或るアホの一日 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒日記&読書録 > 香港デモから、コミケのアンテナ問題を考えてみた
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香港デモから、コミケのアンテナ問題を考えてみた

ぼへーっとテレビをみていたら、香港のデモで、
スマホアプリの「ファイアーチャット」なるものが
大活躍していると、ゆっていた。

腐人は、未だガラケーで、
ほっとんど使わずに部屋に放置してるユーザーなので
スマホアプリの仕組みが実のところよくわかってない。

ただ、人が密集して、
回線がビジー状態となりやすい環境において
ネット回線を使わず、スマホ内臓のBluetoothとやらで
情報共有ができる「ファイアーチャット」が
すごく有効だってことはわかった。

・・・ん?ちょっと待って?
「人が密集」
「回線がなかなか繋がらない」
そういう状態で、「有効」・・・?

ってことは!
コミケに導入されたら、すげーいいってこと!?

と、一瞬思ったんだけど、
よくよく考えてみると、ちょっと違う。

実は、もう1つ前提条件があって、
「その情報をが共有したい場合」
に限られてるんだよね。

だからコミケでも、全体アナウンス的な、
「入場開始しました」
「入場制限が解除されました」
「西館のトイレは、本日は女性専用となってます」
なら、これは有効だろう。

それとか、
「本日×時より、**ブースにおいて、
 ほにゃららふにゃらを配布いたします」
とか
「遅れておりました荷物が到着いたしましたので
 今から新刊の配布をはじめます」
とか。
こーゆーのでは、とても有効だよなぁ。

でも、実際にコミケ会場にいる人たちは、
全体アナウンスもいるけど、
限定的に情報共有もしたいんだよなぁ。

分担して狩りを始めたはいいが、
A子ちゃんの担当は、
意外に列がすいていてサクサク獲物をゲットできた。

しかし、B子ちゃんの担当には、
突発で最近流行りだした××本を出したとこがあり、
そこが屋外にまで伸びる行列となってしまい、
そこに捕まって、全く担当分がこなせない。

そーゆーときに、A子ちゃんにむけて、
「Help!」と言いたいわけで。

そうなれば、やはり1ON1のやりとりや、
LINEのが有効ってことになるんだけど、
これが、本当に繋がらないんだよぅ!

腐人は原理がよくわかってないんだけど、
このファイアーチャットのように、
他人様のスマホの電波をジャックしてジャックして、
いつかA子に届け!でも、他の人にはみせないわ!
ってのができるのかしらん??


まーある意味、コミケは、
災害で回線がアウトになったとき、
人が密集して回線が繋がらない状態のとき、
いかにネットワークを構築するかの一大実験場になるから
いろいろ試してみてもらいたいもんですね。

それにしても、香港、変わっちゃったなぁ・・・(/_;)。
腐人が愛した香港は、もう見る影もない・・・


以下、読書録。

●14日
(927)BL/Shy 『ひとりじめ』 椎崎夕
  われ鍋に綴じ蓋っちゅーか・・・

  上の脳みそは、テストで点数とるためだけに
  あるんじゃないのよ。
  下の脳みそで暴走する前に、
  ちゃんと上の脳みそ使て、考えんかい!!

  って話かね。

  個人的には、甲本のがええと思うがねぇ・・・。

(928)BL/ルチル 『それはおまえが童貞だからです』 凪良ゆう
  すげータイトル・・・。

  でもって、あとがきにあったが、
  これはぜひとも本屋の兄ちゃんを
  いちびるネタに使いたい。

  例え、目の前の平台に並んでるのが丸わかりだろうと

  「あの・・・本を探してるんですけど」

  「タイトルか、著者名わかりますか?」

  「ええ、(心持ち声を大きくして)
   それはおまえが童貞だから!
   ・・・とかなんかいう本です(・・・以降は声を小さく)」

  わはははは、
  これ、どっちにとっての羞恥プレイ?
  兄ちゃんに言わせるんじゃなく、
  兄ちゃんに宣告するのがいいよねぇ
       ↑
      鬼がいる・・・

  で、本編ですが。

  衆人環視の中での喧嘩にはわろたわー。
  ってか、誰かやってくんねかな?
  超ガン見したるのに。

  もし魔法使いになったら、何ができるのがいいか。
  うーん・・・魔法使いじゃないけど、
  ドラちゃんの道具で一番欲しいのは
  どこでもドアだから、やっぱりテレポテーション?

  そーいや、クリスマスプレゼントに何が欲しい?ときかれ
  「どこでもドア」と答えたら、

  「それは金庫には入れない防御が可能にならないかぎり
   開発されることはない」
  って返されたことあるな。

  そうか、そういう使い方もあったか!

  腐人はただ単に、これがあれば
  「早売り本屋にお百度踏むのが楽になるなぁ」
  「図書館の貸し借りが楽になるなぁ」
  「イベントで行列に並ばんで済むんちゃうかなぁ」
  ぐらいだったんだが。

  腐女子が世界征服をもくろんだら、
  平和だよねぇ・・・。

   
  ところで!!!
  ものごっつい大きな疑問があるんですが、
  いいでしょうか?

  ネコが本懐とげても、DTはDT、
  魔法は継続されるんではないんでしょうか・・・。



  個人的に、ぜひとも
  小学生の君と、お花ちゃんのお話が
  読みたいでござる。

  それにしても、大阿闍梨。
  ノンケだけど、不器用だから大魔法使いになっちゃったのか、
  同類で、運命の相手にめぐり合えなかったからそうなったのか、
  どっちなんでしょうねぇ。
  
(929,930)一般本 『銀の海 金の大地 4』『〃 5』 氷室冴子
  20年の時を経て読むと。

  ここは!
  美知主か、波美王でしょう!!
  と思うねぇ。
  
  ってか、他の連中があまりに考えが浅く、
  ガキすぎて、うんざりする・・・(-_-;)。
  
  ただ、そういう甘ったれた狭い世界の幼年期が終わって、
  自分の力で人生を切り開いていく
  そういう成長録を書きたかったんだろうなぁ。

  特に、前にも書いたけど
  (このブログでだったか、
   前身ブログの『腐人日記 -腹を割いたら黒かった』だったか、
   それは忘れた)
  少女小説は、その時代のフェミニズムと
  切っても切れない関係性がある。

  腐人はちょうどこれがオンタイムでやってた頃、
  雑誌のコバルトこそ読んでなかったが(雑誌キライ)、
  新刊のめぼしいあたりは目を通していた。

  それでいえば、少年少女がその成長過程において、
  自分の力で自分の人生を切り開いていていく、
  ってのは、共通してたとしても、
  スタート地点がなんかもう変わっていた気がするんだよなぁ。

  氷室さんまで、の方は、
  その前段階、「~は、こうあるべき」な固定概念、既成概念の呪縛に
  とらわれていて、
  まず、そこの葛藤、脱却を踏まえないとならない。

  でも、氷室さんより後の方は、
  その呪縛からの脱却にそこまでとらわれてないんだよなぁ。

  戦う私、がしょっぱなからあったような気がする。
  
  BLでも、初期ではゲイであることを悩んだり
  家族関係がテーマになったりしていたが、
  いつしか、もうその辺すっとんだとこから
  話が始まるようになったもんなぁ。

  氷室さんはこの辺、どう感じておられたのかなぁ・・・。
[ 2014/10/15 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。