或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書録 > 途中挫折 『なぜ、それを買わずにはいられないのか』について
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

途中挫折 『なぜ、それを買わずにはいられないのか』について

こーゆー翻訳本を読むたびに思うんだが、
なんで、こんなにくどくて、長いんだろう…(ーー;)

前にも文句ゆーたことがあるが、
アホの子に言い聞かせるかのよーなこの長文、
読んどって、イヤになるんじゃーっ!!!!

大体さ、この章立てタイトルとリードみりゃ、
どーゆーこと言いたいんか、事例も含めわかるっちゅーの。


具体的にどゆことかっちゅーとですな、
こんな感じなんですよ。


第1章 赤ちゃんが狙われる
 なんと企業は胎児の頃から売り込みをはじめる!?(以下、略)

第2章 パニックとパラノイアをあおって売り上げをのばす

 病気、経済不安、身だしなみ、孤独、老いと死、天変地異に犯罪。(以下、略)

第3章 やめられない、止まらない
 我々の脳はiPhoneを「愛して」いる!?(以下、略)

第4章 その気にさせる広告
 男に売るにはセクシーな男性モデルを使え!?(以下、略)

第5章 仲間はずれにされたくない
 トリやアリが一斉に同じ行動をするように、人間も周囲と同じものを欲しがる。(以下、略)

第6章 思い出は美しく
 最も効果的な宣伝-それは古き良き時代を思わせること。(以下、略)

第7章 セレブの力
 ロイヤルファミリー、ハリウッドスター、ロックミュージシャン。(以下、略)

第8章 健康食品の謎

 健康幻想はあまりに儲かるため、機能性食品市場が新たな産業を形成するほどだ。(以下、略)

第9章 あなたのすべてが、見られている
 ポイントカード、クレジットカード、フェイスブック…あらゆる情報はマーケティングに使われる。(以下、略)


ねーなんかもう読まんでもわかるわ、って感じでしょ?

既存のマーケティング本の1冊2冊読んでりゃ、
「またか!」って話ばっかだっちゅーの。


あと、「はじめに」と「おわりに」があって、
自分のブランド中毒をやめようとブランド断ちした経験や、
どれだけピアプレッシャー(周囲のオススメ口コミ)に弱いかを実験した
モーゲンソン一家の結果があんだけどね、
言われてみるまでもない話を、
隣のジェニーがどーたらこーたらと、長々書いてある。

アメリカ人はこれ読んでうんざりせんのかね?
素朴に疑問だわ。



個人的におもろいなと思ったのは、

●第1章では、妊婦を狙え!(妊婦が心地いいと思ったものは胎児に引き継がれる)

●第2章では、新米ママは格好の標的(不安と恐怖だらけなので)

●第4章では、世の男は1日に32回、セックスのことを考える。
でも、だからといってセックスを暗示した広告のほうが
商品名を覚えるということはない。

っちゅーとこか。

腐人なんでねー、やっぱ第4章はすごく気になる。

ゲイではない男でも、男のセクシーさを前面に出した広告に
脳は刺激をうけてるそうで(でも、同時にそう感じたことを否定してんだそうで)、
そーゆーターゲットの深層心理にある、希望、夢、空想を探り出し、
そことマッチするものを売ると、ヒットになるんですと。

ふーん…。

ま、そーゆー結果で、今、アメリカでは男性美容産業がのびており、
なんと、全米男性の15%はQPだとゆー。

その心は、
「藪を刈り取って、木を目立たせよう」。

ぶわっはっはっはっは!
刈り取らなければ、藪に埋もれちまうのか!
ぎゃははははー

コミケスタッフの
「男性の皆さん、トイレで抜刀しないように」
並に笑えるわ。

ま、腐人は「NO・毛・宣言」を批准してる人なので、
このQP活動は、どんどん広まって欲しいけどね。


って、こんだけのマーケティング本をざっと読みして、
一番残ってたものが、QP話ってどーなんだかな…(^_^;)。


ナナメ読みなのでノーカウントですが、
もちっと要点絞って、すっきり書いてくれたらいいのにな、という本でした。

マーティン・リンストローム 
『なぜ、それを買わずにはいられないのか-ブランド仕掛け人の告白』


以下、読書録。

えー1ついつ読んだか忘れたが、
カウント抜かしてることに気づいた・・・。
またか!

(46)マンガ 『イシュタルの娘〜小野於通伝〜 6』 大和和紀

  うーむ人が増えてきた・・・(~_~;)

  腐人はすぴりちゅあるな現象って全く信じてないんですが、
  どーなんすかねー、
  もし見えたら、誰についたらええかとか、
  この話はアタリやとか、に使えるんですかねー。

  個人的には、もっと素朴に、
  「6億があたる宝くじが光ってみえる、
   もしくは、大当たりするロト6の数字がみえる」なら、
  大歓迎な能力だ。
  あ、なんなら、株でも、為替でもええでー。

  ・・・ま、えてしてこーゆーことには使えないんだよね・・・。


●15日
(47)BL/ホワイトハート 『龍の憂事、Dr.の奮戦』 樹生かなめ
  小田原といえば、
  あと、梅干とミカンが有名だっけ?
  干物も旨い。
  個人的には、「えぼだい」の干物が好きだ。

  梅干とミカンは、腐人の舌は関西なので、
  和歌山のが好みなんだよなー。
  小田原の梅干はしょっぱめで、ミカンも酸っぱめなのだ。

  って、小田原の話じゃないよなー、コレ。

  まーメンツを重んじる業界ではありますが、
  こんな偽装で片付くとは思えんねぇ・・・。
  坊ちゃんも反対だし。
  
  が、腐人はこーゆー己の直接的な利得にならんことには、
  見栄やメンツで腹が膨れるか!!と思っていて、
  指一本動かしたくない人なので、
  この京子の動機そのものが理解不能だわー。

  見栄とか、メンツとか、外聞にこだわる人って、
  まーゴクローさんなこって、としか思えんのよねー。


  それよかロシア君と白百合の激闘がいいなー。
  っつか、ロシア君じゃなくって、ロシアちゃんだしてきて、
  ぜひ、白百合に暴走いただきたい。

  そのんが、真鍋組も街もすっきりしていいんじゃなかろうか。  
  
[ 2013/01/16 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。