或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 『重版出来! 4』を読んでもやもやしてるんですが
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『重版出来! 4』を読んでもやもやしてるんですが

それは、明日(の予定)。

っても、興味がない方には読んどられへん・・・って
内容になりそうなんで
漫画家と下請法にご興味ある方はどうぞ。


そいや、昨日、服のいれかえしながら、
NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」
みるとはなく、流してたんだけど・・・・・・・はぁ・・・。

なに?
これみて、わぁ、かわいそー、と言えとでも?

悪いが、腐人は口が裂けても
「助けてあげて」
なんて言いません。

それよか、こういう人を救うためには、
自終死システムの制度を作ったほーが建設的では?
※「自終死」ってのは腐人の勝手な造語ですが
 どういうことかについては
  2014/07/29の本ブログ
 『「自終死」ってどうでしょう?
  -『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』
 をお読みください


大体さ、一人一人の今現在の状態(家族、金銭、環境など)ってのは、
その人がこれまでの人生の24時間365日の積み重ねの間に、
選択してきた結果でしょ?

「自業自得」って言葉を知らないの?
「アリとキリギリス」っちゅー寓話を知らないの?
両方とも、かなり昔からあるんだけど。

この番組の作り手さんに言いたいんだが、
「老人に優しい社会」と、
「老人に甘い社会」って、違うからね?
そこはき違えないでね。

ま、こんなこと言ってると、
あんたが老いたら云々と言われそうですが、
ご心配なく~。

今から「完全自終死計画」を練ってますんで

知力と体力あるうちに実行せんとなー。
そこが問題。



さて。
放置物件のお片付けが今日の精一杯だな。

(849、850)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! ひと夏の冒険』『〃 両手に恋敵』 奈波はるか
(852)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! その勝負、受けて立ちまひょ』 奈波はるか

●28日
(855、856)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! 恋する三味線』『〃 恋する乙女と髪結師』 奈波はるか
  千代菊まとめ。

  えーっと・・・・・・
  10代がでてくると、やっぱ楡崎がおっさんにみえる。

  こんな20も歳はなれたんと話してておもろいんかな?
  と、以前は思っていたが、
  ここのところ、××も歳がはなれた姫と話をしていて
  少なからずぎゃふんと言わされてる感じからすっと、
  要は、歳やら性別やらではなく、
  人だよな、という気がする。

  そんな腐人と姫の、最近の最大の関心事は
  ヘーベルハウス提供 
  「ふるさと再生 日本の昔ばなし」だ。

  昨今の、ギャーギャー音と色がうるさいアニメなんぞより、
  ずっと、いい。
  こーゆーもんを輸出しようよ!

  っても、個人的には「まんが日本昔ばなし」のが好きなんだが。
  「3枚のおふだ」をもう一度みたい・・・。


順番前後ですが。

(853)絵本 『クレヨンからのおねがい!』 ドリュー・デイウォルト、オリヴァー・ジェファーズ、木坂涼
(854)絵本 『ぼくのおじいちゃん』 マルタ・アルテス、よしいかずみ

  実は、姫がらみで、ここに書いてる以上に
  絵本を読んでたりする。

  んだが、個人的に気に入ったもんだけを
  カウントすることにした。

  じゃなきゃ、すげー量になるんだもん・・・(-_-;)

  まず『クレヨンからのおねがい!』
  なんぞの賞の最終選考まで残ったとかゆー絵本なんですが、
  「こうきたか!」という切り口でね。
  思わず笑ってしまう。

  個人的には黄土色くんを励ましてやりたいが、
  ふと、「これって、実はとっても微妙なもんあるな」と思った。

  例えば日本人の子が人の絵をかくと、
  肌色や黒色はものすごく減るよね?
  
  でも黒人の子なら?白人の子なら?

  意外とそういう微妙なところを含んでるクレヨンですが
  うまく流してたなぁ。
   

  続いて、『ぼくのおじいちゃん』

  上で「老い」についてきついことゆってっけどさ、
  ホントはこうあれればいいんだよね。

  無理やり生かされることもなく、
  無理やり生き延びようとすることもなく、
  自分も周囲も、
  日に日に増えていく、
  できなくなることとつきあいながら終わりを迎える。

  なんでこういう流れにならなくなってんだろうなぁ。

  ものすごく素朴なお話なんだけど、
  ほんわかした気持ちになった。
  皆がこうなれたらいいのにね。


(851)一般本 『警視庁科学捜査最前線』 今井良
  えーっと。
  「最前線」となってるが、技術の世界は日進月歩。

  あっちゅー間に、新しい技術ができて
  これが「最前線」にならんくなるだろうなぁ。

  とはいえ、ほぼ現時点での最前線が書かれてる本で、
  お!あの事件か!と記憶に新しい事例が
  いくつも紹介されているので、なかなか楽しかった。

  ただ、だ。

  結局のところ、こないだの神戸の事件もそうだけど、
  技術(例えば防犯カメラの解析)だけではダメなんだよね。

  その技術を120%いかすために、「人」がいる。

  技術が出した結果と、
  「人」が経験から得た知恵や勘、執念の捜査、
  そういったものがあいまって、
  ようやく事件は解決する。

  この執念の捜査というところでは、
  本書内に鑑識のことが触れてあり、
  正直、この仕事はしたくねぇ・・・(-_-;)と思うほど大変。

  ここに載ってないけど、腐人としては忘れがたい事件としては、
  江東マンション神隠し殺人事件がある。
  ※ご興味ある方はご自身でお調べください

  八王子ホスト殺人事件は本書で紹介されてたが、
  こちらの江東マンションも警察の執念が証拠をあげた。
  っても、その前に見逃してるんだけども。
  どーでもいいが、こういうのの捜索に
  なんで犬を同行させんのだろなぁ(~_~;)??

  そういえば本書内には、
  イマドキの、都会の監視カメラ状況について書かれている。

  腐人としては、
  ニンゲン全部にチップうめこんじゃえば?
  と、前から思ってるので、別にかまわんのだが、
  ちょっと前にあった発言小町のトピを思い出した。

  お医者さんからのトピックで、
  
  診察(初診)が終わって、処置を頼んだ後、診察室に戻ると
  無断録音されていたことがわかった。
  これってアリ?
  
  ってな感じの中身だったんですが、
  腐人なんかだと、無断録音、無断撮影って
  もう今のご時世、やられてるのが前提と思った方がいいんじゃね?
  と思うんだけど、意外とそう思ってない人がいるのにびっくりした。

  ・・・でもさー
  京都などの観光地の方は勝手に撮られまくってますよね?
  皆すぐにスマホかざして、撮影したり動画とったりする現在、
  勝手に撮られてることって、ありまくりだと思うんだがなぁ。
  
  この防犯カメラだってそうでしょ?
  ただ道歩いてるだけで、勝手に撮られてる。
  Nシステムもそうだけど、断られた覚えないぞ。

  だから、今では
  それ(勝手に撮ること)をやめろ、じゃなく、
  それ(勝手に撮られること)を前提とした行動をとれ、
  に行動規範を変えたほうがええんではないのかね。

  それこそこれまで
  「お天道様がみとるで」
  「世間様に恥ずかしい真似しなさんな」
  とかゆーてたやつが、
  「監視カメラ様がみとるで」
  「監視カメラ様に恥ずかしい真似しなさんな」
  になって、マジで記録されてる話になるだけちゃうか?

  そもそも、その抑止効果を狙ってやっとるんだろうし。
  
  ただ、運用者は、結局、「人」。
  運用に暴走がないとは限らず、
  それをとめるために「法」があり、「令状主義」がある。
  運用側は、それは守らんといかんわな。

  比較的サラサラと、「へーふーほー」と読める本でした。
[ 2014/09/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。