FC2ブログ
或るアホの一日 HOME > 腹黒読書録 > どこがヨユー?
10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




どこがヨユー?

ふっふっふ~♪
今日はヨユー。

ちゃっちゃか済ませて、読書三昧さ!

とか思ってたら、
飛び込み打ち合わせが入り約4時間拘束・・・(T_T)

ふ・・・予定が総崩れ・・・(ToT)
今日も午前様かよ・・・。


どうでもいいですが、今朝ワイドショーをみてたら、
西宮で不審火が続いてるってのやってたんですわ。

で、12階建ての10階の私用スペースであるベランダに
どうやって放火するのかってやつで、
屋上から長い棒とフックで火種を放り込んで・・・
とかゆってるのみて、
つい噴出しそうになってしまった。

まぁ、捜査されてる方はわかってると思うんですが、
そんなのしなくてもできるけどなぁ。

放火じゃないけど、火のついたタバコの投げ入れなら、
かなりの上層階だったが、
腐人もやられたことがある。

具体的に書いたらヤバそうなのでやめますが、
放火と贋金作りは、やったことに比べて罰則が重いから
割に合わないことはなはだしい。

だから、やらないほうがいい犯罪なんだけどね・・・。

※余談になりますが、その逆が強姦などの性犯罪。
 よーするに、法律作る人としては、
 社会に混乱をまねくようなことは重く罰し、
 個人が被害を蒙る程度の犯罪は軽くていいや
 っちゅー考えなんだろなと思う。
 ちがうかね



さて。
そんなこんなで余裕がゼロなので、
これだけ書かせて!!の読書録のみいきまーす!

あ、そうだ。
昨日先送りにした
(545)BL/プラチナ 『365+1』 凪良ゆう

テスト販売なので、これだけ言っておこう。
確か、p241の後ろから6行目だったか7行目だったか・・・
とにかく、その辺。

「わからない」が「わらかない」になってたよー。

今から修正は難しいかもですが、
間に合えば。


では、まいりましょう。

(545)BL/キャラ 『不響和音 二重螺旋9』 吉原理恵子
  お、さやちゃんが、一歩踏み出したねー。
  
  親父にとっちゃ踏んだり蹴ったりだったかもだが
  溜まってたもんをぶちまけられたのが、
  よかったのかな?

  自分の裡に溜めてると、よどんで腐ってくるからね。
  口に出して言うだけでも違うんで、
  やっと前にむけたかなぁという感じかも。

  まー極道親父は、忘れてしもたにしろ、
  これまでの代償として、
  皆からサンドバッグにされるのは避けられんからねぇ。

  それがイヤなら、とっとと記憶を取り戻しましょう。

  で。
  まー吉原さんなので、
  普通のBLにはならないのはわかってるんですが、
  今回のタイトルからしても、
  もう篠宮兄弟のラブは、二の次三の次?いや四の次??

  確かにこのタイトルどおりの中身ではあるんだが・・・。

  フツー(って腐人には言われたかなかろうが)、
  BLで「不響和音」ったら、
  ラブラブだったまーちゃんとナオがケンカする
  (もしくは浮気疑惑?)
  ってのが、オーソドックスなところかと。

  そうじゃないのが、このシリーズだよねぇ。

  ところで。
  腐人は、活字で、
  スタンド・イン『二重螺旋』番外編が読みたいっす!

  吉原さん、キャラさん、
  どうかどうかよろしくお願いしまっす!m(__)m!

(546)BL/キャラ 『FLESH&BLOOD 22』 松岡なつき
  ♪せーんとーかーいしー
   いーざいーざ かーいしー

  ですな。
  
  でまー、この戦いで亡くなる確率が最も高いアロンソに
  力が入るのがわからんでもないんですが・・・・・・
  おいおいおいおい!今巻の主役は、アロンソ様かい!
  ってぐらい出張ってますね。

  火薬とかでてきてるが、
  この頃はまだダイナマイトとかない時代。

  殺傷能力的には、どんくらいだったんだろう・・・?

  そういう意味で言えば、この時代の戦争って、
  人が人を殺してる実感がアリアリだよなぁ。

  ってか、敵船の乗組員の顔が視認できるって、
  どんだけ近いの??
  それとも視力が6.0?(by神林兵悟)

  どーでもいいけど、読んでて思う。

  たぶん、この先、腐人が読んでて一番スカッとするのは
  ラウルの息の根が止まるシーンだろなぁ・・・。

  ヤン、がんばるんだよ!!
      ↑
     なんの応援やねん・・・
[ 2014/06/27 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)