或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > やりたくないので、やる気ナシ・・・でもやらネバダ
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やりたくないので、やる気ナシ・・・でもやらネバダ

自分でゆーのもなんだが、
寒っ!

某リーダーを思い出してしまった・・・。


いやさー。
すげー憂鬱×3乗ぐらいの仕事があって、
ずっと見ない振りをしてきた。

が、腐人の仕事は、
今の腐人がやらなかったら
単に未来の腐人が困るだけのこと。

そして今、その未来がやってきてしまったんだべさ・・・(-_-;)

ので。
今日はサクサク読書録で終わる。

そういや、テスト販売を入手したがゆえに、
コメント先送りしてたのも、正式発売日きたから
書きましょうかね。

(545)BL/プラチナ 『365+1』 凪良ゆう
  若い頃にはありがちな、底の浅い見栄。

  人にもよるだろうが、
  この馬鹿みたいな取り繕いをやめて、
  素直なアホになって生きたほうが楽やねんけどね。

  それにしてもこれ、おもろいねぇ。
  「-1」読んだとき、どんだけサイテーな攻め・・・
  と思ったが。
  「365」を読むと、ただの見栄っ張りなアホか、
  ここまでバカちんやと同情するな・・・
  となり。
  「+1」で、ま、結果オーライ?と。
  
  それにしても、こういうの読むと思うねんけど、
  親はどこまで子のためにするもので、
  子はどこまで親のためにするものなのか。

  正解がある問いではないと思うけど、
  腐人は孤独死バンザイ主義なので、
  もしこのお母ちゃんやったとしたら、
  私を理由に残らんといて、と思うなぁ。

  人は絶対に死ぬもんなんやし、
  そばにおるから、死に目にあえるとも
  そばにおったら、何かあったら何か出来るとも限らんし。
 
  ってのも、現実、腐人の周囲は突然死が多いんですが、
  同じ家の中におったのに、気づかんかったよ。
  なので、人の最期ってそんなもんやと思うねん。
  来る時は、どんだけ逃げても来る。
  ちゃうかね?

  せやからこそ、
  生きてる間、なんかしよと思たら
  後で自分が後悔することが少ない道を選べ、
  自分の無能と怠慢以外の言い訳を作るな!
  と思うんよねぇ。

  こないだ、「ほんまでっか」をみてたら、
  「子供が父親を尊敬するのは、ニンゲンとゴリラだけ、
   他の動物は、子供は大きくなったら親を捨てるもの」
  っちゅーてたんですよね。

  それがホンマかどうかは
  腐人は無知なのでわからんのですが、
  ニンゲンの親子の関係がこんなになってんのは、
  やっぱ「社会」ってもんが関係してんだろなーと思う。

  甘い世界ではないから、
  この先二人がどないなるんかはわかりませんが、
  やれることを、やれるときに、やりきっとかんと、
  愚痴愚痴いってしまう人生になると思うんよねぇ。

  ま、おきばりやす。

●10日
(588)マンガ 『ちはやふる 25』 末次由紀
  あら、名人ってこんな過去があったのー。
  よかったね、早いうちに保護してもらえて。

  でも、かっこええのは、原田先生!!!
  いやーたまらん!
  前から惚れてるけど、惚れ直したよ!!

  キョコたんの台詞は、こないだ書いた、
  400年後の清水寺の舞台修復のために樹を植えるんと
  近いんかなぁ。

  どうしても余裕がないと
  近視眼的にしか物事見れなくなってくるが
  何事も、決め付けてしまわないで、
  自然のなりゆきにまかせたらええんちゃうんかのぅ。

  っても、男の子3人の母になる覚悟は
  そうとういると腐人も思うけどな・・・。

(589)マンガ 『海街diary6 四月になれば彼女は』 吉田秋生
  いやーおもろい!

  今の吉田さんだから描けるお話だなぁと思うが
  腐人もかなりいい年なので、
  「あーわかるわかる、うんうんあるよねー」
  と言いながら読んでしまう。

  まーおばちゃんからすずちゃんに言えることは

  ありがたいことに、
  お金の制限や、家が押し付けてくるとかあらへんねからな、
  こーやったらどーやろ、
  あーやったらどうなる?
  と、いろんな状況を考えて考えて考えて。
  その上で、
  自分が一番後悔することが少ないと思う道を選び。

  それが一番やと思うで。
    
(590)BL/ディアプラス 『君が笑えば世界も笑う』 久我有加
  やた!オレンジグミや!

  むっちゃどーでもええんですけどね、
  この芸人シリーズ(と腐人が勝手に呼んでいる)、
  絵師さんとか、タイトルの音とか韻とか、
  なんか、みたら一発でわかるような共通項が
  なんであらへんのやろ。

  腐人はタイトルと著者名で選別するもんやから
  開けてみるまで中身がわからんのよ・・・。

  なんか目印つけませんか?

  で、本編ですが。
  前にちょびっとだけ出てきたときに、
  すっごい印象強かったんよねーこのコンビ。
  ホンマちょびっとやったのに。

  せやから、読みたかったんで、すげー嬉しい。
  
  ただ・・・こ、これで終わりかい!!
  こっからやろー!!!

  という感じなので、秋にでるっちゅー続編が
  今からもー楽しみでたまらん。

  ゆーたらなんやが、
  ツッコミは後付けや計算でも出来んことないような気がするが
  ボケは天性やと思うんよねぇ・・・。

  ってことで、相方としては最高やと思うが、
  恋人としては、苦労しそうな気がするで、オコ・・・。

  そして、オコをみてると
  賢いのにアホな犬を思い出してならんのは
  腐人だけやろか・・・。

(591)マンガ 『トウキョウ・D 2』 祀木円
  そういえば、本屋でレジに出して、
  カバーを頼むと、
  「こちらは出版社さんのほうでシュリンクされてるので
   カバーはおつけするだけになります」
  と言われた。

  5月に『ダイヤのA』を買うたときには
  そんなん言われんかった気がするんやが・・・
  と思い、書店の方にきいてみると、
  最近、講談社さんは、そういう方針になったみたいです
  と言われた。

  ほー・・・手間ちゃうんかなぁ?コストもかかるし・・・
  と思って、あとでよくよくみると謎がとけた。

  なるほど、そういうことか!

  消費税がUPし、総額表示の値札の書き換えに
  小売業者さんたちが大変だったのは記憶に新しい。

  本の場合、裏面に書籍JANコードっちゅー
  書かなきゃいけない決められたいくつかの事項がある。

  結構幅をとり、たぶん装丁される方の悩みの種だろうなぁと思うんだが
  それがすっきり消えていたのだ。

  たぶん、腐人が気づいてなかっただけで
  もっと前から徐々に移行してってんだろな。

  その代わり、印刷・製本と同時にシュリンクして
  その上に、書籍JANコードシールを貼っている。

  なるほど。
  これなら返本されてきたとしても、傷みはすくなかろうし
  (でも焼けはふせげないよなぁ・・・)
  ルール変更があっても、シールを貼りかえればいい。

  長い目で見て、そのんがいいという経営判断だろなー。

  立ち読み防止にシュリンクかけてる本屋さんにとっては
  手間が減って助かるだろうし。

  個人的には、本屋で買うときは自分の眼で
  本の状態が確認できるからいいんだけど、
  ネット書店で買うと、たまに状態が悪いのが送られてきたり
  輸送途中にヨレやヤレや汚れが生じて、
  いやーんな気持ちになったりすることあるので、
  出荷段階からこうなってると、ちょっと安心。

  でもま、それは出版点数が多い大企業だからできることで
  小さな版元さんなら、事情が違うからねぇ。


  と、長々、本編とは違う話をしてきましたが、
  ってもの・・・腐人、『しゅんにゃん』がすごく好きで。
  
  なのでとこちらを読んでみたが、
  率直なところを言わせてもらうと、
  話がわからん(~_~;)。

  『しゅんにゃん』だからこそ、
  あの描き方でよかったんだけど、
  こういうストーリーを描くには、
  まだ足らないのか、向いてないのか、
  そんな気がした。

  よくわからないなりに読んでみたが
  D班とY班とドール、それぞれの思惑、筋がある。
  
  そしてその中でも個々の考えがあるわけだが、
  それを描くには、あまりに説明が足らない。

  言葉でかけないなら
  絵やマンガ表現で補足するものだが
  うーんと・・・・・・そもそも、そっち方向じゃないよね。

  となれば、ネームをもっと作らないと。

  マンガの場合、吹き出し以外にも書けるのに
  そこらが全然生きてないんだよねぇ。

  この辺が巧みなのは、羽海野チカさんとかだろなー。

  なので。
  なんかよくわかんねぇままに話が進んで終わってる。

  よって、ただ、SHIMAが可愛いだけしか印象に残らん・・・。

  どーせなら、
  『にゃんペット誘拐事件』
  とかのが萌えたかも・・・。

  経験積むのも勉強だと思うので、
  がんばって!
[ 2014/07/11 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。