或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 主に読書録
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

主に読書録

この週末は、
軟式高校野球が気になって気になって。

だって・・・
長髪ですよ!!!←そこかい

腐人は働かなくてもよくなったら
即、坊主にしようと思っている人だが、
坊主にすると、ガードするものがなくなるので温度調節が大変だと、
天然坊主の方に言われた。

でも、それ考えたら、
球児は長髪こそが正しいような気がする・・・。

あ、でも、長髪だと臭いはどうなんだろなぁ・・・。


さて、週末、ブログをサボっていたので、
今日はサクサクッと、読書録のおかたづけ。

●29日
(762)BL/リンクス 『ウサギ系男子の受難』 桐嶋リッカ
  オオカミとライオンはいいんだけど、
  ウサギとヒツジは、こっちがでてる間、
  本来の耳はどうなってんの??
  
  ひっこむのか、ダブルのか。
  そこが気になる。

  でもって、腐人的には、
  ミミもいいけど、シッポなのよ!シッポ!!

  バニーだってそうだが、これはセットだからこそ
  かわいさ倍増するんであって、
  単品だと、激減よ!!!

  ってことで、薬を乱用してたら、シッポが生えてきた・・・
  ってことにならんかなぁ。

  そして、チビがいないのが不満。

  っちゅーことで、いい加減、グロリアの新刊で、
  もふもふチビライカンが読みたいです。

(763)BL/リンクス 『微睡の月の皇子』 かわい有美子
  この時代といえば、腐人的には山岸涼子さん。
  それこそ、『月読』ってありましたね。

  それを思うと、
  「懐かし少女マンガへのオマージュシリーズなのか?」
  とか思ってしまうんですが、どうなんだろう・・・。

  そんでもって気になるのが、この方々の寿命。
  神様だとどうなるんだ???
  
  個人的には最後の因幡の黒兎が好きだわ。
  やりすぎて皮むかれんようにな。

(764,765)一般本 『水晶球を抱く女 英国妖異譚 12』『ハロウィーン狂想曲 〃 13』 篠原美季
  まとめて読むと、単品で読んでる時にはみえにくい
  大きな流れがみえるなぁ。
  
  ってことで、腹をくくって再読することにする。
  
●30日
(766,767)一般本 『万聖節にさす光 英国妖異譚 14』『アンギヌムの壷 〃 15』 篠原美季
  このシリーズ読むことで、
  キリスト教関係の節句っちゅーか、イベント?の知識を得たが、
  ユウリ以上にアンポンチーなので、
  再読してみると、過去に読んだはずなのに、
  その知識がちっとも己の中に残っていないことに気づく。

  ・・・ま、いっか。
  新作読んだ気分になれるからよしとしよう。

(768、769)マンガ 『お前はまだグンマを知らない 1』『〃 2』 井田ヒロト
  えっと、関東に住んで××年になりますが
  「まだ」どころか、「まったく」知りません、グンマ。

  毎日、天気予報でみてるはずだが、
  正直にいいます、栃木とどっちがどっちかわからん。

  ちなみに富岡製糸場も、
  『ああ野麦峠』とか『女工哀史』のイメージで
  てっきり長野にあるんだと思ってました。

  ああ、グンマ人に殺されそうだわ・・・。

  でも、言い訳させてもらえばだね、
  腐人は関西生まれの関西育ちなのよ!

  なので、遠足も合宿もデートも、京阪神+奈良なんだって!

  ・・・と考えると、グンマって関西でいうと
  ××とか、×××とか、××?

  ・・・確かにあの辺は、めったなことがなければ
  わざわざいかんな・・・うん。
  超、足の便わるいし、車ないと動きつかんし。
 
  そもそも腐人は出不精で、
  釣られるとすると、温泉と旨いメシぐらいしか餌にならんのだが  
  草津いくなら、箱根でいい。

  足の便いいし、近いし、美味しいし。
  大箱ホテルがキライな腐人にとっては、
  箱根は好みの宿がいっぱいあるんだよなー。
  高いけど。

  こないだの機会費用の話じゃないが、
  往復にかかるロスとか考慮すると、やっぱ箱根を選ぶぞ。 
  もしくは鬼怒川とか。

  鬼怒川もなー
  そりゃ京都のゆばのが好みだが、
  鬼怒川のゆばと、グンマのみそまんじゅうだと
  ごめん、ゆば選ぶ。

  ・・・と、本当に悪いんだが、
  わざわざグンマに行きたい!と思わせてくれるもんが
  なさすぎなのよ、グンマ!

  ま、そーゆーことを外部の人にいわれなくても十分わかってる!
  って感じのマンガだよね、これ。

  自虐と愛に満ち満ちてます。

  グンマの知識がまったくない腐人には
  「ふーん」だったけど、
  たまにグンマにいってる血族にはとてもウケてました。

  そういや、仕事仲間でグンマ出張がたまに入る人がいるんだが
  「・・・明日、グンマだよ・・・あそこ遠いんだよ・・・」
  と、こぼしていた。

  往復に時間がかかりすぎて、1日つぶれちゃうらしい。


  ちょいと話がずれますが、
  腐人は引越しを転々としてきた結果、
  大都市圏に通うのに片道2時間以上かかる人ってのが
  進学にしろ、就職にしろ、一番かわいそうかもしれないなぁと思う。

  2時間だと通おうと思えば通えなくはないが、やっぱしんどいし、
  激務の仕事を希望するなら、その時点でNGだ。

  でも、じゃぁ職場に近いところに引っ越すかとなれば
  お金がかかるし、就職で自宅者がいいとされちゃうと不利になる。

  ものすごーいジレンマだと思うんだよね。

  まぁ、血族にきくと、
  「グンマから都心へは通勤無理だと思うよ。
   電車の本数がなさすぎて」
  ってことではあったが。

  通ってる方、いてはるんやろか・・・?
  
  どうでもいいが、先日、発言小町で
  「茨城からでも「上京」と言うのですか?」
  ってのがありましたが、
  その気持ち、グンマ人ならわかるんでしょうか?

  腐人なんぞは、電車の上り下りを考えればわかるじゃん
  とか思っちゃうんですが、
  そういうことじゃないみたいなんだよなー。

  その辺、流浪の民で、故郷をもたない腐人なんぞには
  土地対して執着やらコンプレックスやらを感じる気持ちは
  さっぱりわからんのですが。

  執着もつと、面倒なのねってのがよくわかるマンガです。

●31日
(770、771)一般本 『十二夜に始まる悪夢 英国妖異譚 16』『誰がための探求 〃 17』 篠原美季
  タンキュー・・・・・・
  どーでもええやんといったらいかんのやろか。

  それゆーたら聖地のとりあいなんかも
  腐人には理解不能の範疇なんだよねぇ。
  そこから黄金や石油がザクザクとかゆーならともかく。

  好きでやりよる人がどーなろーと知ったことかと思いますが
  毎回毎回みごとにユウリが巻き込まれてるのをみると
  巻き込まれんよう、もっと自衛せぇ!といいたくなりますな。

  ま、これは周囲の皆が思ってることなんだろうけども。

  どうでもいいが、腐人がシモンのパパならば、
  パスカルだけじゃなく、
  ウラジーミルもルパートもいい人材だと思うがなぁ。  

  トップになればなるほど、
  本当に信頼できて使える人材というか駒をいくつもってるか  
  ってのが重要になるしさ、
  耳に痛いことでもちゃんと伝えてくれる情報ルートをもつことって
  ものすごく重要だと思うので。

  権力をもつと、イエスマンばっかり集めたがるのが一般的で、
  そうなると、情報疎外者になっちゃってることもあるんだよね。
  知らぬは本人ばかりなりって。

  テイラーはオニールと同じ位置づけで、
  スポーツ界における広報担当になってもらうとよかろうて。

  そんで、家に帰るとユウリが迎えてくれたら、
  最高じゃろう?シモン君。

(772)一般本 『自閉症遺伝子 見つからない遺伝子をめぐって』 ベルトラン・ジョルダン、林昌宏
  えーっとこれはちょっと別途やります。
[ 2014/09/01 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。