或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書録 > 望む!「俺のベジタブルandフルーツ」
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

望む!「俺のベジタブルandフルーツ」

先日、腐人会旅行があり、
「俺のフレンチ」に行った。

ちなみに腐人は「俺の」シリーズは3店目。

1店目も2店目もぼっちメシだったのだが、
今回は複数での来店。

料理を食べながら話をしていて、
同行者が口を揃えて言ったのは

「ここは、一人で来る店じゃない。
 あんたよく行ったねぇ・・・」。


ま、確かにな。
ここの系列は、コスパのいい
ボリュームのある料理が売りなため、
だいたい、一人1~2皿が限界なのね。

複数人でいくと、何種類もの皿を頼んで、シェアできるが、
一人で行くと、それができない。

となると、延々同じ味付けの料理を食べる羽目になるのだ。

それでも平気な方はいいが、
腐人はどっちかっちゅーと
「いろんな味付けのもんを、ちぃとづつ食べたい」派。

そりゃ、高級食材を使ってるのはわかるけど、
うん・・・しばらく、もうこの味はいいかな・・・
と言いたくなっちゃうんだよな。

それと今回もやはり、野菜不足に限界がくる。


今回は、各店にあるスペシャリテを中心に頼んだのだが、
まー見事なぐらい野菜がない。

途中でどうにもたまらず、野菜料理をオーダーしたくなったのだが、
メニューをみると、野菜がらみは3品だけ。

1つは、ピクルス。
1つは、フライドポテト。
残る1つは、サラダだが、ローストビーフがついてくる。

・・・・・・同行者から
「野菜頼んでもいいけど、
 ボリュームあるからポテトはやめて!」
と言われたので、3択が2択になったのだが、
ローストビーフはいらんとなると、消去法でピクルスに。

つい腐人がぶちぶちと、
もっと野菜メニューを充実させて欲しいわ!
とゆーと、
「そりゃ、「俺のベジタブル」やないとあかんのちゃうか?」
と言われる。

そしたら、「俺のフルーツ&スイーツ」はどや?
ってな話でひとしきり盛り上がる。

しかしながら、
このベジタブル・フルーツ・スイーツ系は、
「俺の」の形態のキモである、回転率が非常に悪いだろう、
そうなると、採算割れが確実なので、無理なのでは?
っちゅー結論になった。

実際んとこどーなんだろなー。


そういえば、「俺のやきとり」に夜遅く行った人によると、
目玉商品が軒並み売り切れてたから、遅い時間は避けた方がいいよ、
とのこと。

まぁ、今回、腐人たちはOPEN直後だったので、
スペシャリテは全部オーダーできましたが。

そういえば、こちらのスイーツ(デセールっちゅーんか)、
サイズにびっくり。

どれも350円となっていたので、
てっきりチビっコだと思ってたんですが
いやいやいやいや、デセールだって、コスパで勝負!

最後の最後までどどーん、でした。


腐人はもういいかなーという感じなんですが、
私は行きたいの!っちゅー方のために、
もし、行くならば、のお話を。


●子連れ、立ち食いは嫌な方

予約をとりましょう。
そうすると、チャージ(300円だったかな)はかかりますが、
椅子席が確保できます。

店にも時間までにいけばよく、
行列に並ぶ必要はありません。

(※今回はこの予約をとったのですが、
 その時間に店にいったら、最後尾が
 隣の、隣の、隣のビルぐらいの行列ができてました)


ただ、予約をとるのはかなり大変です。

例えば11月に行きたい場合、
前月の1日、つまり10/1が予約受付開始日になります。

その10時から電話もしくは店での予約受付をしますが、
今回、腐人は電話でチャレンジしたんですけども、
か、かからねぇ・・・(~_~;)

ちょいとフライング気味で1分前にかけたんですけど、
その時点で、通話中。

これ、よくサービスコールセンターなんかである、
通話状態で待ってたら、順番におつなぎします、とゆーのではないため
待っててはダメ。

一度切ってかけ直しをしますが、
出来たら2回線以上あるのが望ましいです。

1回線だけだと、切る→かけるを連発してると
混線しちゃうんですよ。

繋がるまで、この切る→かけるを繰り返すしかないんですが、
そのうち
「NT●です。この回線はただいま大変混雑しております」
ってなアナウンスをきく羽目になりますが、
そこで挫けちゃダメ!
これは店が与えたもうた試練なのよ!!

ってことで、
腐人は粘りに粘って、なんとか繋がりましたが、
どの店か、にこだわりがないなら、
第2候補、第3候補を同行者と
先に決めといたほうがいいかもしれません。

椅子席、そもそも少ないから。


●立ち食いでもいいよ、な方

大人だけだといいんですけど、
子連れはおススメしません。

スタンディング用なのでテーブル高いし、
ぎゅうぎゅうなので。

何時から並べばいいかは・・・すんません、わかりません。

腐人は平日に2店舗、休日に1店舗いきましたが、
平日はふらりといったら、
全然並ばずに入れちゃったんだよなー。


●オーダーにあたって

ここは、ある意味、ファストフードかもしれない。

時間制限があるため、ここまで食べて、
お腹具合をみながら次オーダーします
ってのが、できなくはないが、難しいと思っておいたほうがいい。

ってのも、店にいられる時間が限られてるのに、
もし、席について1時間たったところで
メインを追加したら、皿がでてくるまで30分かかるから、
最後はかきこむ感じになっちゃうのよ。

だから、できれば事前にメニューの盛りをネットで下調べするか
分量をフロアの人にきいて、
オーダーは早目にガンガンやったほうがいい。

ただし、料理は出来た順にくる。
前菜→サラダ→スープ→パン→魚→ソルベ→
肉→チーズ→フルーツ→デセール→コーヒー→
プチフール・・・
なんてコース料理の流れはない。

どんどんどん、どどんがどん!だ。
ま、ビストロだもんね。

そして、テーブルはすごく狭いので、
お先にどうぞ、いえいえあなたからどうぞ・・・なんてやってっと、
はい、次の皿きましたー場所あけてくださーい
ってな感じになるのだ。

腐人が途中で頼んだピクルスとかなら、
すぐでてくるし、皿小さいからいいんだけど。
ただ、これ、ちょっと酢がききすぎ・・・(T_T)

そんなもんかなぁ・・・。


「俺のフレンチ」に行ったよ、っちゅーと
よく聞かれることが
「美味しかった?」
なんだけど、
これ、答えに窮するんだよね。

不味くはないの。
単品で食べたとき、十分美味しい料理と感じるし、
満足なボリュームだ。

でも、そこに
例えば、これは何を使っているんだろう
どうやって調理したんだろう・・・と思わせるような
複雑さとか、繊細さがない。

いろんな要素が複合的にからみあって生まれる
掛け算的な味ではなく、
足し算だけの料理という感じがしたんだよなー。

2時間は2時間でも、
おしゃべりをだらだらしながら、
順にサーブされてくる、いろんな皿の味をゆったり味わう
って雰囲気じゃなく、
食べて、食べて、食べて!
飲んで、飲んで、飲んで!
って感じなんだよ。

だから、ビストロ、大衆食堂なんだって。

ちなみに飲みの方も、今回酒飲みをつれてったのだが、
グラスそれぞれ1杯と、ボトル1本ぐらいあけるのが精一杯。

このメンバー、本格的なフレンチのコースなら、
アペリティフ+赤・白1本づつ空けちゃうぐらいなんで
飲むほうも、ゆったり飲むって感じではないのかも。


ゆったり食を楽しみ、酒を味わう、ってなら、
その日のお昼に食べにいった、
江戸前寿司のとこのがそういう食事だった。

すげー長居したし、
すげーワガママ言ったし、
すげー旨かったんだ。
でも、その分、
お値段も「俺の」の倍以上で・・・ははははは(^_^;)

そう。
「俺の」系列は、本当にコスパがいい。

だから、結論として、
そういうのを楽しめる相手(理想は3人以上?)と行くのが
ベストな店だと思う。

なにはともあれ、どうもごちそうさまでした。

「俺のベジタブル」か、「俺のフルーツ」ができたら
また寄らせてもらいます。
    ↑
   懲りてない・・・

以下、読書録。

●23日
(840、841)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! かまいませんよ、男でも』
『〃 許されぬ想い、かなわぬ恋』 奈波はるか

  相変わらず、順番丸無視読み。

  腐人としては、入手順っちゅー事情があるんだが
  この完結にむかっての流れは、
  ちゃんと順番どおりに読んだほうがいいなとは思う。
  
  って、こんな変則読みする人ほかにおらんがな!

  そういえば、この完結にむかったあたりから
  奈波さんご自身が京都に転居された関係か、
  京都の描写が増えてきた気がする。

  メシ屋とかは、わりと変わってしまうところがあるので
  とりいれるのは難しかろうが、
  こういう描写があるのは嬉しいなぁ。

  ホンマ、あの暑いんと、寒いんと、
  渋滞と混雑がなかったら、京都散策は楽しいからな。

  そういえば、都会から地方都市にいったとき、
  一番違いを感じるんは、夜の暗さと早さなんですが
  京都は、あんまし感じんかったなぁ・・・。

  なんっちゅーか、あそこでは暗闇がなんかやわらこうて、
  深夜の花見小路とか、
  暗い・寂しいと思うより、風情があるって思てまうもんで。

  暗闇を楽しむってのでは、
  東山でやっとる花灯路とか有名ですが、
  妙心寺の東林院が、毎年秋の10月にやってはる
  夜間特別拝観「梵燈のあかりに親しむ会」も
  腐人は好き。
  
  別の意味で、暗闇を楽しむ
  「胎内くぐり」も好きですな。
  
  っても、もし足になんかあたったら悲鳴あげると思うけど。
  だ、だって・・・ホンマ、真っ暗やから、
  それがもし、ちゅーとかだったら・・・ぎゃーっ!!!
  
  なんや本筋よか、京都情報にばっか
  重きをおいて読んでもてるわ。

  そーいやそろそろ新栗の渋皮煮も出だすし、
  ああ、なんや久しぶりに京都いきてー(>_<)!
[ 2014/09/24 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。