或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-』について
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-』について

ネット復調。
これか?と怪しいところを直したら、すぐ直りました。
簡単に直って、よかった。

長期戦になるなら、
それはそれで別の対策練る必要があるからさー。

それにしても、こういう事態になると、
いかに現代ビジネスが、ネットに依存してるか、よくわかる。

腐人なんぞは、
ネットがなかった頃の仕事のやり方を知ってる世代だから
なきゃないで、昔に戻って仕事すりゃぁいいのね、となるが、
それを知らない世代は、
「ネットダウン?
 データ送れない?
 どーしたらいいんですか!!!」
とまー、プチパニック起こしてました。

あるじゃんねぇ、方法いろいろ。
日ごろから、柔軟性と応用力を鍛えとかんといかんぞ。

いつまた、インフラ大崩壊な災害が
起こらないとも限らないんだから。


で、昨日やりそびれた読書録ですが。

えっと、本日、腐人は
待ちに待ってた某早売りを入手したもので、
読書にふけりたいの!

よって、サクサクまいりましょう。


(259)一般本 『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃』 呉善花、石平、黄文雄


これは、呉善花さん、石平さん、黄文雄さんが、
韓国・中国・台湾について対談された・三部作の1つ。

実は、2作目で、腐人は1作目を読んでない。

なんでって?

それは図書館に聞いておくれ。
一緒に頼んだのに、2作目が先にきたんだよ。

でも、読む上で問題は全くありませんでした。


他の2冊がわからんのですが、
これはどうも韓国がベースなのかな。

っちゅーても、対談の流れで、テーマが広がっていくんですけど
それについて、それぞれのお立場で回答してってくから
中国の話でもあり、台湾の話でもあったので
正直、よくわらかんです。


非常に読みやすく、わかりやすい。

日本滞在がかなりになられる方々とはいえ、
日本語力に脱帽。
すごいなぁ…。

腐人もこのぐらいの年月外国にいたら、
外国語でこれだけ言えるようになるんだろうか?

…試すまでもなく、無理だと思う…(;一_一)


この本を読んで、一番、目からウロコだったのが
ハングルと歴史の話。

韓国は昔、漢字の国だった。
しかし、近代になってハングル文字を使うようになった。

ってことぐらいは腐人も知っていた。

しかし、それがどういう意味を持つか、
歴史の途中で文字が変わるということはどういうことか、
全くといっていいほどわかってなかったことを
この本を読んで知る。


どういうことかというと、今の大統領の世代は、
ハングルしか知らない世代なんだそう。

そうすると、ハングル文字に訳されていれば
日本で言う、古事記や日本書紀、源氏物語などが読めるが、
訳されていなければ、昔の歴史書って読めないのだ。

言われてみれば当然なんだけど、
例えば、腐人だって、古典の原書を読めといわれたら無理。
あの文字は、昔、勉強したけど、今はもう解読できん。

でも、もしそれが、印刷された古文だったら、というレベルなら、
たぶん、読める。
英文よりは確実に読める。

しかし、ハングルと漢字という違いは、
この、日本語の古語と現代語ではなく、
日本語と英語のような違いになる。

とすれば、腐人でいえば、
英語で書かれた古事記を読めってことになるので、
逆立ちしたって無理!の領域になる。


それで、ふと思い出したが、昔、電車に乗ってたら、
九州から青春18切符で日本縦断しとんねん、
っちゅー、韓国の兵役を終えた兄ちゃんたちと
一緒になったことがある。

4人がけの席のうちの3人に囲まれてしまい、
やりたくないのに国際交流を強いられ
拙い英語でなんとか会話していたのだが、
腐人の英語力では、早々に行き詰まってしまった。

「そうよ!
 アジア圏なら筆談があるわ!!」
と思って、漢字を並べて書いてみせたところ
「わからん」
と言われたのよねぇ…(-_-;)

中国、台湾だとこれでかなり通じるのになぁ。


ま、そういうことを考えると、本書で、

歴史認識、歴史認識と言ってるが、
ハングルしか読めないのに、
どこまで自国の歴史を正しく知ってるのか、疑問がある、

ってなことが書いてあったんだが、
確かにな、と思う。


それこそ、
「お前は伊藤悠さんの『シュトヘル』
 これまでどない読んどったんじゃ!!」
とお叱りの言葉をいただきそうだが、
そういうことなんだよねぇ。

なので、あの大統領があっちゃこっちゃで言ってる言葉は、
韓国の学校の先生が言ってる言葉そのままなんだそうで。

ふぅぅぅん。


そういや、本書で、それぞれで反日とやってるが、
その本質は全然違うんだって解説があり、
これまたなるほどー。

と思うと同時に、
腐人は自分とあわない人とのつきあいは、
ドシャットする人なので、
なんで日本は、
こんな国々とつきあおうとしてるのかが解せなくなってきた(~_~)。


前も書いたが、これ近所づきあいに例えてみたら、
話が通じない、迷惑な人AとBとCでしょ?

切り捨ててかまわないのは絶縁。
切り捨てるには
ちょっと問題がある(ビジネス上でとか)のは疎遠。
お互い様ぐらいなら顔見知りづきあいで留めとく。

それがセオリーじゃない?

付かず離れず、利用できるところは利用して、
でも自分の権利と立場は、
侵略されないよう、しっかり守る。

相手が話の通じないモンスターだなと思ったら、
まともにとりあっちゃダメだよねぇ。

引っ越せれば一番いいんだろうけども。



大体さ、この本書のタイトルで言われてる「恩」。

今、各国のインフラが整っているのは
日本の支援による。
っちゅーても、これが戦争の賠償なんだよね。

…じゃ、終わってるじゃん、民事部分…。
今、またなんかやってるけどさ。


ま、それはともかく、
その支援によって、各国は今の状態になってったと。

しかし、そんなことはすっかりさっぱり忘れてんのか、
忘れたふりをされてるのかになっている、
っちゅー話なの。

で、後のほうに、歴史の話があって、
韓国については上記に書いたとおりなんだけど、
中国については、それこそ4000年の歴史において、
「革命(命を革める)」をするたびに、
前王朝の全否定からやる、を繰り替えしてきたため、
歴史ってのは、
「そうあってほしい」もの
「そうあってはならない」もの
で創りあげられてきたもんだっちゅーのね。

…なんか…
彼らに対し、一所懸命に反論するのがバカらしくなる
と思うのは腐人だけだろうか。


他にもいろいろ、「は?」と思うようなことや
何がしたいんだかよくわからん…(~_~;)
と思ってた彼らの行為の意味は、こういうことだよと解説があり、
「そうだったのか!」と
目からウロコが落ちまくり。

それにしても読めば読むほど、
もし腐人が、
「日本」から「どうしたらいいと思う?」と訊かれたとすると

「引っ越せるなら引っ越せば?」

と言いたくなるね。

国土ごと、別の海域にいけませんかね?

正直、この3国の指導者クラスには、
李登輝さん以外にまともな人はおらんのか?
と思う本だった。



以下も読書録だが、時間がないので、さっくりと。

(260)BL/キャラ 『七歳年下の先輩』 榊花月
  うーん……(~_~)

  考えたけど、コメントがでません。


●8日
(261)BL/ディアプラス 『甘い手、長い腕』 一穂ミチ
  日本のモノづくりって
  ホントすごいんだよね。

  腐人としては、あるモノをみたときに
  「軍事転用してもうけりゃいいのに…」
  と思ったことがある。

  もしそうなったら、たぶんダイナマイトや原爆に次ぐ
  新しい兵器になると思うのよー。
  ビジネスチャンスを失ってるわー。

  って、不穏なことをゆーのはこの辺にしときましょう。

  でも、そんくらい日本の技術ってすごいんだよね。

  そして、それは、正直、紙一重だと思うんだよ。
  そこにあるべきは人の理性。
  技術を持ってるのが、
  理性に勝る日本人でよかったねぇ。

  
  とはいえ、技術はあっても売り方がヘタクソなのは
  よくある話。

  ま、がんばれねー、二人とも。


  そして個人的にこの本で100点満点をあげたいのが!

  もちろん、ふすまから
  ワクワクしながら覗いてる太一くんよ!!!

  なにこのかわいらしい口元!
  落ちそうなくらい大きなおめめがキラキラしてるわよ!

  
  ちょっと!
  ここをセンターにもってきて、
  400倍に拡大してトリミングしてぇぇ!!

  もうかわええて、かわええて、
  鼻血ふきそうになりました。

  こんくらいの頃って、周りの大人のゆってることは
  ほぼわかってんだけど、
  自分の思ってることを表現できないんだよねー。

  ああ、姫も王子もそんな頃あったなぁ。
  今じゃ、一言言えば100倍返ってくるけれど。


  それにしてもお互い実家っしょ?
  場所に困りそうなカップルだなぁ。
  どうするんだろ?
  (何がなのかは、察してください)
[ 2014/04/09 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。