或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 家族とBL・・・『眠り王子にキスを』より
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族とBL・・・『眠り王子にキスを』より

「家族とBL」ってなタイトルつけると、
「BL好きなワタシを家族がどうみているか」
と捉えられそうだが、違います。

BLって、かなり自由度の高いジャンルなんだが
そこで、「家族」をテーマにしてる一角がありましてね、
それについてのお話だ。

なんで急にそんな話をするのかっちゅーと、
昨日読んだ
(1131)BL/Shy 『眠り王子にキスを』 月村奎
が、すげぇツボったからだ。

BL読み出してもう××年になるが、
今頃になって、
「ああ、『家族』というテーマに、
 自分はひっかかるんだなぁ」
ってことに気づく。

遅いわっ!

・・・すんません・・・(-_-;)。


思えば、腐人が気に入ってたり、
どうにも忘れがたいと思ってる作品は、
多かれ少なかれ、ソレに関わってるんだよねぇ。

思いつくだけで両手に余るほど列挙できるが。


逆に、つまんねーと思ってるやつは、
本人らが好きだなんだと言い合ってるだけなんだよねぇ。


なんでかなぁ・・・と思うに、
恐らく腐人の中で、恋愛と家族ってのが
別物と思えてないからだろう。

や、そりゃね、
ただ性欲解消のためにセックスするだけってなら
それは別物だと思う。

・・・っても、性病うつされて、
その看護に家族をまきこむなら話は別だが・・・。


よく「家族とは社会の最小単位である」と言いますが、
全くの他人、つまり異社会同士が、深い関係を結ぶとなると、
それぞれの社会に波及するであろうことを
考慮せんわけにはいかんわけで。

そこを考慮しない「恋愛」って、
腐人は、その場限りのセックスと一緒やろ、と思うんですわ。

要するに、したい、やりたいっちゅー
動物的本能だけでやってるという。

ってなことを考えるから、
腐人は結婚する気がうせたんだろなぁ・・・。
ま、これはどうでもいいが。


話を元に戻しますが、
「家族」をテーマにしたものってのは、

その恋愛が自分だけのものではない、
自分が属する社会に報告をすることで生じうる
異社会交流の面倒事や責任を負う覚悟がある、
腹をくくった本気の恋愛なんだ!

・・・って思うのかなぁ?

かなぁって、おめーのことだろうが!腐人!!

・・・すみません、自己分析が追いついてません・・・。

が、やっぱり家族というものを
巻き込んだり作ったりするにあたって、
やっぱ無責任なお手軽お気軽恋愛じゃないんだ、
っちゅー覚悟がみえる気がするんだわ。



それと、自分の血縁が、
マイノリティである、異分子であること、
それに対して家族がどうあるか、どうあろうとするか、
ってのも、腐人の興味の対象なんだろう。

また、許容や拒絶、もしくはどちらもできかねた結果の黙認。
そういった反応に対しての表現形。

そこらがすごく腐人の興味をそそる。


が、なんだったかで読んだどなたかの文で、
カミングアウトは自己満足
ってな感じのことがあったんですよ。

本人はゆっちゃってすっきりしたかもしれんが、
言われた家族の方は、そこからもんもんと悩む羽目になると。

その言われる家族の側の気持ちを考えたものがなく、
そういう現実を無視して、
家族に言った
 →祝福された
 →わーいハッピー♪
みたいな、非常に安易なものが増えてる
っちゅー内容だった気がするが、
いったいどこで読んだか、何で読んだかが
さっぱり思い出せない。

確かにこれ、一理ある。

が、現実の知り合いで、
カミングアウトはされてないけど、
たぶん、息子がそうだと思う、
でも、確かめることができない、
っちゅー親御さんがいらっしゃる。

そう、本当に家族のことを見てたらね、
カミングアウトされなくても、「あれ?」と思うんですよ。

そして、どうでもよくないからこそ、悩む。

言っても悩む、言わなくても悩む、なら
あとは、白黒はっきりしたい性格なのか、
グレーはグレーのままにしときたい性格なのかっちゅー
その問題だけだろうに・・・と腐人は思う。

そして、それは家族だからこそ許されると、腐人は思う。


あれ?なんか自分でも何を言いたいんだか
よくわからんくなってきたので、
話を本書『眠り王子にキスを』に戻しますが、
ここにでてくる2つの家族は、
両方とも、白黒はっきりしちゃった家。

しかし、その結果の対応が両極にでた。

なので、腐人は大泣きしちゃったわけですが、
なんつーか、家族というか、お家って、
自分が一番安心してくつろげるところだと思ってんですよね。

そりゃ、腐人もいい歳なので、
現実としては、
そうじゃないところもたくさんあることは知ってます。

けど、そうあってほしいと思ってる。

だからこそ、このラストにおんおん泣いちゃったわけで。


考えてみたら、
月村さんはわりとこれをテーマになさってて。

だから、腐人は月村作品が好きなんですよねー。


それにしても、腐人としては、
しゅーへーの姉ちゃん一家の反応が気になる。

ってのも、過去の月村作品からすると、
身内だからこそダメ(あれも大泣きしましたよ・・・かわいそすぎで)、
もあれば、
身内さからこそ応援する、
もあるもんで。

大野井さん家は、どっちなのかなぁ・・・。


でも、どう考えても、この臆病なオオカミあっちゃんは、
身内の反対になんかあったら、
速攻で身をひいて、どっかに逃げてっちゃいそうなんで
ガッツリ捕まえとかんといかんぜよ、赤ずきん。


っつかね、
こんな料理上手な母ちゃんに育てられた子ってのは、
舌が肥えまくりなんだよねぇ。

それも家庭料理で舌が肥えると、
始末に悪い。

はっきりいってそんじょそこらの惣菜じゃ耐えられんし、
市販品を食べ続けるってのが、無理なんだ。

なんでだというと、
腐人もそうだからわかるんだが、
市販品の場合、味がブレちゃいかんでしょ?

それに対して、目分量でやる家庭料理は、
同じ料理でも同じ味になることのが少ない。

それになれちゃってると、
市販品のブレない味ってのは、逆に悪影響になってね。

素材が変わっても、味が同じだから、
ずっと同じものを食べてる感覚になるの。

だから、3日も続くと、
舌と脳と胃袋が拒否しだすんだよねぇ。

なので、コレ、腐人が保証したるが、
店で売ってるデリの味じゃなくて、
あっちゃん好みの味付けにしたのを
毎晩お家で用意したら、
赤ずきんは、寄り道せずに、お家まっしぐら!間違いない。

そんな食いしん坊が胃袋つかまれたなら、
その段階で、もう勝負は決まってるのだ。

幸せにな~。


そいや、この赤ずきん。
読んでない人には意味不明でしょうが、
巻末にマンガが収録されてて、それによるんですけど、
もうね・・・腐人はあの姿を見た瞬間、吹きました。

に、似合わなさすぎる・・・。
っつか、何故にずきんの下に、それを着る!!
ここまで似合わないのもすごいかも。

っつーか、どーみてもこれ、
キャスト逆じゃねぇ(~_~;)??

赤ずきんに食われてどうするんだ!
オオカミのくせに!!

あまりの根性ナシっぷりに、
オオカミではなく犬にみえるのは腐人だけだろうか・・・。

ま、なにはともあれ、
嗚呼!月村さんだぁ!!と思わせてくれた、
ひっじょーに満足した作品でした。

この二人が、っちゅーか、
あっちゃんが、本当に落ち着くまでの続きが、
読みたいっす・・・。

以下も、読書録。

●2日
(1132)BL/ディアプラス 『ハッピーボウルで会いましょう』 名倉和希
  ・・・いかん。
  最近、名倉さんも「ヘンタイ組」に編入しつつあるぞ?

  どー考えてもこのおっさん、
  いや仲條専務は、かなりめにダメな大人でないですか?

  竹橋くん・・・苦労するなぁ。

  でも、ふーちゃんが現代稀にみるええ子で、
  下手な金目当てのアホ女よりずっと話通じるから、
  ホッとしとるとこあると思う。

  ただ、ここまでふーちゃん影響されるとなると、
  専務はもう吹流しみたいなもんやから  
  竹橋予報台としては、
  ふーちゃんの風向きこそが心配で。

  そっちのメンテを重要視すべきよな。うんうん。

  にしても、竹橋さん!
  青木プロとは、どのようなご関係なんですかーっ!!
  逃げずに答えてくださいよー!  
[ 2013/12/03 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。