或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > きょうだい児と、正論による言論の封殺
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きょうだい児と、正論による言論の封殺

おとといは、『トッキュー!!』
パラ見再読をしただけなんで、
昨日のブログはどーしよーかなーと思っていた。

気になるネタとしては、
EUが、ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチに対し
とうとう調査に着手するっちゅー話。

どっちが勝つんだか見物だなと思ってたぐらいで、
いつものよーに発言小町を覗きにいった。

発言小町は今年で15周年なんだそうで、
今、過去のトピの中から思い出のトピを教えて
ってのをやっている。

読んだものもあるが、未読のものもあり、
それらをポチポチやって読んでたら、
思わずうーんと考えてしまったものがあり、
ついつい、すごく読みふけってしまったのだ。

子どもが障害児、二人目を産みますか?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1026/153473.htm

簡単にまとめると、

生まれた子供に障害があり、これまで精神的にも大変で
経済的にも余裕がない。
だが、当の本人が弟妹をほしがり、
将来を思うと、兄弟があったほうがいいのか悩んでいる。
意見を聞かせてほしい

って感じの相談でね。

腐人は、非婚主義者の出産拒絶派なニンゲン不要論者なので
腐人自身の意見は言いません。

ってか、ここまで書きゃ書かずともわかるわなぁ。


ただ、この相談に返って来た答えがね、
ものすごく考えさせられるものだったんだわ。

回答は、大きくいえば4つの立場からきた。

1つは、障害児をもつ親。
1つは、きょうだい児。
 これは、兄弟姉妹に病気や障害がある人がいる健常者のこと。
1つは、障害者本人。
そして、それらのどれでもない人。

この問いが、きょうだい児を生むべきかどうか、
という話だったせいか、
きょうだい児さんが、これまでずっと言えずに
自分の中に溜めてた気持ちが噴出してね。

腐人は発言小町って、大抵、ざーっとしか見ないんだけど、
これは全部のレスを読んでしまった。

そりゃ、障害の程度や種類、
親御さんの姿勢や経済状態、
きょうだい児が自分だけなのか、他にもいるのか、
周囲の状況がどうなのか、
そういったいろんな要素が絡み合って、
同じ事例なんて1つもない。

でも、きょうだい児さんたちに共通する、
「よその家に生まれたかった」
「いなければいいのに」
という思いが否定できないことの苦しみ、
そしてそう思う自分への嫌悪、
それが一生のしかかってくるという重さ。

それはすごく伝わってきてね。

なんかもう・・・
これは全くの傍観者でしかない腐人が
言える言葉なんてないわ・・・。


ただ、すごく気になったことがある。

彼らの多くが、その思いを外に出せずにいた。
家族にも、友人にも、誰にも言えずにいた。

このトピは、相談そのものについては、
トピ主さんがわりと早い段階で、
皆さんの意見をきいたうえで、
自分の結論をしっかり出されたので、
実は、早々に〆ることもできたのだ。

しかし、書き込みをなさったきょうだい児さんたちが、
「これまでこの思いを吐き出すことができずに苦しかった」
と言われたため、
そういう場として残します、としてくれた。

なので、後半は
それぞれの思いを吐き出す場になっていったのだが、
その中で、やっぱりでてくるんですよね
こういう誰でも見られる場で、そういうことを言うのは・・・って。
他の障害者の方だって見てるから、いい方考えろ、って。

これについては前に書いたとおり、
腐人は、こういう「正論」大嫌い。

だって、どうやったって現実は現実でしょ。
したら、その現実と、
本音をむきだしにしてガチでやりあわないと
本当の問題解決方法はみつからないじゃん。

論理をすりかえて、
問題を直視することから逃げて、
あいまいにごまかしてるようにしかみえないんだよな。

で。
案の定、反発があった。

障害児の親が、親の会みたいのをつくるように、
いえる場を作ろうとしても、
こういう「正論」とか「人権」とかをかざす人が
でてきてつぶされる。

自分たちはこの苦しい思いをはきだすことさえ
許されないというのか?

って感じかなぁ。

中には、この思いを言ってこなかったことが
間違いだったんじゃないかという人も。

というのも、ここできょうだい児たちが本音を出したことで
障害児の親たちが、
その経験から、親にどうしてほしかったか、
これから自分たちはどうあればいいのかを
もっと教えてほしいとおっしゃるんですよね。

かざされる「正論」によって封殺されていた言葉を
ききたいという。

正論ってさ、言ってる方は気持ちいいよね。

正論だから、相手やりこめられるし。
自分、正しいし。

でもその結果は?

腐人も議論が面倒くさくなったら
つい正論を持ち出し気味なんだけど、
それって臭い物に蓋して、問題先送りにするだけなんだよね。

今後注意しようと思った。



それにしても、親の立場から、
「自分が死ぬとき、連れて行きます」
ってのも、うーん・・・・・・。

障害者ご本人らによる
「母よ、殺すな!」って言葉を思い出した。

トピ主さんが途中で、
親の立場でも、きょうだい児の立場でも、
悩みの根本は、
障害者が自立できる社会じゃないこと
とおっしゃってるんですが、
まぁ、そうだよね。

障害者でも自立出来ますよなら、
ここまで苦しまないかもしれない。

腐人は人非人の人でなしだから、
だったらこうしたら?
なんちゅーろくでもないことを考えてしまいますが
(さすがに書きません)、
きれいごとやら建前を一切排除して、
心から血を流してでも本音をぶちまけあえなければ、
この問題はいつまでも一部の方だけが我慢して背負え
ってことになるんだろうなぁ。

このトピは、すごく考えさせられる
とても大事で重要なことが書かれてると思うので
できれば末永く読める状態にしてほしいなと思った。

よければ皆様も一度、ご覧くださいな。

以下、読書録。

●12日
(489)BL/リンクス 『暁に濡れる月 上』 和泉桂
  久しぶりの清澗寺。

  えっと下巻読んでからコメントします。

(490)マンガ 『亜人 4』 桜井画門
  レンタルしにいったら、
  同じ本に手を伸ばした人がいて
  (複数あったので取り合いにはなりませんでした)
  見ると、女性。

  その後ウロウロしているときに、
  他人様の籠に入ってるのをみて、
  持ち主をみると、こちらも女性。

  ん?これは女性によく読まれてるの??

  まぁ、絵もきれいだしねぇ。

  それにしても、これは亜人対亜人的なところがあるから
  4巻が出せたのか(^_^;)?

  なんかどんどん話が複雑化してきてんだが、
  腐人が忘れないうちに、オチますように・・・。

  そして消防士さんが気になる・・・。

(491)マンガ 『ボールルームへようこそ 6』 竹内友
  女子率高いなぁ・・・。
  そして皆、姿勢がいいからスタイルがよろしくて。

  たたらは、素質とか技術とか何とか以前に
  性格に問題があるんではないかと思うんだけどな・・・。

(492)マンガ 『PとJK 4』 三次マキ
  悪いが、腐人は大神母みたいのは大嫌いだ。

  親になりきれねぇやつが、
  安易にガキ生むんじゃねぇよ!

  こーゆー人から生殖機能を
  強制除去できないのかな・・・
[ 2014/06/13 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。