或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 汚部屋ができる理屈
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

汚部屋ができる理屈

汚部屋掃除の続きをやったんだが、
変な姿勢でやってたせいか、
腰が痛くなり、ギブアップ。

ううう…肩も痛い…(T_T)

それでも…これでやっとこ全体の1/2が終わった感じか?
ああ、先は長い…はぁ…(-_-;)


それにしても、掃除をしていてわかったことがある。

なぜ床が資料で埋まる汚部屋ができるのか。
なぜ棚があるのに、その前に資料のビルが林立するのか。

なんちゅーこたぁない。

棚の中が、古~い資料に陣取られて
ぱんぷくりんになっとるだけなのだ。

なので、棚に資料が置きたければ、
その前に古い資料を廃棄したり、
別のところに移動させねばならんのだが、
それを面倒てやっとらんだけなのね。

そのために置くところがなくなった資料が
どんどん棚の手前に積みあがるっちゅー仕組みに
なっとるんだな。

なるほどー…←じゃねぇだろ!


と、汚部屋ができる理屈を理解したからって、
ちちんぷいぷいで部屋が片付くわけではない。

地道ーに、もう不要品となってる化石資料を廃棄し、
手前にできてる、ここ最近の資料のビルを解体し、
分類整理をして棚に収めていくしかないのだ。

はぁ…(-_-;)

ま、そゆことで、
今日も化石資料を発掘してたんですが、
でてくるわでてくるわ。

意味不明になっとる資料の数々が。

そりゃね、1つ1つを丁寧にみてったら、
「ああ!こんなのあったなぁ…」とか
「なんで今頃みつかる!!」とか
「うげぇ…キミのことは二度と思い出したくなかったよ…」とか
いろいろ、感じるものが、あるはある。

でももうすべて時効が成立してるのだから、
お互い心穏やかにすべてをシュレッダーに流そうではないか…な?
    ↑
  誰にゆーてんねん


それにしても、こーゆー事態になるたびに、思うのだ。

溜めまくるから大変になるんであって、
つね日ごろから、こまめに片付け・掃除をするのが一番いい、と。

頭じゃわかってんだがなぁ…。
でも、実行ができん(~_~;)

一応、良妻賢母育成学校卒なんだが、
その教育はちっとも役に立っとらん。

まー学校教育なんて、そんなもんよね。
   ↑
  腐人がズボラなだけだろう!


以下、読書録。

●1日
(941)BL/ガッシュ 『純情ラブミープリーズ』 谷崎泉
  これは…
  空腹時に読むと拷問のような本だ…。

  そら、こないだ読んだ茅田砂胡
  『天使たちの課外活動3 - テオの日替り料理店』
  大概だったが、あっちは料理名を言われても、
  ぴんとこない。

  でもこっちは、銀シャリに、毎回具が違う味噌汁、
  ご飯の友な副菜いろいろに、魚メインの主菜。

  日本人なら、字をみただけでヨダレもんだってのー!!!

  でも、開店時間がやな感じー。
  腐人は朝5時まで起きとけはできても、
  朝5時に起きろは苦手なんだよぅ!

  それにさー儲けを出してくこと考えると、
  ゆっちゃーなんだが、せめて昼飯までやらん?
  ホントは夜やって、飲みもんで稼ぐのがいいんだが、
  この回転率なら、5時開店で7時か8時にいっかい閉めて、
  11時開店で14時閉めぐらいのやったら、
  結構いいとこいけそうな気がするがなぁ…。
  
  どーでもいいがカイよ。
  キミ、こんな大盛飯食って即寝やってっと、
  30超えたらデブるぞ。
  転職してよかったな。
  
(942-945)マンガ 『花冠の竜の国2nd 1-2』『花冠の竜の姫君 10』『ロビン~風の都の師弟~ 3』 中山星香
  なんかこやって読むと、
  この花冠と妖精国が、中山さんの中心なんだろなと思う。

  もう中山さんの中に、この2つの世界が完璧に存在してて、
  だからここからいくらでも派生的に話ができる。

  まー腐人の貧相な頭としては、
  できたら時系列にのっとって、
  お話発表してってくれるほうがありがたいんだが、
  まぁ、そこまでワガママはいうまい。

  それにしてもふと思ったのだが、
  花冠のリズにしてもリリフロラにしても、
  キミたちがおとなしくしてたら、
  なんの事件も起こらんのではないか?と思うのは
  腐人だけだろうか……。

  なんかこの構図、ホラーとかパニック映画にある、
  わーわーきゃーきゃー言って、
  どんどん事態を悪化させ、
  でもしぶとく生き残る主人公ってケースと似てるなぁ。

  でもって、絵の顔の部分だけみてると
  エスターとハリーの違いが、わかりません…(~_~)。

  どこをどう意識して描き分けてらっしゃるのか
  聞いてみたいところだ。
[ 2013/10/02 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。