或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 取っ組み合う気力も体力も時間もない・・・
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

取っ組み合う気力も体力も時間もない・・・

昨日に引き続き、
本日も仕事の締め切りからの逃亡者状態。

仕事の山がサミュエル・ジェラードにみえる・・・。

そゆことでくだらなーい日常話は今日もナシざんす。


ちょいと一休みしとるので、読書録だけやっちゃいたいんだが、
本当は、今日メインでとりあげようと予定してた
『アシュリー事件』は脳みそが白旗あげてるんで、
ちょいと先送り。

よって、これはカウントのみ。
(1119)一般本 『アシュリー事件 メディカル・コントロールと新・優生思想の時代』 児玉真美

テーマが興味深いし、ナーバスな題材なんで、
脳みそがクリアな状態で書きたいんです。
すみません。


ってことは、他のは適当なんかい!
と突っ込まれそうだが、適当ってこたぁないが、
使う脳みその場所が違うんだよなぁ。

ま、この辺は独り言なんで無視してください。


では、放置物件から。

(1118)BL/ルチル 『あでやかな愁情』 崎谷はるひ
  あとがきを拝見すると、
  体調は少しよくなられたんでしょうかね?

  ゆっくりでいいので、お大事になさってくださいね。
  無理と過信はいけませんぞよ?

  ・・・っちゅーて、
  腐人みたくサボりすぎってのも問題か。
  だから今、首絞まってんだが・・・(-_-;)

  ま、それはともかく。

  このじえーと臣のシリーズも長いなぁ・・・。
  そのわりに、時間というか時代のずれ?みたいのを
  あんまり感じさせないんだよな。

  そりゃ『ゴルゴ』とか『ガラかめ』とかもそうだけど、
  あれはなんつかマンガのほうが時代を超えてるっちゅー。

  時代の流れに溶け込みながらも、
  違和感なく、別の時間が流れてるってのは、
  ロングセラーになれる話だよなぁ。

  っつっても、作為的にできるもんでもなきゃ、
  そういう話のすべてがロングセラーになるわけでもないが。

  第2部の終わり、なだけあって、
  これまで広げてきた風呂敷を
  畳んで仕舞う流れではあるんですが。

  う・・・・・・ショタ臣が見られたのは嬉しいが、
  でもって、これまでの話で、十分覚悟はしてたんだが、
  やっぱ目の前にきっちり出されると、
  チビは、どんなチビでも、
  せめて10歳までは、心底愛されて育ってほしい
  と思ってる腐人としては、ちとつらい。

  首の辺りがのびたダボシャツなんて、
  超萌えポイントなんだけど、
  そこから出てる首や手足の細さが痛々しくて。

  『ラブレター 神様も知らない3』もそうでしたが、
  親になるってことをわかってない人には
  ホント、子供を産んでほしくないと思う。

  一時でもおとうさんといられてよかったね、臣。
  堺さんとあえてよかったな、臣。

   
  ああ!
  でもおとうさんのおひざなんか
  硬いでしょう?

  ほれ!おばちゃんのおひざにおいで!
  腹にも腿にもたっぷり脂肪がのっとるから、
  クッションたぷたぷやで!

  と、そこにおったらゆーたんねんけどなぁ。  

  ・・・ん?
  そうか。姫や王子が
  腐人のひざに乗りたがるんは、
  このたぷたぷ脂肪クッションのせいか!

  どっちもママ、ほっそいもんなぁ・・・(T_T)

  ま、それは置いといて。


  これでちったぁ臣も自重するようになるんやろか?
  
  逆になったときに、相手にどんな思いをさせるかとかも
  ちゃんとわかってんのやろか?

  うーん・・・・・・
  腐人はまだまだあぶなっかしい気がするなぁ。

  なんつーか臣のこの突っ走りの裏には、
  自分を大事にしようとせんとこあるやん。

  上で書いた
  せめて10歳までは、心底愛されて育ってほしいってのは、
  そうされると、人としてしっかり根が張れるから。
  
  親の顔色みながら行動しないとならなかったり、
  成長しながら価値観を形成してるとこやってのに、
  ダブルバインドなものを押し付けられたり、
  逆に、全く何も与えてもらえなければ、
  根っこは伸びない。

  愛情は人を育てるための水と肥料なんだがなぁ。  

  そんでも臣は、おとうさんや堺さんのおかげで
  細いなりに根っこがあるんで、
  じえーがそこにうまいこと
  やりすぎんように、でももっともっと根が伸びるように
  愛情そそいでってくれたらええねけどなぁ。

  でも、あいつも大概やからなぁ・・・(~_~;)。
  

  ところで。
  今回、やたらとケツケツケツケツいってましたが、
  じえーのケツはそんなにええんですか?
  ちょっとこれは興味ある。

  っつか、男のケツって重要やねんで!
  あまりに下品な話になるからここらでやめときますが。
  って、前に書いたかもしれん・・・(^_^;)
  
  腐人がケツに興味ある理由は
  そーゆーんじゃないんですが、
  男は前より後のが好きなんよなー。
  前の出来はどーでもええ。

  背中からケツのラインがええんです。

  指と同じぐらい、そのラインフェチなんだが、
  アインちゃんとお話あうかしら?

  質感みるのに、ホンマはもみたいとこやが、
  まぁ、それはやめとくとしても、
  なでるぐらいさしてくれてもええやん、臣ちゃん。
  減るもんじゃなしー。ケチー(~з~)。
  
●28日
(1120)BL/リンクス 『天使強奪』 六青みつみ
  ん?
  新しいシリーズなんですか?

  腐人はファンタジー音痴ですが、
  六青さんのは読めるんだよなー。

  個人的に、主人公(受)が可哀想で可哀想で可哀想な
  切ない系がすごく好きなんですが、
  最近のモフモフでは、溺愛されてるチビに
  メロメロになっとるんで
  今回はどっちやろ?と思ってたんですが。

  可哀想な事情はあるんだけど、
  いつもの胸が痛くてたまらない・・・となるほどでなかったのは
  なんでだろ?

  視点かな?
  
  ただ、そこをいつもどおりにすれば、
  展開もまぁいつもどおりになってきちゃうんだが。
  
  そだな、今、ざっくり骨格かいてたら、
  あら、あれだ、と思っちゃったんで、
  サクッと消しました。

  いやはや難しいですなぁ・・・。

  え?何を言ってるかわからん?

  知りたい方は、本書をおよみくださいませ~。  



とりあえず今日はこんなとこ。

どんどん脳内から吐き出していかんと、
頭が飽和して、意味不明な言葉を吐き出しそうや。

ま、まずは目の前の仕事を片付けるとしますか。
はぁ~・・・(-_-;)
[ 2013/11/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。