或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 「自終死」ってどうでしょう?-『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「自終死」ってどうでしょう?-『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』

前から言ってるが、
腐人は自殺・安楽死センターを作って欲しいと思っている。

ってのも、腐人には理想の死に方がありまして。
それは、こんな感じ。

自分で自分の最後の日を決め。

その日に向けて、賃貸借物を全部整理し。
クレカや、会員になってるものの解約など、始末をきれいにする。

そして、資産・負債を全部きれいにして、現金化する。
ここの段階で、ダーリンともバイバイだわ。
でも、あまりにボロっちくて、引き取り代請求されそうだけど・・・。

所有物についても、
副葬品として一緒に燃やしてもらいたいもの以外は
ホント、最小限の身の回りのものにする。

そうね、そのときにいくらあるかにもよるけど、
住んでるところを処分した後、死ぬまでの間は、
自分が行きたかったホテル泊まり歩きってのもいいわねぇ。

そしたらアメニティとかはいらんし~。

金がなければウィークリーか、ビジホになるが、
うーん、最後にそんくらいの贅沢はしたいなぁ。

人がさ、
モノとか、金とかに執着するのって、
結局、いつ死ぬかが、わかんないからだと思うんだよ。

それを逆手にとれば、
死ぬ日を決めちゃえば、その執着から解き放たれるでしょ?

まさに「あの世まではもってけない」んだから。

そしたら、その日までにいるものって
逆算できるじゃん。

腐人だって、そうなれば、心置きなく本を手放せる。

今、本が手放せないのは、
「また読みたくなったときに、読めなかったらどうしよう」
という不安からだ。

でも、その「また読みたくなったとき」が来ないとわかってれば
あっさり手放せます。はい。

とはいえ、どうしても最期まで一緒にいたい子もいる。

それは一緒にお棺にいれてもらう予定だが、
ホントはそういう副葬品にもせず、
読んでくれる人のところにいくほうが
本も幸せだと思うんだけど・・・・。

ごめん!
君たちだけはどうにも手放せないの!!
一緒に灰になってあっちまで連れて行きたいのよー!!

これだけは譲れないので、
葬式の事前手配をするにあたっては、
その子らと己の死体が入るサイズの棺おけにすること、
これがポイントだ。

でも、この葬儀の他の部分が問題でねぇ・・・。

心情としては、
棺おけに入って、じゃぁねーと言って死ぬ
でいいんだけど、まずどうやって?
そして、どこで?

どうやっては、あんまし変なことすると事件だと言われちゃうし。
見つけてもらえなければ迷惑かかるし。

個人的には、『星守る犬』のお父さんでいいんだけど、
あれも最終的には迷惑かけてたしねぇ・・・。

そーゆーのの解消のために、
自殺・安楽死センターを作ってくれればと思っているんだけど、
ダメですかね?

まぁ、この名称だとマイナスが強すぎるか。

腐人は別に自殺と言われようが、自死と言われようが
どうでもいいんだが、
世間一般的には、よろしくないイメージがしみついているからなぁ。

それに安楽死ってのは、それに対峙するものとして、
「病苦」やら、「末期の苦しみ」とかがあって成り立つ言葉だし。

ただ、安らかに楽に死にたいってのを、
認めてくれないんだよね、この国。

なので、いろいろ考えてみたんですが、
じゃぁ、「自終死」ってどうですか?

自ら終わる死。

そうやって、葬儀や墓の手配や火葬場の予約、
そんなのまで全部自分で決めた上で、
「じゃーねー。ばいばーい」と、
棺おけに入って死ねたらさ、すごくよくない??

費用も手間も誰にも迷惑をかけずに死ねるし。
お金も、本人の思うように配分できるし。

本人の死後、金でもめることだってなくなるよ?

相続のごたごた裁判がなくなったら
司法関係者だって仕事が減って楽にならん?

いいことづくめだと思うんだけどなぁ・・・(~_~)?


ああ、1つだけ悪いってか、よくないことがあるか。
書きませんけど。
※わかる方はわかってください


はっきりいって、姫や王子が成人する頃は、
もう死にたいのに、生きていたくないのに、
生きることを強いられる老人が
あふれかえる状態になると思うのね。

でもってその多くが、社会の負債として、負担として、
重くのしかかってくる。

病院も足らなければ、施設も足らない。
金がない老人が生活保護になだれ込めば、
社会のお金も足らなくなる。

もっと悲惨なのは、特養だろう。
今でさえ、足らないと言われてるのに、
右も左も老人だらけになったらどうなることやら。

そこに入れないとなれば、家族か社会に負荷がかかる。

老人の介護という非生産的な行為に、
労働人口が使われれば、社会は破綻する。

でも、入れる施設がなければそうならざるをえないし、
看る人がいなければ、
他害行動をとる老人が街中にあふれかえる可能性だってある。

だからこそ、
「自終死」が選べるようになればいいのに・・・
と腐人は思っている。

んだけど、この話をすると、
「まー、そんなことゆってるやつほど、
 ぽっくり突然死するんだよ」
と言われる・・・(-_-;)

それ、すげー困るんで、極力避けたいんだがなぁ・・・。


とまー、腐人はこんなことを常々思っておりまして。

なので、終活がらみの本とかはよく読むんだが、
なかなか腐人が言ってるレベルまで
踏みこんでるものはみかけない。

なんでだ!?
いい考えだと思うのにー・・・。


ま、そんな絡みの一環で、読んでみたのが、こちら。

(654)一般本 『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』 中山寒稀

サブタイトルが、「死者よ、遺りし者を煩わすなかれ」。

弔いに関するあれこれが書いてありますが、
腐人にとっては残念なことに、良識の範囲内なんだな。

ちぇー・・・つまらん・・・(~_~)

ただ、参考になりそうなことがいくつかあったので、
自分用アーカイブとしてかいておく。

●死亡診断書はコピーをとれ
死後の手続きをするにあたって、
コピーでもいいもんがあるんだそうで。

●白衣の葬儀屋は遺体運搬者と思え
これは、病院でなくなったときの話。

病院出入りの葬儀屋が
霊安室に白衣をきてやってこられますが、
だからといって、そこに決めなきゃならないもんじゃないよと。

●心付けは不要
ここらへんって、わからんですよね・・・。
なので、言われたらそういうもんかと払ってしまいがち。

そういや腐人は、どんな旅館に泊まっても、
これを払ったことがないんだが、
そこはどうなんだろう・・・。

でも、心付けとかチップって、基本的には
されたサービスへの感謝の気持ちを表す
ってことだから、ありき、はなんか違和感があるんだが
それは腐人だけでしょうか?

●訃報は管理しろ
これは葬儀の規模に関係してくる話。

家族葬にしたいなら、
自宅に遺体を運び込んだり、
不用意に訃報をもらしてはいけません。

全部終わってから知らせましょう。

●早朝・夕方は、火葬が狙い目
火葬の時間から逆算して、
告別式や通夜が決まるそうで、
やはりいい時間帯は早く埋まる。

なので、早く火葬したければ、時間にこだわるなってこと。

●供花は入り口に、供花ご芳名の札を
 五十音順or順不同でならべる

席順ならぬ、供花順でもめごとがおきやすいんだそうで。

その並べたとこの写真を忘れずに。

●一日葬という手
へーそんなのあるんだー。

たぶん腐人が葬式あげるころは、
順番待ちもえらいことになってると思うんだよなー。

腐人は一日葬どころか、直葬でええねんけどね・・・。

●エンディングノート
エンディングノートってのは、
死にかけてるときに、死ぬまでにやって欲しいこと、
伝えて起きたいことをかくもの。

一方の遺言書は、葬儀が終わった後、開かれるもの。

なので、葬儀にああしてほしい、こうしてほしいという要望は
エンディングノートにかかなければならないし、
終末期医療をどうするかもエンディングにかくべきこと。

これを間違えると、希望通りにならないことになる。

で、以下、必須記入事項。

(1)お金に関すること
  預貯金
  保険関係
  負債
  ローン
  年金
  財産
  ※ただし法定拘束力はない。そーゆーのをやりたいなら、遺言書に書く。

(2)医療に関すること
  かかりつけ医
  持病
  飲んでる薬
  アレルギー
  終末期医療 延命措置の要不要
  緩和ケアをどうするか
  病名・余命の告知希望
 
(3)介護に関すること

(4)認知症になったら

(5)いざというとき連絡して欲しい人

(6)お葬式に関すること
   頼みたい葬儀業者や生前予約してるところの情報
   お葬式の希望形態
   費用

(7)お墓に関すること

(8)必要な手続き
   クレジットカードの解約
   会員権の解約

(9)遺言書の有無、遺品の希望

書き足したいこと、削除したいことなどが
随時でてくるため、
ノートよりはルーズリーフバインダーがオススメ。


あーあと笑っちゃったのが、
葬儀にいちいち口出ししてくる人について。
そーゆー人がいたら、もうその人にまかせてしまいましょう。
そしたら一番文句がでませんってあって、笑っちゃった。

確かにね。


そういえば、遺言書を書こう書こうと思いつつ
放置しとるわー。

今年の誕生日にでも書きたいが、
あの頃、スケート観戦で忙しいんだよなぁ・・・・・・。


本書に話を戻しますが、非常にコンパクトにまとまっていて、
腐人なんぞは、上記に書いたような理想の死に方をしたいので、
書き出したもの以外、あまり参考になりませんでしたが、
ごくごく一般的に死を迎えたいと思ってるかたには
そうなのか!ってのがあるんじゃないかと思います。


ホント、真面目に、腐人は「自終死」システムを作って欲しいです!!

ま、できなきゃ、『星守る犬』のお父さんになるしかないが、
その場合、行旅死亡人としてみつけられた
地方自治体に迷惑かけちゃうじゃん。

それ、やなのよ。

そうすると、そこの自治体宛に、
配達日指定の現金書留で、
火葬費と一緒に、ここに死体あるからよろしくねって
手紙を送っておけばいいのかなぁ?

現金書留だと受け取ってくれない?

いや、ふるさと納税とか、
現金書留受付あるから大丈夫だと思うが、
定額小為替なら、
なんだろう??で開けてもらえるかなぁ?

本当に、この制度ができないままだと、
腐人は現金書留攻撃をやりかねんぞ。
まじで。

立法に関係してらっしゃる方、よろしくねー!

以下、読書録。

●28日
(655)BL/キャラ 『理不尽な求愛者』 火崎勇
  うーん・・・これで公判維持できるのかなぁ??

  と、警察小説が好きな腐人は思いましたとさ。
[ 2014/07/29 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。