或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 言われてやる仕事は「仕事」じゃない
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言われてやる仕事は「仕事」じゃない

昨日のカンブリア宮殿は、辻調グループだった。

以前、『英国一家、日本を食べる』を読み、
ちょっと興味があったので観てみた。

本の中でも、そのカリキュラムが紹介されていたが、
今回の映像ほど理解できてなくて、
テレビを見て、なるほどこんななんだー
ってのがよくわかったんだが、
腐人としては、この一言に、うなってしまった。

「言われてやる仕事は、『仕事』じゃない」



最近、「やらされ仕事」って言葉をきく。

腐人はこの言葉、大っっっっっっ嫌いだ。

特に、専門的な職にいる若手が言ってるのをきくと、
張り倒してやりたくなる。

てめぇ、何様だよ!
どんだけ自己評価が高いうぬぼれやだ!

なりたくてついたんだろうが、その仕事に!
そしたら、そこでやることすべてが「やりたい仕事」なんだよ!
「やらされてる」仕事なんぞ、ひとっつもねぇんだよ!

それが例え、皿洗いだろうが、ゴミ拾いだろうが、どんな作業だろうと、
やりたい仕事に繋がっていくもんなの!

「やらされ仕事」なんてゆってねぇで、
その現場にいることがどれだけ幸せで、
間近で見て、携われるチャンスがあることが
どれだけ恵まれてるか、考えろ!

それらすべてから学んでいかんかい!
どこに目ぇつけとんじゃ!
首の上にのっかってんのは飾りか?
中身は空っぽか?

って、言いたいんだよねぇ。
実際には言わないけど。


この辻調の方のお言葉は、

「言われる前に、自ら考えて働く人になれ」

ってことだと、腐人は理解した。

そのためには、
先輩がどうしていたかを見聞きして覚え、
先輩ならどうするか、自分はどうすべきかを
考えなきゃいかん。

のだが。

「やらされ仕事」とかゆってる段階で、
もう責任転嫁してんだよね。
これ、俺の仕事じゃねーって。
逃げてるんだよね、現実から。

ふざけんな!
そんなレベルの意識しか持てへんのやったら、でてけ!
いらんわ!
と、言いとぉてたまらんわぁ・・・。


この辻調の学生だけを集めた就職説明会で、
会場にいた企業の人事の人が、
「皆、自分の目指すものがちゃんとわかっていて、
 ものすごく意識が高い」
とおっしゃってたが、すごいよね。

シューカツがたいへんでぇとかゆってるやつらに
ここまでの意識は絶対にない!
言い切ってやるぞ!

ほんま、ゆーたらなんやけど、
甘やかされて育ったボケボケの若造を
ここで一から鍛えなおして欲しいわ。


っても、それができてんのは、

●ちゃんと本人たちが自覚して、入学してきてること
●それに対して、教える側も本気でとりくんでること
●将来へのヴィジョンや筋道をちゃんと提示し、
その実現化についても具体的にみせてくれていること

そういった要素があるからやろなぁ。

こういう教育をしてくれる学校が、
もっと増えてってくれるといいんだがなぁ。


ちなみに素朴に疑問なんですが、
店の運営実務(経理とか、人を使うなど)についてのお勉強は
ここではどうなんやろ。

いくら美味しい料理がつくれても、
数字がアホやったら店つぶれるよ?

数字が読めて、運営ができることも、
料理人に必要な資質やと思うけどな。

以下、読書録。

●21日
(740)マンガ 『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 5』 岡本健太郎
  今回は、67矢目がええですなぁ。

  佐々木さん・・・ええ人や。
  同行者としてはやっぱ気になるよね、
  いくら直接原因が本人の不注意でも、
  自分が誘わなければとか思っちゃうもん。  

  なのに、本人がアレなら、やっぱ言いたくなるって。
  でもって、夏目さんの言い方もええのぅ。
  こういう人の諭し方って、なかなかでけるもんやないよねぇ。
  見習いたい。
  
  と、じーんとなった後に、コレくるかー!!!
  ヌートリアを食べてみようって・・・やーめーてー(>_<)!!
  で、お相手はやっぱり赤木さん・・・。

  だよねー。
  腐人はマサムネくんもアキくんも、まともだと思う。
  猟師の割には。
  
  ってか、その前にやってた野営(だよなぁこれ・・・)も
  なんつーか、荒川弘さんとまた別の意味で
  生きる力にみなぎっておられて、ええ・・・
  あなた方ならば、どんな世界に飛ばされても
  生きていけると思います。

  ネズミ系の味って
  他にどんなん口にしてきたんか聞きたくない・・・(;一_一)

  それにしても外来種の扱いって、そんな規定があるのか。
  初めて知りましたが、
  生きてるものがキライな腐人には
  遭遇しても、そいつが外来種なのかそうじゃないのかが
  わかんないよ。

  だからこーゆー規定されても、
  知らずに移動させてたりしてると思う。    
  ま、ヌーにあったら脱兎の如く、こっちが逃げるけどさ。

  ところで、今回、
  山で遭遇する可能性がある感染症の一覧がありました。

  超インドアの超インシティな腐人は、これをみて思った。

  「その危険を冒してでも、やりたいのか・・・」

  腐人はマンガで十分だ・・・。

(741)マンガ 『鬼灯の冷徹 15』 江口夏実
  今回注目してしまったのが、
  現世のDVDコレクション。

  「デリカテッセン」かぁ。
  つくりがすごくおもろい映画やけど、
  中身はシュールだよねぇ・・・。
  しばらく肉食べるの躊躇したもん。

  CMに見入ってしまった面子の
  びみょーな表情の違いもええですのぅ。
  ってか、あのCM、笑っちゃったんだが。
  すげぇ。
 
  それにしても、余計な心配かもしれんが
  今の若い子はチャーリーズエンジェルズが
  わからんのではなかろうか・・・。
[ 2014/08/22 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。