或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > ♪あなたな~らどぉする~?
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪あなたな~らどぉする~?

先日、スマホを拾った。

未だにガラケー、
それも目覚ましにしか使っておらず、
知り合いん家に忘れて1週間ほどケータイなし生活を送っても、
全く問題がなかったよーな腐人にゃー、
みただけでは、機種なんぞ、さっぱりわからん。

でも、かなりガチャガチャと
デコレーションしてあったんで
恐らく、スマホがないと
呼吸困難に陥るタイプの方だろうと思われた。


落としてからかなり時間が経過してるのか、
周囲を見回しても、それらしき若者がいない。

・・・ん?今気づいたが、
自分基準でスマホを持つのは若者・・・と考えちゃったが、
若者じゃなかったのかなぁ??

ま、実際んとこどーなのかは知りませんが、
落し物に気づいて、必死に探してるの、ワタシ!!
ってな感じの人は、
そん時、おらんかったんですよ。

しゃーないので、ハコ番に持ってくことにしたんですわ。


ところで。
皆さんはどんくらいの頻度で、落し物拾います?

腐人は年に数回ぐらい拾います。
鍵やサイフ、カバンなどを。
むきだし現金ってときもあったな。

そんで、その都度届けるのだが、
そのたびに思うのだ、
なんで善意の届出人が、
こんなに面倒な書類を書かされんといかんのだろうかと。

それも個人情報も思いっきり書かされまくるし。

なんかこっちが悪いことしとるかのようではないか?


そらまぁ、善意の第三者のふりして、
盗んだ財布を届ける悪い人がおらんわけじゃないってのは
腐人もよぉっくしっている。

知ってるからこそ、ぶーぶー文句たれながらも
ちゃんと手続き踏んでるだが、
でもなーなーんか納得しがたいもんを感じるんだよねぇ。

と、眉間にシワを寄せながら、
狭いハコ番の中で制服君と向き合って、
お互いに書類を書き書きしとったらですな、
ケータイがなり始めたんですわ。

恐らく、落とし主がようやく落としたことに気づき、
友達に借りてか、電話してきたんちゃうかなぁ・・・
と思われるものの、真偽の程は定かではない。


ってことで、腐人は無視して、書類書きをしとったんですが、
若い制服君が、困り顔をして、
「ご本人ですかねぇ。どうしましょう」
と訊いてきた。

しらんがな!!!

ってか、そういうときにどうするかマニュアルはないの??

そもそも、こっちは、
そういう面倒事にまきこまれんのが嫌やから、
ハコ番くんだりまで、えっちらおっちらやってきて、
面倒くさい書類書きをしとるんじゃないか!

そっちで対処してくれよ!

※拾わんかったらええんでは?
 というご意見もあるかもしれませんが、
 昔、自分が大事なもんを落としたことがありまして。
 そんときに、誰かが拾って届けてくれて
 すげぇ助かったことがあるので、
 見ないふりはできんのですよ・・・。


ま、そゆことで、書くものだけ書いたら、
じゃ、あとヨロシクーとトンズラした腐人ですが、
後日、この話を周囲にしたときに、

  ケータイを落とした
   ↓
  自分の番号にかけてみたら、
  見知らぬ人がでた
   ↓
  さて、どうする?

ってな話になった。


見知らぬ人と直接手渡しは嫌!
ってのがほとんどで、
手間かけて申し訳ないけど、
最寄の警察か交番に届けてください、じゃね?
となったのだが。

一般的なところもそうなんだろうか。

でも、拾った相手が
腐人のようなキヨラカな心を持つ善人(ゆってて恥ずかしくねぇか?)
ではなかった場合、
素直に届けてくれるとも思えないんだよねぇ。

それにカードのように、使用停止をするにしても、
その中にあるデータは見れちゃうわけで。

ケータイ落とすのは、
サイフ落とすのよりも怖いかもしれない。

あのスマホ、
無事に持ち主さんとこに返ってるといいなぁ・・・。

以下、読書録。

●18日
(1101,1102)一般本 『一つの大陸の物語 上・下-アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他』 時雨沢恵一
  タイトル長っ!

  このシリーズ、
  『メグセロ』の3冊目ぐらい?までは
  オンタイムで読んでたんだが
  さすがにこの歳で、学園ドラマはついてけないもんを感じ、
  放棄していた。

  が、オチたときいたので、読んでみた。

  のーだーがー・・・ふっ・・・
  さすがにオンタイムで一読したのみだと
  おぼえてねぇわ。うん。

  ま、そんでもよかんべと読んでみたが、
  さすがにフィーとかカーは覚えてるが、
  サイモン?だれソレ・・・食べられるの??の世界である。

  それでも読みきりましたけどね。

  感想は、ふぅん・・・以外でてこん。

  強いて言うなら、
  このあとシュルツ家はどうやって生計たててくの?
  ぐらいだろうか。

  
  どーでもいいが、腐人がスケートをみていて、
  織田信成くんがでてくると、
  選手紹介としてご家族映像が流れるんだが、
  それを見るたびに、血族が
  「どうやって生計たててるの?」
  と訊いてくる。

  しらんがな!
  
[ 2013/11/19 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。