或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > 録画失敗・・・(ToT)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

録画失敗・・・(ToT)

起きて、
さー録画してたGPシリーズ・フランス大会
フリーをみるか!
とポチッとやったら、録れてなかった…orz

おー!!のー!!!

ってことで、これから始まるBSバージョンを見ることに。

「え?今からテレビ番?
 なら、ギンナンむいといてー」

と、かぐわしき銀杏の大袋とペンチを渡される。

…ええ、いいっすよ。
昨日のSPは、鶏肉のしごうしながらでしたしね…。

※鶏肉のしごうとは、皮と脂の除去のこと。
 とらないとまずくて臭いんで、
 腐人家では徹底除去されるんだが、これが面倒なのよ(-_-;)
 腐人家で鶏肉料理が少ない理由の1つ。


そういえばこの鳥の脂とりやりながら思ったんだが、
出刃包丁使うんだが、胸肉1枚ぐらいで、もうダメ。

一度洗って、脂肪の膜をとらなきゃ鈍くて鈍くて。
脂って刃物の切れをものすごく悪くするのねぇ。

包丁で殺人とか、刀で人を斬るとか、
あれ、そんな数できないと思うんだよねぇ。
だって、こんだけすぐ膜できちゃうんだもん…
だからやっぱ数やりたいときは、刃物より…
と、ろくでもないことを考えてたのは秘密だ。


話をぶっそうな方からスケートに戻しますが、
GPシリーズみてて、つくづく思うのは、
日本って、スケートファンが多いなぁってこと。

だって、日本以外の国、客席ガラ隙きなんだもん。

でもって、日本の場合は、観戦といっても、
国を問わず、選手がいい演技ができるように
もりあげようとする客が多い。

NHK杯みてたら、参加国すべての国旗もって観戦してんの!?
っちゅーぐらい、どの国の選手がでても
拍手喝采、旗ふって応援と、なんか会場全部が一体になって
すばらしい演技ができるように舞台をつくってる感じがしたんだよねー。

他の大会だと、自国選手と、そうじゃないのと、
拍手量が、明らかに違うんだけど…。

なので、恐らく、選手も日本で滑るのは
すべりやすいんじゃないのかなぁ?
ノリやすいというか。

一度、どう思ってるか
他国の選手にきいてみたいとこである。


で、フランス大会ですが。
女子は、うーん……。

フランスの黒人選手(名前わすれた…)は、
いつも思うが、
つなぎのところの末端(手とか指先)の雑さが気になる。

ダメよ!そういうとこまで気遣わないと!

リズム感もいいし、キレもあるし、
身体能力も高いんで、
動きがあるとこはいいの。

でもそうじゃないときに、そこを気遣わないと。
じゃないと、全体の印象が「雑」になる。


男子は、見ごたえありましたなぁ。

特に、羽生結弦くんとパトリック・チャンくんのは、
プライドのぶつかりあいで。

でもま、ホント、このレベルまでいくと、
他人とじゃなく、自分との戦いなんだよね。

だって、技術的にできることできないことがもう明確だし
(成功率じゃなくて、
 たとえば真央ちゃん以外の女子は
 だれも3アクセル飛べないとかそゆこと)
あとは、この瞬間の4分半に、
どれだけ完璧に近いパフォーマンスを、自分ができるか、
どれだけ自分の能力の限界値に近いとこまで出し切れるか、
言ってしまえば、それだけの話。

タンマ!もっかい!とか
さっきのナシ!が通る世界じゃないもん。

そうなってくると、他人とがどうとかじゃなく、
自分がどんだけその瞬間にできるかだもん。


なので、今回の二人は、心底自分の世界に没頭してて、
見てるこっちが引っ張り込まれた。

結果はしってるが、どんな演技をしてくれたのか
見るの、すっげー楽しみ。

さ、ブログはこの辺で終わりにして、見るぞ!!


と思ったが、今回これは書かねば!

羽生くんのお迎えをした
ブライアン・オーサーコーチの小脇に!!

プーがいなーい!!!
なんでー!!!
うわーん

あの姿を見るのが、腐人の楽しみなのに…(ToT)

それにしても、プレゼントの山にいる
プーの多いこと多いこと…。
でも羽生くんのおひざに乗れるのは、
あの子だけなのねぇ。


あ、そうだ、もう1つ。

こないだのNHK杯のアイスダンスのフリーを録画でみたが
優勝したカップルのシェヘラザード、
宮原知子ちゃんには、
この女性の表情をぜひ見てほしい。

大概の選手は、確かに入りと終わりの決め部分とか、
ステップのとことか、
表情の見せ場では、ガッツリ表情つくってるんだが
(宮原ちゃんは、今、ここも不足しちょるよ)
このアイスダンスの優勝カプの女性は、
そうじゃない全部において、表情ができてんの。

まさに演じきってる。

あの踏ん張りリフト状態で、
あの表情ができるのは、正直恐ろしいが、
だからこそ、とんでもないプログラムになってる。

ぜひご参考にしてほしいな。

いかん、このままずらずらやっちまいそうだ。

今日はこの辺でー。

以下、読書録。

だけど、コメントは、先送りー。

だって…ちゃんと書きたいブツなのに、
スケートみたいんだもん…(;一_一)


●16日

(1094)マンガ 『奈落何処絵巻』 中村明日美子
(1095、1096)マンガ 『リボンの騎士 1、2』 手塚治虫
(1097)マンガ 『となりの怪物くん 12』 ろびこ
(1098)マンガ 『ヒストリエ 8』 岩明均

[ 2013/11/17 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。