或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 読書録を片付けます
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書録を片付けます

せんならんことはあるんだがー
やる気にならーん・・・

ま、いつものことか。

そういえば、昨日、オステにいったら、
鉄板になった背中を
柔らかくする体操ってのを教わった。

1)背中を伸ばした状態にする

2)ラジオ体操にある
腕を上下に伸ばす運動の、
上に伸ばす部分だけやるんだが、
ポイントは、それをゆっくりやること。

あげるのに4秒、さげるのに4秒かける。

3)で、これを10回繰り返す

これだけ、なんだけど、
今朝、さっそくやってみた。

ってのも、最近、布団があってないのか、
腰や背中が痛くて目が覚めることが多くてさ。

半分寝ぼけ状態でも、できるし、
やってみると、終わる頃には背中の痛みが消えていた。

すげ!

問題はこれを続けられるかだ・・・。
がんばれ!腐人ちゃん!!

●13日
(493)一般本 『ウォール街の物理学者』 ジェイムズ・O・ウェザーオール
  クオンツができるまで、の話かなぁ。
 
  19世紀末のルイ・バシュリエにはじまり、
  現在までの金融工学に関わった著名人を各章で紹介し、
  いかにして、ウォール街において
  物理学者が席巻するようになったか
  を書いてる本。

  正直いいます。

  書いてあることのうち、それぞれの業績部分は、
  さっぱりぽんのすっぱりぽん、
  わかりませんでしたー!

  っつか、わかったら、腐人、
  トレーダーとして大もうけしとるっての。

  ただ、数式は別にしても、
  ゆわれてみたら、
  なんとなくそうなる流れはわからなくない。

  例えばディディエ・ソネットさんという
  臨界点の予測をされる方なんだが、
  この方は、アジア通貨危機による暴落や
  リーマンショックを見越していた。

  その説によれば、
  大暴落(ドラゴン・キング)が起こるのは突然ではない。
  その前に、小さな動きが積み重なって、
  それが臨界点に達すると暴落が起こる。

  その例として社員の不満と労働組合の話がでてくるんだが
  確かにそれいわれるとわかる。

  でも、凡人にわかるのは、
  それが起きた後なんだよねぇ・・・。

  
  ま、それはともかく、物理学者によって
  膨大な量の人の動きや情報が数値化され
  数式で表されると、
  金融や実社会の問題を予測することができる。
  それは確かだ。
  
  しかし、それは「それで完成」という
  完璧さや完全さはない。

  どこかに限界があり、どこかにバグがある。
   
  ってことをわかってなきゃならないんだが、
  大抵の人にはそこが抜けてるから、
  すげーモデルがでたぞとなると、
  それを頭から信じて使用しまくるんだが、
  いつかは、潜んでるバグが原因で、暴落がおきる。

  そして、その波に一緒にまきこまれてしまう。

  わかってる人は、バグをみつけて修正案を考え出し
  自分たちは危険回避をしとるんですけどね。

  それが腹立たしいという人もいるようですが、
  こういう取引やギャンブルなんてとこでは、
  誰かが大損し、知らない誰かがもうけてる
  ってのは古来からよくある話でねぇ。

  クオンツさんたちが悪いわけじゃない
  と腐人は思う。

  ただ、だ。
  小さな波は、人にさほどの被害を及ぼさないが
  大津波となると、そうじゃない。

  なので、それをある程度に抑える為に
  暴走規制ってもんがいるんじゃないの?
  と思うんだけどな。

  っても、規制をする側が
  理解してなきゃできないというとこが
  たぶん一番のネックなんじゃないかなぁ。

  科学はしんどいわりに、もうからないから
  理系のセンスはあるけど文系にする、
  っちゅー方、これを読んだら考え方が変わるかもね。

  でもさ。
  金融のやりとりは、確かに金が稼げるかもしれないが
  あなたがそうしてる裏で、
  誰かが土を耕し、家畜を育て、エネルギーを作ってるからこそ
  その生活ができるんだってことを
  忘れないで欲しいなと思う。

  そこが崩壊したら、
  悠長に取引なんてやってらんなくなる。

  それがわかってないようなところが、
  腐人は一番怖いと思う。

(494)マンガ 『俺物語!! 6』 河原和音、アルコ
  母ちゃん、4キロ以上ってすげー・・・
  それも超っぱやで・・・。
  たぶん高齢だろうに・・・。

  それにしても、一般的には
  兄弟と、こういう年齢差で生まれると
  お年頃だから親への反発とか、微妙なんだが
  まぁ猛男だしなー。  

  真希ちゃんはいい子に育ちそう。

  それにしてもパパが普通の会社勤めみたいで
  それにびっくり。
  レスキューじゃないのか・・・(外貌で勝手にそう思ってた)。

  そして砂・・・。
  いやー!!
  君には男道にいってほしかったーっ!!
      ↑
     一般少女マンガだから無理だって 
     
●14日
(495)マンガ 『すみれファンファーレ 1』 松島直子
  あわないかなぁと思って読まずにいたんだが
  たまたま目に付いて読んでみた。

  いやーなんてええこなんや!
  すみれちゃん!!

  自然に、こういう思考、こういう視点が
  もてるのはええね。
  
  話ちょっと変わるが、ストレスって
  「ストレスは身体に悪いものだ」と思う人には
  悪く出る(病気になりやすい)が、
  「これはよりよい結果を出すための活性剤だ」
  と思えたら、逆にプラスに働くそうで。

  本当のポジティブシンキングってのは
  こーゆーこっちゃやないのかね。

(496)マンガ 『外天楼』 石黒正数
  腐人が行く本屋の中で、
  店員さんおススメに外れがないとこがある。

  そこで、これが以前、おススメになっていた。

  が、どーもなんか匂いが違う気がして
  ちょっと手を出さずにきたのだが、
  これまた目に付いたので読んでみた。

  ら。
  いやいやおもろいじゃないですか。
  すんません!おススメを疑って!!

  でも、正しくいえば、
  おもろいというのもあってないような。

  おもしろいといえばおもろいんだが、
  キツネにつままれたような気がする。

  これで終わっちゃうの!?
  
  素朴に疑問なんですが、
  姉ちゃんには生理があったんでしょうか・・・。
  なきゃ妊娠できんけど、
  あるようにも見えない・・・。

  そこが、気になる。
[ 2014/06/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。