或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 自分設定とリアリティ
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分設定とリアリティ

さ、今日は宿題を片付けるぞー!おー!

といいながら、なんなんですが、
ちょっと気になるニュースがあって、
どーしても、それが言いたい。


1つは、例の桜宮高校の話。

その最終結論の是非だとかゆー話ではありません。
もう決まっちゃったことだから、
あとは時間がたてば自然と答えがでるでしょ。

んじゃなくて、この一連の経緯をみて思ったのが、

●結局、カネを握るのが一番強い
●在校生の会見をみて「見事な洗脳」

ということ。

なーんかさ、言わせてもらってい?

学校って、人生の階段を楽に進める道って以外に
行く意味あんの?


この一連の話を、腐人は気色悪いと思った。



もう1つが、アメリカで起こされた訴訟。

昨年の12月21日に、カリフォルニア州サンディエゴの米連邦地裁で、
「トモダチ作戦」に参加した兵士8人が、
東電を相手取った1億1000万ドル(約99億円)の
損害賠償を求める民事訴訟をおこしたのだ。

訴訟そのものについては、不思議には思わない。

偏見かもしれんが、その理由は「だってアメリカ人だもん!」。

「ハンバーガーのせいで太った」
なんちゅー訴訟をやるよーな人たちだからねー。

でも、だ。
いくらそんなアメリカ人でも、なにかしら根拠がなきゃ訴訟はせん。

ってことで、ウォースルトリートジャーナルの記事を読み進めると、
体調不良がみられたからだという。

え?そうなの?
と思ってよくよく読むと、
「何かに集中できなくなったり、体重が急増したり、
 逆に体重が約14キロ激減したり。
 激やせした女性は、胆のう摘出の手術を余儀なくされた。
 腸からの出血や鼻血、甲状腺に問題が生じた人も複数いる。」

・・・最後の一文の症状は、内部被爆の症状のような気もするが、
体重の増減って関係すんのかなぁ・・・(~_~)?

チェルノブイリの内部被爆は、
確か、汚染された牧草を食べた牛の乳から、じゃなかったっけ?

あの頃って、すぐに供給ストップしたし、
被災地自体、食糧不足だったと思うんだが、
海軍の食べるものって、アメリカから運んでるんじゃないの??

それに爆発した後の高い放射線って、
確か海にじゃなくて、内陸にむかって流れなかったっけ?

汚染水の排水もしてたが、海水量や海流のこと考えると、
その希釈割合って、問題視しなきゃならんほどの影響でるの?

それでいえば、原発で作業されてた方とか、
立ち入り禁止区域にいらした警察、消防などなどの方のが、
もっと被爆されてるってことになる気がするが、
同様の症状でてんのかしら?

っつか、記者も疑問をなげてたが、腐人も、
米軍をとびこえて東電への訴訟になるのかが、よくわからん(~_~)

たぶん、軍なんかの場合だと、危険な任務にあたるってことで、
それなりの、何があっても文句は言わない、みたいな制約書
書いてんじゃねぇのかねぇ??


っつー疑問があとからあとから沸いて来る。
どーなんのかなぁ・・・。

っちゅー、なんとも生臭いリアルをみて、
『予告犯』のコメントにいく。

あ、今日の宿題回答は、順不同ですんで。

(71)マンガ 『予告犯 2』 筒井哲也

このマンガのおもしろさは、
現実と見紛うほどのリアリティだろう。

立場が違えば、何を正しいとするかも違う。

って、法治国家でそーゆーことゆーたらいかんのかもしれんが、
でも、それが事実だろ。

だからこそ、あーゆー訴訟もあるわけで。


ま、それはともかく、ここに出てくる人たちには、
それぞれ、きちんとした自分の意見がある。

捕まった店員にも、刑事にも、予告犯にも、
そして、最後に電話をかけた人にも。

こーゆーマンガの場合、一歩間違えると、
ある意見(往々にして作家が肩入れしたい意見)を際立たせるために、
その対比となる人の意見が、とても空虚になることがある。

でも、このマンガは恐ろしいほどの客観性があり、
それぞれの意見に、全面賛成とならずとも、
・・・そうだよな・・・と思えるとこが必ずあるのだ。

それが、とんでもなくおもしろい。

この擬似現実ともいえるような世界にひきずりこまれ、
まるで自分もそこの一員になったかのような気にさせられる。

・・・だから読む前に深呼吸がいるんだが。

今回、震災の話があったが、
あの気持ち、わからん日本人はおらんだろう。
そうなると、なにが悪いの?っちゅー気がどーしてもおこってくる。

腐人なんぞ、思いっきり司法不信だからねぇ・・・。


この2巻で、なんとなく、
このマンガが言いたいことがでてきたかなー。

日本は法治国家だから、予告犯は捕まらなきゃならない。
でも、彼らが提示したものは、
果たしてそれで終わる問題なのか?

うーん・・・どーなるんだろ・・・。
っつか、どうなることが、いいんだろ・・・。



っちゅー、とことんまでリアリティを追求するおもしろさの対極が、
世界すべてを自分設定でつくるストーリーだろう。

どっちがいいとか悪いとか、そーゆーんじゃなくって、
嗜好の問題な気がするが、雑食の腐人はどっちも読む。

ってことで、
(49、50、56-59、62-68)マンガ 『神様はじめました 1-13』 鈴木ジュリエッタ

これを読んでいた血族が言った。

「あんたが、昔、言ったんだけど、
 こーゆー世界設定のすべてを自分で決めるものって、
 作り手が男なら、
 自分が考えた世界がどんだけすごいもんかを描くことが目的で、
 作り手が女なら、
 その世界でどういう人間関係が構築されるかを書くことが目的になるって。
 これ、まさにそれだな」

・・・・・・そんなん、いいましたっけ?

腐人の中では、そんなことをゆった記憶が欠片もないんだが、
でも、その思考になった元はわかる。

斎藤美奈子さんの『紅一点論』だ。

分析だけで終わっちゃってるのが残念なんだが、
その視点の持ち様が、とてもおもしろい本。

男性作家、女性作家の描く、
自分設定世界物語のすべてがそうだとは言わないが、
でも、わりかしそうだと言える気はするんだよね。

ちなみに、この自分設定世界物語は、
作家が自己陶酔を始めると、途端におもろくなくなります。
でもって、自分の脳内を
ちゃんとこちらに伝わる表現で描けなくなっても、アウト。

ただ、ありえねぇ!が前提だから、
リアリティほどツッコミがこないかな?


で、本編だが。
普通に、おもろいんでは?とは思う。

ただ、腐人はひねくれてるんで、こーゆーお話の場合、
なにかしら、自分的に「え?それどゆこと!?」ってもんがないと、
ハマれんのだ。

例えば、巨人の口のよーに・・・。

そーゆー意味でいえば、ものごっつい気になってることはある。
それは・・・巴衛の耳!←そこかい

あの髪の毛の下にはなんもないんだろうか??
誰か、めくってくんねかな・・・。


えっと、あと何が宿題だ?

(60)一般本 『比較で読み解く中国人とインド人』 富坂聡・中島岳志

これは、1本たてます。

(70)一般本 『ヘタなリーダー論より「韓非子」の教え』 岡本光生
これは、昔、『お話童話宝玉選』で読んだのが
チョコチョコでてきて、
うわ、なつかしーって点ではよかったんだが、
タイトルにあるように「ヘタなリーダー論より」役に立つかは疑問。

腐人は未来工業の山田社長の考えのが好きなので、
こーゆーリーダーはやだなぁ・・・。

ま、それはともかく、上記のどっちの本ででてきたか忘れたが、
中国にはこういう言葉があるそうだ。

「貧すれば、民乱を思う」

そーいや、日本でも
格差とか閉塞から戦争を望むとかゆってるのいるなー。



(69)一般本 『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし-3%のビジネスエリートを満足させる日本人の「技術」』 美月あきこ
これ・・・端的にいえば、茶道やっとけってこと?

へー・・・と思ったのは、飛行機の降下などにおける、耳痛の解消法。

●降下してる間、お水を少しづつ口に含んで
 のどに通すと耳が痛くならない

●キャンディを舐めて唾液をいっぱい出すといい

●寝てる間は唾液を飲み込む回数が減るので、
 降下がはじまる頃には起きてたほうがいい


それと、おもてなしは4つのウォンツを満足させること。

1:自分にご褒美がほしい
2:人とつながりたい。共感したい
3:探求したい。挑戦したい。学びたい
4:独自のスタイルを築き、自己表現したい。自己ブランド化したい

ふーん・・・。
腐人自身は、1と3かな。
2と4はどーでもいい。

ただ、一般論として、この1~4ってのはわかるし、
まーそれを満たしてやりゃ相手の気が済む・・・
っちゅー言い方したらあかんのか。

でも、結局はそーゆーこっちゃろ。
ホステスになって、相手をよいしょしたったらええってことやん。

1時間限定とかならできるかなぁ・・・。

なんかね、年々、そーゆーんができんくなってんねん。
あほらしすぎて。

裸の王様みたら、「ちん●ん、みえとるぞー」っていいたなるんよ。
それも、あんたの人間性と同じぐらい貧相なのがって。

相手をええ気にさせるだけで、なんも結実せぇへんことに
時間と労力を使うことが、本当に耐えられなくなっている。

なので、先日、血族にも指摘されたのだが、
腐人の口癖は、
「正直なとこゆーと」
「はっきりいって」
「ぶっちゃけていっちゃうと」
「率直に申し上げて」
らしい。

・・・確かにな。
もう建前ばっかの話し合いって、イヤなの。

最初から本音を言いあえば、
この無駄で空虚な時間がなくなるわけじゃん。
アホみたいな労力つかわんですむわけやん。

アホにはアホ、ブタにはブタ、いらんもんはいらん、って
はっきり言う社会になってくれんかなー・・・。

ちなみに腐人は最初から、上のような前置きともに、
本音だけを並べ立てるので、
相手も率直なところを言ってくれて話が早く済むことが多い。

問題は、自分の本音がなんなんかわかってねぇヤツとの会話だ・・・。

ここにもでてきたが、
本当の金持ち、本当の能ある人は、自分からは何も言わない。

その一言が、その行為が、自分の品性を貶めてるんだと、
なんで気づかないんだろなぁ・・・。



ああ、ちょっと疲れてきたから、
あと1冊で終わろう。

(72)BL/リンクス 『掠奪のルール』 きたざわ尋子

前後しましたが、読みました。
ま、予想通り?


以下、読書録のカウントのみ。

●22日
(75)BL/キャラ 『The Barber』 水原とほる
(76)小冊子 『薔薇の贈り物』 夜光花
[ 2013/01/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。