或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 日本で一番高いもの
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本で一番高いもの

それは、人件費。

まーだから物価が高いんだが。

そう…物価とは、
「そのモノが、
 無の状態から有になって、手元に届くまでに
 どんだけ人の手をかけたか」

の値段だと、腐人は思ってる。

だから、人手がかかればかかるほど、
それもその人手価格が高ければ高いほど、あがる。

人はタダじゃ生きてないからねー。



いやね、先日、風呂の工事したじゃないですか。

そんときに、入居してから結局1度も浴室乾燥使ってないよねー
ってことで、
乾燥機やめて、単なる換気扇のみにしたんですよ。

したら、風呂場に、洗濯物の吊り下げ棒がなくなっちゃいまして。

え?
乾燥機使わないなら、別になくてええんちゃうん?
と、皆様、思われるかもしれませんが、
いやいや、いるんです、あれ。
年に1~2回だけだけど。


何に使うのかというと、
冬物のウールコートやスーツを湯熨斗(ゆのし)するんです。

クリーニングから戻ってきて、
半折ぐらいで仕舞い込んだり、
そのままクローゼットにぶら下げたりしてるじゃないですか。

あれをですね、
その日、最後にお風呂を使った人が、
フタを全部とって蒸気がもうもうとなってる状態の
お風呂のあのバーに
ずららららっとぶら下げるんですね。

※もちろんクリーニングのカバーをとって。

で、一晩置く。

したら、あのクリーニングの溶剤独特の匂いとか、
しまいこんでた間のシワとかがすっきりとれるのだ。


このぶら下げ係が、いつも腐人なんですが
(風呂で読書するもんで、最後は腐人となっている)、
ゆっちゃーなんですが、これ、かなり重いんです。

数が多いからと言われたらそうかもしれないですが、
翌日、この湿気含んだものを外干しなきゃならんので、
天気の都合とかを見計らわないとなんない面倒くささもあって、
一気に出して、一気にやっちゃうため、
結構な重さになるんですね。


で、今回、バーがないことに気づいたとき、
「市販の突っ張り棒で代用するか?」
という意見もあったんですが、
その重さを考えると、恐らく翌朝には、
湯船に浮かんだスーツたちを見る羽目になりそうで、
やめました。

それに、壁を鏡面仕上げにしたから、
たぶん、ずり落ちるか、傷つくかすると思うんだよねぇ…。


ってことで、風呂工事やってもらった業者に連絡をとり
追加で、設置してくれと頼んだところ。


●部材(バーそのもの)のお金
5,000円也

●出張人件費
20,000円也


4倍かー!!

それも実働は、15分?
30分はかかってなかったぞ!でした…。

しっかりがっちり丈夫なものを取り付けていただいたのは
とってもありがたいんですが。

高すぎるよ、日本の人件費…(T_T)





ところで。
話がころっとかわりますが、
昨日から、松岡なつきさんがツイッターで、
21巻発売記念企画のSSを始められた。

第1回目の昨日(っちゅーか、今日の深夜)は、
「バー『海猫亭』にて 1」。

アロンソと、ナイジェルとみたが、どうだろう。

でもなーアロンソだったら、
スコッチじゃなくてワインだよなぁ…。

以下、読書録。

●17日
(1000)マンガ 『ましろのおと 9』 羅川真里茂
  おー新章突入かー。
  でもって、今年も腐人の読書録は
  1000突破かー。

  ま、後のほうはどうでもいいが。

  うーん…こりゃまた難しい話だな。

  これは別に音楽に限らずさ、
  オペラ歌手とポップス歌手、どっちがどうだとか、
  画家と漫画家、どっちがどうだとか、
  純文作家とラノベ作家、どっちがどうだとか、
  そーゆーのんじゃないのかなぁ。

  腐人は、これについて、いいとか悪いとかってなくて、
  どっちのが本人に向いてるかってのと、
  本人が何になりたいか、
  そんだけじゃねぇの?と思ってんだけどなー。

  でもま、経験するは悪くない。
  それが例え、自分は向いてなかったという確認でも。
 
(1001)BL/Cross 『捜査官は愛を語らない』 義月粧子
  すみません、話より
  朝南さんの挿絵に意識が行った。

  ああ、これかかれてたときは、
  ああなるとは微塵も思ってらっしゃらなかったんだろなー…。

  で、お話ですが、
  義月さんの作品を久しく読んでなかったせいか
  うーん…文章がちょっと読みづらい。

  視点がなんかコロコロするんだよなぁ…。

  でも、キャラは義月さんらしく。

  節操や倫理観を初めから持ち合わせてないことに
  え~俺ってなんかおかしい?ってな久慈川みたいのは、
  ダメな人はここでダメだろなー。

  なんだかんだいいながらBL界も
  一夫一夫制をよしとするきらいがあるので。


  義月作品では、よくいるんですけどね。

  でも、腐人も、それだけじゃないとこ含めて、
  こんなののどこがいいんだ!と問いたいぞ。

  はやく目を覚ますんだ!櫂!!

    
[ 2013/10/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。