或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 観戦&読書録 > またやらかした・・・orz
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

またやらかした・・・orz

フィギュアGPファイナル。

てっきり今日からだと勘違いしていた腐人は、
昨晩、夜中の図書館まわりを終えた後、
のこのこと巣に戻って、テレビをぱっちんつけた。

すると、テレビの中で、浅田真央ちゃんが、
投げ込まれた花束を拾ってるではないか!!

おおおおおおおーのぉぉぉぉぉぉぉぉぉーっっ!!!

といくら叫んだところで
時間は前にしか進まない。

速攻で、今日のフリーの録画予約をし、
夜中のスポーツニュースと朝のワイドショーを
渡り歩いて、なんとか浅田真央ちゃんと羽生結弦くんの
SPノーカットバージョンを見る。

ううう・・・全員分が見たかったのに・・・(T_T)


真央ちゃんは、個人的には
最後のレイバックスピンに見とれてしまった。

だって、音楽とスピンの回転や姿勢が、
ものの見事にハマってたんだもん。

プログラムにおいては、
スピンだけを単独でやっとるわけではなく、
前後の流れの上にあるから、
実際やってみると、スピンの始まりと音楽がずれちゃったとか。

スピンの回転だって、
そんときそんときで微妙に違うと思うんだ。

腐人は技術的なところがわからんのだが、
たまに、
このメロディにスピンをかぶせたいんだろうけど
見事にずれてる・・・(~_~)
ってものがある。

あれ、いくらスピンの技術そのものがよくても、
腐人的には点数低いんだよなー。

だから本当にぴったりあうってことは、
目指していても、毎回できるわけじゃないと思う。

それが今回は本当に文句のつけようがなくて。
まさに曲を表現してた。

こーゆっちゃなんだが、
振り付けを考えた先生が、
本当に自分が頭で描いたとおりに
選手がすべってくれることって
なかなかないと思うんだ。

それが今回の真央ちゃんと羽生くんのは、
振り付けされた先生すらも、
大満足!といいたくなるような出来だったんじゃないかなぁ。



ところで、今季の真央ちゃんは、
衣装も毎回変えちょりますな。

腐人はオシャレ感性が乏しいので、
どれがいいとかどれがどうとかはわからんですが、
正直、会場との相性ってのがあるような気がする。

例えばフランス大会は、会場そのものが暗かった。

観客席の椅子の色や、リンクを囲ってる壁が暗色だったので、
黒っぽい衣装より、羽生くんの鮮やかなブルーのが
非常に目を惹いた。

恐らく、この会場だったら、
今回、真央ちゃんがアメリカ大会で着てた淡い色調の衣装が
かえって映えた気がする。

この辺は難しいよなぁ。

なりきりプログラムなら、
そのキャラクターを表現する部分がないといかんし、
曲をすべる場合だって、
曲調を連想させるもんでないとならん。

ただ、たまに思うのは、
どうしてもリンクの白への対照色であることへの考慮はあっても、
会場全体の色への考慮はどうなんかなーという点。

まぁ、フィギュアはスポンサーがよくつく競技でもあるから
壁のところにガチャガチャといろんな色がうるさく入る。

リンク中央でのスピンは、白バックだからいいんだが、
ジャンプやステップでは、
その辺がバックに入ってくるんだよねー。

そうすると目がちらつく。

だから、それこそソチの会場がどういう作りというか、
どういう色、どういう照明になってるかを見たうえで、
一番映える衣装を着る、っちゅー選択ができるのが
ええんではないかなぁ?

費用度外視してますが。
あれ、1着どんくらいするんすかねぇ・・・?



それから羽生くん。

SPは、すべてにおいて文句なしですね。

ま、最後のスピンはちょっとご愛嬌だが、
ステップの要所要所で、
音を掴んでるところがよかったなー。

解説の人が、アクセントを増やしたって言ってはったが、
なんつーのかな、
それらを増やしたことによって、
曲とともに流れて滑ってただけのステップが、
文字でいったら、
とめ、はね、はらい、がすごくきっちりできた、
って感じに変化してた気がする。

すごいクセ字でも、これらがきっちりできてると、
美文字に見えるっちゅーあの効果が、
うまく出たなぁって気がしたんだよなー。

腐人は好きです。


それにしても、
こないだのパトリック・チャンくんのでも思ったが、
フィギュアの点数は、加点方式で減点方式じゃないから
この調子でいくと、いったい何点まで出せるもんなんだ??

4回転ならぬ5回転までできちゃったら、
それこそ100点超えちゃうってことなのかなぁ。

こーいっちゃなんだが、
昔選手で今コーチやってる方、
ガミガミいろいろおっしゃってるかもしれないが、
ぶっちゃけ、あなたが現役のとき、
このプログラムできました?ったら無理な気がするんだよねぇ。

どうなんだろ。

でもま、よく言われるとおり、
名選手が必ずしも名指導者ではないので、
だからどうだって話ではあるんだが。

ああ、フリーが早くみたい(>_<)!!


あと、羽生くんといえば、
腐人的には、オーサーコーチとプーなんですが、
キス&クライで、二人の間に挟まれた
いつものプーが、別の小さなプーの下敷きになって
一瞬、顔が見えなかったんだよねー。

したら、それに気づいた羽生くんが
さっと小さなプーをのけて、
にこっとスリーショットを披露してくれまして。

腐人的には、それだけで100点あげたい!!
ありがとう!!!
   ↑
  何を見とんのや・・・



織田くんと町田くんは、ニュース映像だとどうしても
失敗したシーンしか見せてもらえないので、
全体が見たかったなぁ・・・。


そーいえばですね、
昨日読んでた『サイコパス 秘められた能力』
あったんですけどね。

ゴルフの試合ってのも、
数日にわたってやるでしょ。

そうすると、いい日もあれば悪い日もある。

そうなってくると、何が一番大事かといえば、
「引きずらないこと」
なんだそうで。

実際にそれで好成績を残した人のエピソードが
紹介されてたんだけど、
それをするために重要なのは、
「遮断」と「集中」なんだって。

とてもよかった昨日も、
すごく悪かった昨日も、
どちらのことも「遮断」する。

そして、今、この瞬間のことだけを考えて、
その目の前にあることを成功させるために、
集中力を極度に高める。

「昨日」のことも「明日」のことも考えず、
ただひたすら、「今」にだけ集中する。

これは、そのゴルファーさんに限らず、
外科医の方も、
真剣(刀のことね)での技をされる方も、
似たようなことをおっしゃるそうだ。


今は情報過多の時代で、
賢しらなことを言ってくる素人が、
腐人も含め、いっぱいおるわなぁ。

こんなことゆってる腐人がゆーのもなんですが、
そーゆー不要な情報を遮断するって、
重要やと思いますよ。


最後に、
今一番葛藤してるんじゃないかなと思う、高橋くん。

キャリアがあるので、
自分にとって、一番大事なことは何かって
よくわかってると思うんだ。

そして、そのために今は何をすべきときなのかってのも。


だからまぁ、こんな、
ただ、美しく、素晴らしいスケートがみたいだけ、な腐人が
あれこれ言うのは、それこそ遮断すべき情報だろう。

ただ。
皆が皆、悔いを残さないでやりきれますようにと、
ただそれだけを願うのみだ。

・・・ま、そこにプラスして、
腐人が思わず叫んじゃうぐらい素晴らしいものを
見せてくれたらいいなぁ、とは思うけどね (^_-)-☆



どーでもいいが、腐人が見逃したSPを、
ただ見てただけ(なら、録画もしといてくれ~(T_T))
の血族が言った。

「ロシアの女の子、よかったよ」

・・・4人も出とるから、それじゃわからんって!!
誰のことやー!!!


以下、読書録。

●5日
(1137)BL/花丸 『美男の達人』 小林典雅
  や、なんかさー
  つい、小林ワールドをさかのぼっちゃって。

  腐人はこの美男塾のコンセプトが大好きで、
  ぜひこの第二弾を読みたいと常々思ってるんですが、
  だめっすかね、小林さん・・・。

  でもって、これぜひリアルでやってほしいんだが。

  っちゅーても、腐人は、その受講風景を覗きたいんであって、
  受講する気はない。

  下着の上下をそろえるどころか、
  ここでは言えない乙女の秘密を抱えとるので
  仮に事故って血まみれになってっても、
  「や!大丈夫なんで!このままで結構です!」
  と言おうと思っておるぐらいなので。
  
  それにしても、この頃はかなり普通のコメディだったのに
  いつから、押しも押されぬ「ヘンタイ組」に
  編入してしまったのだろう・・・。

  やはりジンジンとユイユイか。
  いや、その元凶はキイチだよな・・・。

  それにしてもマジで、
  この続き、読みたいです。
  凛ちゃんかわええし
[ 2013/12/06 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。