或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書録 > うーまーいーわー西湖
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うーまーいーわー西湖

『先生のおとりよせ』にあった、
紫野和久傳 れんこん菓子「西湖(せいこ)」。

昨日、血族からピロローンとメールがきた。
「出先でデパートいったら、あったから買うといたー」

よっしゃぁ!!!

ふっ・・・それを期待して、わざわざ見えるところに、
本を放置しとった甲斐があったっちゅーもんよ。
      ↑
    自分で買えや!!


ついでに、こちらは紹介されていなかった
「希水(きすい)」
ってのも買ってきてくれたので、
並べて食べてみた。

まず、「希水(きすい)」。

ぺろりと皮をむくと、
なんかみるからに品のよろしいお嬢様。

笹の葉の上に、清らかなる朝露がのりましてよ・・・おほほほほ
っちゅー感じ。
それを品のない腐人が食うってのがたまりませんのぅ。

さしずめ、美女と野獣か?

で、野獣が遠慮なく、ばくりといくと。

な、なんなの、
この超上品な甘さ、そしてこの食感!!

原料はオオバコらしいのだが、オオバコ??

調べてみると生薬の一種だそうで。
へー。

つるーんというか、しゅるーんというか、
のどごしがすごくいい。

りんごの香がほのかーにするんだが、
安いゼリーだと、あとで口の中に甘ったるさが残るが
そーゆーのが全然ない。

さすが、和久傳。
高級な、のどごしがいいゼリーといった感じ。


続いて「西湖」。

こちらはむいてみると、
ぬとーんとした黒いものが。

よく山にいく血族は、この段階で、
「なんかちょっと、葉っぱについた虫を思い出してもた・・・」
とゆーていた。

腐人は山に行かないから平気。

っちゅーか、これ
自然の素材だけだからこそでる色だよなぁ。

で、これまた遠慮なくばくりといくと。

一瞬、黒糖?とかおもうぐらい、
ちょっとあくを感じるんだが、
甘さの加減が、これは黒糖じゃない。
和三盆糖さまだ。

でも、これは味よりも、食感こそが秀逸!!

な、なにこの、ぬるりんちょんとした感じ・・・。

ぷりぷりじゃないの(それはどっちかというと希水)。
赤子の肌というより、ふにふにした幼児のほっぺ?
それも超すべらかな肌の!!

本では、チチ星人が、こんなチチがあれば・・・っちゅーてたが
それなんかわかる!

って、腐人は女のチチに興味はないので、
別にチチじゃなくていいんだけど、
なんつーのかなぁ・・・、
肌と肉質がいい、
すべすべで、ふにふにで、ぶよんぶよんなもんがあると
やっぱ人って、でへーっとなるでしょ!!!

あ、今思いついたが、落ちもののパズルゲームに
ぷにぷにってあったじゃん。
あれを食べたら、こんなかなぁ?
ぷにぷに食べたことないけど・・・。

※ブログUP後、師匠よりツッコミが入る。
「ゲームはぷにぷに、じゃなくて、ぷよぷよ。」

そ、そうだったのか!
ならこっそり修正しようかなと思ったんだが、
「ぷにぷにの方がわかる気もする」
と言われたので、これを付け足すだけにする。


これじゃわからない?
・・・じゃぁ、そうね、

もし、この西湖のプールがあれば、
腐人は、そこで、西湖にまみれて溺れたいの!

ああ、想像するだけで、たまらん・・・。

そんな感じ。
  ↑
 わかるかい!と言われそうなので、
 わかる人だけわかってください。


食感の話をしていると、どんどん危ない方向にいくので、
もうやめとこう。

この西湖もまた、甘ったるさが全然残らないもんだからさー、
「ああ、あの至福の食感が終わってしまった・・・
 もう1個食お・・・」
っちゅーエンドレス状態になるの(>_<)!!

やばいよ、このお菓子・・・。

賞味期限が短くて、要冷蔵っちゅーのが、
お使い物にするにはどうにも難点なんだが、
腐人はもろたら嬉しいぞ、うん。
     ↑
    誰に向かってアピールしとんじゃ・・・


海外向けに、水を足してネルネルして、
葉っぱにつつんで冷蔵庫で冷やしたら、
あーら不思議、西湖ができたわ♪

なんつーのを販売してくれんじゃろうか・・・。
そしたら、海外土産にでけんねけどなぁ・・・。

ちなみにこの葉っぱもいいんだ。
見た目の清涼感といい、食べやすさといい、
爽やかな青い香りが移るし。

今の時期でまわってる竹筒いり水羊羹といい、
京都の和菓子って、演出まで凝ってるよねぇ。

ああ、うまかった・・・(T_T)。

こーゆーの食べると、
日本人に生まれてよかったと思うわ。

また食いたいなぁ・・・←自分で買え!


●18日
(626)BL/プリズム 『女王陛下と跪く男』 成瀬かの
  うーん・・・入れない。
  だって、しょっぱなから駅の公衆便所だよー?

  いくら「女王様」設定でも、
  いくら美形設定でも、
  どんだけかっこつけてでてきても、
  腐人的には公衆便所から出てきた段階で×。

  ただの庶民じゃん。

  その上、このダメっぷり・・・。
  コンプレックスの塊の卑屈ちゃん・・・。
  買い物依存にはまり、カード借金地獄に落ちる
  典型的なタイプだな。

  悪いが、自律と自制ができひん大人は
  腐人にとっては論外なのよ。

  っちゅーことで。
  海野は物好きだなと思う。
  以上。

(627-633)マンガ 『スプラウト 1-7』 南波あつこ
  レンタルマンガ屋で、あと7冊ーと探してて、
  ちょうど7巻じゃんと、借りてみたらば。

  「ん?なんか読んだことあるかも??」

  そう、ちょーど1年ぐらい前に読んで、
  う~ん?っちゅーコメント書いてたんだ。

  それにしてもオチが思い出せず、
  結局7巻まで読んで。

  ・・・(-_-;)。
  そら、これなら覚えてへんわ。
 
  だって、オチてへんやん、これ!!
  (腐人は関西人なので、
   サゲはちゃんとやって欲しい人)

  まさに、「で?」
  以外にゆーべきことがねぇ。

  3度目借りないことを
  忘れずにいようね、腐人ちゃん・・・。
[ 2014/07/19 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。