或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 頑張って『モモ』を読みました
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頑張って『モモ』を読みました

がぁぁぁぁぁっ!!!
やっぱ、わかんねぇ!!(>0<)!!


・・・なんでこんなセールストークにひっかかる?

っちゅーか、こんな聞いたこともない銀行、
まず金融庁が銀行免許だしとるかどうか調べるとこからでしょ!

そんでもって、資産状況チェックでしょ!

ほんでもって、売りにきた商品の内容チェックでしょ!
元本保証なのか、年利がいくらなのか!
そいから、ペイオフ対象なのかどうか!

そんな基本のキの字の確認すらせんって、
あんたたちって、オレオレ詐欺にひっかかる高齢者かー!!!

と思ったよ、
ってなことゆったらさ、きっとさ、

「や、だから、『モモ』ってそういう話じゃないし」

といわれるのは、わかってんだけど、
腐人としては、まずこのハードルが乗り越えられないのよ

だから、お話世界にそもそもが入れないんだよなぁ・・・。


そこを無理におさえて読んだとしてもね、
次に来るのはコレ。

「ちょっと、モモちゃん、
 あんた風呂に入らないの?
 臭いじゃない!」

「ちょっと、モモちゃん、
 あんた着たきりスズメで洗濯もしないの?
 匂うじゃない!」

「ちょっと、モモちゃん、
 あんた手も洗わずにご飯たべちゃうの?
 汚いじゃない!
 病気になったらどうするの!
 保険もないのに!」

とかなっちゃうんだよ・・・(-_-;)。

本筋じゃないのはわかってんだけど、
風呂にも入らず、服も着替えず、手も洗わないような子が、
セルフサービスのファーストフードに並んでたら、
他の客の迷惑だと思うのは
腐人だけだろうか・・・。

ニコは営業妨害だと思わないんだろうか・・・。
図書館ですら、
匂う人はご遠慮くださいってなってるのに・・・。

店員とおしゃべりして列を滞らせるとかゆー以前の問題で、
腐人だったら、そんな店いかないけど、
なんでエンデさんは、そこに注意がいかなかったのかねぇ。

それが謎。

ドイツ、もしくはイタリア(だよな、想定は)ってそういう人が
セルフサービスのファーストフードに並んでるのが
普通の国なの???


「おめー、そういう瑣末事に囚われんと、
 もっと主眼を読めよ!大局を見ろ!」

と言われそうなので、
お風呂に入らないクチャくてキチャナイ子のことは置いといて、
現代人の時間について、を考えてみる。

むかーしむかし、これを初めて読んだとき、
どうして、さっさと、てきぱき片付けることを
非難されなきゃならんのだろう?
と思った覚えがある。

特にやりたくないことなんか、
もたもたやるよかさっさと片付けちゃった方がいいじゃんってね。

その根本的な疑問は、今も不変なんだけど、
あの当時から、今はさらに、
あらゆることに「早く!早く!早く!」となっているのは、
腐人も感じてる。

でも、だ。

腐人自身が図太くなってしまったため、
昔は、「早く!早く!早く!」といわれたら
一緒になって焦ってたけど、今じゃ

「は?
 なんであんたのペースにあわせなきゃなんねぇんだよ。
 都合がある?
 それがどうした。
 あんたの事情なんぞ知ったことか。
 こっちはこっちのやりたいようにするさ~」

となっとるので、
結局んとこ、周りがどうあれ、自分がどうか、じゃね?
といういつもの結論になってしまう。

だから、余計に『モモ』の世界が理解できない・・・。
 
でも、この腐人の姿勢ってさ、
ゆーなりゃモモもそうじゃんよ!

風呂に入らないし、服洗濯しないし、手洗わないし!

・・・こだわるな・・・。

となってくっと、結論としては、
「しっかりと、自分モノサシをもって、
 まわりに流されることなく
 鈍感力を身につけましょう!」

って話なのか???


たださ。
大人はね、そんでいい気がするんだ。

だって、自分の人生をどうするか、
自己責任の領域だからさ。

まわりに流され、時間に追われるのも、その人の人生だし。
好き勝手生きて、野垂れ死ぬのも、その人の人生だし。

でも、子どものトコロの記述読んでて、
ちょっとうーん・・・と思っちゃったんだよね。

子供は、まだそこまでの裁量権を自分がもってないじゃん。
だから、どうしても環境や親に左右される。

そして、それを「正しいこと」として育つわけで。

であれば、どうあるべきなのかなぁ・・・とか思ったの。


っちゅーのも、現実の話として、
うちに遊びに来る姫なんですけどね、
この春から、幼稚園に行きだした。

腐人は、それこそ××年前の己の記憶から、
そうなったらもう、ウチに遊びに来なくなるだろなー
とか思ってたの。

だって、腐人がガキの頃ったら、
「ただいまー」っちゅーのと同時に、荷物ほりだして、
「おなかすいたーおかしちょーだいー」っちゅーて、腹を満たしたら、
「いってきまーす」ゆーて、
日が暮れるまで友達と遊びほけてたから。

しかし、だ。
そんな腐人の予想に反し、
姫は相変わらずやってくる。

それもご丁寧に
朝っぱらから、腐人を起こしに、だ・・・(-_-;)

やーめーちーくーれー・・・


素朴に疑問に思ったので、
姫が通ってる幼稚園がちょいと遠いとこにあるため、
「近所に同じ園に通う子がおらんからかね?」
と、夕食時に持ち出してみたところ、
職場に子持ちが多いため、現代チビっ子事情に詳しい血族が、
ちゃうちゃう、と教えてくれた。

最近のチビっ子ってのは、非常に多忙なんだそうで。

まぁ、付き添うママも多忙で、その都合もあるんだろうが、
遊びの約束1つにしても、事前に予定調整がいるらしい。

うーん・・・
腐人なんぞ、アポなし突撃で、相手ん家に押しかけて
「●●ちゃーん、あーそーぼー」
とかやっとったけどなぁ。

そんなんでけんのか・・・。

さらにいえば、腐人家のある地域は、
交通量の多い住宅密集地なので
遊び場である公園に行くまでも、かなり危険。

子供だけで、なんてとんでもない!
となるようだ。

腐人ですら近づきたくないような、
おかしな人も多いし。

今思えば、腐人の子供時代って
いろいろ恵まれてたんだなぁ・・・。


でも、それが時代といえば時代だし、
どうしようもない部分もあるんだろう。

しかし、そんな環境の中で育った子供がどうなるのかね。

それは未来になってみんとわからんが、
でも、あの灰色の男らレベルのセールストークに
コロリと騙される人には、なってほしくねぇなぁ。

よし!今から鍛えておいてやろう。
      ↑
     やめろー!



(439)一般本 『モモ』 ミヒャエル・エンデ、 大島かおり
以下、読書録。

●28日
(440、441)マンガ 『よしとおさま! 9-10』 四位晴果
  名前の話。

  単純にここまで連載になると思ってなかったから
  四位さんが考えてはらへんかっただけちゃうのか?

  どーでもええが、サビ・・・あんたどんどん弱なってね?
[ 2014/05/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。