或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書録 > キセキのねぎだぜ、岩津ねぎ
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キセキのねぎだぜ、岩津ねぎ

な、な、な…なんじゃこりゃー!!!

と、食って、思った。


ちょうど1年ぐらい前に、師匠が
むちゃくちゃ旨いねぎがある、
と、その存在を教えてくれはった。

っても、この時期といえば、
関東では下仁田やら千住が出回っている。

なので、美味しいゆーてもこれらぐらいかな?
とか、大変失礼なことを考えとったんや、腐人は。

それが…その旨いねぎを食した今、

すんませんでした!
腐人が間違ってました!
ごめんなさいぃぃぃぃぃぃっ!!

と、力いっぱい謝りたい気持ちだ…。


そのねぎの名前は、岩津ねぎという。

兵庫県の朝来市特産の葱らしいんだが、
見た感じ、つまり白いんと青いとこの割合は、
下仁田に似てるかもしれん。

いや、でも、下仁田より白いとこ多いかなぁ。

それになにより、下仁田の青いとこって、
ぶっちゃけあんまし食べられないんだよねぇ。

黄色なって枯れてしもてることが多いんで
捨てなならん部分がわりとある。

せやから下仁田って正味食べられる部分をお値段換算すると
安いネギではないんよね。

しかし、この岩津ねぎは、
青いとこのてっぺんまで食べられんのよ。
ほかすところは根っこんとこぐらいである。


切っててびっくりしたんは、その柔らかさ。
ねぎって、下まで切れずにくっつくことあるやん。

それが全く無く、包丁を軽くいれただけで
シャッシャ、シャッシャと小口になる。

千住とかやと、繊維切っとるなぁって感じがすんねけど、
これはなんかちゃうぞ。
包丁がシュッと入って、簡単に切れる。

でも、たまねぎとかねぎを切っとったら、
涙でてくることあるでしょ。
あの反応はすごくある。

ほんで、青いとこ切っててびっくりしたんが、
ネギって、その内っかわにぬるっとするとこあるやん。

アレの量が半端なくて、
包丁いれたらどびゅーんと飛び出してきて
びっくりした。
ああ、もったいない…。

そんなんがあって、てっきりネギ臭っちゅーんかなぁ、
あのネギの辛み成分っちゅーの?
独特な青臭さがあるでしょ、
食べたら、意外にあれが強いんかなー
とか思とったんですわ。

生の段階では。


師匠におススメ料理方法をきくと、
地元ではてんぷらだそうだが、
…自宅でてんぷらは面倒くさい…(~_~;)

春の山菜シーズンだけは、
食べたいから我慢してするが
今はまだそこまで山菜そろてへんしなぁ…。

他には、

●カモ鍋
●牡蠣の土手鍋
●牛肉すき焼き
●焼き鳥のねぎ身(関東では「ねぎ間」)
●いためもの
●牛丼
●中華風(オイスターソース味)の厚揚げと野菜の土鍋煮込み
●アカシタやアジのムニエルをした時に脇で焼く
●細く切ってネギまみれウドン
●ネギ焼き(キャベツいれないお好み焼き)
●韓国風ジョン

といわれましたが、
うち、ここまでメニューバリエーションないっす…(-_-;)

どっちかっちゅーと定番メニューの使いまわしだ。


なので、一番簡単なネギ焼きにしたんですけど、
もぉ、びっくり!

はっきりゆーて、甘い!
はっきりゆーて、ネギ臭さがちょっともない!
はっきりゆーて、むっちゃ柔らこい!

腐人家では、
海老は、生で手に入れるんが大変なんで、
こーゆーとき、桜海老を使うんですよ。
あれやったら乾物で手に入るから。

せやから、いつものお好み焼きやと、
生地は海老の味がすごいんですが、
今日は違う。

ほわんと甘いネギの味がものすごぉしみてて、
でも、臭くは無い。

たまたま焼いてたときに、切ったのが腐人やったから、
超雑やったんで、かなり大きな小口(矛盾しとるなぁ)が、
ころころころりと生地から飛び出して、
1個だけ単独で焼かれたんですよ。

で、味見ーっちゅーて、
ポコンっと口に放り込んだんですが、
これが冒頭の
「な、な、な…なんじゃこりゃー!!!」

だって、ネギとは思えん糖度してんねんもん!!

あんた、なんですか?
なんでネギ臭さがないの??
君、ネギみたいやけど、ホンマはネギちゃうんやろ!?
怒らへんから、正直にゆうてみ?

と、本気で言いたくなりました。

マジで、奇跡のネギや…。

産地では、ねぎまみれ丼とやらゆーのがあるらしいですが、
腐人は、ねぎまみれうどんが食べたい。
絶対うまいで、これ。
な、ポコちゃん!

…今ふと思たんですが、
タヌキにネギ食わせてもええんやろか…?

以下、読書録。

●18日
(30)絵本 『パンダ銭湯』 tupera tupera
  パンダしか入場できない銭湯。
  いったいかごの中に何をいれるのか。

  腐人は「チャッ!」よりも、耳の謎に、
  「おおお!そーだったのか!」
       ↑
     や、違うし。

  どーでもええんですが、
  サササイダー\100の味が知りたい。

  そしてパンダがどうやって入浴料をかせいだのかも…。

(31)絵本? 『悪い子のすすめ』 グリゴリー・オステル、毛利公美、尾崎仁美
  これはロシアでものすごく売れた本らしい。

  そして、新しい文学形式(助言)を生んだと
  いわれてるんですと。

  でもって今、類似作品がどんどんでてるそう。


  どーゆーもんかというと、
  皮肉がピリリと利いた風刺詩みたいなんだが、
  なかなかおもしろい。

  1つだけ紹介しよう。

  腐人は次の都知事選立候補者に、
  これを是非、送りたい。
 
  「きみが世のため人のため
   役立つことをしたいのに

   どうしていいのかわからずに
   とほうにくれているのなら

   玄関先や入口の
   電球どんどん割るといい

   みんながきっと喜んで
   きみにお礼を言うだろう

   だって世のため人のため
   節電するのはいいことさ」
[ 2014/01/19 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。