或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > テレビウォッチャー
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビウォッチャー

『暗殺教室』6巻の見返しコメントに、
「皆が共有していると思われるネタ」を
パロってきたが、テレビの力が弱まって、
「皆が共有していると思われるネタ」」が減って
やりにくくなった…ってな内容があった。

まぁねぇ・・・
メディアがマスコミしかなかった時代は、
「8時だよ」といえば、
「全員集合」と返ってきて当然だったからねぇ。

え?わからない?
・・・・・・・・・ガーン・・・
でも、生きてくのに必要な情報じゃないので
わからなくていいです。

話を戻しますが、
その現象は、皆の思考がまとまってたともいえるが、
イコール「一億総白痴化」だったわけで。

その当時に比べれば、漂う情報量が飛躍的に増大し、
情報発信するメディアがそれこそ人口の数だけあるようになり、
人々の趣味思考も多様化した。

結果、「個」がそれぞれにちゃんと問題意識をもって
物事をみるようになったならば
むしろよかったんじゃない?と思うが、
現実はちょい違うわなぁ・・・。

使用メディアの違いによって共通認識が、
見事なぐらいに隔絶し、
それこそ、どこに属するかが、ある意味、
「現代の階級」の様相を呈してきている。



なのだが。

昨日テレビをみてて、
それこそ本当に、日本人ならば、
どんなメディアを普段使ってようが
全員が共通認識すべき話を、
恥ずかしながら、この歳で初めて聞いた。

「未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~」っちゅー日経系の番組で
スリランカの話をしとったんですが、
そこで紹介された初代スリランカ大統領・ジャヤワルダナ氏という方が、
第二次世界大戦の戦後処理を決めたサンフランシスコ講和会議で、
日本擁護のスピーチをしてくれはったというんですね。

全文紹介がなかったんで、ポイントのみを言えば、

 ●日本の掲げた理想に
  欧米列強に支配され搾取されてた
  独立を望むアジアの人々が共感を覚えた

 ●「憎悪は憎悪によって止むことはなく、
   慈愛によって止む」ため、
  スリランカは日本に対する賠償請求を放棄する

と、会議でスピーチしてくれはりまして、
戦勝国が、俺らで分割統治しようぜーとたくらんでたところを
阻止してくれたんだそうです。

・・・腐人、一応、世界史学んだはずなんだが、
こんな話、全く教わった覚えないぞ!!

どないなっとんじゃ、日本の歴史教育は!!

吉田茂さんが
「我が国日本は、後世までこの大恩を忘れてはならない。」
っちゅーた言葉は、どこに消えた?

もし腐人が権力者だったなら、
現代史のいの一番に、これやらせるし、
どの入試でもコレに関する問題を絶対に1問出すこと義務づけるぞ。

ほんで、せんかったら金やらへんねん。
うん。


腐人は、国というシステムに疑問がある人なんで、
分割統治の是非そのものはどーでもええんだが、
ただ、戦後、あの疲弊した状態で、
もし巨額賠償を課せられてたとすると、
それこそ歴史は繰り返すで、
ヒトラーを産んだ第一次世界大戦後のドイツと
同じ道を歩んでた可能性が高い。

それを阻止してくれたんだから、
ジャヤワルダナ大統領、万歳だよ、本当に。

現代史でこの辺を粗略にしてはる教育関係者は、
そこまで考えたことあるんやろか・・・。


それにしても、仏陀の言葉らしいですが、
「憎悪は憎悪によって止むことはなく、
 慈愛によって止む」


うーん、この言葉を、
ご近所のC国とかK国にきかせてやりたいと思うのは、
腐人だけだろうか(~_~)。



そいや、こないだNHKが討論番組やっとって、
その中で、
「最低賃金をひきあげろ」
ってなご意見があった。

それをやったとしたら、物価上昇、インフレに繋がるんだが
それはかめへんのやろか?

結果、可処分所得比率は大して変わらず、
貯金の価値が下がるだけやが。
得するんは、固定金利で借金しとる人ぐらいやで。

それと同時に、海外へのアウトソーシング化が一層進み、
リストラされる人が増えんねんけど、
そこ、わかってゆーてんねやろか?

「全き善に酔うとる奴は、確信犯より性質が悪い」
と思ってる腐人は
こういう人たちにこそ、
トロッコ問題を問うてみたいがな。



最後に、泥沼化してる父子鑑定。

腐人は、これの法的処置がどう落ち着くかが知りたくて
追いかけてる。

この手の問題、よくごっちゃになるのが、
「結果の事実」と「経緯の事実」。

「結果の事実」ってのは、
父子鑑定の結果がどうかってことで、
これは検査すりゃすぐに白黒がつく。

ただここに「経緯の事実」、
最初の検査の発端がなんだったのか、
結果がわかったあとどうなったか、
誰が何を言って言わなかったのか、
ってなあれこれのことなんだが、
この「結果」と「経緯」の2つの事実の白黒を
一緒くたに話するから、
どんどん泥試合になるんやけどねぇ・・・。

不毛極まりないと思うのは腐人だけかね?


「経緯の事実」っちゅー贅肉落とせば、
こんなの、取り上げるほどのことでもないと思うが、
大衆は、この贅肉が好きってことになってんだよねぇ。


今朝のワイドショーでは、母側からの反論がでて、
「18になったら再鑑定」
っちゅーてたが、
腐人はこの2年引き伸ばしの間に、
法と金銭の分野で、どういう変化が起こるのか、
もしくは、起こる可能性があるのかが知りたいのだが、
どっかやってくれんかなー。

どゆことかというと、例えば離婚の際に、
子供が18になるまで養育費を支払います、
ってな公正証書作ってたとするじゃん。

もし今、再鑑定して結果が0%で認知無効となったらば、
恐らくこの公正証書に異議申し立てをすると思うんだよね。

こんだけ衆目にさらされて、
子供も巻き込み状態になってんのに、
あと2年引き伸ばすってのは、
これなのかどうなのかはわからんが、
なんかしら「今、再鑑定をやることで被る不利益」があると
思うんだよねー。

そこら、どーゆー「不利益」が生じるか
ってのをやってくれたら、
たぶん、内心で疑いをもってる男と、
内心で青くなってる女が、
すごく見たがると思うんだが。

そして、単なる下世話な興味から出歯亀したい
腐人も見たいんだが。


そいや、今日、最高裁で、興味深い判決がでた。

「親子の血縁関係がない場合の認知について、
 認知者本人が無効を求めることができるか」
が争点だった裁判なんだが、
「無効請求できる」っちゅー最高裁判決がでた。

ってことは、今後、もし父子鑑定で0%がでたら、
認知無効の訴えができるってことで。

まー男性の権利保全を考えりゃ、当然の判決だと思うが、
この裏で、青くなってる女がどんだけいるのか
知りたいとこだわぁ
以下、読書録。

●13日
(19)一般本 『七都市物語』 田中芳樹
  な、なつかしい・・・
  懐かしすぎて涙がでる(/_;)。

  あとがきみたら、なんと1990年ですと!
  うわ、腐人いくつだ?
  それは、ナイショ(^_-)-☆

  なんで急にこんなのひっぱりだしたかというと、
  前に強制的に書棚整理をやらされまして、
  そんときにポロリとでてきたんですわ。

  これ、たぶん今、絶版じゃないのかなぁ?

  暗記するぐらい読んだんで、
  手放そうかとも思ったんですが、
  腐人はこの頃の田中さんの筆が大好きだし、
  ネタも好きだし、
  小林智美さんの挿し絵なんて、
  もし再版とかなったとき、たぶんあり得ない・・・。

  そーゆーのを惜しい!積み重なってさー。

  や、だってホントにおもろいし、
  かっちょいいのよ!!この話!

  これ、続けようと思ったら続けられたと思うんだよね。
  なのにどうして1冊こっきりだったのか・・・。
  もったいない。

  ただ、これを今、再開してくれとは思わない。

  ここでよく言ってますが、シリーズもんってのは、
  その作品の波がきてるときに
  一気にエンドまでいってほしいのだ。

  じゃないと、どーしても、
  年齢とともに作家さんの内面も筆も変わっていって
  作品にそれが現れてくるんだよね。
  
  まーだからこれはこれで終わりでしゃーないのかなぁ。
  モーブリッジJr.にはもっと頑張って欲しいとこだが。


  そういえば、ここでリュウ・ウェイが、
  戦争をやろうと言い出した議員は、
  開戦の際、最前線に従軍しなければならない
  みたいな内容の法を議員立法しようとして否決された
  ってな一文があるが、
  腐人はこれ、大賛成だけどなー。

  ってか、戦争についていつも思うことがある。

  戦争ってね、たぶんこの2つを徹底実行したら、
  誰もしなくなると思うんだ。

  1)やりたいと言い出したやつらだけを、
    一箇所に閉じ込めて、好きなだけ殺し合いをさせる。
    もちろん、水も食糧もなしで、
    生体反応がなくなったら、建物ごと燃やしちゃえばいい。

  2)戦いにおける個人責任を徹底的に追及する。

    要は、司令官命令があったから殺した、としても、
    「Aさんを殺したのは誰だ、Xだ、
     じゃぁ、Xを殺人罪で死刑にする!」
    とすりゃいい、ってこと。

    これは軍ってもんの在り様の大前提を崩壊させる話だが、
    そこ壊せばいいんだよ。
    そこを有りとするから、いつまでたっても人は戦争をする。

    寝言な理想かもしれないが、
    今ある「軍」ってもんを全世界が解散し、
    各国の警察と軍をまとめて
    治安維持の警察機能と、災害救助を足した別組織を作って、
    100人殺しても英雄にならず連続殺人犯とすれば
    よほど人を殺したい人じゃない限り、
    誰も「戦争」をしなくならんかなぁ。

[ 2014/01/14 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。