或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > フィギュアGP カナダを見たぞ
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィギュアGP カナダを見たぞ

のまえに。

昨日、名前がわかんなかった
『うどんの国の金色毛鞠』
宗太の後輩・チャリ馬鹿ヒロシ。
いやいや、名前は単なるヒロシだ。

絶対3巻読んだときも覚えてないから
書いておこう。

腐人は名前と顔を覚えるのが苦手なんだ。


ホントはさー、
師匠が雑誌『pen』の「少女マンガ 超入門」
ってのを貸してくれはったんで、
記憶に残る完結漫画やろかなー思てんけど、
これ、絶対、長文になる…と思って延期。

や、だって、今日、オステいって、
「どうしたんですか、今日重症ですよ」
と言われるぐらいひどいの治してもらったから、
今、その反動でかなりよろよろなのよ。

ってことで、
ざざざっとスケートカナダをまとめよう。

すみません。
今回、はっきりいって一番目を惹いたのは
パトリック・チャンくんのスピン。

美しい…美しすぎる…。

腐人は採点基準とかがよくわからんのですが、
スピンをみてると、大抵の選手は、
軸足が曲がったりブレたり、
回転にあわせて位置がどんどんずれる
(これは重心位置の問題じゃないかと思うんだが。
 それが外におかれてると遠心力で動いちゃうのかな?)。

特に女子は足がくっきりみえるから、
吉田都さんのあの軸足を見習え!!と
たまに思う…。

ま、吉田さんはスケート選手じゃなくて
バレリーナなんですが、
トゥで立ったときの軸足の伸びは、すごいんですよ。

日本人の足は残念ながらまっすぐじゃないんですが
それを感じさせないし、ブレない。
だから、天から舞台まで、1本の軸がピンッと通り、
何回転でもできそうなぐらい、美しい回転が生まれる。

と、ちょっと話がずれましたが、
パトリックくんのスピンのときの足が、
まさにこの吉田さんのような美しさでね。

うーん…これはすごいわ。
でもって、22歳!?
うわーノリノリじゃん…。


今回で、日本男子のソチの椅子争奪戦に
かかわりそうな選手が全員でたかと思いますが、
腐人の印象はこんな感じ。

●ソチ後、引退表明組

★高橋くん
技術的なとこで、あとどうしたらいいかとか
もうすごくわかってると思うんですが
そっちに比べて、ちょっと気負いが勝ってません?

そりゃ、ここまで日本男子をひっぱってきた
エースとして負けられないっての
あると思うんだ。
そこがちょっと前に出すぎてて、
まだ今は、滑りの調子と気持ちの調子が
かみ合ってないような感じがする。

ヨガとかやるのもいいかもねー。


★織田くん
そういう意味では、
一番吹っ切れてるような気がする。

まさに人事を尽くして天命を待ってる感じで
メンタル面でかなり安定してんじゃないのかな?


●ソチ後もあるぞ組

★町田くん
ソチに照準あわせてましたから!
ってなぐらい、見事に心技が調和してる。

ただまぁそれはこれまで追いかける立場だったからで。
やっぱ五輪の舞台って違うでしょ。

そこがどんどん近づき、また本当にそこに立つ
となったときに、
どれだけメンタルを平常どおりに保てるか、
その点だけじゃなかろうか。


★羽生くん
一番若いだけあって、
あれもこれもとなってるのかな。
そこらが今回のSPに出てたような気がするが。

フリーでは
そういった雑念をふりはらった演技がみたいです。

★小塚くんと無良くん
6人の演技をみてて、
この2人は、やるぞ!という気持ちよりも
迷いとか不安のようなとこがなー
なんか見えた気がする。

だから上の4人と比べて、
硬さみたいなのを感じたんだよなぁ。

たぶん、その殻みたいなのが取れたら
同じプログラムでも違って見えると思うの。
早くそれを取り去れるといいなぁ。



やっぱりね、
全力を出し尽くした戦いってのが見たいんですよ。

だから皆様、
やりのこしがあるよーなことがないように
心身ともにコンディション整えてくださいませ~。


で、女子の方だが、
いやぁ…ソチで真央ちゃんや明子ちゃん
たぶんヨナちゃんなんかも引退するんだろうが、
そしたら、次は、確実にロシア最強の時代がくるね。

恐ろしすぎるよ、ロシアの10代…。

腐人はそれこそ旧ソ連時代の強いロシアを知ってるが
あんな感じに表彰台占拠すんじゃね?
っちゅーぐらい、
ユリア・リプニツカヤちゃんがすごかった。

グレーシー・ゴールドちゃんは、
すみません、演技より容姿と衣装の卓抜さに感心。

白人選手は、17、8ぐらいからどかっと肉がついて
腐人の目には重たく、もそっのそっと見えるんだが
きれいに保ってるなぁ。
個人的にはこのままいってほしいが。

でもって今回の衣装、白と黒の切り替えが
すごく演技をひきたててて
腕とかがすごく印象的なんだよなー。

そーゆー点では、
ケイトリン・オズモンドちゃんの白手袋。
あれ、生きてたなぁ。


鈴木明子ちゃんは、もうゆーことなし。
五輪の舞台で演技がみられることを
切望しちょります。

明日のフリーって、なんでこんな遅い時間なの!?
と思ったら、原因は、貴様か!野球!!

もともと日本のプロ野球は嫌いなんだが、
もっともっと嫌いになりました。

でも、楽天には買って、じゃない勝ってほしい。
だって、ポイントが…←そこか!

以下、読書録。

●25日
(1025)マンガ 『アオハライド 8』 咲坂伊緒
  いや、もう…もどかしいっ!!!

  田中兄弟は、残念兄弟といってやりたい!!
  機会ロスもええかげんにせぇ!

  それに比べて
  小湊は巻を増すごとにええ男になりよるなぁ。

  まー10代はさ、自分の知ってる世界に対し
  自分が肥大しすぎて、窮屈なんだよね。
  でも、その後は、世界がばーんと開けて、
  自分がいかにミジンコなのかを思い知る。

  そんときに、立ち上がれるよう
  いろんな経験をしとくこと、
  それが~せぇしゅん~♪

[ 2013/10/26 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。