或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> チビネタ&読書録 > 久々のチビネタ
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々のチビネタ

忘れぬうちに、
クール・ジャパンの続きを書こうかと思ったんですが、
ちょっと体力がない・・・(-_-;)。

なので、久しぶりのチビネタでごまかそう。


春から幼稚園に通い始めた姫。

月曜から金曜までは、
幼稚園の帰り道、腐人家に寄ってお菓子を食べ、
土曜と日曜は、幼稚園代わりに腐人家にやってくる・・・
のが、なんか定番化しとらんか!?
ってなぐらい、来る頻度は減ってない。

確実に、実祖父母ん家より、腐人家にきてる・・・。

といっても、姫はとてもいい子で、
最近は、進んでお手伝いをしてくれたりするので
遊びにこられて迷惑ってのは、ないのだ。

むしろ、戦力になってるぐらい。
(ただし、自分が手伝った料理は、
 仕上がったものを一部お持ち帰りになるが。
 でも、労働には対価アリだから当然だよねってのが
 腐人家の見解)

特に、豆関係の下処理が好きで、
春先は、ソラマメの殻むき。
5月になると、ピースの殻むき。
そして、今は、枝豆の豆取りをやってくれる。

※枝豆の豆取りという表現が正しいのかわからんのですが、
 要は、枝付き枝豆を買ってきて、
 枝から豆部分を、
 ハサミでチョッキンチョッキン、房ごとに切り離す作業のこと。
 すでに切り取られてるのより、こっちのが旨いのだ。


で、先日も、腐人と姫で、
チョッキンチョッキンやっとったんです。

そこでふと、
腐人:「ねーねー姫。
    姫は『ジャックと豆の木』知ってる?」

姫 :「知ってる!
    豆がにょきにょき空まで伸びて、鬼がでてくる話でしょ?」

といったので、

腐人:「そうそう。
    この豆も植えたら、空までにょきにょき伸びるかなぁ?」

っつったの。
したら、すげー冷ややかな目をむけて、こう言いおった・・・

姫 :(ふっ・・・と鼻で笑い)
    「あれって、作り話でしょ」


きいいいいいいいーっ!!! 
あんた、いくつよ!
4歳のふりしてるけど、違うでしょ!!!


また別の時。

腐人と姫は、回り将棋をやっていた。

ご存知です?回り将棋。

ざっくり言えば、
「金将」の駒4つをサイコロにみたてて、
表が出た数だけ盤の外周をまわるという
将棋の駒を使った、双六みたいなやつなんです。

ローカルルールなんだかどうだかは知りませんが、
腐人家でやる場合、
「金将」の駒4つを振ったときに、
駒が盤面から飛び出すと
「オシッコ(姫とやるときは、チッチ)」、
駒が盤上で、重なると
「ウンチ(姫とやるときは、カッカ)」、
といって、休みになるというルールがある。

一般の駒を使えば、
この「カッカ」はあまりでないみたいなんだが
腐人家にあるのは
百均なのに525円で購入した安いマグネットタイプ。

だからカッカ出現率が異様に高いのだ。

振り出すときに、指でバラけるようにすると、
なんとかカッカ回避ができるが、
指にこめる力が強いと、すぐチッチになるので、
そのコツをつかむまでが難しくってねぇ。

で、あるとき、腐人が振り出したら、
なんとチッチとカッカのダブル出現となった。

なので、
「あちゃー・・・
 チッチとカッカ、両方一緒にでちゃったよー」
と言うと。

姫がこう言ったんです。

「テーマが深いね」

も、もしもし?
今、なんとおっしゃいました?

怖くて、その意味について聞けなかったんだが、
この状況でその台詞がでるって、
あんたいくつよー!!!


ってな話を血族にしたら。

「こないださ、
 私のウォーターベッドに乗って、
 ぶよぶよ遊んでたんだけど、
 あの子、
 『ねぇ、こんなやわらかいベッドだと、
  腰痛くならない?』

 ってゆったんだよ・・・。
 あの子は、ただの4歳児じゃないと思う・・・」

『アイカツ!』やら、プリキュアやらに夢中になっとる姿は
あの年頃の女の子なんだけどなー。

ちなみに、腐人が鼻歌で、アナ雪のレリゴーを歌ってたら
「そこ違う!」
とダメだし食らいました・・・。

いいもん!
腐人、3歳だから!!←サバ読みすぎやろ・・・

以下、読書録。

●17日
(506)マンガ 『千波万波 画業30周年&「雨柳堂夢噺」連載20周年記念集 』 波津彬子
  うわーもうそんなになられるのか。

  腐人にとって波津さんの作品は
  あると読む、という感じなんだけど、
  間違いなく、亜流ができない、オンリーな方だと思う。

  あの独特な幽玄美の世界は、
  波津さんの前にも後にも現れないだろうなぁ。

  カラーの美々しさは腐人なんぞが言うまでもないんですが
  今回、製作過程が工程別に紹介されてたんですよ。

  で、途中、猫ちゃんの邪魔がはいったりしてんですけど、
  そこをおいといたとしても、
  なぜ、あの下絵がこの完成品の色遣いになるのか、
  絵心のない腐人には、信じられない感覚だった。

  見えてるもんが違うんだろなー。

  これからも末永く読ませてくださいね。
  
(507-510)マンガ 『宇宙兄弟 20-23』 小山宙哉
  はっきりいって
  宇宙にこれっぽっちも興味がない腐人だが、
  このマンガは、ビジネスの参考になると思う。

  なんつーか、プロジェクトをやりとげるまでに
  人はどういうことを考え、どういう視点でものを見て、
  どうやって人をとりまとめていったらいいか、
  そういうところが、
  一般的な仕事においても参考になるような気がするの。

  っても、腐人はチームで仕事やってねぇから、
  なるほどなって感じなんだが。
  チームで仕事してる人はどう思ってるのかな?
  
  ただ、そういう視点でも読めるので、
  ここまで売れてるような気がするんだけど、
  違うかなぁ? 

  ところでALS。
  腐人の周囲は、パーキンソン病が多発していて、
  ALSとごっちゃになってしまうんだけど、
  どっちも大変だよね・・・。

  とある本で、ALSには医療用大麻が効果あると読んだが
  日本じゃ大麻は規制されてるんだよねぇ。

  患者さんにとっては、
  どんなものでも試してみたいところだろうに。

(511)BL/プラチナ 『渇仰』 宮緒葵
  こないだの『愛犬志願』がおもろかったので
  他の犬も読んでみた。

  ん?
  これってもしかして、本屋でみかけて、
  「なんちゅータイトルや・・・(-_-;)」
  と思った
  『ぱんつを穿きたい3日間』の前作か?

  ※すんません、腐人の脳は
   追いかけてるシリーズ以外、
   ちゃんと認識してません・・・


  あーちゃんも大変だけど、
  あーちゃんは結局んとこ惚れてるからいい。

  でも、100億積まれても
  松尾にはなりたくないと思った・・・

  あーちゃん。
  本気でこの犬飼うなら、
  ちゃんと躾けなきゃダメよ!

(512)マンガ 『ましろのおと 11』 羅川真里茂
  腐人はむかーしピアノをかじったぐらいなので
  (それも、練習がイヤで、才能もなかったので
   早々に放り出した・・・)、
  よくわかんないんだが、
  要するに、メインかサブかってことなのかなぁ?

  ソロリサイタルと、オーケストラの一員の違い?


  そういえば先日、マンガをよく借りたせいか、
  お好きなCDをタダで貸します券がもらえ、
  じょんがらのCDを借りてみた。

  で、聞いてみたのだが、うーん???
  
  なんだろ、ライブとの差なのかもしれないが、
  マンガを読んで、頭の中で勝手におもってた音ほど
  迫力がない。
  
  やっぱこれはCD付きの単行本を買うべきだったのか。
  
  いやたぶん違うな。
  これはライブを聞きに行くべきなんだろなー。

  ・・・デブ精の腐人にそのハードルは高すぎる・・・(-_-;)
[ 2014/06/18 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。