或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 記憶に残る完結漫画 > 越年気まぐれ連載・記憶に残る完結漫画 白泉社・LaLa編
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

越年気まぐれ連載・記憶に残る完結漫画 白泉社・LaLa編

最近、あまりにギリギリの話題が続いていたので、
今日は趣向を変えまして、
去年より引っ張りまくってる
「記憶に残る完結漫画」シリーズをしましょう。

っちゅーか、あとLaLaだけ残して、
ずーっとずーっとずーっと引っ張りまくってた己が
いかんのですが。

ここでスパッと、片付けやしょう!

…と思ったが、あまりに久々すぎて、
どーゆーノリで書いてたかをド忘れしている…。


ああ、作家さんと作品をあげて、
あとは自分の思うがまま書きまくるで、いいんだな。

って、いつもやっとる通りやないか!


では、つらつらと思いつくまま、レッツ・ラ・GO!


●樹なつみさん

なーんか、最近はえらい遠くなっちゃった感じがあるんだが、
初期作品が好きですね。

『マルチェロ物語』
『朱鷺色三角』
『パッション・パレード』
『OZ』


ここらまでは文句なく、好きだといえる。

微妙なのが、
『花咲ける青少年』で、
ここらぐらいから、なんとなく、
作家さんの一人遊びなところが感じられてきて、
作品に入れなくなってきた。

流麗な色気のある線が生み出す独特の世界もいかったのだが、
人がもつ、どろどろした暗い感情を隠すことなく描く
ってのがよかったんだよね。



●清水玲子さん

といえば、世間的には、
『輝夜姫』だの、
『月の子 MOON CHILD』だのなんだろねぇ。

悪いが、腐人は、
清水さんの長編っておもろいと思っとらんのです。

中編がまあまあで、
最も良いのは、短編だと評価している。

だったら、
『100万ポンドの愛』ですか?

と問われそうだが、確かにあれはいい。
ロボットシリーズの中では、
あれが一番いい。


でも、腐人が好きなのは違うんだな。

それは、コレだ!
  ↓
『天女来襲』


ちなみに、『ネオ・ドーベルマン』も悪くないんだが
どーして女なんだ!!!
    ↑
 それは少女マンガだからだろうよ…。


もっと短編書いてくれないかなぁ…。



●森川久美さん
 『南京路に花吹雪』


後で知ったのだが、タテ社会つながりで、
今市子さんがアシスタントされていて、
この原稿をみると、当時の過酷な日々を思い出し
吐き気がこみあげる…そうで。

これぞ、大河ドラマ!!!なストーリー展開が
すげー好きだったなぁ…。

いろいろあって、掲載があっちゃこっちゃとなり、
シリーズがきれいにまとまってないのが、すげー残念。

通しで一気読みをやりたい話。



●安孫子三和さん
 『みかん絵日記』


チビが好きで、ケモミミが好きなら、
これを読まずにおれまっかいなー!!!
って話で。

でも我孫子さんの作品は、
あの独特のほんわかした世界も好きなんだよなぁ…。



●ひかわきょうこさん
 「千津美と藤臣君シリーズ」
 『荒野の天使ども』
 『時間をとめて待っていて』


ほわほわした女の子とは対照的に、
男性の動きの表現がおもろいので、
『彼方から』もいいんだけど、
あげろといわれたら、絶対コレらだよなぁ…。

『女の子は余裕!』も好き。




白泉社さんは、作家主義だから、
作家さんの描きたいことを大事にしてはるんやな、
ってのは、読んでてよくわかる。

が。
なんか最近、それが悪い方向にでてないか?
ってな気がせんでもないのよ。

といっても、そう言えるほど最近の作品を読んでないんだけど、
次第に読まなくなってしまったのは、
あまりにも作家さんの独りよがり感が強くなりすぎて
読めなくなってきたからだ。

新しい人は、まだいいんだけど、
それこそ想定読者以上に読まれるようなヒットを出した作家さんたちに
その傾向が、顕著にみられるような気がするのね。

もう編集が口出しできないというか、してない??

なんか、
読み手が置き去りにされてるよーな気がするんだ…。

私の世界がわからない人は、読まなくても結構よ!
みたいな。

違うかなぁ?


読み手の腐人自身も経年変化をしているから、
受け取り方が変わったというとこもあるんだろうけど、
ベテラン作家さんたちの初期作品のほうがよかったな、と
どうしても思ってしまう。


ま、そことは別んとこで、
LaLaなのに、どうして××さんの作品がないの!?
ってのは、
えーっとえーっと…読んでないわけじゃないんです。

LaLaは、一時、雑誌嫌いの腐人にしては珍しく毎月読んでたので、
そういわれそうな作家さんの名前がいくつも浮かんでくる。

が!
すんません!
腐人がおもろいと思えなかったんです!

なので……(;一_一)

ということで、以上とさせていただきます…。



これで一通り、「記憶に残る完結漫画」を書き終えたはずだ。

っちゅーても、そもそも腐人の記憶が、
実くん(by『赤ちゃんと僕』)の食べこぼしのよーに
ボロボロこぼれまくりなので、抜け落ち満載だと思う。

それに、現在進行でも、どんどん完結漫画は発生しているわけで、
そして、その中にも、記憶に残るいい作品があるわけで、
まーまたいつか、付け加えたいなと思ったら、
このテーマを立ち上げるかもしれません。

が、ひとまず、これで終わり!


やっと一つ宿題が片付いた…ほっ。

で、思い出したが、著作権の話も途中だったわね…。

1歩すすんで、1歩さがる~♪



以下、読書録。

●8日
(344)BL/プラチナ 『愛犬志願』 宮緒葵
  おもろいとは聞いていたが。

  は、腹が痛ぇっ…。
  シワが増える!!

  最近、あんましカッとんだBLをみかけなくなったなぁ
  と思っていたところなので、大笑いさせてもらったよ。
  ありがとう。

  こーゆーの読むと、BLの懐の深さを感じるね。


  腐人の中では、宮緒さんの分類はエロだったんですが、
  BLトンデモにいれてもいいなぁ、これだと。


  ここまでバカ犬に突き抜けてくれると、
  もう、生温い目で見るしかないよな。

  個人的には行光が好きですが。

  っつか、安綱。
  あんたそんなに大きな力もってるくせに
  小型犬に化けることもでけんのか?
  
  旭、「無能」って言ってやれ。


  それとさー思ったんだが、異空間があるなら、
  なんでそこに現ナマ置かないの?

  そんな操作して銀行にあずけるよか、
  そっちのが絶対ええって。
  
  あの名前を言ってはいけないトコロを
  舐めたら痛い目みるぞ。


  それにしても異空間って便利だな。
  腐人の汚部屋でタワーを成してる本も
  そこに置かせてくれんかなぁ。

(345-347)マンガ 『ラストイニング 1~3』 神尾龍、加藤潔、中原裕
  とりあえず10巻までだかがあるので、
  そこまでいって総括します。

  正直、『砂の栄冠』と、
  傾向は似てる気がするが、
  こっちのが毒がなくて読みやすい気がする。

  どーでもええけど、
  思いっきり浦沢直樹さん感じる…。 


  そしてもう一つどーでもええんやけど、
  なんで高校野球マンガの舞台に、埼玉が多いんやろ??

  なんかあんねやろか…。
[ 2014/05/09 ] 記憶に残る完結漫画 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。