或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 『ラストイニング』から野球マンガを軸に思考の流れゆくままに・・・
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ラストイニング』から野球マンガを軸に思考の流れゆくままに・・・

『ベイビーステップ』からいろいろが、
途中でほっちらかしになっていることは覚えているのだが、
そこで何を書こうと思っていたかを忘れてしもた・・・。

ってか『ベイビーステップ』読んでから、
かなり日が経っちゃって
かつ、その間にいろいろ読みまくってしまった関係で
『ベイビーステップ』の記憶も薄まりまくっている・・・
やばい・・・(~_~;)

新刊読んだらなんか思い出すかな・・・
キーワードは、「遮断と集中」だったんだよな。うん。

今いくらかんがえても、阿呆な脳からはなんもでてこないので
昨日先送りした『ラストイニング』含め、
だーらだーらスポーツ(マンガ)関係の話をいたしましょう。


まず、昨日ほっちらかした
(570)マンガ 『ラストイニング 43』 神尾龍、加藤潔、中原裕

もう連載が終了したという情報があるので、
ここでこれなら、こう終わり?という予測がつくが、
もしタイムリーに雑誌連載読んでたら、やきもきしたろうなぁ。

それにしても、今回、なるほどーと思ったのが、
日高がもう投げられる球が限られてきたとき
藤村に対してどう配球するかっちゅーシーン。

日本ではキャッチャーが考えることが多い「配球」だが、
メジャーではピッチャーが考えるんだそうで。

だから、セイバーメトリクスにおけるキャッチャー評価の中に
配球(頭)は含まれないと、
『9回裏無死1塁でバントはするな 野球解説は“ウソ”だらけ』
にあったな。

へーそうなのか。
バスケの頭脳は、PG、
バレーの頭脳は、セッター、
野球の頭脳は、キャッチャー。
これはお約束だと思ってたんだがな。

でもま、これはメジャーの話なので、
配球に悩むのはピッチャーの日高ではなく
キャッチャーの八潮。

で、腐人は何をなるほどと思ったかっちゅーと、
この配球に悩む時間のことだ。

野球って、このシンキングタイムに制限ないんすか?

んだら、ピッチャーがヘロヘロになってるとき、
キャッチャーがサインだしてるようなジェスチャーして、
ピッチャーがいやいやと首振ってれば、
延々とやっててもペナルティないの??

助言ももらえず、20秒で切り替えなきゃならないテニスや
やはりいろいろ時間制限があるバスケに比べれば
悠長なスポーツだなぁ・・・という気がするがどうなんだろう。

そしてそういうことを思うと、
何のスポーツをやっていたかによって、
例えば、瞬時の判断力だとか、思考力だとか、洞察力なんかの
深度と広さが微妙に違うんじゃないのかな?という気がするが
スポーツ別傾向、だれか調べてくれんだろうか。

腐人の好奇心を満たすためだけの研究だが・・・。


話がちょっとずれるが、『ラストイニング』では
ポッポがDCMで人を分類していた。

要するにD(犬型)、C(猫型)、M(猿型)だが、
別にそれじゃなくてもいい、エニアグラムとかでもいいんだが
そういうので、向いてるスポーツってのがでたりするんだろうか?

まぁ、性格的に向いてても
技術的に向いてないこともあるけども・・・・・・。


ああ、でもそういえば、視力なんかでも、
今じゃいろんな種類がわかってるわけじゃん。

すると、どの視力が強い子がどういうスポーツにむいてるかという
身体的適性みたいのも測ろうと思えば測れるんじゃないのかね。

まぁ・・・そーゆーこといいだすと、
某国のバレエ学校は、
本人のみならず父母・祖父母にいたるまでの骨格検査に
合格せねば入校を認めない
とか、あるんだよねぇ・・・。

そこまでいくとちょっとアレだが、
向いてないものに時間と労力費やすより
適性あるものに導いてやるってのも一案な気がする。

っても、それ以前に本人の「やる気」が一番だけどさ。
「やらされ」は、なんであっても、楽しめないから
伸びるものも伸びない気がするんだよねー。


そういや、先月久々に『おおきく振りかぶって』の新刊がでたが、
『ダイヤのA』
『おおきく振りかぶって』
『ラストイニング』
読み比べると、三者三様でとてもおもしろい。

例えばさ、
サイガクは、強豪校としてスポーツ用品の提供うけてたけど
たぶん、青道は、確実に提供うけてるよなぁ。
そういう表現、でてこんけど。
そして、西浦は、確実になんももろてないと思われる・・・。

そうすると用具代もバカにならんのちゃうやろか?
その金って、父母会?部費で集めるの??
親も大変だなぁ・・・。


ふと思い出したが、
血族が、御幸(『ダイヤ』)がかけてるメガネみて
「これ、******(なんかブランド名ゆーたが腐人には宇宙語にきこえた)やん。
 こいつ、ええしの坊(関西弁で、ええ家の子のこと)か?」
っちゅーてたなぁ。

そうなんやろか??

まぁこういう金の話をやりだすと、『砂の栄冠』も読んどけ
って気になってくるが、うーん・・・
あれ毒が強いんだよな・・・(~_~;)。


ま、それはさておき。

『ダイヤのA』とか『ラストイニング』をみてると、
野球マンガのマンガ表現は
もう行きつくとこまで行っちゃったな、という気がする。


そういう意味では、バレーマンガはまだ余地があるなぁ。
個人的には『ハイキュー!!』が、
バスケ表現における『スラムダンク』と同じ位置づけに
なりそうな気がしてるが、まだ発展途上だし。


テニスはどうだろ、
『ベイビーステップ』がそうなるの?
腐人の中では、『フィフティーンラブ』なんだがな。

そういやそろそろウィンブルドンも大詰め。
週末みようかなぁ・・・。

こないだみたとき、
「ベッカーにみえるけど、ベッカーと思いたくないおっさん」
が画面に映ってて、かなりショックでした・・・Σ(゜o゜;)。

確かフェデラーのコーチが、エドベリだから
映るかもしれない・・・見たいような見たくないような・・・
美青年が年食って必ずしも美中年や美老年になっとるとは限らんし
記憶は美しいままにしておいたほうがいいのか・・・
複雑な乙女心
     ↑
    どこに乙女がおんねん!



なんかホントにだーらだら書き流しになっちゃったけど、
ま、いっか、こんな日があってもさー。

人生、気楽にいこう!
    ↑
   気楽すぎだろ・・・


もひとつ、昨日コメントを先送りした『クローバー』ですが、

●3日
(573-575)マンガ 『クローバー 3-5』 稚野鳥子

なんですけど、コメントは完結してからやりまーす。
[ 2014/07/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。