ったことがある。

服装なんですけどね、
白い服をきて、首にタオルをまき、髪も隠しましょう、
って大抵書いてあるんですよ。

で、血族が知り合いにきいたら、
頭は洗濯ネットをかぶるのがいい、
って話だったのね。

専門の人だと帽子+網みたいのやってる、あれの代わり。

ほぅ、なるほど、巧い考えじゃの。

ってことで、

白シャツ(長袖)
白ズボン(長ズボン)
ゴム手袋
長靴

の上に、洗濯ネットをかぶってみた。


結論。

前がみえません…



以下、読書録。

●7日
(841)BL/ルチル 『七つの海より遠く』 和泉桂
  最初、世界観がつかめなくて、
  どう読んだらいいのかな?って感じだったが、
  まぁこういうもんだと中盤ぐらいで達観した。

  悪くはないんだが、これで終わり?
  だって、パパみつかってないじゃん。
  その電報だって、ホンマに本物かぁ(~o~)?

  この先があってもいいと思うんだが、
  ただ、このキャラ配置は
  どうしても『flesh&blood』とかぶる。

  その辺が不利だよなぁ…。

(842-846)マンガ 『RED 1-5』 村枝賢一
  完結してるんで、総括は終わってからやります。

  にしても、ネイティブときいて思い出すのが
  その長老が、
  「最近の若いのは蚊に食われるようになった」
  といった話。

  ネイティブの人たちって、
  垢を落すことをほとんどしないので
  そうすると蚊に食われないんだとか。

  それが最近の若い子は、周囲の影響で、
  シャワーを浴び、風呂にはいって
  垢を落とすようになってしまい、
  結果、蚊に食われるようになったとゆーのを、
  はて、何で読んだんだったか。

  こーゆーのは開高健さんの『オーパ!』な気がするが、
  ちょっと思いだせない。
  
[ 2013/09/08 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。