或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 記憶に残る完結漫画 > 記憶に残る完結漫画 傍流編
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記憶に残る完結漫画 傍流編

ここのところ新刊チェックをサボっていたので、
久々に見に行ったのだが、
11月発売のキャラのラインナップをみてのけぞった。

だって、
菅野彰さんの『花屋の店番』って!!
明らかにこれ、「毎日晴天!」シリーズの新刊でしょ?

何年ぶりー\(◎o◎)/!?

確か、最後がでたの2005ぐらいじゃなかったっけ…。
もう書く気ないのかと思ってました。

個人的に、この次男坊カプが一番気になってたんで、
(ってか、他はもう、はっきりいって
 勝手にやっとれバカップル状態じゃん…)
いやいや、うれしいねぇ。

志麻ねえちゃんは出るのかな?


あと、こちらも別の意味で驚いた。
吉原理恵子さんの『影の館』

えっと、何社目でしょう…だね、こっちは(^_^;)。

『間の楔』
出版社渡り歩きっぷりもすごかったが、
『影の館』も、何社目だろう。

腐人が最初に読んだのは同人誌だと思うんだが、
角川のルビーと、あと単行本だっけ?

個人的には、こういう渡り歩くやつは、
大抵、一番初めに出たやつが、
荒削りなのだが、もっとも面白いような気がしてる。

そりゃ技術的には、新しいもののが長けてくるけど、
なんというかその作品がもってるパワーは、
最初にでたやつが、一番凝縮されてる感じがするんだよね。

勢いで読まされちゃうというか。

なので、絵師さんの変遷が気になるは気になるが、
基本的に、腐人の中での『影の館』とは、
JUNE掲載作品をまとめた同人版だったりするんだよなぁ。


ただ。
続編とか、番外編なんかがつけば、
それは話が別で。

でも、あの二人の話としては、
もうあそこで完璧終わってると思うんで、
どんなのができるんだかな。

古いのの復刻&続きって点では、
腐人はー吉原さんにはー、下記をお願いしたいです!!

『渇愛』
『子供の領分』


何度目だよ、この話…。

いいの。
出るまで言い続けてやるんだからー(>o<)!!

ぜひ、前向きにご検討くださいませ、吉原さん。


さて。

もう書く気がねぇんじゃねぇか思われてる気がする
「記憶に残る完結漫画」。

今、ちょっとリアルがばたばたしとるので、
集英社と白泉社にとりかかれない。

これはホント、いつになるやらわかりません。

ただ、そのままになってんのもなんなんで、
メジャー5社
(秋田書店、講談社、集英社、小学館、白泉社/50音順)
以外でなんかあるかなとゆーことで、
考えたら、ちらほらあったんす。

でも、そのネーミングをどうするか。

「マイナー編」…は、なんかイメージ悪い
「サブカル編」…といえるほど、腐人はサブカル系は読んでない
「その他編」…は、普通5社が終わってからやるべきもん
「分家編」…って、別に本家とつながってるわけじゃない

ってことで、非主流派、すなわち傍流ならいいよな
っちゅー勝手な判断で、「傍流編」とさせてもらい、
上記5社でないもの、で、

腐人が読んで、
おもろいと思った、
完結している漫画、

をあげたいと思います。


…普通は、こうなると、
岡崎京子さんだー
内田春菊さんだー
岡野玲子さんだー
内田美奈子さんだー
安野モヨコさんだー
桜沢エリカさんだー
とかがでてくるのかもしれん。

が。
ここは腐人のブログ。

すんません、この手の、
サブカル(と腐人は思ってる)系の方々は
どーにもこーにも相性があわんくて、
一口ぐらいは食べてるんですが、
全然ダメです、腐人…(ーー;)。

なので、そっち系を期待されてる方は、
回れ右してお帰りください。


じゃぁ、何さ!っちゅーと、
端的にいえば、同人からきたBL系か。

といっても、
腐人はBL小説ほどBL漫画を読んでないんで、
むちゃくちゃ偏ってますが。


一般的に受け入れられそうなとこからいくと

●森永あいさん
『山田太郎ものがたり』


腐人としては、
ここは森永グリ子さんと書きたいとこだが、
我慢、我慢。
   ↑
  書いとるやんけ!

やーだってさ、これのネタ、ほとんどが
ちゃうとこで既読なもんで、
グリさん名を使いたなんねんて!

今はメジャーになられましたが、
二ノ宮知子さんもそうだが、
こういう系統の方は、失うものが少ない頃のが
強力なパンチが炸裂して、ずばぬけておもろい。

そういう意味では、
『ストロベリーちゃんの華麗な生活』
もいい。

でもこれも、元ネタは別ので既読。
初めて読んだとき、腹抱えて笑ったもんなぁ。


腹を抱えて笑ったといえば、
これを忘れてはいかんでしょう。

●東谷珪さん
『楽園30000フィート All Nippon Air Line』


よくあるBL紹介本に、
絶対に載っていると言い切っていいぐらいの傑作。

だって、ナイスすぎるよ、その社名。
All Nippon Air Line
略して、ANAL!!

A社とB社が、もし合併したら、
こうなるのかしら…?
   ↑
  絶対なりません


もう、このタイトルみただけで笑えるのに、
シャチョウさん最高!!

惜しむらくは、
ショートストーリーばかりであること。

個人的には、
これはストーリー漫画に
してほしくってたまらんのだが。

ってか、なんでせぇへんねん!!
こんだけ舞台もキャラもそろってんのに!!

東谷さんがもうお描きになられるつもりがないなら、
それこそ、原案:東谷さんとして、
誰か、作画をたててやってもらいたいぐらい、
これは埋もれさすには惜しい漫画!

入手が超絶難しくなってますが、
たまにその手の古本屋で、
「うそっ!」って感じにみつかります。

ああ…もし現実にあったら、
絶対乗ってやるのにー!!!


笑える系は、こんくらいかなぁ。

BLの名作といえば、
世間的にはアレだろなー
と思うもんはあるのだが、
腐人の好みはちょい違う。


●葉芝真己さん
『幸せはこんなカタチでやってくる』
『長距離恋愛の孤独』


腐人の中で、BL小説の原点っちゅーと
吉原理恵子さんの『間の楔』

BLリーマン漫画の原点っちゅーと
葉芝さんの
『幸せはこんなカタチでやってくる』

ここから入ったせいか、
ヴィジュアルの抵抗感ってゼロだったなぁ。

むしろ
「なんで現実にはいないんだー(ToT)!!」

『幸せ』にしろ、
『長距離恋愛』にしろ、
リアルがなんちゃってじゃないのがいい。

ちゃんと働いてるんだよ!
恋愛ばっかじゃねぇんだよ!!

こういうの読んだあと
人間関係だけ漫画読むと、
なんかむなしくなってくる…(/_;)。

そーいやこないだ出た幻冬舎版の『幸せ』
書き下ろしがあるとあったな。

うーん…手を出してないんだが、
ちょっと読みたくなってきた。

もし、『長距離』の続きをやってくれたら、
こっちは絶対買うんだがな。




●寿たらこさん
『GARDEN』


ホントは、『SEX PISTOLS』と書きたいとこだが、
完結してないからねぇ。

寿さんの作品は、何が出るかがわからんので、
あけてびっくり玉手箱なんだけど、
これは腐人好みの逸品。

やってくれるなぁ…。

そーいや、腐人、
この『GARDEN』の天使と
『セクピス』の人魚は、
存在として近い感じかなぁ
と思ってたんだが、
7巻みたら全然違ってたわ。

ああ、『GARDEN』読みたくなったが、
あれ、どこしまったっけ…。


●石原理さん
『解体』
『38度線』
『少年は明日を殺す』


えー…正直言いまして、石原さんには
ものすごーく執着しとるので、
あまり冷静にかけないかもしれない…。

好きな作品としては、
他にもあるのだが、
完結してるとなると、絞られてくる。

ってか、ここに『カリスマ』
いれていいんだろうか?
どうなんだろう。

…って、自分がルール作ってんだろが!

今、続編が始まっちゃったんで、
はずしたんですが、
『カリスマ』もいい!

それにしてもここにあげた3作品は、
おそらく、入手がかなり難しい。

特に『解体』
かなり厳しいかもしれないが、
個人的には、これ好きなのよー!

腐人としては、肉が伴うもんより、
こういう精神的な「愛」が好きなんだが、
ん?これ、もしかしたらブロマンス領域か?

あれ…ちょっとたんま。
今思うと、ここにあげた3作、
どれもどっちかっちゅーと肉じゃなく精神だ。

わはははは、
なんだかんだゆーても
根っこの好みは不変なんだねぇ。


こんなもんかな。

新書館系が頭をよぎりはしたんだが、
記憶に残ってはいるが、あれ、オチてないよな
とか、そゆのが多いもんで、
なかなか3条件に合致せず。

作家の皆さん、
広げた風呂敷は、最後まできちんと畳んでね♪
それも、なるべく早めで、
ヨロシクお願いしますざんす m(__)m。

以下、読書録。

●11日
(970-978)マンガ 『そんなんじゃねえよ 1-9』 和泉かねよし
  腐人は和泉さんの作品を
  『女王の花』
   →『メンズ校』
   →『そんなんじゃねえよ』と、
  発表年が新しいのから古いのを読んだ。

  そのせいか。

  はっきり言います。
  講談社漫画賞は、なんとなくわからんでもないが、
  小学館漫画賞は、なんでそーなんのかわからん。

  や、だって、
  『女王の花』のが
  全然出来がいいんだもん。


  どーでもいいが、
  漫画家さんには2パターンあって
  絵が変わりやすい人と、そうでない人がある。

  そうでないといっても、
  微妙に変化はしてんだけど、
  変わりやすい人ほどあからさまじゃない
  って線引きね。

  そういう意味では和泉さんは、
  すごく変わりやすいタイプ。

  でもって、カラーとモノクロのギャップも大きい。

  まー腐人は絵にこだわりはないほうなんで
  別にいいんだが、
  落ち着いてくれたほうが読みやすいのは事実だ。


  でも、『女王の花』のが出来がいい
  と言ったのは、絵の話じゃない。

  ストーリーのことだ。

  これさー…はっきりいって、
  大人の股さえしっかり管理できてれば
  話3分で終了せんか?

  いや、その前に、
  きちんとした倫理道徳観念もってりゃ

  兄
  →出会うのが遅かっただけ、君は僕の運命の女…って
   どこぞの視界のゴミなクソ親父の台詞にあったな…
   となった段階で、嫁に手を出すのをやめた
   なんちゅーぬるいことしとらんと、
   とっとと、ストーカー気質の計算ちゃんな嫁に
   離婚届渡して、とっととその運命の女とくっつけよ。
   じゃねぇなら、まず泌尿器科いって
   パイプカットしてから浮気しろ。
 
  仁村嫁
  →ほしけりゃ奪え。慰謝料払うの覚悟でな。
   じゃねぇんなら、
   簡単にカパカパカパカパ股を開くな!
   もしくはピル飲んでやれ!

  兄嫁
  →ゆるー。近い遺伝子ならなんでもいいってか?
   だったら、最初から弟にしとけよ。

  弟
  →考えてみりゃ、どっちにも種まいてるわけで…
   それもNO避妊で…
   
  ちょっと!!
  このヤリ●ン兄弟育てた真宮親!!
  でてこーい!!

  お前ら、こんな種まき息子を野放しにする前に
  ちゃんと避妊方法教えんかい!
  ってか、責任とれんのなら、去勢しとけ!
  野良猫を見習え!!

  っつか、そもそもこいつらの親は
  どないしとんじゃ!!

  ああ、いかん…。
  これ読んでて何が腹立つかって、
  一切でてこなかった
  このヤリ●ン兄弟育てた真宮親。

  なに考えてんだ?

  こーゆー無責任親の存在って、
  腐人は許せんのよ!!
  生殖機能剥奪してやりたい。

  ま、それをおいておいたとしても。

  兄がとっとと離婚して
  仁村嫁とくっつき。

  兄嫁は離婚後、弟とくっつき。

  涼子は仁村とくっついてれば、
  ほれ、完璧。
  静のDNAがちょっと違ってくるだけで、
  何の問題もなかろうて。

  なにをぐだぐだ9冊やる意味があるのだ??
      ↑
    それを言っちゃぁおしめぇよ、腐人ちゃん…


  あとさー気になったのが、
  涼子さんって、法学部だよね?
  なんで看護師してんの?

  大学でてから、
  看護学校入りなおして資格取得?

  ガキ3人育てながら?
  ローンも払いながら?

  ありえんだろう。
  現実、舐めてマスカ?

  そもそもその事故ってのは
  加害者か被害者か。

  単独事故ならいいが、
  相手があってなら、賠償金で赤貧だって。

  だいたい20そこそこの連中が
  そんな大層な額の保険はいるかっての。
  車かて、ええとこ自賠責のみちゃうの?

  生保?
  あんなぁ、1億の保険はいろう思ったら、
  年額保険料なんぼいると思ってんねん。

  あまりにもその辺が現実離れしすぎでしょ。

  巻末漫画読んでると、
  家庭科で、肉食計算女子になるお勉強が
  学校時代にがっつりあったみたいやのに
  なんでこんな荒唐無稽設定になるかなぁ…(~_~)

    
  あーあとさー
  叔父叔母記述。

  あのー…兄ちゃんのこと指してんねやったら
  漢字ちゃうで。

  自分の親よか年上の人(親の兄や姉)らは、
  伯父伯母。

  自分の親よか年下の人(親の弟や妹)らは、
  叔父伯母。
  
  完璧に間違ってます。

  ネーム内ででてきたときは
  伯父になってたりしててんけどね。

  編集さん、その辺、ちゃんとチェックしたげましょう。


  なんかイチャモンばっかになってる感があるが、
  姫と女王様の違いとかは、
  うまいことゆーとるなと思ったよ。

  ただ、全体的なネームの流れが、
  腐人の好みじゃない。

  ガチャガチャやかましいだけで、
  かつ、音にリズム感がない。

  偽善と屁理屈について
  ゆってるネームがあったが、
  あれ、腐人ならこうするぞ。

  偽善だって、善は善!
  屁理屈だって、理屈は理屈!

  日本語には七五調とか、五七調、
  三三七拍子といった、
  すごく耳障りよく、
  すっと自分の内に入って
  ずっと記憶に残る音ってのがある。

  そーゆー感覚を
  もっと大事にしてほしいんだがなぁ。

  でもって、本当に言いたいこととは何かが
  絞れてないと、
  思いついたこと何でもかんでも描いてると
  全体ががちゃがちゃやかましくて、
  何がキモだかわからなくなる。

  まーこの辺は、
  今の『女王の花』みてると
  かなりすっきり読みやすくなっとるんで、
  ネームの贅肉を落とすことを
  学ばはったんかなぁと思うけど。
   
  それにしても、こーゆーの読むと、
  結婚ってなに?って気がするね。

  こんだけ無責任に好きかってすんなら
  この紙切れ一枚の手続きに
  意味なんかねぇじゃん。
  違うかね?

[ 2013/10/12 ] 記憶に残る完結漫画 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。